氏名

マツカタ マサヒコ

松方 正彦

職名

教授

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
mmatsu@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://http://www.f.waseda.jp/mmatsu/

研究者番号
00219411

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

学内研究所等

超精密化学プロセス研究所

プロジェクト研究所所長 2002年-2003年

ナノプロセス研究所

プロジェクト研究所所長 2006年-2006年

ナノプロセス研究所

プロジェクト研究所所長 2002年-2006年

理工学総合研究センター

兼任研究員 1989年-2006年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

メソスケール材料研究所

研究所員 2009年-2014年

ナノテクノロジー研究所

研究所員 2007年-2014年

自動車用触媒研究所

研究所員 2014年-

自動車用触媒研究所

研究所員 2014年-2019年

ナノプロセス研究所

プロジェクト研究所所長 2007年-2014年

ナノプロセス研究所

研究所員 2007年-2014年

ナノテクノロジー研究所

研究所員 2015年-

ナノプロセス研究所

研究所員 2015年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2006年-2018年

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

持続可能エネルギー・環境技術創出研究所

プロジェクト研究所所長 2018年-2019年

ナノプロセス研究所

プロジェクト研究所所長 2016年-2020年

メソスケール材料研究所

研究所員 2015年-2019年

メソスケール材料研究所

研究所員 2019年-

自動車用触媒研究所

研究所員 2019年-

持続可能エネルギー・環境技術創出研究所

研究所員 2018年-2019年

学歴・学位

学歴

-1984年 早稲田大学 理工学部 応用化学
-1989年 早稲田大学 理工学研究科 応用化学

学位

工学博士 課程 早稲田大学

経歴

1989年-1991年成蹊大学工学部 助手
1992年-1996年大阪大学基礎工学部 助手
1996年-1997年大阪大学基礎工学部 助教授
1997年-2001年早稲田大学理工学部 助教授
2001年-早稲田大学理工学部 教授

所属学協会

化学工学会

日本エネルギー学会

石油学会

ゼオライト学会

エネルギー資源学会

触媒学会

American Chemical Society(アメリカ化学会)

日本化学会

Materials Research Society

American Institute of Chemical Engineers(アメリカ化学工学会)

日本膜学会

受賞

日本エネルギー学会進歩賞

2001年

触媒学会(平成10年度獎励賞)

1999年

石油学会(平成7年度奨励賞)

1996年

化学工学会(平成7年度)奨励賞

1995年

取材ガイド

カテゴリー
化学
専門分野
膜分離工学、触媒化学、エネルギー変換
自己紹介コメント
ナノ多孔体の合成・構造・機能に関する化学と工学を基盤として、エネルギー・環境問題の解決に資する化学と工学の創出に挑戦しています。多くのエネルギー、化学に関するプロセス技術は、反応と分離によって成り立っています。当研究室では新しいエネルギー変換、物質変換を可能とする触媒と、大規模な省エネルギーを実現する分離技術の開発研究に注力しています。また、環境浄化、修復材料とプロセス技術にも挑戦しています。
キーワード
環境化学(修復、保全、浄化)、化石資源(石炭、石油、天然ガス)、エネルギー

研究分野

キーワード

ミクロ・メソ多孔体、触媒、分離膜、水素製造、エネルギー、バイオマス、石炭・廃棄物有効利用、ナノ構造化学、ナノ反応場、化石燃料有効利用技術、触媒調製化学、多孔体、結晶・多結晶材料、反応分離工学、廃棄物利用工学

科研費分類

工学 / プロセス・化学工学 / 触媒・資源化学プロセス

工学 / プロセス・化学工学 / 化工物性・移動操作・単位操作

工学 / プロセス・化学工学 / 反応工学・プロセスシステム

化学 / 材料化学 / 無機工業材料

総合理工 / ナノ・マイクロ科学 / ナノ構造科学

研究テーマ履歴

1992年-無機分離膜に関する研究

研究テーマのキーワード:ゼオライト,無機膜,分離

国内共同研究

1989年-高効率石炭および廃棄物利用技術に関する研究

研究テーマのキーワード:石炭、燃焼、ガス化、廃棄物

国内共同研究

1992年-ミクロ・メソ多孔体の合成とその利用に関する研究

研究テーマのキーワード:ゼオライト,合成,触媒

個人研究

1992年-水素製造用担持金属触媒に関する研究

研究テーマのキーワード:担持金属触媒、水素

個人研究

論文

Shape selectivity of MWW-type aluminosilicate zeolites in the alkylation of toluene with methanol

S. Inagaki, K. Kamino, E. Kikuchi, M. Matsukata

Appl. Catal. A.2007年01月-

Synthesis of MCM-41-type mesoporous materials using filtrate ofalkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

S. Inagaki, M. Ogura, T. Inami, Y. Sasaki, E. Kikuchi, M. Matsukata

Microporous Mesoporous Mater.74(1月3日)p.163 - 1702007年-

C1化学における分離膜技術展開の可能性

松方正彦

31(5)p.271 - 2742006年09月-

Hydrogen production from biomass-ethanol at ambient temperature with novel diaphragm reactor

Y. Sekine, S. Asai, E. Kikuchi, M. Matsukata, F. Haga

Stud. Surf. Sci. Catal.159p.813 - 8162006年-

Indication of Successful Crystallization of Dry Gel into *BEA-type zeolite

S. Inagaki, K. Nakatsuyama, Y. Saka, E. Kikuchi, S. Kohara, M. Matsukata

Chem. Lett.35(12)p.1370 - 13712006年10月-

Novel organic-inorganic hybrid and organic-free mesoporous niobium oxophosphate synthesized in the presence of an anionic surfactant

N.K. Mal, A. Bhaumik, M. Fujiwara, M. Matsukata

Microporous and Mesoporous Mater.93(1月3日)p.40 - 452006年-

Preparation of mordenite composite membranes with seeding

X. Su, G. Li, R. Lin, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chinese Chem. Lett.17(7)p.977 - 9802006年-

Release behavior of trace metals from coal during high temperature Processing

Y. Sekine, K. Sakajiri, R. Inoue, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.159p.573 - 5762006年-

Syntheses of mesoporous hybrid iron oxophenyl phosphate, iron oxophosphate, and sulfonated oxophenyl phosphate

N.K. Mal, A. Bhaumik, M. Matsukata, M. Fujiwara

Ind. Eng. Chem. Res.45(23)p.7748 - 77512006年-

炭化水素分離

松方正彦

31(1)p.18 - 192006年06月-

A compact ZSM-5 membrane prepared without structure-directing agent

G. Li, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.620 - 6252005年-

A novel method for hydrogen production from liquid ethanol/water at room temperature

Y. Sekine, K. Urasaki, S. Asai, M. Matsukata, E. Kikuchi, S. Kado

Chem. Commun.(1)p.78 - 792005年-

Catalytic activities and coking resistance of Ni/perovskites in steam reforming of methane

K. Urasaki, Y. Sekine, S. Kawabe, E. Kikuchi, M. Matsukata

Appl. Catal. A., Gen.286(1)p.23 - 292005年01月-

Growth mechanism of a preferentially oriented mordenite membrane

G. Li, R.-S. Lin, E. Kikuchi, M. Matsukata

J. Zhejiang Univ.: Science6B(5)p.369 - 3722005年-

Hydrogen Production by Steam Reforming of Ethanol Using Cobalt and Nickel Catalysts Supported on Strontium Titanate

K. Urasaki, K. Tokunaga, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Lett.34(5)p.668 - 6692005年02月-

Improving oxygen permeability in SrFeCo0.5Ox asymmetric membranes by modifying support-layer porous structure

M. Ikeguchi, K. Ishii, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Mater. Lett.59p.1356 - 13602005年04月-

Influence of zirconia additive on the property of iron oxide during repeated redox cycles

K. Urasaki, Y. Sekine, N. Tanimoto, E. Tamura, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Lett.34(2)p.230 - 2312005年02月-

Modified TS-1 for shape selective phenol hydroxylation to hydroquinone

N.K. Mal, P. Kumar, M. Sasidharan, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.2618 - 26252005年-

New Evaluation Method of Carbonaceous Structure on Coal Steam Gasification

Y. Sekine, K. Ishikawa, E. Kikuchi, M. Matsukata

Energy & Fuels19(1)p.326 - 3272005年01月-

Progress of crystallization into zeolite beta in the absence of steam

S. Inagaki, K. Nakatsuyama, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.158Ap.343 - 3502005年-

Rapid crystallization of Si-MCM-41 under Na-free conditions

S. Inagaki, Y. Aratani, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.158Ap.533 - 5402005年-

Reforming of n-hexane over Pt-tin silicalite-1

N.K. Mal , M. Sasidharan, M. Matsukata, S. Sivasanker, A. V. Ramaswamy

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.2403 - 26252005年-

Standardization of Catalyst Preparation Using Reference Catalyst. Ion Exchange of Mordenite Type Zeolite 1: Remarkable Dealumination Accompanying Ion Exchange

Naonobu Katada et al. in total 40 persons incuding M. Matsukata

Appl. Catal., A:Gen.283(1月2日)p.63 - 742005年04月-

Standardization of Catalyst Preparation Using Reference Catalyst. Ion Exchange of Mordenite Type Zeolite 2: Origin of Dealumination and Recommended Standard Conditions

Naonobu Katada et al. in total 40 persons incuding M. Matsukata

Appl. Cata., A:Gen.283(1月2日)p.75 - 842005年04月-

Synthesis and characterization of microporous layered zirconium phenylphosphonatre

N.K. Mal, M. Sasidharan, M. Fujiwara, Y. Yamada, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.1153 - 11592005年-

Synthesis of organic-inorganic hybrid mesoporous tin oxophosphate in the presence of anionic surfactant

N.K. Mal, M. Fujiwara, M. Matsukata

Chem. Commun.(41)p.5199 - 52012005年-

A COMPACT ZSM-5 MEMBRANE PREPARED WITHOUT STRUCTURE-DIRECTING AGENT

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Behavior of Trace Element on Steam Gasification of Coal Char

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

Hydrogen Production from Biomass-Ethanol at Ambient Temperature with Novel Diaphragm Reactor

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

Hydrogen Production from Ethanol Using Low Energy Pulse Discharge at Ambient Temperature

The 228th ACS National MeetingPhiladelphia, PA, USA2004年08月-

Hydrovapothermal Conversion of Tetraethoxysilane Vapor to Polycrystalline Zeolite Layer by in situ Gelation

A. Mitra, S. Ichikawa, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Commun.2004p.899 - 9002004年-

Influence of Microstructure on Gas Separation Properties of High-Silica MFI Zeolite Membrane

8th International Conference on Inorganic Membranes (ICIM8)Cincinatti, USA2004年07月-

MODIFIED TS-1 FOR SHAPE SELECTIVE PHENOL HYDROXYLATION TO HYDROQUINONE

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Rapid synthesis of MCM-41

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Recent Advances of Zeolite Membrane Technologies for Dehydration

3rd International Zeolite Membrane MeetingBreckenridge、Co2004年07月-

REFORMING OF n-HEXANE OVER Pt-TIN SILICALITE-1

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Structure and Reactivity of Coal Char on Steam Gasification

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION OF MICROPOROUS LAYERED ZIRCONIUM PHENYLPHOSPHONATE

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Synthesis of MCM-41-type mesoporous materials using filtrate of alkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

S. Inagaki, M. Ogura, T. Inami, Y. Sasaki, E. Kikuchi, M. Matsukata

Micropor. Mesopor. Mater.74(1月3日)p.163 - 1702004年09月-

Textual and Catalytic Properties of MCM-22 Zeolite Crystallized by the Vapor-phase Transport Method

S. Inagaki, K. Kamino, M. Hoshino, E. Kikuchi, M. Matsukata

Bull. Chem. Soc. Jpn77(6)p.1249 - 12542004年06月-

Zeolite Membrane for High Temperature Gas Separation

2nd Conference of Aseanian Membrane SocietySeoul, Korea2004年05月-

A study on the pervaporation of water-acetic acid mixtures through ZSM-5 zeolite membranes

J. Membr. Sci.218:1-22003年07月-

Current status and perspectives of porous ceramic membranes & membrane reactors

Gordon Research Conference, Hydrocarbon Resources2003年01月-

DGC法によるゼオライトの結晶化機構について

松方正彦

触媒学会規則性多孔体研究会,ナノ細孔体の合成と機能に関する講演会「規則性ナノ空間化学はどこまで進んだか」2003年11月-

Effects of preparation method on oxygen permeation properties of SrFeCo0.5Ox membrane

Sep. Purif. Technol.32:1-32003年03月-

Gas separation through MFI-type zeolite membrane

International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT 2003)Sinpapore2003年12月-

Hydroisomerization of tetralin on zeolite beta: Influence of crystal size

Stud.Suf. Sci. Catal.1452003年07月-

Perspectives of Zeolite Membrane Technologies for Greener Production

10th Asican Chemical Congress, 8th Eurasia Conference on Chemical SciencesHanoi, Vietnum2003年10月-

Photo-switched storage and release of guest molecules in the pore void of coumarin-modified MCM-41

Chem. Mater.0.6368055562003年08月-

Selective Deposition of Pd on Porous Alumina Support Using Supercritical CO2

Preparation, Properties and Applications/Mat. Res. Soc., Symp. Proc.,7522003年07月-

Separation of water-acetic acid mixtures by pervaporation using a thin mordenite membrane

Sep. Purif. Technol.32:1-32003年03月-

Solid State Synthesis of SrFeCo0.5Ox Asymmetric Membranes for Oxygen Separation

M. Ikeguchi, Y. Uchida, Y. Sekine, E. Kikuchi and M. Matsukata

Sep. Purif. Technol.32(1月3日)p.313 - 3182003年07月-

Steam Reforming of Methanol on Ni/Al2O3 Catalyst in a Pd-membrane Reactor

J. Jpn. Petrol. Inst.1.9180555562003年03月-

Synthesis of a Microporous Layered Titanium Phenylphophonate in Presence of Sodium Dodecylsulfate

J. Ceram. Soc. Jpn.4.6277777782003年04月-

Synthesis of Surfactant-assisted Microporous Layered Tin Phenylphosphonate

Chem. Lett.1.3354166672003年02月-

The control of phase and orientation in zeolite membranes by the secondary growth method

Micropor. Mesopor. Mater.602003年08月-

ZSM-5 zeolite membranes prepared from a clear template-free solution

Micropor. Mesopor. Mater.602003年08月-

産学官連携の新しいモデルを目指してーゼオライトの連続製造プロセスの開発—

松方正彦

触媒1.8784722222003年09月-

無機膜よもやま話

松方正彦

化学工学会分離プロセス部会膜工学分科会,第4回無機膜勉強会「無機膜研究の基礎から最先端まで」2003年11月-

Co cation effects on activity and stability of isolated Pd(II) cations in zeolite matrices for selective catalytic reduction of nitric oxide with methane

J. Catal.211;1(75-84)2002年10月-

Crystallization Behavior of Zeolite Beta during Steam-assited Crystallization of Dry Gel

Micropor. Mesopor. Mater.56;1(1-10)2002年10月-

Effect of Alkaline Treatment of USY Zeolite on Acidity, Mesopore-Structure and Catalytic Property

TOCAT42002年07月-

Flow synthesis of mesoporous materials using filtrate of the alkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

British Zeolite Association 25th Annual Meeting2002年08月-

Hydroisomerization of Tetralin on Zeolite Beta: Influence of Crystallite Size

TOCAT42002年07月-

Mesoporous Material from Zeolite

J. Porous Mater.9;1(43-48)2002年03月-

One-step Synthesis of Template-free MFI-type Zeolite Membranes

第6回日韓合同分離技術シンポジウム THE SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEPARATION TECHNOLOGY -BETWEEN JAPAN AND KOREA-2002年11月-

Selective Deposition of Pd on Porous Alumina Support Using Supercritical CO2

Materials Research Society 2002MRS Fall Meeting2002年12月-

Solid State Synthesis of Asynnetric Membrane for Oxygen Permeation

第6回日韓合同分離技術シンポジウム THE SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEPARATION TECHNOLOGY -BETWEEN JAPAN AND KOREA-2002年11月-

Synthesis of MCM-22 Zeolite by the Vapor-phase Transport Method

Stud. Surf. Sci. and Catal.142(53-58)2002年09月-

Synthesis of MCM-22 zeolite by the vapor-phase transport method

2nd FEZA Conference on Impacts of Zeolites and Porous Materials on the New Technologies at the Beginning of New Milleneum2002年09月-

The Catalytic Property of ZSM-5 Possessing Mesopores

TOCAT42002年07月-

The Oxidation State of VPO Catalyst for Selective Oxidation of n-Butane in an in situ Redox Fluidized-Bed Reactor

TOCAT42002年07月-

ドライゲル・コンバージョン法によるさまざまなゼオライトの合成とその特性

松方正彦

化学工学66;62002年06月-

メソポーラスマテリアルの展開

松方正彦

触媒学会東北地区講演会「材料化学の新展開ー新しい触媒調製に向けて」2002年10月-

産学連携の新しいモデル構築の試み

松方正彦

鳥取大学産学連携フェアー2002年12月-

Alkali-treatment Technique - New Method for Modification of Structural and Acid-catalytic Properties of ZSM-5 Zeolites

Appl. Catal. A219;1-2)(33-43)2001年10月-

Effect of NH4+ exchange on hydrophobicity and catalytic properties of Al-free Ti-Si-beta zeolite

J. Catal.199;1(41-47)2001年04月-

Effect of Post-synthesis Treatments on the Acidity and Catalytic Activity of Zeolite Beta

Proc. Intern. Symp. on Acid-Base Catal. IV2001年05月-

Fabrication of an asymmetric SrFeCo0.5Ox Membrane for Oxygen Permeation

Abstracts of Papers of The American Chemical Society 222: 32-COLL, Part 12001年08月-

Growth of Oriented Mordenite Membranes on Porous alpha-Al2O3 Supports

Stud. Surf. Sci. Catal.135(3151-3159)2001年07月-

Influence of Mesopore on Cumene Cracking on MFI Zeolite

Proc. of The 8th Japan-Korea Symp. on Catal., Osaka2001年05月-

Influence of Nano-particle Agglomeration on the Catalytic Properties of MFI Zeolite

Stud. Surf. Sci. Catal., 135, 03-P-14, Proc. of the 13th Intern. Zeolite Conf., Montpellier, France2001年07月-

MFI Zeolite with Uniform Mesopores Created by Alkali Treatment

Stud. Surf. Sci. Catal.135(1820-1827)2001年07月-

Novel organic-vycor glass composite membrane having Si-C bonds

J. Chem. Eng. Jpn.34;6(731-736)2001年06月-

Quantitative Analyses for TEA+ and Na+ Contents in Zeolite Beta with a Wide Range of Si/2Al Ratio

Micropor. and Mesopor. Mater.48;1-3(23-29)2001年11月-

Synthesis of EMT Zeolite by a Steam-assisted Crystallization Method Using Crown Ether As a Structure-directing Agent

Crystal Growth & Design1;6(509-516)2001年11月-

Synthesis of Mesoporous Materials Using Filtrate of Alkali Treatment of MFI Zeolite

Stud. Surf. Sci. Catal.,135(1290-1297)2001年07月-

The Impact of Preparation Method on the Membrane Structure and Separation Properties

Book of Abstracts, Intern. Workshop on Zeolitic and Microporous Membranes, Pumerend, The Netherlands2001年07月-

Catalytic Activity of Ir for NO-CO Reaction in the Presence of SO2 and Excess Oxygen

Chem. Lett.,pp.146-1472000年02月-

Crystallization Behavior of High Silica Zeolite Beta

Proc. Ind. Appl. of Zeolites, Brugge, Belgium2000年10月-

Permeation Characteristics of butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Catal. Today56; 1-3, pp.265-2732000年02月-

Preparation of mordenite membranes on alpha-alumina tubular supports for pervaporation of water-isopropyl alcohol mixture

Chem. Commun.(957-958)2000年06月-

Separation of Butane and Xylene Isomers with MFI-type Zeolitic Membranes Synthesized by a Vapor-phase Transport Method

J. Membr. Sci.178;1-2(25-34)2000年09月-

Synthesis and Permeation Studies of FER/Alumina Composite Membranes

Microporous and Mesoporous Mater.38;1(43-50)2000年07月-

ゼオライトの構造・物性に制御に関するいくつかの話題

新化学発展協会先端化学技術部会2000年03月-

ドライゲルコンバージョン法によるゼオライト合成

機能材料20;102000年09月-

石炭—水サスペンジョンの脱水技術

石炭利用技術情報232; 21-3, pp.7-82000年03月-

Ash Deposition Behavior on a Gasifier Wall of 2000t/D PDU of IGCC

Proc. on Sixteenth Annual Intern. Pittsburgh Coal Conf.,in CD-ROM1999年10月-

Behavior of Coal Particles in Column Flotation

J. Chem. Eng. Jpn.32; 3, pp.322-3271999年06月-

Conversion of Dry Gel to Microporous Crystals in Gas Phase

Topics in Catalysis9, pp.77-921999年09月-

Conversion of Dry Gels to Zeolites

Proc. of Intern. Conf. on Solid-Solid Phase Trans., ’99, Ed. by M. Koiwa, K. Otsuka and T. Miyazaki, The Japan Institute of Metals(1421-1424)1999年11月-

Crystallization of FER on a Porous Alumina Support by a Vapor-phase Transport Method

Microporous and Mesoporous Mater.32; 1-2, pp.159-1681999年11月-

Determination of Active Palladium Species in ZSM-5 Zeolite for Selective Reduction of Nitric Oxide with Methane

Appl. Catal. B: Environ.23; 4, pp.247-2571999年12月-

Development of Stable Organic-Vycor Glass Composite Membrane

Proc. AIChE Fall Meeting, Dallas, U.S.A.in CD-ROM1999年11月-

Effect of Pinholes on Permselectivities of MFI Membranes

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(613-620)1999年04月-

Evaluation of Flotation Results Using Metanil Yellow Adsorption

J. Chem. Eng. Jpn.32; 3, pp.362-3651999年06月-

Evaluation of Flotation Results Using Rubidium Ion Exchange

J. Chem. Eng. Jpn.32; 2, pp.204-2101999年04月-

Kinetics of CaO-H2S Reaction at High Temperature under Pressurized Conditions

Proc. 15th Intern. ASME Conf. on Fluidized Bed Combustion, Georgia, U.S.A.Paper no. 99-00091999年05月-

Pore Modification of Anodic Alumina Membrane by Position-controlled CVD Using Catalytic Reaction

J. Chem. Eng. Jpn,32;3(322-327)1999年06月-

Synthesis of OU-1, a Large-Pore, High Silica Zeolite, by Dry Gel Conversion

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(2009-2014)1999年04月-

Synthesis of Pure Silica BEA and Al-free Ti-BEA Using TEAOH and Their Characterization

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(1515-1522)1999年04月-

Synthesis of Zn-BEA Using a Dry Gel Conversion Technique

Proc. 4th Europe Congress on Catal.1999年09月-

ドライゲルコンバージョン法によるメタロシリケートの合成

日本化学会秋季大会1999年09月-

ドライゲルを用いたゼオライト合成

触媒41; 8, pp.427-4281999年08月-

ドライゲルを用いたゼオライト合成

第84回触媒学会秋季大会触媒討論会B1999年10月-

新しいゼオライト合成法とその展開

化学工学63; 8, pp.462-4631999年08月-

大学研究室巡り(91) 早稲田大学理工学部応用化学科触媒化学研究室

工業加熱36; 3, pp.68-751999年10月-

無機膜技術の最近の動向

工業材料47; 7, pp.22-251999年07月-

A Study of The Release of Inorganic Matters from Coal during Combustion/Gasification

Proc. 6th Japan-China Symp. on Coal and C1 Chemistry, Zao, Miyagi480-4831998年10月-

Crystallization of High Silica BEA by Dry Gel Conversion

Appl. Catal. A116, PP97-1031998年01月-

Dry Gel Conversion Synthesis of Zeolitic Membranes

International Workshop of Zeolitic Membranes and Films, Nagaragawa, Gifu, Japan1998年06月-

Dry-Gel Converted Zeolite Membranes: A Comprehensive Review and Application in Membrane Reactors

The 10th Annual Meeting of the North American Membrane Society, Cleveland, Ohio, U.S.A.1998年05月-

Effect of Pinholes on Permselectivities of MFI Membranes

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

Fundamental Study on Emission of Inorganic Matters from Coal and Their Deposition

Proc. International Conference on Ash Behavior Control in Energy Conversion SystemsPP75-851998年03月-

Molecular Size Recognition with Zeolitic Membranes

Proc. III International Conference on Catalysis in Membrane Reactors, Copenhagen, DenmarkPPO161998年09月-

Novel Organic-inorganic Composite Membrane having Si-C Bonds

Proc. AIChE Fall Meeting, Miami, U.S.A.1998年11月-

Permeation Characteristics of Butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Proc. III International Conference on Catalysis in Membrane Reactors, Copenhagen, DenmarkPP171998年09月-

Permeation Studies of Butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Proc. Fifth International Conference on Inorganic Membranes (ICIM5 '98), NagoyaPP568-5711998年06月-

Phase Transformation of BEA Zeolite by Dry Gel Conversion

Chem. Letters.PP311-3121998年04月-

Selective Permeation of Hydrocarbons through A Zeolitic Membrane

Proc. Fifth International Conference on Inorganic Membranes (ICIM5 '98), NagoyaPP184-1871998年06月-

Synthesis of BEA by Dry Gel Conversion and Its Characterization

Microporous and Mesoporous Mater.21,PP305-3131998年07月-

Synthesis of EMT zeolite by Dry Gel Conversion Method

Proc. First International Conference on Inorganic Materials,Versailles, FrancePP201998年09月-

Synthesis of OU-1, a Large-Pore, High Silica Zeolite, by Dry Gel Conversion

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

Synthesis of Pure Silica BEA and Al-free Ti-BEA Using TEAOH and Their Characterization

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

ゼオライトOU-1合成の経緯と構造

ゼオライト15;4,PP152-1561998年12月-

酸素透過型メンブレンリアクターによるメタンからの合成ガスの(トピックス)

化学と工業51;5,PP7871998年05月-

実験と分子シミュレーションの接点を求めて

化学工学会第31回秋季大会シンポジウム「分子シミュレーション工学:コンピュータ化学への工学ツールへの展開を目指して」/山形大学工学部(米沢)1998年09月-

新しい酸化技術—非エアロビック酸化への挑戦

第3回次世代化学プロセス技術開発シンポジウム、主催 日本化学工業協会/霞ヶ関ビル1Fプラザホール1998年11月-

無機膜による炭化水素分離

23;2,PP55-611998年04月-

Dry Gel Conversion Synthesis of beta and EMT Zeolites

Proc. 15th North American Catalysis Society Meeting1997年05月-

Dry Gel Conversion Synthesis of Zeolites

Post Symp. ZMPC '97, Synthesis and Characterization of Zeolite-Related Materials1997年08月-

FER Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Method: Its Structure and Separation Properties

Microporous Mater.12, PP293-3031997年12月-

Formation Mechanism of FER Membranes by Vapor-phase Transport Method

Proc. Intern. Symp. on Zeolites and Microporous CrystalsPP341997年07月-

Gas Permeation through Zeolite-Alumina Composite Membranes

AIChE J.43:11A, PP2724-27301997年11月-

HCl and SO2 Absorption at 1023 K with Calcined Limestone

Proc. 14th Intern. ASME Conf. on Fluidized Bed CombustionPP397-4041997年05月-

Microscopic Structure of a Ferrierite Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Technique

Proc. 15th North American Catalysis Society Meeting1997年05月-

Phase Transformation of High Silica BEA

Proc. Intern. Symp. on Zeolites and Microporous CrystalsPP1331997年07月-

Reduction of Boron Concentration in Water Produced by a Reverse Osmosis Sea Water Desalination Unit

Membrane(Maku)22;4, PP211-2161997年09月-

Synthesis of a Zeolitic Thin Layer by a Vapor-phase Transport Method: Appearance of a Preferential Orientation of MFI Zeolite

Microporous Mater.11(107-116)1997年10月-

Zeolitic Membranes: Synthesis, Properties and Prospects

Bull. Chem. Soc. Jpn.70;10, PP2341-25361997年10月-

ゼオライトの合成および膜作成技術の最近の進歩

セラミックス32:5, PP351-3551997年05月-

ゼオライトの新しい合成法:ドライゲルコンバージョン

化学工学会1997年07月-

ゼオライトの薄膜化とその機能

触媒39;21997年03月-

ゼオライト単結晶膜による分子の分離

化学/東京化学同人52:9, PP66-671997年09月-

新規なゼオライト合成法とナノ構造制御の可能性

「ALE法による表面処理および触媒合成」KRI ICC'97 Workshop1997年12月-

無機ガス分離膜の開発動向

化学工学会1997年11月-

Appearance of Molecular Sieving Properties by Zeolitic Membrane

Proc. 1996 Intern. Congress on Membranes and Membrane Processes1996年08月-

Characterization and Modification of Indonesian Natural Zeolites and Their Property for Hydrocracking of a Paraffin

Sekiyu Gakkaishi39;1(20-25)1996年01月-

Crystallization of FER and MFI Zeolites by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;2-3(109-117)1996年09月-

Development of Production Technique of Multi-composite Ultrafine Particles by CVD

Proc. 5th World Congr. Chem. Eng.41996年07月-

Dry Gel Conversion Technique for Synthesis of Zeolite Beta

Chem. Commun.(1441-1442)1996年08月-

Gas Permeation of Zeolite-alumina Composite Membranes

Proc. 5th World Congr. Chem. Eng.41996年07月-

Hydrogen/syngas Production from Natural Gas Using a Circulated Fluidized Bed: Catalytic Activity and Stability of Ni/SiO2

Chem. Eng. Sci.51;11(2769-2774)1996年05月-

Selective Permeation of Vanadium (V) and Chromium(VI) through Anion Exchange and Supported Liquid Membranes

Developments in Chem. Eng. & Miner. Process.,3;3-4(151-159)1996年04月-

Simultaneous Chlorination and Sulphation of Calcined Limestones

Chem. Eng. Sci.51;11(2529-2534)1996年05月-

Synthesis of Defect-free Zeolitte-alumina Composite Membranes by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;6(299-308)1996年12月-

Synthesis of FER Membrane on an Alumina Support and Its Separation Properties

Stud. Surf. Sci. Catal.105(2195-2202)1996年12月-

Synthesis of Zeolitic Membranes by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;61996年12月-

カラム浮選によるコールクリーニング

混相流学会誌10;11996年04月-

ゼオライト分離膜の新展開

表面34;71996年08月-

ゼオライト膜の現状と可能性

触媒38;71996年11月-

気相を介するゼオライト合成と薄膜化

触媒38;51996年08月-

懸濁気泡塔による親疎水性粒子の分離

化学工学60;81996年08月-

担持Pd触媒によるp-キシレンの酸化的アセトキシル化:Auの添加効果

触媒38;61996年10月-

A Circulating Fluidized Bed-CH4 Reformer: Performance of Supported Ni Catalysts

Energy & Fuels9;5(822-828)1995年09月-

A Defect-free Mordenite Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Method

J. Chem. Soc. Chem. Commun.(1967-1968)1995年11月-

Contribution of Local Reactions in Grid Zone to Performance of Jetting Fluidized Bed Coal Gasifier

Energy & Fuels9;2(379-383)1995年03月-

Experimental Study of Gas and Particle Behavior in the Grid Zone of a Jetting Fluidized Bed Cold Model

Powder Technology82;3(135-143)1995年03月-

Removal and Recovery of Phenol from FCC Effluent

J. Membr. Sci.102(43-47)1995年01月-

Development of Microwave Plasma-Fluidized Bed Reactor for Novel Particle Processing

Intern. J. Multi. Phase Flow20;4(763-773)1994年08月-

Preparation of a Thin Zeolitic Membrane

Stud. Surf. Sci. Catal.84(1183-1190)1994年07月-

Vapor-phase Oxidative Acetoxylation of Toluene on Palladium Bimetallic Catalysts

Sekiyu Gakkaishi37;4(428-434)1994年07月-

Zeolitic Membrane Synthesized on a Porous Alumina Support

J. Chem. Soc. Chem. Commun.(339-340)1994年01月-

Acceleration of Permeation of Pr and Nd Ions Through a Supported Liquid Membrane by the Addition of Complexing Agents to Stripping Phase

J. Alloys and Compounds192;2(124-125)1993年03月-

Application of Dynamic Light Scattering Based on Mono-dispersed Model as in-situ Measuring Method of Ultrafine Particles Growing and Coagulating in a Flame

J. Chem. Eng. Jpn.26;4(686-691)1993年08月-

Development of Measuring System of Bubble Coalescence Time by Using Laser

J. Chem. Eng. Jpn., 26(3)、308-314 (1993. 6)26;3(308-314)1993年06月-

Kinetic Role of Diethylenetriaminepentaacetic Acid Added to Stripping Phase in Permeation of Rare Earth Metal Ions Through a Supported Liquid Membrane

J. Alloys and Compounds192;2(121-123)1993年03月-

Nucleation and Growth of Ultrafine Particles in a Flame

J. Chemical Vapor Deposition1;3(280-299)1993年11月-

Oxidative Acetoxylation of Toluene and Benzene over Supported Palladium Catalysts

Sekiyu Gakkaishi36;3(235-238)1993年05月-

Performance of Fluidized Bed Coal Gasifier with Various Ways of Gas Introduction

Fuel Processing Technology36;1-3(227-233)1993年11月-

Synthesis of Zeolites under Vapor Atmosphere: Effect of Synthetic Conditions on Zeolite Structure

Microporous Materials1;2(219-222)1993年05月-

A New Classification of Alkali and Alkaline Earth Catalysts for Gasification of Carbon

Fuel71;7(819-823)1992年07月-

Migration of Alkali and Alkaline Earth Elements into Carbon Black

Fuel71;6(705-707)1992年06月-

Vertical Progress of Methane Conversion in a D.C. Plasma Jetting Fluidized Bed Reactor

Chem. Eng. Sci.47;9-11(2963-2968)1992年07月-

Benzene-Oxygen Reaction over Alkaline Earth Metal Oxide Catalysts

Sekiyu Gakkaishi34;11991年01月-

Characterization of Polycrystalline Silicon Particles Produced via CVD from Monosilane in a Fluidized Bed Reactor

Journal de Physique IIC2;1(483-490)1991年09月-

Development of a Plasma Jetting Fluidized Bed Reactor

Journal de Physique IIC2;1(429-436)1991年09月-

Steam Gasification of Benzene Catalyzed by MgO Doped with Alkaline Earth and Alkali Compounds

Sekiyu Gakkaishi34;1(44-52)1991年01月-

AES and EPMA Observations of Barium and Calcium Loaded on Amorphous Carbon under Gasification Conditions

Energy & Fuels4;41990年07月-

Development of Numerical Model for Reactions in Fluidized Bed Grid Zone - Application to CVD of Polycrystalline Silicon by Monosilane Pyrolysis

Chem. Eng. Sci.45;81990年07月-

Benzene-Carbon Dioxide Reaction over Alkaline Earth Oxide Catalysts

Sekiyu Gakkaishi32;41989年07月-

Catalytic and Physical Properties of Ca2+-doped MgO

Sekiyu Gakkaishi32;21989年03月-

Quantitative Behavior of Potassium Species on an Amorphous Carbon under Steam Gasification Conditions

Energy & Fuels3;31989年05月-

Copper-Alumina Spinel Catalysts for Steam Reforming of Methanol

Chem. Lett.1988年05月-

Hexane-Carbon Dioxide Reaction Catalyzed by Alkaline Earth Oxides. I. Catalytic Behavior and Intermediate

Appl. Catal.37;21988年02月-

Hexane-Carbon Dioxide Reaction Catalyzed by Alkaline Earth Oxides. II. Reaction Network

Appl. Catal.41;81988年08月-

Interaction between Potassium Carbonate and Carbon Substrate at Subgasification Temperatures. Migration of Potassium into the Carbon Matrix

Energy & Fuels2;61988年11月-

Catalytic Methanation of Methanol

Sekiyu Gakkaishi30;41987年07月-

Reaction of 1,2,4-Trimethylbenzene and Methanol on Montmorillonite Catalysts Pillared by Aluminum Complexes

Appl. Catal.66;31987年03月-

Steam Gasification of Residues Catalyzed by Alumina-supported Potassium Carbonate and Calcium Oxide

Sekiyu Gakkaishi28;61985年11月-

Shape selectivity of MWW-type aluminosilicate zeolites in the alkylation of toluene with methanol

S. Inagaki, K. Kamino, E. Kikuchi, M. Matsukata

Appl. Catal. A.2007年01月-

Synthesis of MCM-41-type mesoporous materials using filtrate ofalkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

S. Inagaki, M. Ogura, T. Inami, Y. Sasaki, E. Kikuchi, M. Matsukata

Microporous Mesoporous Mater.74(1月3日)p.163 - 1702007年-

Hydrogen production from biomass-ethanol at ambient temperature with novel diaphragm reactor

Y. Sekine, S. Asai, E. Kikuchi, M. Matsukata, F. Haga

Stud. Surf. Sci. Catal.159p.813 - 8162006年-

Indication of Successful Crystallization of Dry Gel into *BEA-type zeolite

S. Inagaki, K. Nakatsuyama, Y. Saka, E. Kikuchi, S. Kohara, M. Matsukata

Chem. Lett.35(12)p.1370 - 13712006年10月-

Novel organic-inorganic hybrid and organic-free mesoporous niobium oxophosphate synthesized in the presence of an anionic surfactant

N.K. Mal, A. Bhaumik, M. Fujiwara, M. Matsukata

Microporous and Mesoporous Mater.93(1月3日)p.40 - 452006年-

Preparation of mordenite composite membranes with seeding

X. Su, G. Li, R. Lin, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chinese Chem. Lett.17(7)p.977 - 9802006年-

Release behavior of trace metals from coal during high temperature Processing

Y. Sekine, K. Sakajiri, R. Inoue, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.159p.573 - 5762006年-

Syntheses of mesoporous hybrid iron oxophenyl phosphate, iron oxophosphate, and sulfonated oxophenyl phosphate

N.K. Mal, A. Bhaumik, M. Matsukata, M. Fujiwara

Ind. Eng. Chem. Res.45(23)p.7748 - 77512006年-

A compact ZSM-5 membrane prepared without structure-directing agent

G. Li, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.620 - 6252005年-

A novel method for hydrogen production from liquid ethanol/water at room temperature

Y. Sekine, K. Urasaki, S. Asai, M. Matsukata, E. Kikuchi, S. Kado

Chem. Commun.(1)p.78 - 792005年-

Catalytic activities and coking resistance of Ni/perovskites in steam reforming of methane

K. Urasaki, Y. Sekine, S. Kawabe, E. Kikuchi, M. Matsukata

Appl. Catal. A., Gen.286(1)p.23 - 292005年01月-

Growth mechanism of a preferentially oriented mordenite membrane

G. Li, R.-S. Lin, E. Kikuchi, M. Matsukata

J. Zhejiang Univ.: Science6B(5)p.369 - 3722005年-

Hydrogen Production by Steam Reforming of Ethanol Using Cobalt and Nickel Catalysts Supported on Strontium Titanate

K. Urasaki, K. Tokunaga, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Lett.34(5)p.668 - 6692005年02月-

Improving oxygen permeability in SrFeCo0.5Ox asymmetric membranes by modifying support-layer porous structure

M. Ikeguchi, K. Ishii, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Mater. Lett.59p.1356 - 13602005年04月-

Influence of zirconia additive on the property of iron oxide during repeated redox cycles

K. Urasaki, Y. Sekine, N. Tanimoto, E. Tamura, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Lett.34(2)p.230 - 2312005年02月-

Modified TS-1 for shape selective phenol hydroxylation to hydroquinone

N.K. Mal, P. Kumar, M. Sasidharan, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.2618 - 26252005年-

New Evaluation Method of Carbonaceous Structure on Coal Steam Gasification

Y. Sekine, K. Ishikawa, E. Kikuchi, M. Matsukata

Energy & Fuels19(1)p.326 - 3272005年01月-

Progress of crystallization into zeolite beta in the absence of steam

S. Inagaki, K. Nakatsuyama, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.158Ap.343 - 3502005年-

Rapid crystallization of Si-MCM-41 under Na-free conditions

S. Inagaki, Y. Aratani, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.158Ap.533 - 5402005年-

Reforming of n-hexane over Pt-tin silicalite-1

N.K. Mal , M. Sasidharan, M. Matsukata, S. Sivasanker, A. V. Ramaswamy

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.2403 - 26252005年-

Standardization of Catalyst Preparation Using Reference Catalyst. Ion Exchange of Mordenite Type Zeolite 1: Remarkable Dealumination Accompanying Ion Exchange

Naonobu Katada et al. in total 40 persons incuding M. Matsukata

Appl. Catal., A:Gen.283(1月2日)p.63 - 742005年04月-

Standardization of Catalyst Preparation Using Reference Catalyst. Ion Exchange of Mordenite Type Zeolite 2: Origin of Dealumination and Recommended Standard Conditions

Naonobu Katada et al. in total 40 persons incuding M. Matsukata

Appl. Cata., A:Gen.283(1月2日)p.75 - 842005年04月-

Synthesis and characterization of microporous layered zirconium phenylphosphonatre

N.K. Mal, M. Sasidharan, M. Fujiwara, Y. Yamada, M. Matsukata

Stud. Surf. Sci. Catal.154p.1153 - 11592005年-

Synthesis of organic-inorganic hybrid mesoporous tin oxophosphate in the presence of anionic surfactant

N.K. Mal, M. Fujiwara, M. Matsukata

Chem. Commun.(41)p.5199 - 52012005年-

A COMPACT ZSM-5 MEMBRANE PREPARED WITHOUT STRUCTURE-DIRECTING AGENT

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Behavior of Trace Element on Steam Gasification of Coal Char

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

Hydrogen Production from Biomass-Ethanol at Ambient Temperature with Novel Diaphragm Reactor

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

Hydrogen Production from Ethanol Using Low Energy Pulse Discharge at Ambient Temperature

The 228th ACS National MeetingPhiladelphia, PA, USA2004年08月-

Hydrovapothermal Conversion of Tetraethoxysilane Vapor to Polycrystalline Zeolite Layer by in situ Gelation

A. Mitra, S. Ichikawa, E. Kikuchi, M. Matsukata

Chem. Commun.2004p.899 - 9002004年-

Influence of Microstructure on Gas Separation Properties of High-Silica MFI Zeolite Membrane

8th International Conference on Inorganic Membranes (ICIM8)Cincinatti, USA2004年07月-

MODIFIED TS-1 FOR SHAPE SELECTIVE PHENOL HYDROXYLATION TO HYDROQUINONE

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Rapid synthesis of MCM-41

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Recent Advances of Zeolite Membrane Technologies for Dehydration

3rd International Zeolite Membrane MeetingBreckenridge、Co2004年07月-

REFORMING OF n-HEXANE OVER Pt-TIN SILICALITE-1

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Structure and Reactivity of Coal Char on Steam Gasification

Twenty-First Annual International Pittsburgh Coal ConferenceOsaka, Japan2004年09月-

SYNTHESIS AND CHARACTERIZATION OF MICROPOROUS LAYERED ZIRCONIUM PHENYLPHOSPHONATE

14th International Zeolite ConferenceCape Town, South Africa2004年04月-

Synthesis of MCM-41-type mesoporous materials using filtrate of alkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

S. Inagaki, M. Ogura, T. Inami, Y. Sasaki, E. Kikuchi, M. Matsukata

Micropor. Mesopor. Mater.74(1月3日)p.163 - 1702004年09月-

Textual and Catalytic Properties of MCM-22 Zeolite Crystallized by the Vapor-phase Transport Method

S. Inagaki, K. Kamino, M. Hoshino, E. Kikuchi, M. Matsukata

Bull. Chem. Soc. Jpn77(6)p.1249 - 12542004年06月-

Zeolite Membrane for High Temperature Gas Separation

2nd Conference of Aseanian Membrane SocietySeoul, Korea2004年05月-

A study on the pervaporation of water-acetic acid mixtures through ZSM-5 zeolite membranes

J. Membr. Sci.218:1-22003年07月-

Current status and perspectives of porous ceramic membranes & membrane reactors

Gordon Research Conference, Hydrocarbon Resources2003年01月-

Effects of preparation method on oxygen permeation properties of SrFeCo0.5Ox membrane

Sep. Purif. Technol.32:1-32003年03月-

Gas separation through MFI-type zeolite membrane

International Conference on Materials for Advanced Technologies (ICMAT 2003)Sinpapore2003年12月-

Hydroisomerization of tetralin on zeolite beta: Influence of crystal size

Stud.Suf. Sci. Catal.1452003年07月-

Perspectives of Zeolite Membrane Technologies for Greener Production

10th Asican Chemical Congress, 8th Eurasia Conference on Chemical SciencesHanoi, Vietnum2003年10月-

Photo-switched storage and release of guest molecules in the pore void of coumarin-modified MCM-41

Chem. Mater.0.6368055562003年08月-

Selective Deposition of Pd on Porous Alumina Support Using Supercritical CO2

Preparation, Properties and Applications/Mat. Res. Soc., Symp. Proc.,7522003年07月-

Separation of water-acetic acid mixtures by pervaporation using a thin mordenite membrane

Sep. Purif. Technol.32:1-32003年03月-

Solid State Synthesis of SrFeCo0.5Ox Asymmetric Membranes for Oxygen Separation

M. Ikeguchi, Y. Uchida, Y. Sekine, E. Kikuchi and M. Matsukata

Sep. Purif. Technol.32(1月3日)p.313 - 3182003年07月-

Steam Reforming of Methanol on Ni/Al2O3 Catalyst in a Pd-membrane Reactor

J. Jpn. Petrol. Inst.1.9180555562003年03月-

Synthesis of a Microporous Layered Titanium Phenylphophonate in Presence of Sodium Dodecylsulfate

J. Ceram. Soc. Jpn.4.6277777782003年04月-

Synthesis of Surfactant-assisted Microporous Layered Tin Phenylphosphonate

Chem. Lett.1.3354166672003年02月-

The control of phase and orientation in zeolite membranes by the secondary growth method

Micropor. Mesopor. Mater.602003年08月-

ZSM-5 zeolite membranes prepared from a clear template-free solution

Micropor. Mesopor. Mater.602003年08月-

Co cation effects on activity and stability of isolated Pd(II) cations in zeolite matrices for selective catalytic reduction of nitric oxide with methane

J. Catal.211;1(75-84)2002年10月-

Crystallization Behavior of Zeolite Beta during Steam-assited Crystallization of Dry Gel

Micropor. Mesopor. Mater.56;1(1-10)2002年10月-

Effect of Alkaline Treatment of USY Zeolite on Acidity, Mesopore-Structure and Catalytic Property

TOCAT42002年07月-

Flow synthesis of mesoporous materials using filtrate of the alkaline dissolution of ZSM-5 zeolite

British Zeolite Association 25th Annual Meeting2002年08月-

Hydroisomerization of Tetralin on Zeolite Beta: Influence of Crystallite Size

TOCAT42002年07月-

Mesoporous Material from Zeolite

J. Porous Mater.9;1(43-48)2002年03月-

One-step Synthesis of Template-free MFI-type Zeolite Membranes

第6回日韓合同分離技術シンポジウム THE SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEPARATION TECHNOLOGY -BETWEEN JAPAN AND KOREA-2002年11月-

Selective Deposition of Pd on Porous Alumina Support Using Supercritical CO2

Materials Research Society 2002MRS Fall Meeting2002年12月-

Solid State Synthesis of Asynnetric Membrane for Oxygen Permeation

第6回日韓合同分離技術シンポジウム THE SIXTH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SEPARATION TECHNOLOGY -BETWEEN JAPAN AND KOREA-2002年11月-

Synthesis of MCM-22 Zeolite by the Vapor-phase Transport Method

Stud. Surf. Sci. and Catal.142(53-58)2002年09月-

Synthesis of MCM-22 zeolite by the vapor-phase transport method

2nd FEZA Conference on Impacts of Zeolites and Porous Materials on the New Technologies at the Beginning of New Milleneum2002年09月-

The Catalytic Property of ZSM-5 Possessing Mesopores

TOCAT42002年07月-

The Oxidation State of VPO Catalyst for Selective Oxidation of n-Butane in an in situ Redox Fluidized-Bed Reactor

TOCAT42002年07月-

Alkali-treatment Technique - New Method for Modification of Structural and Acid-catalytic Properties of ZSM-5 Zeolites

Appl. Catal. A219;1-2)(33-43)2001年10月-

Effect of NH4+ exchange on hydrophobicity and catalytic properties of Al-free Ti-Si-beta zeolite

J. Catal.199;1(41-47)2001年04月-

Effect of Post-synthesis Treatments on the Acidity and Catalytic Activity of Zeolite Beta

Proc. Intern. Symp. on Acid-Base Catal. IV2001年05月-

Fabrication of an asymmetric SrFeCo0.5Ox Membrane for Oxygen Permeation

Abstracts of Papers of The American Chemical Society 222: 32-COLL, Part 12001年08月-

Growth of Oriented Mordenite Membranes on Porous alpha-Al2O3 Supports

Stud. Surf. Sci. Catal.135(3151-3159)2001年07月-

Influence of Mesopore on Cumene Cracking on MFI Zeolite

Proc. of The 8th Japan-Korea Symp. on Catal., Osaka2001年05月-

Influence of Nano-particle Agglomeration on the Catalytic Properties of MFI Zeolite

Stud. Surf. Sci. Catal., 135, 03-P-14, Proc. of the 13th Intern. Zeolite Conf., Montpellier, France2001年07月-

MFI Zeolite with Uniform Mesopores Created by Alkali Treatment

Stud. Surf. Sci. Catal.135(1820-1827)2001年07月-

Novel organic-vycor glass composite membrane having Si-C bonds

J. Chem. Eng. Jpn.34;6(731-736)2001年06月-

Quantitative Analyses for TEA+ and Na+ Contents in Zeolite Beta with a Wide Range of Si/2Al Ratio

Micropor. and Mesopor. Mater.48;1-3(23-29)2001年11月-

Synthesis of EMT Zeolite by a Steam-assisted Crystallization Method Using Crown Ether As a Structure-directing Agent

Crystal Growth & Design1;6(509-516)2001年11月-

Synthesis of Mesoporous Materials Using Filtrate of Alkali Treatment of MFI Zeolite

Stud. Surf. Sci. Catal.,135(1290-1297)2001年07月-

The Impact of Preparation Method on the Membrane Structure and Separation Properties

Book of Abstracts, Intern. Workshop on Zeolitic and Microporous Membranes, Pumerend, The Netherlands2001年07月-

Catalytic Activity of Ir for NO-CO Reaction in the Presence of SO2 and Excess Oxygen

Chem. Lett.,pp.146-1472000年02月-

Crystallization Behavior of High Silica Zeolite Beta

Proc. Ind. Appl. of Zeolites, Brugge, Belgium2000年10月-

Permeation Characteristics of butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Catal. Today56; 1-3, pp.265-2732000年02月-

Preparation of mordenite membranes on alpha-alumina tubular supports for pervaporation of water-isopropyl alcohol mixture

Chem. Commun.(957-958)2000年06月-

Separation of Butane and Xylene Isomers with MFI-type Zeolitic Membranes Synthesized by a Vapor-phase Transport Method

J. Membr. Sci.178;1-2(25-34)2000年09月-

Synthesis and Permeation Studies of FER/Alumina Composite Membranes

Microporous and Mesoporous Mater.38;1(43-50)2000年07月-

Ash Deposition Behavior on a Gasifier Wall of 2000t/D PDU of IGCC

Proc. on Sixteenth Annual Intern. Pittsburgh Coal Conf.,in CD-ROM1999年10月-

Behavior of Coal Particles in Column Flotation

J. Chem. Eng. Jpn.32; 3, pp.322-3271999年06月-

Conversion of Dry Gel to Microporous Crystals in Gas Phase

Topics in Catalysis9, pp.77-921999年09月-

Conversion of Dry Gels to Zeolites

Proc. of Intern. Conf. on Solid-Solid Phase Trans., ’99, Ed. by M. Koiwa, K. Otsuka and T. Miyazaki, The Japan Institute of Metals(1421-1424)1999年11月-

Crystallization of FER on a Porous Alumina Support by a Vapor-phase Transport Method

Microporous and Mesoporous Mater.32; 1-2, pp.159-1681999年11月-

Determination of Active Palladium Species in ZSM-5 Zeolite for Selective Reduction of Nitric Oxide with Methane

Appl. Catal. B: Environ.23; 4, pp.247-2571999年12月-

Development of Stable Organic-Vycor Glass Composite Membrane

Proc. AIChE Fall Meeting, Dallas, U.S.A.in CD-ROM1999年11月-

Effect of Pinholes on Permselectivities of MFI Membranes

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(613-620)1999年04月-

Evaluation of Flotation Results Using Metanil Yellow Adsorption

J. Chem. Eng. Jpn.32; 3, pp.362-3651999年06月-

Evaluation of Flotation Results Using Rubidium Ion Exchange

J. Chem. Eng. Jpn.32; 2, pp.204-2101999年04月-

Kinetics of CaO-H2S Reaction at High Temperature under Pressurized Conditions

Proc. 15th Intern. ASME Conf. on Fluidized Bed Combustion, Georgia, U.S.A.Paper no. 99-00091999年05月-

Pore Modification of Anodic Alumina Membrane by Position-controlled CVD Using Catalytic Reaction

J. Chem. Eng. Jpn,32;3(322-327)1999年06月-

Synthesis of OU-1, a Large-Pore, High Silica Zeolite, by Dry Gel Conversion

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(2009-2014)1999年04月-

Synthesis of Pure Silica BEA and Al-free Ti-BEA Using TEAOH and Their Characterization

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998, Ed. by M.M.J. Treacy, B. Marcus, J.B. Higgins, M.E. Bisher, Mater. Res. Soc.(1515-1522)1999年04月-

Synthesis of Zn-BEA Using a Dry Gel Conversion Technique

Proc. 4th Europe Congress on Catal.1999年09月-

A Study of The Release of Inorganic Matters from Coal during Combustion/Gasification

Proc. 6th Japan-China Symp. on Coal and C1 Chemistry, Zao, Miyagi480-4831998年10月-

Crystallization of High Silica BEA by Dry Gel Conversion

Appl. Catal. A116, PP97-1031998年01月-

Dry Gel Conversion Synthesis of Zeolitic Membranes

International Workshop of Zeolitic Membranes and Films, Nagaragawa, Gifu, Japan1998年06月-

Dry-Gel Converted Zeolite Membranes: A Comprehensive Review and Application in Membrane Reactors

The 10th Annual Meeting of the North American Membrane Society, Cleveland, Ohio, U.S.A.1998年05月-

Effect of Pinholes on Permselectivities of MFI Membranes

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

Fundamental Study on Emission of Inorganic Matters from Coal and Their Deposition

Proc. International Conference on Ash Behavior Control in Energy Conversion SystemsPP75-851998年03月-

Molecular Size Recognition with Zeolitic Membranes

Proc. III International Conference on Catalysis in Membrane Reactors, Copenhagen, DenmarkPPO161998年09月-

Novel Organic-inorganic Composite Membrane having Si-C Bonds

Proc. AIChE Fall Meeting, Miami, U.S.A.1998年11月-

Permeation Characteristics of Butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Proc. III International Conference on Catalysis in Membrane Reactors, Copenhagen, DenmarkPP171998年09月-

Permeation Studies of Butane Isomers through MFI-type Zeolitic Membranes

Proc. Fifth International Conference on Inorganic Membranes (ICIM5 '98), NagoyaPP568-5711998年06月-

Phase Transformation of BEA Zeolite by Dry Gel Conversion

Chem. Letters.PP311-3121998年04月-

Selective Permeation of Hydrocarbons through A Zeolitic Membrane

Proc. Fifth International Conference on Inorganic Membranes (ICIM5 '98), NagoyaPP184-1871998年06月-

Synthesis of BEA by Dry Gel Conversion and Its Characterization

Microporous and Mesoporous Mater.21,PP305-3131998年07月-

Synthesis of EMT zeolite by Dry Gel Conversion Method

Proc. First International Conference on Inorganic Materials,Versailles, FrancePP201998年09月-

Synthesis of OU-1, a Large-Pore, High Silica Zeolite, by Dry Gel Conversion

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

Synthesis of Pure Silica BEA and Al-free Ti-BEA Using TEAOH and Their Characterization

Proc. the 12th Intern. Zeolite Conf., Baltimore, 1998/Mater. Res. Soc.1998年-

Dry Gel Conversion Synthesis of beta and EMT Zeolites

Proc. 15th North American Catalysis Society Meeting1997年05月-

Dry Gel Conversion Synthesis of Zeolites

Post Symp. ZMPC '97, Synthesis and Characterization of Zeolite-Related Materials1997年08月-

FER Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Method: Its Structure and Separation Properties

Microporous Mater.12, PP293-3031997年12月-

Formation Mechanism of FER Membranes by Vapor-phase Transport Method

Proc. Intern. Symp. on Zeolites and Microporous CrystalsPP341997年07月-

Gas Permeation through Zeolite-Alumina Composite Membranes

AIChE J.43:11A, PP2724-27301997年11月-

HCl and SO2 Absorption at 1023 K with Calcined Limestone

Proc. 14th Intern. ASME Conf. on Fluidized Bed CombustionPP397-4041997年05月-

Microscopic Structure of a Ferrierite Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Technique

Proc. 15th North American Catalysis Society Meeting1997年05月-

Phase Transformation of High Silica BEA

Proc. Intern. Symp. on Zeolites and Microporous CrystalsPP1331997年07月-

Reduction of Boron Concentration in Water Produced by a Reverse Osmosis Sea Water Desalination Unit

Membrane(Maku)22;4, PP211-2161997年09月-

Synthesis of a Zeolitic Thin Layer by a Vapor-phase Transport Method: Appearance of a Preferential Orientation of MFI Zeolite

Microporous Mater.11(107-116)1997年10月-

Zeolitic Membranes: Synthesis, Properties and Prospects

Bull. Chem. Soc. Jpn.70;10, PP2341-25361997年10月-

Appearance of Molecular Sieving Properties by Zeolitic Membrane

Proc. 1996 Intern. Congress on Membranes and Membrane Processes1996年08月-

Characterization and Modification of Indonesian Natural Zeolites and Their Property for Hydrocracking of a Paraffin

Sekiyu Gakkaishi39;1(20-25)1996年01月-

Crystallization of FER and MFI Zeolites by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;2-3(109-117)1996年09月-

Development of Production Technique of Multi-composite Ultrafine Particles by CVD

Proc. 5th World Congr. Chem. Eng.41996年07月-

Dry Gel Conversion Technique for Synthesis of Zeolite Beta

Chem. Commun.(1441-1442)1996年08月-

Gas Permeation of Zeolite-alumina Composite Membranes

Proc. 5th World Congr. Chem. Eng.41996年07月-

Hydrogen/syngas Production from Natural Gas Using a Circulated Fluidized Bed: Catalytic Activity and Stability of Ni/SiO2

Chem. Eng. Sci.51;11(2769-2774)1996年05月-

Selective Permeation of Vanadium (V) and Chromium(VI) through Anion Exchange and Supported Liquid Membranes

Developments in Chem. Eng. & Miner. Process.,3;3-4(151-159)1996年04月-

Simultaneous Chlorination and Sulphation of Calcined Limestones

Chem. Eng. Sci.51;11(2529-2534)1996年05月-

Synthesis of Defect-free Zeolitte-alumina Composite Membranes by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;6(299-308)1996年12月-

Synthesis of FER Membrane on an Alumina Support and Its Separation Properties

Stud. Surf. Sci. Catal.105(2195-2202)1996年12月-

Synthesis of Zeolitic Membranes by a Vapor-phase Transport Method

Microporous Materials7;61996年12月-

A Circulating Fluidized Bed-CH4 Reformer: Performance of Supported Ni Catalysts

Energy & Fuels9;5(822-828)1995年09月-

A Defect-free Mordenite Membrane Synthesized by a Vapor-phase Transport Method

J. Chem. Soc. Chem. Commun.(1967-1968)1995年11月-

Contribution of Local Reactions in Grid Zone to Performance of Jetting Fluidized Bed Coal Gasifier

Energy & Fuels9;2(379-383)1995年03月-

Experimental Study of Gas and Particle Behavior in the Grid Zone of a Jetting Fluidized Bed Cold Model

Powder Technology82;3(135-143)1995年03月-

Removal and Recovery of Phenol from FCC Effluent

J. Membr. Sci.102(43-47)1995年01月-

Development of Microwave Plasma-Fluidized Bed Reactor for Novel Particle Processing

Intern. J. Multi. Phase Flow20;4(763-773)1994年08月-

Preparation of a Thin Zeolitic Membrane

Stud. Surf. Sci. Catal.84(1183-1190)1994年07月-

Vapor-phase Oxidative Acetoxylation of Toluene on Palladium Bimetallic Catalysts

Sekiyu Gakkaishi37;4(428-434)1994年07月-

Zeolitic Membrane Synthesized on a Porous Alumina Support

J. Chem. Soc. Chem. Commun.(339-340)1994年01月-

Acceleration of Permeation of Pr and Nd Ions Through a Supported Liquid Membrane by the Addition of Complexing Agents to Stripping Phase

J. Alloys and Compounds192;2(124-125)1993年03月-

Application of Dynamic Light Scattering Based on Mono-dispersed Model as in-situ Measuring Method of Ultrafine Particles Growing and Coagulating in a Flame

J. Chem. Eng. Jpn.26;4(686-691)1993年08月-

Development of Measuring System of Bubble Coalescence Time by Using Laser

J. Chem. Eng. Jpn., 26(3)、308-314 (1993. 6)26;3(308-314)1993年06月-

Kinetic Role of Diethylenetriaminepentaacetic Acid Added to Stripping Phase in Permeation of Rare Earth Metal Ions Through a Supported Liquid Membrane

J. Alloys and Compounds192;2(121-123)1993年03月-

Nucleation and Growth of Ultrafine Particles in a Flame

J. Chemical Vapor Deposition1;3(280-299)1993年11月-

Oxidative Acetoxylation of Toluene and Benzene over Supported Palladium Catalysts

Sekiyu Gakkaishi36;3(235-238)1993年05月-

Performance of Fluidized Bed Coal Gasifier with Various Ways of Gas Introduction

Fuel Processing Technology36;1-3(227-233)1993年11月-

Synthesis of Zeolites under Vapor Atmosphere: Effect of Synthetic Conditions on Zeolite Structure

Microporous Materials1;2(219-222)1993年05月-

A New Classification of Alkali and Alkaline Earth Catalysts for Gasification of Carbon

Fuel71;7(819-823)1992年07月-

Migration of Alkali and Alkaline Earth Elements into Carbon Black

Fuel71;6(705-707)1992年06月-

Vertical Progress of Methane Conversion in a D.C. Plasma Jetting Fluidized Bed Reactor

Chem. Eng. Sci.47;9-11(2963-2968)1992年07月-

Benzene-Oxygen Reaction over Alkaline Earth Metal Oxide Catalysts

Sekiyu Gakkaishi34;11991年01月-

Characterization of Polycrystalline Silicon Particles Produced via CVD from Monosilane in a Fluidized Bed Reactor

Journal de Physique IIC2;1(483-490)1991年09月-

Development of a Plasma Jetting Fluidized Bed Reactor

Journal de Physique IIC2;1(429-436)1991年09月-

Steam Gasification of Benzene Catalyzed by MgO Doped with Alkaline Earth and Alkali Compounds

Sekiyu Gakkaishi34;1(44-52)1991年01月-

AES and EPMA Observations of Barium and Calcium Loaded on Amorphous Carbon under Gasification Conditions

Energy & Fuels4;41990年07月-

Development of Numerical Model for Reactions in Fluidized Bed Grid Zone - Application to CVD of Polycrystalline Silicon by Monosilane Pyrolysis

Chem. Eng. Sci.45;81990年07月-

Benzene-Carbon Dioxide Reaction over Alkaline Earth Oxide Catalysts

Sekiyu Gakkaishi32;41989年07月-

Catalytic and Physical Properties of Ca2+-doped MgO

Sekiyu Gakkaishi32;21989年03月-

Quantitative Behavior of Potassium Species on an Amorphous Carbon under Steam Gasification Conditions

Energy & Fuels3;31989年05月-

Copper-Alumina Spinel Catalysts for Steam Reforming of Methanol

Chem. Lett.1988年05月-

Hexane-Carbon Dioxide Reaction Catalyzed by Alkaline Earth Oxides. I. Catalytic Behavior and Intermediate

Appl. Catal.37;21988年02月-

Hexane-Carbon Dioxide Reaction Catalyzed by Alkaline Earth Oxides. II. Reaction Network

Appl. Catal.41;81988年08月-

Interaction between Potassium Carbonate and Carbon Substrate at Subgasification Temperatures. Migration of Potassium into the Carbon Matrix

Energy & Fuels2;61988年11月-

Catalytic Methanation of Methanol

Sekiyu Gakkaishi30;41987年07月-

Reaction of 1,2,4-Trimethylbenzene and Methanol on Montmorillonite Catalysts Pillared by Aluminum Complexes

Appl. Catal.66;31987年03月-

Steam Gasification of Residues Catalyzed by Alumina-supported Potassium Carbonate and Calcium Oxide

Sekiyu Gakkaishi28;61985年11月-

Fe doped La2O3 catalyst for oxidative coupling of methane

ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY2392010年-2010年

WoS

詳細

ISSN:0065-7727

Low-Temperature Hydrogen Production by Highly Efficient Catalytic System Assisted by an Electric Field

JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY A114(11)p.3824 - 38332010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1089-5639

Effect of Steam on the Steam-Assisted Crystallization of *BEA-Type Zeolite

BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN83(1)p.69 - 742010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0009-2673

Simultaneous dry reforming and desulfurization of biomethane with non-equilibrium electric discharge at ambient temperature

CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE65(1)p.487 - 4912010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:0009-2509

Papers presented at the Inorganic Membrane-ICIM10 Preface

SEPARATION AND PURIFICATION TECHNOLOGY73(1)p.1 - 12010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1383-5866

Effect of Loading Potassium and Palladium over Iron-Based Catalyst for Low Temperature Water-Gas Shift Reaction

CATALYSIS LETTERS140(3-4)p.184 - 1882010年-2010年

DOIWoS

詳細

ISSN:1011-372X

Dehydrogenation of ethylbenzene over highly active and stable perovskite oxide catalyst - Effect of lattice oxygen on/in perovskite oxide and role of A/B site in perovskite oxide

APPLIED CATALYSIS A-GENERAL398(1-2)p.66 - 722011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0926-860X

Coke-free dry reforming of model diesel fuel by a pulsed spark plasma at low temperatures using an exhaust gas recirculation (EGR) system

JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS44(27)2011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0022-3727

Tackling Power Outages in Japan: The Earthquake Compels a Swift Transformation of the Power Supply

JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN44(6)p.365 - 3692011年-2011年

DOIWoS

詳細

ISSN:0021-9592

Microporous membrane: A key to large-scale energy-saving in fuel and petrochemical industry

ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY2422011年-2011年

WoS

詳細

ISSN:0065-7727

Oxidative Coupling of Methane over Ba-incorporated LalnO(3) Perovskite Catalyst

JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE55(1)p.71 - 722012年-2012年

WoS

詳細

ISSN:1346-8804

Catalytic Oxidative Coupling of Methane Assisted by Electric Power over a Semiconductor Catalyst

CHEMISTRY LETTERS41(4)p.351 - 3532012年-2012年

DOIWoS

詳細

ISSN:0366-7022

Alkylation of Isobutane by 1-Butene over H-beta Zeolite in CSTR (Part 1) Effects of Zeolite-structures and Synthesis Methods on Alkylation Performance

JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE55(5)p.299 - 3072012年-2012年

WoS

詳細

ISSN:1346-8804

Alkylation of Isobutane by 1-Butene over H-beta Zeolite in CSTR (Part 2) Deactivation Mechanism of Zeolite Catalyst and Optimization of CSTR Conditions

JOURNAL OF THE JAPAN PETROLEUM INSTITUTE55(5)p.308 - 3182012年-2012年

WoS

詳細

ISSN:1346-8804

Synthesis and Characterization of Chromium-Added Pt/Beta Zeolite and its Catalytic Performance for n-Heptane Isomerization

CATALYSIS LETTERS143(5)p.486 - 4942013年-2013年

DOIWoS

詳細

ISSN:1011-372X

Physicochemical Characterization of Highly Dispersed Platinum and Chromium on Zeolite Beta

JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C118(20)p.10746 - 107532014年-2014年

DOIWoS

詳細

ISSN:1932-7447

Zeolite Membrane for Dehydration of Isopropylalcohol-Water Mixture by Vapor Permeation

ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES7(25)p.13728 - 137302015年-2015年

DOIWoS

詳細

ISSN:1944-8244

H-ベータゼオライトを用いたCSTR中でのイソブタンの1-ブテンによるアルキル化(第2報)ゼオライト触媒の劣化メカニズムとCSTRの操作最適化

Journal of the Japan Petroleum Institute55(5)p.308 - 3182012年-2012年

CiNii

詳細

ISSN:1346-8804

概要:これまでに我々は,CSTRを用いた1-ブテンによるイソブタンのアルキレーションにおいて,DGC法で調製したベータ型ゼオライトが他のゼオライトに比べて高い活性・安定性を示すことを見出した。そこでより高い活性安定性を発現させるため,DGC法で調製したベータ型ゼオライトを用いて,活性劣化の原因を探るとともに,最適な操作条件を探索した。その結果,活性劣化の原因となっているのはゼオライト表面に吸着した炭化水素ではなく,細孔内部に蓄積した炭化水素であり,これは多重アルキル化あるいはオレフィンの重合によって生成していることが分かった。よって,これら反応を抑制する条件を探索し最適化することで,高い活性と安定性を両立することができた。

Synthesis of TS-1 with preferably distributing Ti in depth direction of crystals

Takaishi Kosuke;Yamamoto Tetsuo;Matsukata Masahiko

Chemistry Letters0(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0366-7022

概要:MFI-type titanosilicate, TS-1, was synthesized by using silicalite-1 as silica source. When synthesis gel was highly alkaline, dissolution of silicalite-1 drastically occurred in the initial stage of synthesis and Ti species were then uniformly incorporated in the whole body of TS-1 crystals produced. On the other side, we found that when the gel contained a lower alkalinity, dissolution in the initial stage was depressed and recrystallization occurred on the surface of parent silicalite-1, resulting in that Ti species were dominantly distributed in the vicinity of external surface of remaining core. 1-Hexene oxidation was performed over TS-1. TS-1 on which Ti species were distributed near the external surface showed better catalytic performance in terms of H2O2 efficiency.

Synthesis of TS-1 with Preferably Distributed Ti in Depth Direction of Crystals

Takaishi Kosuke;Yamamoto Tetsuo;Matsukata Masahiko

Chemistry Letters45(5)p.532 - 5342016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0366-7022

概要:MFI-type titanosilicate, TS-1, was synthesized by using silicalite-1 as the silica source. When the synthesis gel was highly alkaline, dissolution of silicalite-1 drastically occurred in the initial stage of synthesis and Ti species were then uniformly incorporated in the whole body of TS-1 crystals produced. On the other hand, we found that when the gel had a lower alkalinity, dissolution in the initial stage was suppressed and recrystallization occurred on the surface of parent silicalite-1, resulting in the Ti species being dominantly distributed in the vicinity of the external surface of the remaining core. 1-Hexene oxidation was performed over TS-1. TS-1 in which Ti species were distributed near the external surface showed better catalytic performance in terms of H2O2 efficiency.

加圧条件下におけるFAU型ゼオライト膜のプロピレン/プロパン分離特性

酒井 求;佐々木 康人;松方 正彦

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:加圧条件下におけるFAU型ゼオライト膜のプロピレン/プロパン透過分離特性について検討した。また、得られた透過分離特性から、FAU型ゼオライト膜を用いたプロピレン回収の可能性についても併せて検討した。

吸着を用いたゼオライト膜の非破壊測定手法およびその解析方法

瀬下 雅博;酒井 求;松方 正彦

41(1)p.30 - 352016年-2016年

CiNii

詳細

ISSN:0385-1036

概要:We have successfully investigated nitrogen adsorption measurement using ZSM–5 type zeolite membrane prepared by seed assisted hydrothermal synthesis with various crystallization periods under non–destructive condition. Micro– and meso–pores derived from zeolitic and non–zeolitic structures were analyzed using nitrogen adsorption isotherm with the Saito–Foley model and the Kelvin equation. ZSM–5 membranes synthesized for various crystallization periods were characterized and evaluated by SEM, XRD, nanopermporometry and permeation tests. In this study, it could be considered that ZSM–5 membrane formation process had two–step as follows. First, ZSM–5 seed crystal was grown up in/onα–alumina support, and ZSM–5 micro–crystals generated in pore ofα–alumina support until 6 hours synthesis. After that, ZSM–5 crystals on theα–alumina support surface were predominantly grown up, and these crystals covered the support surface. After synthesis of 12 hours, the membrane had hardly defects.

n-ブタン単純脱水素におけるPtFe/Na-Yの劣化挙動

牛木 涼友;戸田 優太郎;山上 浩太;松方 正彦

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:これまで当研究室では合成ゴムの原料であるブタジエンの新規製造プロセスのため、n-ブタンの単純脱水素反応用触媒の開発を行い、Ptを担持したY型ゼオライト触媒に対してFeを添加することで活性が向上することを報告してきた。本研究ではn-ブタン単純脱水素反応へのPtFe/Na-Y触媒の劣化挙動を、窒素吸着とTG-DTAより算出した細孔容積と炭素析出量から評価した。

深さ方向にTiの濃度分布をもつTS-1の調製とその触媒特性

松方 正彦;山本 哲夫;高石 紘佑

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:TS-1は過酸化水素を用いた液相酸化反応において高活性を示すが、基質の大きさによっては拡散制約を受けることが問題となっている。合成のケイ素源として同じMFI型ゼオライトであるSilicalite-1を用い、溶液中の[OH-]を調整することで深さ方向にTiの濃度分布をもつTS-1が合成されることを見出した。1-hexeneの酸化反応において上記のTS-1を用いたところ外表面近傍にTiが偏在化されたTS-1は高活性を示した。このことより外表面近傍に存在するTi種の活性点は有効に作用する可能性が示唆された。

Pt/ゼオライトを用いたプロピレン単純脱水素反応に対するFeの添加効果

牛木 涼友;星野 浩慶;松方 正彦

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:近年、エチレンプラントの稼働率低下に伴いプロピレンの供給量が低下していることが問題となっている。当研究室で新たなプロピレンソースとしてプロパン単純脱水素に対する新規の触媒探索を試みたところ、Ptと共に第二成分としてFeを担持させた様々なゼオライト、とりわけPt、Feを担持した*BEA型ゼオライトが高い触媒活性を示すことを見出した。本発表では触媒活性に対するゼオライトの種類およびFe担持量が及ぼす影響について報告する。

Fe/ZSM-5のNH3-SCRに対する触媒特性に及ぼす交換カチオンの影響

松方 正彦;松本 美映;藤林 顕都

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:アンモニアによるNO選択還元反応 (NH3-SCR) において、液相イオン交換法で調製したFe/ZSM-5の活性は調製条件で大きく異なった。カウンターカチオンの異なる担体を用いてFeイオン交換を行った場合、Feの担持状態や担持量が変化することが確認された。Na型ZSM-5を担体に用いた場合、Fe担持量は減少したが、高い活性を示した。

BEAゼオライトへのMo固定化と液相におけるシクロヘキセンのエポキシ化への応用

鎌田 風太;風間 洋佑;松方 正彦

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:Moを担体上に高分散させた触媒は、オレフィン酸化に対して高活性を示すことが知られている。しかし、反応でのMo溶出による腐食やその除去コストが問題点となっている。当研究室では、MoをBEAゼオライト骨格に導入することで不均一系触媒として機能することを見出した。B-BEAの脱Bにより生成したnest silanolにCVD法でMoを導入しシクロヘキセンのエポキシ化の反応試験を行ったところ、使用した触媒の再利用を重ねてもMo溶出はBEAのunit cellあたり1個程度で停止することを見出した。

ゼオライト触媒を用いたLCOのクラッキングによる低級オレフィンおよびBTX選択性の検討

松方 正彦;福永 慶次郎;藤巻 尚志

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2016(0)2016年-2016年

CiNii

詳細

概要:FCCプロセスにおける生成物の一つであるLight Cycle Oil (LCO) は重油市場の縮小により低需要であるため、新たに付加価値をつけるための触媒およびプロセスの開発が求められている。そこでテトラリンをLCOモデルとしたクラッキングを行い、BTX選択率が高いZSM-5および低級オレフィンの選択率が高いBetaを用いて両生成物の選択性について検討した。これらの触媒の配置方法、白金担持の有無によって触媒劣化を抑えつつBTXおよび低級オレフィン成分を高収率かつ高選択的に得られる方法を検討した。

PtFe/ゼオライトの骨格構造がプロパン脱水素反応に及ぼす影響

牛木 涼友;星野 浩慶;松方 正彦

石油学会 年会・秋季大会講演要旨集2017(0)2017年-2017年

CiNii

詳細

概要:これまで当研究室では新たなプロピレンソースとしてプロパン単純脱水素反応に着目し、ゼオライトを担体とした新規触媒の探索を行った結果、Ptと共に第二成分としてFeをゼオライトに担持させることで大幅に触媒活性が向上することを見出した。本発表ではゼオライトの結晶構造が触媒活性に及ぼす影響について検討するため、PtとFeを担持した8種類のゼオライトの触媒活性の検討と物性評価を行った。

Zeolite Membrane for Dehydration of Isopropylalcohol-Water Mixture by Vapor Permeation

Sawamura, Ken Ichi; Furuhata, Taisuke; Sekine, Yasushi; Sekine, Yasushi; Kikuchi, Eiichi; Kikuchi, Eiichi; Subramanian, Bharathi; Subramanian, Bharathi; Matsukata, Masahiko; Matsukata, Masahiko; Matsukata, Masahiko

ACS Applied Materials and Interfaces7(25)p.13728 - 137302015年07月-2015年07月 

DOIScopus

詳細

ISSN:19448244

概要:© 2015 American Chemical Society.Highly stable FAU-type zeolite membrane for the separation of isopropanol (IPA)-water mixture by pervaporation is described. FAU membrane showed high water permselectivity and permeance. Comparison of FAU membrane with a conventional LTA-type zeolite membrane revealed superior stability of FAU zeolite membrane in a mixture containing a large water content. (Figure Presented).

Synthesis of TS-1 with preferably distributed Ti in depth direction of crystals

Takaishi, Kosuke; Yamamoto, Tetsuo; Matsukata, Masahiko; Matsukata, Masahiko

Chemistry Letters45(5)p.532 - 5342016年01月-2016年01月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03667022

概要:© 2016 The Chemical Society of Japan.MFI-type titanosilicate, TS-1, was synthesized by using silicalite-1 as the silica source. When the synthesis gel was highly alkaline, dissolution of silicalite-1 drastically occurred in the initial stage of synthesis and Ti species were then uniformly incorporated in the whole body of TS-1 crystals produced. On the other hand, we found that when the gel had a lower alkalinity, dissolution in the initial stage was suppressed and recrystallization occurred on the surface of parent silicalite- 1, resulting in the Ti species being dominantly distributed in the vicinity of the external surface of the remaining core. 1-Hexene oxidation was performed over TS-1. TS-1 in which Ti species were distributed near the external surface showed better catalytic performance in terms of H2 O2 efficiency.

書籍等出版物

Dehydration Behavior of MFI Zeolite Membranes for Various Kinds of Solvents

K. Sato, K. Sugimoto, T. Nakane, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Development of 1000 mm Long LTA Zeolite Membrane for Alcohols Dehydration with High Performance

S. Inoue, T. Mizuno, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Effect of Ultra Stable Y Seed Crystals on the Separation Performanceof Y-type Zeolite Membrane for Ethanol Dehydration

T. Mizuno, Y. Katakura, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

High Temperature Separation of Water/Methanol/Hydrogen Mixtures through ZSM-5 zeolite Membranes

K. Sawamura, T. Izumi, T. Shirai, M. Takada, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Charaterization of Zeolite Membrane Quality by Using Permporosimetry

K. Nakai, K. Nakamura, J. Kaneshiro, M. Matsukata

Proc. 7th International Symposium on the Characterisation of Porous Solids (COPS VII), 25th - 28th May 2005, Aix-en-Provence, France2005年 05月-

ゼオライト膜

松方正彦

セラミックデータブック、セラミックデータブック編集委員会、工業製品技術協会2005年-

ゼオライト膜の応用

松方正彦

「新時代の多孔性材料とその応用−ナノサイエンスが作る新材料」北川進編、シーエムシー出版2005年 06月-

メンブレンリアクター

松方正彦

触媒活用大辞典/工業調査会2004年-

高圧

関根 泰、松方正彦

第5版 実験化学講座6/丸善(印刷中)2004年-

ゼオライト微細膜触媒

松方正彦

微粒子工学体系 第Ⅱ巻応用技術フジテクノシステム2002年 01月-

ゼオライト膜の調製

ゼオライトの科学と工学講談社サイエンティフィック2000年 07月-

境膜抵抗他5項目

触媒の事典朝倉書店2000年 09月-

4.3 不均一反応系と装置技術者のための化学工学の基礎と実践、第4章反応工学の基礎

アグネ承風社1998年 10月-

ドライゲルコンバージョン法による新しいゼオライトの合成とその特性

触媒技術の動向と展望1998/触媒学会編1998年 04月-

Dehydration Behavior of MFI Zeolite Membranes for Various Kinds of Solvents

K. Sato, K. Sugimoto, T. Nakane, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Development of 1000 mm Long LTA Zeolite Membrane for Alcohols Dehydration with High Performance

S. Inoue, T. Mizuno, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Effect of Ultra Stable Y Seed Crystals on the Separation Performanceof Y-type Zeolite Membrane for Ethanol Dehydration

T. Mizuno, Y. Katakura, J. Saito, S. Ikeda, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

High Temperature Separation of Water/Methanol/Hydrogen Mixtures through ZSM-5 zeolite Membranes

K. Sawamura, T. Izumi, T. Shirai, M. Takada, Y. Sekine, E. Kikuchi, M. Matsukata

Proc. 9th Int. Conf. on Inorganic Membranes, Ed. By R. Bredesen and H. Raeder (ISBN 13:978082-14-04026-5, ISBN 10: 82-14-04026-5)2006年 06月-

Charaterization of Zeolite Membrane Quality by Using Permporosimetry

K. Nakai, K. Nakamura, J. Kaneshiro, M. Matsukata

Proc. 7th International Symposium on the Characterisation of Porous Solids (COPS VII), 25th - 28th May 2005, Aix-en-Provence, France2005年 05月-

特許

整理番号:35

多孔体及びその製造方法(日本)

松方 正彦, 小倉 賢

特願2001-235255、特開2002-128517

整理番号:403

三次元高規則性メソポーラスシリケートの製造方法(日本, PCT)

松方 正彦

特願2003- 29044、特開2004-262677

整理番号:404

気相合成法による酸化珪素系セラミック膜の製造方法及び製造装置(日本, アメリカ)

松方 正彦

特願2002-237134、特開2004- 76087

整理番号:733

有害物質の不溶化剤(日本)

山崎 淳司, 松方 正彦

特願2007-106548、特開2007-302885

整理番号:893

重金属類を含有する排水の水処理方法(日本)

山﨑 淳司, 松方 正彦

特願2008-260382、特開2010- 88991、特許第5239718号

整理番号:1015

水処理剤及び水処理方法(日本)

山﨑 淳司, 松方 正彦

特願2009-256791、特開2011-101830、特許第5451323号

整理番号:1148

共沸混合物の分離装置及び共沸混合物の分離方法(日本)

松方 正彦

特願2010-261671、特開2012-110832、特許第5604677号

整理番号:1285

一酸化炭素濃度を低減する方法(日本)

松方 正彦

特願2007-093821、特開2008-247702、特許第5105937号

整理番号:1481

水溶性有機物の濃縮方法及び水溶性有機物の濃縮装置(日本)

松方 正彦

特願2013-105616、特開2014-226573、特許第6093649号

整理番号:1483

水溶性有機物の濃縮方法及び水溶性有機物の濃縮装置(日本, 中華人民共和国, フランス, 台湾, ヨ-ロッパ, ドイツ, イギリス, アメリカ, オランダ, PCT)

松方 正彦

特願2013-105620、特開2014-226574、特許第6196807号

整理番号:1493

水処理方法(日本)

山﨑 淳司, 松方 正彦

特願2013-231988、特開2014- 50841、特許第5831914号

整理番号:1576

ノルマルパラフィンまたはパラキシレンの分離方法およびゼオライト膜複合体(日本, PCT)

松方 正彦, 瀬下 雅博, 酒井 求, 金子 拓矢

特願2014-158012、特開2016- 34917、特許第6211481号

整理番号:1599

支持体-ゼオライト膜複合体の製造方法(日本)

松方 正彦

特願2011-198745、特開2013- 59714

整理番号:1602

ジエンの製造方法及び脱水素触媒(日本, PCT)

松方 正彦

特願2014-205659、特開2016- 74622

整理番号:1606

ノルマルパラフィンの分離方法(日本, PCT)

酒井 求, 金子 拓矢, 松方 正彦, 瀬下 雅博

特願2014-207482、特開2016- 73956、特許第6270685号

整理番号:1609

吸着特性測定装置(日本, アメリカ)

松方 正彦

特願2014-188290、特開2016- 61615、特許第6346044号

整理番号:1926

ゼオライト分離膜、分離部材、ゼオライト分離膜の製造方法、及び炭化水素類の分離方法(日本)

松方 正彦

特願2017-156604、特開2019- 34267

整理番号:135-JP

ハイドロタルサイト様粒状体を用いた液処理装置および液処理方法(日本)

松方 正彦

特願2008-544072、特許第5363817号

整理番号:149-JP

重金属の不溶化剤及び重金属の不溶化方法(日本)

山﨑 淳司, 松方 正彦

特願2009-520495、特許第5697334号

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

ミクロ多孔体薄膜の特異な分離機能を利用した膜分離に関する基盤的研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥19630000

研究種別:特別推進研究

電気化学デバイス工学の確立と深化

2008年-2012年

配分額:¥570440000

研究種別:

固体酸化物の格子酸素と金属の協奏機能をもつ水素製造用触媒に関する研究

配分額:¥3800000

研究種別:

ミクロ多孔膜を用いたメンブレンリアクターの開発

配分額:¥18200000

研究種別:

固体酸化物の格子酸素と金属の協奏機能をもつ水素製造用触媒に関する研究

配分額:¥2000000

研究種別:

電子励起された酸化物等の固体表面を用いた常温常圧触媒反応の研究

配分額:¥18350000

研究種別:

ゼオライト骨格と交換カチオンの協奏による分離場の創生

配分額:¥1400000

研究種別:

新規非対称酸素過膜の開発とメタン酸化反応への応用

配分額:¥51740000

研究種別:

ミクロ・メソ多孔性結晶内における新反応場の構築

配分額:¥3300000

研究種別:

ゼオライトを原料とするメソポーラスマテリアルの新規な合成法の開発とその触媒特性

配分額:¥1800000

研究種別:

ディーゼルエンジン排ガスからの窒素酸化物除去触媒の開発

配分額:¥13000000

研究種別:

ゼオライトの結晶化過程の解明と制御に関する研究

配分額:¥14800000

研究種別:

カラム浮選によるクリーンコールの製造

配分額:¥30800000

研究種別:

メンブレンリアクターを用いたメタン部分酸化による合成ガス製造

配分額:¥35000000

研究種別:

ゼオライトの相変態過程に関する研究

配分額:¥1300000

研究種別:

気相を介する新規合成法によるゼオライト膜の調製とその機能の評価

配分額:¥12900000

研究種別:

ゼオライト分離膜の開発

配分額:¥2500000

研究種別:

開発途上国向け石炭の同時脱硫脱灰プロセスの開発

配分額:¥1700000

研究種別:

ゼオライト分離膜の開発

配分額:¥1100000

研究種別:重点領域研究

モレキュラーシービング膜反応器の開発

1996年-1996年

配分額:¥2200000

研究種別:一般研究(B)

火炎CVDによる非酸化物機能性材料の合成

1995年-1997年

研究分野:化学工学一般

配分額:¥8100000

研究種別:重点領域研究

モレキュラーシービング膜反応器の開発

1995年-1995年

配分額:¥2200000

研究種別:重点領域研究

開発途上国向け石炭の同時脱硫脱灰プロセスの開発

1995年-1995年

配分額:¥2000000

研究種別:奨励研究(A)

ゼオライト分離膜の開発

1995年-1995年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥1000000

研究種別:奨励研究(A)

ゼオライト分離膜の開発

1994年-1994年

研究分野:反応・分離工学

配分額:¥1100000

研究種別:一般研究(C)

新規な分離膜用膜状ゼオライト合成法の開発と分離特性の評価

1992年-1992年

研究分野:工業物理化学・複合材料

配分額:¥1500000

研究種別:重点領域研究

流動層石炭ガス化炉内の局所的反応の解析と制御

1991年-1991年

配分額:¥2000000

研究種別:試験研究(B)

新規な流動層反応装置を利用したシリコン系粉体製造プロセスの開発

1991年-1993年

研究分野:工業物理化学・複合材料

配分額:¥10800000

研究種別:重点領域研究

流動層石炭ガス化炉内の局所的反応の解析と制御

1990年-1990年

配分額:¥2300000

研究種別:

チャネル型正浸透膜の創製と究極的ゼロエネルギー水処理プロセスの構築

2018年-0月-2022年-0月

配分額:¥43940000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

超精密化学を用いた新規物質変換プロセスの創出プロジェクト2002年-2006年

実施形態:受託教育

ハイシリカゼオライトの合成と触媒作用2003年-

実施形態:受託教育

高温下における微量金属の揮発挙動2003年-

実施形態:共同研究

石炭灰のゼオライト化に関する研究2001年-

実施形態:受託教育

廃棄物燃焼ガス化に関する研究1992年-

実施形態:受託教育

無機分離膜の開発2001年-2001年

実施形態:共同研究

無機分離膜の開発2001年-2001年

実施形態:受託教育

無機分離膜の開発2001年-

学内研究制度

特定課題研究

ペンタシル型ゼオライト膜の合理的製膜手法とメンブレンリアクターの開発に関する研究

2005年度

研究成果概要: 膜分離は省エネルギー技術であり、新規な分離膜、および分離膜と反応器を組み合わせた反応分離場の創生は、エネルギー・環境問題の解決に寄与することが期待できる。本研究では、分子と同程度のミクロ細孔をもつ無機材料であるゼオライトを薄膜化... 膜分離は省エネルギー技術であり、新規な分離膜、および分離膜と反応器を組み合わせた反応分離場の創生は、エネルギー・環境問題の解決に寄与することが期待できる。本研究では、分子と同程度のミクロ細孔をもつ無機材料であるゼオライトを薄膜化することによって、分子レベルの分離が可能で耐熱性、耐酸性に富む新しい分離膜を開発し、さらにゼオライト膜と固体触媒反応器を用いた新規な反応分離を実現することを目的とした。 モルデナイト膜、ZSM-5膜の二種のゼオライト膜について、その生成過程を検討し、結晶の育成条件と生成する構造の相関を明らかにし、膜の緻密化を合理的に進めるための指針を得た。また、得られた緻密なゼオライト薄膜について、高温(150-300℃)、高圧下(0.-3.0 MPa)における水-メタノール-水素のガス透過試験を実施し、ゼオライト薄膜の分離特性の検討を行った。その結果、モルデナイト膜は水素,メタノールの透過を阻止し,水が選択的に透過した。いっぽう, ZSM-5は水存在下で水,メタノールが透過し,水素の透過を阻止した。このような高温でも機能を発揮する分離膜はこれまで例がなく、本研究による大きな成果である。また、とくに、モルデナイト膜の水選択性の発現機構を検討するために、Na交換型モルデナイト結晶を用いて水蒸気、メタノールの吸着実験を行った。その結果、本実験のような高温下では、ゼオライトのアルミノシリケート骨格ではなく、交換カチオンであるNaと極性分子である水の強い相互作用によって水の吸着が起こり、水が細孔内に選択的に吸着するものと考えられた。しかし、いっぽうでメタノールもモルデナイト細孔に若干吸着することがわかった。モルデナイト膜によって、水素のみならずメタノールの透過も阻止される理由については、吸着特性のみでは完全には説明できず、ゼオライト膜の構造に踏みこんだ議論を進める必要があると推察した。

新規な有機無機ハイブリッド酸塩基触媒に関する研究

2007年度

研究成果概要: シリカメソ多孔体であるMCM-41を合成し,次にカルボン酸を末端に有するシランカップリング剤(Triethoxysilylpropylmaleamic acid, Gelest社)のエトキシ基(-OC2H5)とメソ多孔体細孔表面... シリカメソ多孔体であるMCM-41を合成し,次にカルボン酸を末端に有するシランカップリング剤(Triethoxysilylpropylmaleamic acid, Gelest社)のエトキシ基(-OC2H5)とメソ多孔体細孔表面のシラノール基(Si-OH)とで脱水縮合を行い表面修飾し,さらに表面修飾したカップリング剤の末端のカルボキシル基(-COOH)とスルファミン酸(H2NSO3H)でアミド結合(-CONH-)を形成させ,スルファミド酸を固定することを試みた.合成した物質のキャラクタリゼーションを行ったところ,XRDと窒素吸着により, 2d-hexagonal構造をもつMCM-41が合成されていることが確認され,さらに表面修飾・スルファミド化してもメソ孔構造が保たれていることが示された.また, 29Si CPMAS NMRよりT1,T2,T3サイトのピークが確認でき,メソ多孔体表面のSi-OH基とカップリング剤が持つエトキシ基による脱水縮合を経て,カップリング剤が細孔表面シに固定化されていることが確認された.13C MAS NMRより,表面修飾されたシランカップリング剤は, その構造が壊れることなくメソ多孔体表面に修飾されていることが示唆された.さらにIRスペクトルの結果より,スルホン酸基由来のスペクトルの吸収を示した為,スルファミド酸の生成を確認した. 問題となったのは第一に,用いたシランカップリング剤が非常に特殊で高価な為,合成の一般化が困難な点,第二に,スルファミド化前後でMCM-41の比表面積が1000m2 g-1から300m2 g-1まで減少してしまった点であった.これは,弱塩基性の脱水縮合剤と,固定化されたスルファミド酸とで塩が形成されたためであると考えられた.これらの問題点を解決するために,安価で入手しやすく,末端にアミノ基を有するシランカップリング剤である3-aminopropyltriethoxysilaneを用いてメソ多孔体の表面修飾を行い,コハク酸のようなジカルボン酸を介して,スルファミン酸を脱水縮合させることでスルファミド酸合成を検討したところ,スルファミド酸を定量的に導入することができることを見出した。

新規メソ多孔体固体超強酸の開発

2008年度

研究成果概要:Friedel-Crafts 反応は石油化学,ファインケミカルズ合成において重要な反応であり,一般にはAlCl3 やBF3 等のハロゲン化物が触媒に用いられている。グリーンケミストリーの観点からはこの反応にハロゲンを含まない固体酸...Friedel-Crafts 反応は石油化学,ファインケミカルズ合成において重要な反応であり,一般にはAlCl3 やBF3 等のハロゲン化物が触媒に用いられている。グリーンケミストリーの観点からはこの反応にハロゲンを含まない固体酸触媒を用いることが望ましい。シリカメソ多孔体は,高比表面積を有し,均一で精緻な化学修飾が可能なため,触媒担体として注目されている。本研究では,トルエンとベンジルアルコール(BzOH)を原料に用いたFriedel-Crafts ベンジル化をとりあげ,高比表面積化を図ることで活性の向上を期待してシリカメソ多孔体であるSBA-15に,硫酸化ジルコニアを担持し,触媒活性を検討した。 実験に当たってはまずSBA-15を調製した。Zr 源にZrOCl2・8H2O を用い,含浸法にてSBA-15にZrO2 を担持し,その後硫酸処理をして硫酸化ジルコニアSBA15 I ( S/ xZr SBA-15 I ) を調製した。また,SBA-15 のシリカ骨格形成時にZrO2 を直接組み込む直接合成法も併せて検討した。こちらは,Si源のTEOSとZr源のZr 源にZrOCl2・8H2Oを混合し,乾燥,焼成を行い,その後硫酸処理をして硫酸化ジルコニアSBA-15 D ( S/ xZr SBA-15 D ) を調製した。ただし,x = nZr/ (nSi + nZr) = 0.03,0.06,0.09とし,nZr,nSiはそれぞれのモル数を表す。触媒のキャラクタリゼーションは,XRD,窒素吸着測定,ICP測定,Ar吸着熱測定により行った。トルエンのベンジル化は,110℃で4 h行った。なお,触媒の前処理は300℃,3 h焼成し,グローブボックス内で秤量した。調製した触媒は硫酸処理後も細孔径や細孔容積の急激な減少は観察されず,550~800 m2 g-1 程度と比表面積も大きいままであった。特に,直接合成法で調製した触媒は,含浸法で調製した触媒よりも比表面積が大きい値を示した。また,反応は全て一次として整理できたので,それぞれの単位触媒重量当たりの一次反応速度定数を求めたところ,S/0.09Zr SBA-15 Dは市販の硫酸化ジルコニアの反応速度定数よりも大きい値を示した。これらのことから,直接合成法では,シリカ骨格中にジルコニアが高分散したため,高い活性が発現したと推察した。

重質炭化水素分離用ゼオライト分子ふるい膜の創製

2014年度

研究成果概要:本研究では、石油精製・石油化学分野における膜分離の可能性を拡げるため、ゼオライトを素材として炭化水素分離に適した薄膜の開発を行った。MFI型ゼオライトと*BEA型に注目し、それぞれを多孔質アルミナ支持体上に薄膜化し、C6-C16炭...本研究では、石油精製・石油化学分野における膜分離の可能性を拡げるため、ゼオライトを素材として炭化水素分離に適した薄膜の開発を行った。MFI型ゼオライトと*BEA型に注目し、それぞれを多孔質アルミナ支持体上に薄膜化し、C6-C16炭化水素の透過分離特性を評価した。検討の結果、1) MFI型ゼオライト膜を用いてC10, C16炭化水素混合物からノルマルアルカンを高選択的に分離可能であることを見出した、 2)*BEA型ゼオライトを支持体上に薄膜化する手法を開発した、 3)*BEA型ゼオライト膜が従来のゼオライト膜に比べ大きな分子分画領域を有し、炭化水素混合物分離に適応可能である事を明らかにした。

リン酸アルミニウム系ミクロ多孔体分離膜の開発

2014年度

研究成果概要:本研究では新規膜素材の開発と透過分離特性の解明を主たる目的として、アルミノリン酸塩系ミクロ多孔体(AlPO4-18)を用いて高透過分離性能を発揮することのできる無機系多孔質分離膜の開発を行った。AlPO4-18膜の合成条件を検討す...本研究では新規膜素材の開発と透過分離特性の解明を主たる目的として、アルミノリン酸塩系ミクロ多孔体(AlPO4-18)を用いて高透過分離性能を発揮することのできる無機系多孔質分離膜の開発を行った。AlPO4-18膜の合成条件を検討することにより、比較的に緻密な膜の合成を可能とした。また水/酢酸二成分混合蒸気透過分離試験においては、水を選択的に分離することに成功した。単成分を透過させた場合と比較して、二成分共存下ではそれぞれの透過度が低下することから、他成分による透過阻害を受けていると考えられる。また膜温度の上昇に伴い水および酢酸の透過度が減少することから、表面拡散的な透過挙動であると考えられる。

ブタジエン分離用ゼオライト膜の創製

2015年度共同研究者:酒井 求

研究成果概要:1,3-ブタジエンはブタジエンゴムの原料に用いられる重要な基礎化学品である。本研究ではブタジエン分離用FAU型ゼオライト膜の開発を行った。FAU型ゼオライト膜中の交換カチオンを種々に変化させることで、1,3-ブタジエン分離に適した...1,3-ブタジエンはブタジエンゴムの原料に用いられる重要な基礎化学品である。本研究ではブタジエン分離用FAU型ゼオライト膜の開発を行った。FAU型ゼオライト膜中の交換カチオンを種々に変化させることで、1,3-ブタジエン分離に適したカチオン種の探索を行った。アルカリ金属元素や、アルカリ土類金属元素、その他の金属(Cr, Mn, Fe, Co, Cu, Zn, Ag, In, Sn)について検討を行った。アルカリ金属土類元素やその他の金属に交換したFAU膜は、いずれも分離係数がほぼ1であり、選択性を示さなかった。一方、NaからCsに交換したFAU膜は探索したカチオン種の内、最も高い選択性= 2.63を示した。

ドライゲルコンバージョン法を用いたゼオライト分離膜の合成

1997年度

研究成果概要:乾燥状態のゲルを有機結晶化剤蒸気雰囲気下で結晶化させる方法(ドライゲルコンバージョン法)により、SiO2/Al2O3比=1000のMFI型ゼオライトの平均細孔径0.1μmの多孔質アルミナ平板への製膜を試みた。ゲル調製から熟成、支持...乾燥状態のゲルを有機結晶化剤蒸気雰囲気下で結晶化させる方法(ドライゲルコンバージョン法)により、SiO2/Al2O3比=1000のMFI型ゼオライトの平均細孔径0.1μmの多孔質アルミナ平板への製膜を試みた。ゲル調製から熟成、支持体へのゲルのコーティング、結晶化に至るまで、多くの合成条件が生成物の物性に影響するため、それぞれの最適化を試みた。特に緻密な膜の合成に重要な条件は原料中のアルカリ濃度であった。アルカリ濃度Na2O/SiO2比=0.13-0.23の範囲で緻密な膜が得られた。アルカリ濃度が充分でない場合には、原料ゲルの加水分解が充分に起こらず、また高すぎる場合には加水分解が優先して起きるため、ゼオライト骨格の形成が起きないことがわかった。ベンゼン/n-ヘキサンの浸透気化分離試験を行なった。ピンホールがわずかでも存在すると全く選択性を示さなかったが、ピンホールフリーの膜では等モル混合物で5程度の分離係数を示した。無機ガス(ヘリウム、窒素、二酸化炭素、メタン)透過試験では、ピンホール濃度が減少するほど、無機ガス透過流束は大きな正の温度依存性を示した。また、各ガスの透過流束の差も大きくなる傾向にあった。以上の結果は、分離機能の発現にはピンポールの制御、すなわちゼオライト結晶粒界の制御が本質的に重要であることを示している。 ゼオライト膜を工業的に用いるにはモジュール化が必須であり、それにはチューブ状支持体への製膜法の開発が必要である。そこで、上記で確立した合成条件を用いて、外径7㎜のチューブ状アルミナ多孔質支持体への製膜を試みた。チューブ表面への均一な製膜には、ゲルを支持体細孔中へ吸引・製膜することが必要であった。また、乾燥途中でゲルが重力あるいは毛管凝縮によって片寄らないよう、工夫した。こうして得られた膜を用いて、窒素/二酸化炭素混合物の透過試験を行なったところ、表面拡散の効果による選択性の発現を認めた。研究成果の発表投稿予定Synthesis of MFI Zeolite Membrane and Its Separation Properties. Microporous and Mesoporous Materials, Elsevier.

ミクロ多孔性無機膜による分離場の構築と新規な反応分離装置の開発研究

2004年度

研究成果概要:1. 緒言細孔径0.74 nm、Si / Al = 1.5~3.0で親水性をもつY型ゼオライトを膜とすることで、水 / 有機物からの脱水や有機混合物分離への適用が期待されている。透過分離性能の高い膜を調製するためには膜構造を制御す...1. 緒言細孔径0.74 nm、Si / Al = 1.5~3.0で親水性をもつY型ゼオライトを膜とすることで、水 / 有機物からの脱水や有機混合物分離への適用が期待されている。透過分離性能の高い膜を調製するためには膜構造を制御することが重要になる。しかし、Y型ゼオライト膜構造の制御について報告した例は少ない。そこで、本研究では、Y型ゼオライト層の形成過程、および種々の調製条件が膜構造に及ぼす影響を確認することを目的とした。膜構造に影響する因子には、支持体上の種結晶、ゲル組成、エージング条件、結晶化条件などがある。そこで種々の結晶化条件が膜構造に及ぼす影響を検討した。また、多孔質支持体上では、ゼオライト層の形成過程を観察することは困難であるため、無多孔平板上における種結晶を用いたY型ゼオライト層の形成過程を検討した。2. 実験方法NaYを粉砕し、蒸留水を加えて調製したスラリーに、アルミナ支持体を3 min浸漬した後、ディップコート法によって支持体上に種結晶を塗布した。種結晶を塗布した支持体および塗布していない支持体上に静置あるいはかく拌条件下で結晶化した。結晶化後の支持体は、蒸留水によって流水洗浄、もしくは流水洗浄した後浸漬洗浄した。膜の透過分離性能は10wt%水 / エタノールを用いたPV試験によって評価した。スピンコート法によりアルミナ平板上に種結晶を塗布した後、かく拌条件下、373 Kで結晶化(1~13 h)した。結晶化後の平板は流水、浸漬洗浄した。結晶化後の平板上でのY型ゼオライト層の形成過程をFE-SEMにより観察した。3. 結果・考察3-1. 製膜条件の検討種結晶を塗布してない支持体を用いて結晶化したところ、Y型ゼオライト層は形成しなかった。このことから、Y型ゼオライト膜の調製においては、種結晶を塗布することによりゲル層中で核発生し、Y型ゼオライト層が形成すると考えられる。静置あるいはかく拌条件下いずれで結晶化した場合にも、長時間結晶化すると膜中のFAUの結晶化度が減少し、GISが生成し始めた。膜におけるFAUの結晶化度の減少は、結晶の溶出および熱力学的に安定なGISへの相転移によるものだと考えられる。結晶化した後、流水洗浄した膜のPV試験を行った結果、結晶化後蒸留水に浸漬すると、フラックスが大幅に向上することを見いだした。結晶化後の膜はアモルファスで覆われており、浸漬洗浄することでアモルファスが溶出したと考えられる。3-2. 平板上でのY型ゼオライト層の形成種結晶を用いたY型ゼオライト層の形成においては、ゲル層中での核発生と結晶成長が同時に進行していることが示唆された。そしてさらに結晶化時間を長くすると、Y型ゼオライトが溶出し、GISが生成していくことを確認した。

高温高圧下で分離機能を発揮するゼオライト膜とそれを用いた膜反応器の開発研究

2004年度

研究成果概要:1.緒言 ゼオライト膜の研究開発はこれまで,多くのtry and errorによる実験の積み重ねによって合成条件を最適化し,透過分離特性の最適化を図ることが行われてきた。BNRIにおいてはA型ゼオライト膜の脱水膜としての工業化が急...1.緒言 ゼオライト膜の研究開発はこれまで,多くのtry and errorによる実験の積み重ねによって合成条件を最適化し,透過分離特性の最適化を図ることが行われてきた。BNRIにおいてはA型ゼオライト膜の脱水膜としての工業化が急がれているが,ゼオライトには多くの種類の骨格構造が存在し,また化学組成(主にはシリカアルミナ比)も変化に富むことから,ゼオライトの膜材料としてのポテンシャルについては,いまだに研究開発の端緒についたばかりといえよう。 ゼオライト膜の透過分離性能を支配するのは,膜厚,結晶の配向,緻密さ,粒界の大きさといった膜構造,および分子ふるい作用,吸着特性といったゼオライト固有の物理化学的特性である。しかしいっぽうで,これら構造,物理化学的特性と分離透過特性の関係,両者の制御方法についてはほとんど明らかになっていないと言ってよい。 したがって,本研究の大きな目的は,合成条件と生成する構造の相関,膜構造と透過分離性能の相関を明らかにし,透過分離性能の合理的な制御方法を明らかにすることにある。本年度は,ZSM-5,モルデナイトを用いた薄膜に関して,高温高圧下における新規な透過分離性能を見出したので報告する.2.実験 母体の種結晶を粉砕して得たスラリーを用いて種結晶を多孔質アルミナ支持体上に担持し,これを水熱合成法により成長させることにより緻密で透過分離性能の高い膜を合成する手法を確立した。水、メタノール,水素の3成分系混合ガスから,水素を供給(高圧)側に残し,水および/あるいはメタノールを選択的に透過せしめることを目的に透過実験を行った.本年度は,モルデナイト膜については全圧30気圧までの高圧下における透過分離性能を評価した.いっぽう,ZSM-5膜に関しては全圧は1気圧に固定して透過実験を行った.3.結果・考察3.1. 合成実験結果 多孔質アルミナ上にZSM-5あるいはモルデナイトの種結晶を塗布し,合成溶液組成および結晶化条件をそろえて結晶化を行ったところ,ZSM-5種結晶を塗布した支持体上にはZSM-5膜が,モルデナイト種結晶を塗布した支持体上にはモルデナイト膜が生成することを見出した.すなわち,種結晶の種類によって異なる構造のゼオライトを製膜することが可能となった.3.2. モルデナイト膜の透過分離性能 30気圧、250℃までの範囲で透過実験を行った。水素の透過量は膜のシール部分からのリーク程度であり,水選択性を発現したことがわかった。モルデナイト膜は高温高圧系において高い水選択性を発揮する膜であると結論できる。選択性は条件にもよるが,水素に対する水の選択性は10000を超えた.水素/メタノール混合ガス,水/メタノール混合ガスの透過試験結果より,水以外の水素,メタノールは膜をほとんど透過しないものと考えられた。 水蒸気濃度20%,常圧,150-250℃において,Na型モルデナイト結晶粉末を用いて,水,メタノールの吸着実験を行った。その結果,水の吸着はモルデナイトの高温安定性に寄与することがわかった。いっぽう,メタノールは吸着するものの透過が起きないことが明らかとなった.このことは,水選択性がミクロ細孔内への吸着性の違いにより発現したことを否定しており,今のところ,モルデナイト結晶の積層欠陥によって細孔が著しく狭まり,結果としてメタノールが透過できなかったものと推察している.3.3. ZSM-5膜の透過分離性能 モルデナイト膜を用いた場合の結果とは異なり,メタノール/水素混合系では,両者とも透過し,ほとんど分離しなかった.これに対し,水/水素系では水が選択的に透過し水素の透過が阻止された.また,水/メタノール/水素3成分系では,水とメタノールが膜を透過し,水素の透過が著しく阻止された.こうした,水の共存による選択性の発現は,水の細孔内への強い吸着によるpore-fillingが原因と考えられるが,詳細は今後検討する予定である.

チタノシリケートETS-4支持膜の開発と窒素/酸素分離特性の検討

2004年度共同研究者:稲垣 怜史

研究成果概要: ETS-4は結晶性チタノシリケートであり,結晶構造に由来する均一で剛直なミクロ孔を有する。また,Ti原子はETS-4骨格中で4配位と6配位の2種類の配位構造を形成するが,4配位Tiサイトは陽イオン交換サイトとなりうる。ここにNa... ETS-4は結晶性チタノシリケートであり,結晶構造に由来する均一で剛直なミクロ孔を有する。また,Ti原子はETS-4骨格中で4配位と6配位の2種類の配位構造を形成するが,4配位Tiサイトは陽イオン交換サイトとなりうる。ここにNa+,K+,Sr+などのアルカリ金属イオンが交換することで,ETS-4のミクロ孔径を狭めることができ,チッ素・酸素を分子ふるい作用により,分離することが可能となる。本研究では,このような特長をもつETS-4を多孔質支持体上に薄膜化し,チッ素・酸素を膜分離する手法を開発することが目的である。その中で本年度は,粉末のETS-4の調製条件の検討を行った。 ETS-4はSi源としてケイ酸ナトリウム,Ti源として塩化チタンまたはTiアルコキシドを用いる。ただし,用いるTiの種類により,結晶化後に得られる生成物が変わることが知られている。Ti源としてTiブトキシド・モノマーを用いて,SiO2: TiO2: Na2O: H2O: H2O2=1.0: 0.10: 0.65: 67.5: 0.60の組成で原料混合物を調製し,190℃,静置条件下で48時間結晶化を行ったところ,生成物はETS-4であった。ここで原料にH2O2を加えるのは,Tiブトキシドの加水分解を緩やかに進めるためであり,このようにして得られた水酸化チタンモノマーがシリカ源と重合し,結果,ETS-4への結晶化が進行したと考えられる。いっぽう,Ti源に塩化チタンを用いて,SiO2: TiO2: Na2O: H2O: HCl=1.0: 0.30: 1.25: 9.88: 0.32の組成で原料混合物を調製し,190℃で24時間結晶化を行った場合には,結晶性の低いdenseなチタノシリケート相とquartzが生成した。塩酸を用いて塩化チタンを激しく加水分解した場合には,チタネートとシリケートとの重合があまり起こらなかったために,ETS-4が得られなかったと考えられる。 これまでにTi源の加水分解速度を制御することで,再現よくETS-4が得られることが明らかなった。今後はこの手法を用いて,ETS-4を多孔質支持体上への薄膜化を行い,また,得られた薄膜のチッ素・酸素分離試験を行い,高い分離性能を示すETS-4薄膜の開発を進めていく。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
エネルギー最前線創造理工学部2019秋学期
分析化学B先進理工学部2019春学期
分析化学B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
無機・分析化学実験II先進理工学部2019春学期
無機・分析化学実験II  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
物理化学B先進理工学部2019秋学期
物理化学B  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学基礎演習D先進理工学部2019秋学期
応用化学基礎演習D  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学実験I先進理工学部2019秋学期
応用化学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
応用化学総論先進理工学部2019春学期
応用化学総論  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
物理化学実験先進理工学部2019春学期
物理化学実験  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
応用化学専門演習先進理工学部2019秋学期
応用化学専門演習  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
工業化学実験I先進理工学部2019秋学期
工業化学実験I  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019秋学期
卒業論文先進理工学部2019通年
卒業論文  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019通年
工業化学実験II先進理工学部2019春学期
工業化学実験II  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2019春学期
触媒化学先進理工学部2019春学期
触媒化学先進理工学部2019春学期
上級物理化学A先進理工学部2019春学期
Introduction to Industrial Chemistry先進理工学部2019春学期
Graduation Thesis A先進理工学部2019秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2019春学期
Current Topics in Chemistry先進理工学部2019春クォーター
Current Topics in Chemistry [S Grade]先進理工学部2019春クォーター
エネルギー最前線大学院創造理工学研究科2019秋学期
エネルギー最前線大学院先進理工学研究科2019秋学期
修士論文(応化)大学院先進理工学研究科2019通年
Research on Catalytic Chemistry大学院先進理工学研究科2019通年
触媒化学研究大学院先進理工学研究科2019通年
Advanced Physical Chemistry A大学院先進理工学研究科2019春学期
物理化学特論A大学院先進理工学研究科2019春学期
物理化学特論A大学院先進理工学研究科2019春学期
触媒反応工学大学院先進理工学研究科2019秋クォーター
触媒化学特論A大学院先進理工学研究科2019春学期
工業プロセス化学大学院先進理工学研究科2019春学期
応用化学特別実験大学院先進理工学研究科2019通年
特定課題演習・実験大学院先進理工学研究科2019通年
ナノスケール科学ジョイントセミナー大学院先進理工学研究科2019春クォーター
マテリアルデザイン科学ジョイントセミナー大学院先進理工学研究科2019春クォーター
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
応用化学研究倫理大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
Seminar on Organic Catalytic Reactions A大学院先進理工学研究科2019春学期
有機接触反応演習A大学院先進理工学研究科2019春学期
Seminar on Organic Catalytic Reactions B大学院先進理工学研究科2019秋学期
有機接触反応演習B大学院先進理工学研究科2019秋学期
Master's Thesis (Department of Applied Chemistry)大学院先進理工学研究科2019通年
Assessment and Design of Chemical Technologies I大学院先進理工学研究科2019集中講義(秋学期)
Assessment and Design of Chemical Technologies I大学院先進理工学研究科2019集中講義(秋学期)
化学技術のアセスメントおよびデザインI大学院先進理工学研究科2019集中講義(秋学期)
化学技術のアセスメントおよびデザインI大学院先進理工学研究科2019集中講義(秋学期)
Assessment and Design of Chemical Technologies II大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
Assessment and Design of Chemical Technologies II大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
化学技術のアセスメントおよびデザインII大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
化学技術のアセスメントおよびデザインII大学院先進理工学研究科2019集中講義(春学期)
触媒化学研究大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習A大学院先進理工学研究科2019通年
実践的化学知演習B大学院先進理工学研究科2019通年
エネルギー・ネクストシステム・デバイス特論大学院先進理工学研究科2019集中(春・秋学期)
エネルギー最前線大学院環境・エネルギー研究科2019秋学期