氏名

ゲンマ マサヒコ

弦間 正彦

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0206446/)

所属

(社会科学部)

連絡先

URL等

研究者番号
90231729

本属以外の学内所属

兼担

社会科学総合学術院(大学院社会科学研究科)

理工学術院(大学院環境・エネルギー研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

国際学術院(大学院アジア太平洋研究科)

学内研究所等

現代政治経済研究所

兼任研究員 1989年-

国際言語文化研究所

研究所員 2013年-

ロシア研究所

研究所員 2014年-2016年

日米研究所

プロジェクト研究所所長 2008年-2014年

地域間研究所

研究所員 2015年-2015年

日米研究所

プロジェクト研究所所長 2018年-2022年

日米研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-2017年

日米研究所

研究所員 2015年-2018年

日米研究所

研究所員 2018年-

現代中国研究所

研究所員 2017年-2017年

学歴・学位

学位

Ph.D.ミネソタ大学(米国)

所属学協会

日本農業経済学会

アメリカ農業経済学会

日本経済学会

国際開発学会

研究分野

キーワード

応用経済学

科研費分類

社会科学 / 経済学 / 経済政策

研究テーマ履歴

水資源の有効利用を可能にする制度・政策分析

国際共同研究

移行経済の経済分析

国際共同研究

アジア諸国の消費行動の推移に関する研究

個人研究

論文

Chapter 8 Valuing Ecosystem services in macroeconomic

Smith, Rodney and Masahiko Gemma

Handbook on the Economics of Ecosystem Services and Biodiversity, Springerp.130 - 1522014年05月-

第10章 弦間正彦 横松宗太 Rodney B.W.Smith 鷲津明由 高瀬浩二

弦間正彦 横松宗太 Rodney B.W.Smith 鷲津明由 高瀬浩二

再生可能資源と役立つ市場取引 堀口健冶編著 御茶ノ水書房2014年03月-

Profit Based Efficiency Measures, with an Application to Rice Production in Southern India

Smith, R., M. Gemma, K. Palanisami

Journal of Agricultural Economics, Agricultural Economic Society62(2)p.340 - 3562011年06月-

Chapter 14 Intelligent Agrifood Chains and Networks: Current Status, Future Trends and Real-life Cases from Japan

Mihily Voros, Masahiko Gemma

Wiley-Blackwell, Edited by Michael Bourlakis, Ilias Vlachos, Vasileios Zeimpekis, Intelligent Agrifood Chains and Networksp.227 - 2472011年03月-

第5章 東アジア統合の政治経済・環境協力

世界政治経済と日本・米国・中国

東洋経済新報社 藪下監修 吉野・弦間編著 東アジア統合の政治経済・環境協力p.93 - 1012011年03月-

Climate Change and Local Efforts: Cases of the U.S. and Japan

Bochniarz, Z., M. Gemma

A paper presented at the USJI Seminar on Climate Change Policies in the U.S. and Japan, Washington, DC, February 11, 20112011年02月-

Trade Liberalization and Productivity Growth in Asian Agriculture

Gemma, Masahiko

A paper presented in the Korea-Japan-China International Seminar 2010 of the Summer Academy Convention 2010 organized by the Korean Agricultural Economics Association, Seoul, Korea, June 18, 20102010年06月-

第2章 気候変動問題への対応

弦間正彦

東洋経済新報社 藪下監修 秋葉・弦間・吉野編著 世界政治経済と日本・米国・中国p.21 - 272010年03月-

Divergence of Performance in Agriculture before and after the EU Integration in Central and Eastern European Countries

Gemma, Masahiko

A paper presented at an international conference called ‘Food sector in Poland and directions of global agriculture development’ organized by the National Research Institute of Agricultural and Rural Economies in Poland, Pultusk, Poland, November 30-December 2, 20092009年12月-

Productivity Growth in New Members of the EU

A paper presented at the Mini-Symposium of the 27th International Conference organized by the International Association of Agricultural Economists, Beijing, China, August 15-21, 20092009年08月-2009年08月 

第11章 EU共通農業政策と東方拡大

弦間正彦

成文堂 福田耕治編著 EU・欧州統合研究 リスボン条約以後の欧州ガバナンスp.212 - 2252009年07月-

Transition and Sustainability: Empirical Analysis of Environmental Kuznets Curve for Water Pollution in 25 Countries in Central and Eastern Europe and the Commonwealth of Independent States

Archibald, S., Z. Bochniarz, M. Gemma, T. Srebotnjak

Environment Policy and Governance, European Society for Ecological Economics19(2)p.73 - 982009年03月-

第9章 国際貿易体制の変化と農業における生産性、効率性、技術進歩:アジアとEUの事例研究

弦間正彦

アジア経済研究所 野田・黒子・吉野編著 貿易指数と貿易構造の変化p.253 - 2672009年03月-

Sources of Growth in Agricultural Development Before and After the EU Integration in Central and Eastern European Countries

Gemma, Masahiko

A paper presented at an international conference called ‘Food sector in Poland and directions of global agriculture development’ organized by the National Research Institute of Agricultural and Rural Economies in Poland, Pultusk, Poland, December 8-10, 20082008年12月-

Stabilization Value of Groundwater in Tank Irrigation Systems

Palanisami, K., Gemma, M., Ranganathan

Indian Journal of Agricultural Economics, Indian Society of Agricultural Economics63(1)p.126 - 1342008年04月-

The Stabilization Value of Groundwater and Conjunctive Water Management under Uncertainty

Gemma, M., Y. Tsur

Review of Agricultural Economics, American Agricultural Economic AssociationVol. 29 Number 3p.540 - 5482007年08月-

EUへの市場統合と農業発展 -ポーランドとリトアニアの事例研究-

弦間正彦

早稲田大学社会科学総合研究8(1)p.1 - 202007年07月-

第9章東アジアの農業・食料問題:貿易の自由化と地域協力

弦間正彦

経済共同体への展望』(シリーズ東アジア共同体の構築),岩波書店p.245 - 2712007年03月-

Effectiveness of Public Spending on Agricultural and Rural Development in Transition Economies

International Seminar on Agricultural and Rural Development, 25 pages, February 2007, Olsztyn, Poland, Held at the W-MODR Olsztyn, Poland

2007年02月-

The Stabilization Value of Groundwater and Conjunctive Water Management under Uncertainty

Gemma, Masahiko,Yacov Tsur

A paper presented at the meetings of the Allied Association of Social Sciences, Chicago, January, 20072007年01月-

Reducing Obesity: What Americans can learn from the Japanese

Senauer, B., M. Gemma

Choices, American Agricultural Economic AssociationThe Fourth Quarterp.265 - 2692006年12月-

Senauer, B., Gemma, M.

Is Obesity a Result of Faulty Economic Policies? The Case of the United States and Japan

Proceedings of the 24th International Congress of International Association of Agricultural Economists, Goldcoast, Australia2006年08月-

Impact of Policy Reforms on Farm Production in Uzbekistan

Djalalov, S. and M. Gemma

Policy Reforms and Agricultural Development in Central Asia, Chapter 11, Springerp.239 - 2562006年04月-

Market Reform and Producer Responses in Central Asia

Djalalov, S. and M. Gemma

Policy Reforms and Agricultural Development in Central Asia, Chapter 13, Springerp.267 - 2762006年04月-

Policy Reforms in Central Asia: Problems and Perspectives

Djalalov, S. and M. Gemma

Policy Reforms and Agricultural Development in Central Asia, Chapter 4, Springerp.71 - 1012006年04月-

Private Sector Development in Uzbekistan Agriculture: Challenges and Opportunities

Djalalov, S. and M. Gemma

Policy Reforms and Agricultural Development in Central Asia, Chapter 15, Springerp.311 - 3462006年04月-

Public Spending on Agricultural and Rural Development: An International Comparison

Gemma, Masahiko

2005 International Conference on Lanyang Studies, Proceedings of the2005 International Conference on Lanyang Studies2005年12月-

Effectiveness of Public Spending on Agricultural and Rural Development in Transition Economies

Gemma, M.

International Seminar on Agricultural and Rural Development2005年09月-

Environmental Sustainability of CEE Transformation: A Distance Function Approach

Gemma, Masahiko

American Agricultural Economic Association, Mini-Symposium entitled 'From Transformation to Integration: Assessing Economic, Social and Environmental Sustainability of Agriculture and Rural Areas in Central and East European Countries'12 pages2005年08月-

Sustainable Farm Management Practices in the Enlarged EU: A Case Study of Integrated Eco Farm in the Central Hungary Region

Voros, M, M. Gemma

International Farm Management Association, Proceedings of the 15th International Farm Management Congress: Volume 2. Developing Entrepreneurship Abilities to Feed the World in a Sustainable Wayp.46 - 582005年08月-

Effectiveness of Public Spending on Agricultural and Rural Development in East Asia

Gemma, Masahiko

Rural Economy Society of Taiwan, Proceedings of the 2005 International SeminarOn Agricultural and Resource Economicsp.46 - 582005年06月-

The Stabilization Value of Groundwater and Conjunctive Water Management under Uncertainty

Gemma, M., Y. Tsur

Presented at the meetings of the Allied Association of Social Sciences2005年04月-

中東欧諸国における環境分野の改革

弦間正彦

『移行経済諸国における改革と開発』,日本貿易振興機構アジア経済研究所p.75 - 942005年03月-

中東欧諸国における環境分野の改革

弦間正彦

日本貿易振興機構アジア経済研究所、「移行経済諸国における改革と開発」p.75 - 942005年03月-

途上国・移行国の農業・農村に対する公的予算配分のあり方に関する研究

弦間正彦

財)国際開発高等教育機構55ページ2005年03月-

独立以後の中央アジアにおける農業発展の要因分析

弦間正彦

早稲田大学社会科学総合研究(5)p.43 - 522005年03月-

Technical Efficiency and Water Management in Central Asia: Case of Private Farms in Uzbekistan

Gemma, M.

New Challenges facing Asian Agriculture under Globalization, Asian Society of Agricultural Economists, Universiti Putra Malaysia Pressp.674 - 6822005年01月-

Public Spending and Agricultural & Rural Development in East Asia

Gemma, Masahiko

American Agricultural Economic Association, Mini-Symposium for Rural Public Investment, Economic Growth and Poverty Reduction16 pages2004年08月-

論壇 農業・農村の活性化-EU統合を迎えたハンガリーの事例-

弦間正彦

早稲田大学学生部、「新鐘」p.42 - 452004年07月-

Assessing Progress Towards Sustainable Development in Central and East European Countries and Newly Independent States

Archibald, S., Z. Bochniarz, M. Gemma, C. Lum

Proceedings of the 10th International Sustainable Development Research ConferenceERP Environment2004年03月-

第6章 中東欧諸国における自然環境分野の改革

弦間正彦

アジア経済研究所、「移行経済諸国における社会主義の負の遺産と開発」p.133 - 1482004年03月-

Sources of Growth for Agriculture in Central Asia

Gemma, Masahiko

The 4th Conference of the Central Eurasian Studies Society at Harvard University2003年10月-

EU Accession and Sustainability in Hungary: Challenges for Farm and Rural Businesses

Voros, M., M. Gemma

International Farm Management Association, Proceedings of the 13th International Farm Management Congressp.397 - 4082003年08月-

Water Management and Agricultural Development in Central Asia: Case of Uzbekistan

Gemma, Masahiko

International Farm Management Association, Proceedings of the 13th International Farm Management Congressp.386 - 3962003年08月-

中東欧とEU

弦間正彦

早稲田大学現在政治経済研究所、「日EUシンポジウム報告書」p.35 - 452003年05月-

Technical Efficiency and Water Management in Central Asia: Case of Private Farms in Uzbekistan

Gemma, Masahiko

Asian Society of Agricultural Economists, Proceedings of the Fourth Conference of the Asian Society of Agricultural Economists2002年07月-

Technical Efficency in Transition Agriculture: Case of Private farms in Uzbekistan

Gemma, Masahiko

Proceedings of the Second Asian Conference on Efficency and Productivity Growth2002年06月-

移行経済における経済発展

弦間正彦

社)ロシア東欧貿易会、アゼルバイジャン産業政策セミナー報告論文集p.25 - 372002年03月-

第3章 中央アジアの農業発展

弦間正彦

アジア経済研究所、「中央アジア諸国における経済改革-東欧や日本の経験を踏まえて-」p.75 - 902002年03月-

第5章 中央アジアの農業発展

弦間正彦

アジア経済研究所、「移行経済諸国における経済改革と開発の展望」p.107 - 1282002年03月-

Dominance of Premium Varieties in the Japanese Rice Economy: Reasons and Implications

Gemma, Masahiko

Asian Society of Agricultural Economists, 'Sustainable Agriculture, Poverty and Food Security’p.238 - 2442002年-

Sustainable Agriculture in Japan and Its Implications to Hungarian Agriculture

Gemma, Masahiko

University of Debrecen Press, 'Environmental Problems and Results in Transition Agriculture’p.54 - 722002年-

The Rice Economy in Taiwan's Demand and Supply Determinants and Prospects

Gemma, Masahiko

International Rice Research Institute, 'Developments in the Asian Rice Economy'p.241 - 2592002年-

The Rice Economy in Taiwan: Demand and Supply Determinats and Prospects

International Workshop on Medium and Long-term Prospects of Rice Supply and Demand in the 21st Centuray, International Rice Research Institute, Las Banos, the Phillipines24 pages2001年12月-

Effectiveness of Government Spending for Productivity Growth, Income Disparity Improvement and Food Security in Japanese Agriculture

Proceedings of the International Conference on Rural Investment, Growth and Poverty, Chinese Academy of Agricultural Sciences, Beijing, China47-56p.47 - 562001年11月-

Water Resource Management in Japan

Proceedings of the International Symposium on Agriculture and Water Resource Management, Rural Economics Society of China (Taiwan)2月12日2001年09月-

Social Sciences in Higher Education: the lessons from the Japanese Experience

The Proceedings of the Annual Conference on the Roles of Humanities and Social Sciences in the Arab Countries, UAE University, UAE18 pages2001年04月-

Export and Agriculture in Uzbekistan

早稲田大学社会科学学会ワーキングペーパー、2001-230 pages2001年02月-

Macroeconomic Conditions in Transition Economies: A Comparative Study of the Uzbekistan Economy

早稲田大学社会科学学会ワーキングペーパー、2001-155 pages2001年02月-

第四章 農業発展

勁草書房「中央アジア諸国の開発戦略」橋田坦編111-135p.111 - 1352000年11月-

Dominance of Premium Rice Varieties in the Japanese Rice Economy : Reasons and Implications

Proceedings of the theThird Congress of AAAE, Asian Association of Agricultural Economists10 pages2000年10月-

Profitability in Hungarian Private Agriculture

International Association of Agricultural Economists, Poster Session, Berlin, Germany8 pages2000年08月-

Industrial Development in Transition Economies: Lessons and Implications

早稲田社会科学研究,早稲田社会科学学会Vol.1, No.1, 19-31p.19 - 312000年07月-

Industrial Policy and Small and Medium Sized Enterprises in Transition Economies, International Conference on Capacity Building for Mongolian Development Strategy

Mongolian Social Economic Research Institute10 pages, Ulaanbaatar, Mongolia2000年03月-

運輸部門における教訓、事後報告書から得られる教訓

ODA評価研究会報告「プロジェクトのフォローアップ・アフターケアー」,世界経営協議会210-217p.210 - 2172000年03月-

中央アジアの農業発展−ウズベキスタンの事例研究

早稲田大学社会科学研究60,pp.35-61p.35 - 612000年03月-

産業政策と農業発展

ウズベキスタン産業政策セミナー報告論文集、 社),ロシア東欧貿易会, タシュケント、ウズベキスタン35-41p.35 - 412000年02月-

移行期にある農業の経済分析-ハンガリーの個人生産部門-

農業経済研究(日本農業経済学会論文集)別冊、日本農業経済学会pp.512-514p.512 - 5141999年12月-

Determinants of Profitability in Hungarian Agriculture

22nd Conference of the European Agricultural Economic Association, Poster Session7 pages1999年08月-

Sustainable Agriculture in Transition Economies: Case of Hungary

Proceedings of the 12th International Farm Management Congress, International Farm Management Associationpp.138-144p.138 - 1441999年07月-

Book Review: Political Economics of Development by Esho Hideki

Waseda Journal of Asian Studies/Center for International Education, Waseda University20, pp79-82p.79 - 821999年03月-

移行期経済に関するミクロ分析—東欧の農業部門

報告書/大蔵省財政金融研究所pp1-39p.1 - 391999年03月-

食糧増産援助の評価—スリランカの事例

報告書/外務省経済協力局評価室pp1-15p.1 - 151999年03月-

Sustainable Agriculture in Japan and Its Implications to Hungarian

Proceedings/Agricultural University of Debrecenpp1-15p.1 - 151999年02月-

Environmentally Friendly Agriculture in Japan

Proceedings of the Conference on Decision Analysis for Farm Managementpp103-120p.103 - 1201998年10月-

Nitrogen Balance of Agricultural Soils of Hungary

Soil Pollution/Agricultural University of Debrecenpp184-189p.84 - 1891998年10月-

中・東欧

我が国の農林業開発協力40年史/国際農林業協力協会pp160-164p.60 - 1641998年07月-

運輸分野

ODA評価研究会報告「事後評価分野別分析からの教訓」/世界経営協議会pp89-105、資料編 pp84-131p.84 - 1311998年03月-

国際関係、地域研究、及び政策ネットワーク(チャールズ・モリソン)

早稲田フォーラム/教務部78;pp48-56p.48 - 561998年03月-

農村活性化の礎—新しい形の生産組織を目指して—山形県村山市の事例

日本社会における農村地域の役割と発展方向に関する研究/早稲田大学農村地域研究会研究会pp107-119p.107 - 1191998年03月-

Implications of the Minimum Access Rice Import on Supply and Demand Balance of Rice in Japan

Agricultural Economics/International Agricultural Economics Association16, pp193-204p.193 - 2041997年11月-

Environmental Problems and Policies in Hungarian Agriculture

Proceedings of the 11th international Farm Management Congress/International Farm Management Association1, pp397-412p.393 - 4141997年07月-

Institutional and Organizational Development for the Economies in Transition

早稲田大学社会科学研究53(P36-55)p.36 - 551996年10月-

Rice Quality,Yields and Prices in Japan

Waseda Journal of Asian Studies18(P1-10)p.1 - 101996年10月-

Rajkai,K.and M.Gemma,Factors Accounting for the Changes in Wheat Yields and the Environmental Implications in Hungaraian Agriculture

1996年大会環境経済・政策学会報告要旨集(英語)P98-101p.98 - 1011996年09月-

ポーランド農業の現状と課題−マクロ・ミクロ両面からの検討

ロシア・東欧の農業8;1(P2-28)p.2 - 281996年06月-

The Rice Demand System in Japan

社会科学研究/社会科学学会51p.127 - 1431995年10月-

ポーランド農業の現況

歴史と地理/山川出版社4851995年10月-

Projections and Policy Implications of Supply and Demand of Rice in South Korea

農業経済/神戸大学28-29p.28 - 291995年07月-

The Rice Economies in East Asia: the Case of Taiwan

Discussion Paper/APEC Study Center & Institute of Developing Economies31995年03月-

ハンガリー農業の現状と課題

社会科学研究/社会科学学会521995年03月-

ポーランド農業とEU

ロシア・東欧の農業/(社)国際農林業協力協会7;41995年03月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

農業の労働力調達と労働市場開放の論理

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥17290000

研究種別:

経済統合・貿易自由化と農業発展:農業生産性と農産物価格の収束

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥5200000

研究種別:

体制移行経済における農業部門の生産効率性と生産性の決定要因に関する比較研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥4550000

研究種別:

中東欧諸国の農業・農村発展と政策・制度に関する比較研究

配分額:¥3640000

研究種別:

水資源利用・維持のための制度・政策に関する経済分析-南インドの事例研究

配分額:¥2800000

研究種別:

ポーランド・リトアニアのEU加盟に伴う市民レベルの経済行動カルチャー変化の研究

配分額:¥6100000

研究種別:

中央アジア・東欧農業における生産・流通組織と農業発展に関する研究

配分額:¥10000000

研究種別:

移行期経済における農業生産組織に関する研究

配分額:¥1500000

研究種別:

東欧における経済改革以後の農業発展と環境政策

配分額:¥9700000

研究種別:

移行期経済における農業をとりまく環境変化に関する研究

配分額:¥1400000

研究種別:

韓国・台湾・日本・アメリカにおける米需給予測と米政策のあり方に関する研究

配分額:¥25400000

研究種別:

移行期経済における消費行動の変化に関する研究-ポーランドの勤労・農家・年金生活家計についてのケース・スタディー-

配分額:¥900000

研究種別:

ポーランド農業の生産構造とその改革

配分額:¥7000000

研究種別:

労働力編成における外国人の役割と農業構造の変動ー国内農業地域と韓台米英との比較ー

2018年-0月-2021年-0月

配分額:¥16900000

研究種別:

「想像の共同体」MexAmericaの構築をめぐる米墨の相克

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥16900000

研究種別:

農産物の市場価値を高める認証・表示制度の国際比較研究:途上国・移行国における検討

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4810000

学内研究制度

特定課題研究

アジア経済危機と食料消費の変化に関する研究

2001年度

研究成果概要: アジア諸国をおそった経済危機は、金融を始めとするサービス業と製造業の生産活動を大幅に減速させ、それらの部門の構造改革を余儀なくさせた。それ以外に、家計部門においては、実質所得の減少と実物・金融資産の価値の目減りを受け、個人消費の... アジア諸国をおそった経済危機は、金融を始めとするサービス業と製造業の生産活動を大幅に減速させ、それらの部門の構造改革を余儀なくさせた。それ以外に、家計部門においては、実質所得の減少と実物・金融資産の価値の目減りを受け、個人消費の減退がもたらされた。個々の単価が低く、所得弾力性の低い食料においても、相対価格の変化からくる消費の代替が見られ、これまでの経済成長期に観察された食生活の変化と異なった動きが観察されてきている。もともと、韓国・台湾・日本においては、農産物の国内市場の自由化が段階的に進んでおり、肉などの価格の低下が見られ、さらには所得の向上に伴う都市世帯のみならず農村世帯においても見られるコメの劣等財化もあり、一人当たりコメ消費量の減少と、一人当りの肉、野菜の消費量増加が観察されてきた。今回のマクロ経済の停滞は、この傾向にブレーキをかける方向で、食生活に影響を及ぼしてきている。本研究は、この経済危機以降の変化が、実質価格や実質所得など経済的な要因の変化に対応した一時的なものなのか、それとも都市から農村への人口の再移動など他の非経済的要因の変化に関連した長期間にわたる構造的なものなのかを、アジア各国の個別のケースについて検証するものであった。 まず、韓国、台湾、日本、インドネシア、マレーシアから消費と所得の変化に関する時系列データ、社会・経済指標の時系列データを入手し、データベースを構築した。その後、このデータベースを使用し、需要関数が各国においてシステムとして計測された。そこでは、経済危機後の消費の変化が、実質価格や実質所得の変化によって説明できることが確認できた。一方で、都市から農村への人口の回帰は、一時的に消費変化のスピードを鈍化させたことが確認できた。これらの消費面での動きは、東アジアの国においては国内食料生産のあり方を再考慮する動きにもつながっており、農業・農村に関する政策の転換時期となったことも確認できた。

農業・農村インフラストラクチャーの役割に関する国際比較研究

2003年度

研究成果概要:   本研究は、教育、試験・研究機関・組織を含む広義の農業・農村インフラが、途上国や体制移行国において果たしてきた役割について再評価し、新しい経済・社会環境のもとで農業・農村インフラが持続的に期待される役割を果たすことができる条件...   本研究は、教育、試験・研究機関・組織を含む広義の農業・農村インフラが、途上国や体制移行国において果たしてきた役割について再評価し、新しい経済・社会環境のもとで農業・農村インフラが持続的に期待される役割を果たすことができる条件を包括的に検討することが目的であった。さらに農業・農村インフラの改善・維持について政府の役割を明確化することも目的とした。調査・分析・考察は、国レベル、コミュニティーレベル、家族農を含む個別農業生産組織レベルの3つのレベルで行なった。国レベルでは、WTOの新ラウンドの結果として国際貿易がより自由化された状況になった場合に、また為替レートや他のマクロ経済状況が変化した場合に、国内の農業部門、非農業部門がどのような影響を受け、それが農業・農村インフラの役割をどのように変化させるうるのかを途上国や移行国の事例に関して分析し、今後の農業・農村インフラのあり方についてマクロ経済的視点より比較・検討した。コミュニティーレベルでは、これまでに農業・農村インフラが地域経済・社会の発展と貧困の軽減にどの程度貢献してきたのかを上記の国においてそれぞれ分析し、成功事例についてその成立条件を整理した。そして地域経済・社会の発展と貧困の軽減に結びつく形で農業・農村インフラを整備するために、政府が果たしうる役割について考察を加えた。ミクロレベルでの検討としては、それぞれの国における個別の農業生産組織が農業・農村インフラの改善を通して享受してきた便益を定量化し、その程度の違いの説明要因を分析した。また横断的な比較により、農業・農村インフラの維持・改善に個別の生産者が果たしうる役割について、管理組織の形態別に考察を加えた。

移行国の農業発展と政府の役割に関する研究

2004年度

研究成果概要: 途上国や移行国においては現在でも、そして先進国の仲間入りを果たした日本においては過去の発展の過程で、農業や農村の果たす経済・社会的重要性は大きいし、また大きかった。そして、これらの分野には、多くの公的資金が投入され、各種支援政策... 途上国や移行国においては現在でも、そして先進国の仲間入りを果たした日本においては過去の発展の過程で、農業や農村の果たす経済・社会的重要性は大きいし、また大きかった。そして、これらの分野には、多くの公的資金が投入され、各種支援政策が適用されてきている。しかし、投入された公的資金の経済的・社会的効果については、それが援助関連のプロジェクト・プログラムに関連している場合には、個別に事前・事後において検証する努力がなされてはいるが、評価の実施はまだ体系だったものにはなっていない。本研究は、農業・農村を取り巻く経済・社会環境が急速に変化してきている途上国を対象として、農業・農村に対する公的資金投入の経済的・社会的効果について分析し、今後のこの分野に対する政府の取り組み方に関する政策的含意を導入することを目的として実施された。 ポーランドを事例とした時系列データ(1991年から2003年)の統計分析から、体制移行後の農業・農村分野に対する公的資金配分、教育プログラムに対する予算配分、科学技術振興のための予算配分はそれぞれ農業部門の付加価値を改善するのに役立ってきており、またこのことが体制移行後の農村の生活の質向上に役立ってきていることが確認された。特に科学技術振興のための予算配分の貢献が大きかったことが分かった。この結果より、体制移行後の農業・農村に対する移行国政府の取り組みは効果を生み出してきており、今後も同様な努力が積み重ねられることが望ましいことが政策的含意として導入された。

ポーランドにおける経済改革以降の農業発展と環境政策

1995年度

研究成果概要: 東欧における45年に及ぶ中央計画経済体制は,重工業を中心とした産業構造を固定化し,さらに歪んだ価格体系は生産要素の過剰投入や非効率的な生産体制の存続を許した。これにより環境汚染が進み,農業分野においても持続可能な発展が危ぶまれ... 東欧における45年に及ぶ中央計画経済体制は,重工業を中心とした産業構造を固定化し,さらに歪んだ価格体系は生産要素の過剰投入や非効率的な生産体制の存続を許した。これにより環境汚染が進み,農業分野においても持続可能な発展が危ぶまれるような状態となっていた。 本研究においては,持続可能な農業発展を図るという視点より,移行期にあるポーランド農業の課題を検証した。政治上の混乱は続くが,経済政策面では堅実な財政・金融政策を導入している同国において,経済発展の回復が見られ,農業分野においても資源利用の効率性が高まったことが確認できた。これをさらに環境への負荷が低く持続可能な営農形態へ導くためには,今後各種の制度改革が必要となることが分かった。またポーランドにおいては農業外雇用機会の創出と農村工業の発展が課題となっていることが分かった。

韓国における米を中心とした食糧消費の変化に関する研究

1996年度

研究成果概要: 韓国はガット・ウルグアイ・ラウンドの農業合意を受けて、米市場の一部自由化を開始した。これにより今後、農業及び関連産業を取り巻く経済環境の変化は加速化されるものと考えられる。韓国では日本と同様に、経済成長の過程で農業の国民経済にお... 韓国はガット・ウルグアイ・ラウンドの農業合意を受けて、米市場の一部自由化を開始した。これにより今後、農業及び関連産業を取り巻く経済環境の変化は加速化されるものと考えられる。韓国では日本と同様に、経済成長の過程で農業の国民経済における劣位化が進み、稲作部門を例外とせず国際競争力が低下してきている。そして、その背後には国内食料消費の変化が需要サイドの要因として存在している。韓国においても日本がたどったように、所得の向上に伴う食生活の変化が観察され、一人当りの米消費量は都市世帯のみならず農村世帯においても減少傾向にある。その一方で、一人当りの肉、野菜の消費量は増加して推移してきている。 これら実際に観察される食料消費の変化を説明する要因を明確化し、将来の食料需要の見通しを検討する際に必要となる基礎的な経済指標を推計することが本研究の目的であった。需要構造の分析に広く使用されているAIDSモデルを用いて、相対価格や可処分所得の変化といった経済的要因を中心に分析がなされた。その結果、主要食料品について価格弾力性と所得弾力性が推計され、近年コメが劣等財化していることが確認できた。それ以外にも、韓国の家計消費分野の研究・分析用データの整備をすることも本研究の目的であった。これについては、都市家計と農村家計の消費に関する時系列データと価格指標のデータベースが作成された。価格指標をこれまで長期に集めた例はなく、本研究を通して韓国の食料品価格の時系列データが整備された。

東欧農業における生産構造の変化に関する研究

1997年度

研究成果概要:東欧においては、複数政党制への転換に伴い1989年以降、市場経済体制への移行を目的として各種の経済改革が実施されてきており、生産・流通構造も大きく変化をとげている。持続可能な経済成長を可能にするためには、生産・流通部門における経済...東欧においては、複数政党制への転換に伴い1989年以降、市場経済体制への移行を目的として各種の経済改革が実施されてきており、生産・流通構造も大きく変化をとげている。持続可能な経済成長を可能にするためには、生産・流通部門における経済活動の担い手となる近代的経営組織の発展と、それらの活動を保障・支援する新しい制度の確立を含む経済・社会政策の導入が必要視されている。本研究は、農業分野に焦点を絞り、新旧の生産組織の生産構造の変化をミクロデータを分析することにより理解し、その結果をもとに政策分析を行い、政府の役割に関する政策的含意の導入を図るものであった。改革のアプロ-チが急進的と漸進的という具合に対照的であるポ-ランドとハンガリ-について、組織の違いとその組織を取り巻く経済環境の変化の違いを考慮に入れ、生産構造の変化を定量的に比較分析し、農業生産組織の変化内容について理解を図ることが研究の第一目的であった。さらにこの分析結果を踏まえて、移行期経済における農業部門の今後の発展を図る上での政府の役割とその政策手段を明確化することが研究の第二目的であった。本研究では、以下のことが達成された。1)ハンガリ-では、改革以前には社会主義部門における生産が中心であったことより、旧国営農場と新・旧協同農場の推移がわかる事例的なデータと、新規に誕生した小農を中心とするデ-タベ-スが構築された。一方、ポーランドでは、歴史的に個人農が多く存在していたことより、小農・近代化した個人農を中心に、民営化された国営農場と協同農場も含むデ-タベ-スが構築された。2)データ分析により、各種経営指標を使った場合に、上位に位置する農家の特徴が明示化された。個人農の場合には、生産規模の大きな生産組織ほど収益性が高く、固定資本回転率が高いことが確認された。旧国営農場や新・旧協同農場では、経営体制の立て直しが早い段階から実施されている生産組織においてパフォーマンスがよいことが分かった。ただし、旧国営農場や新・旧協同農場を取り巻く経済環境は流動的であり、新規投資に関しても消極的な組織が多く存在することが分かった。3)総括作業においては、分析により明示化された農業生産組織の生産構造の変化を踏まえ、導入しうる政策について問題検討を行った。生産コストの削減につながるような技術サービスの導入の可能性や価格リスクを低くするような制度の導入について考察がなされた。研究成果の発表:学術論文1998年10月、「東欧における農業生産組織の変容に関する分析」、早稲田大学社会科学研究学会発表論文1997年7月 Gemma, M. and M. Voros, Environmental Problems and Policies in Hungarian Agriculture, Proceedings of the 11th International Farm Management Congress, International Farm Management Association, Vol. 1, p.397 - p.412(英語)(共著)

海外研究活動

研究課題名: 移行経済の農業発展

2003年03月-2005年03月

機関: アメリカ研究センター、ミネソタ大学・ハンプフリー公共政策研究所(アメリカ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
社会科学総合研究(ロシア東欧現代経済) 1社会科学部2019春学期
社会科学総合研究(ロシア東欧現代経済) 2社会科学部2019秋学期
食料と農業の経済学 1 〔食料需給の決定要因と食料問題・農業調整問題〕社会科学部2019春学期
食料と農業の経済学 2 〔日本の経験と教訓〕社会科学部2019秋学期
ゼミナールI(世界経済の研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールII(世界経済の研究/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールII(世界経済の研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールIII(世界経済の研究/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールIII(世界経済の研究/秋学期)社会科学部2019秋学期
Global Food Security : Demand and Supply Challenges社会科学部2019秋学期
Understanding the Japanese Economy: Microeconomic Perspectives社会科学部2019春学期
ユーラシア研究・食料資源経済学 I大学院社会科学研究科2019秋学期
ユーラシア研究・食料資源経済学 II大学院社会科学研究科2019春学期
ユーラシア研究・食料資源経済学研究演習 I(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
ユーラシア研究・食料資源経済学研究演習 I(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期
ユーラシア研究・食料資源経済学研究演習 II(春学期)大学院社会科学研究科2019春学期
ユーラシア研究・食料資源経済学研究演習 II(秋学期)大学院社会科学研究科2019秋学期
アジア太平洋の農業経済(E)大学院アジア太平洋研究科2019夏学期(アジア)
Global Food and Resource Issues大学院環境・エネルギー研究科2019
食と経済 講義グローバルエデュケーションセンター2019春クォーター
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 2グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター
食と経済 演習グローバルエデュケーションセンター2019夏クォーター

教育内容・方法の工夫

資料の使用

1998年04月-

詳細

概要:板書だけでなくOHPやパワーポイント、配付資料を使い、わかりやすい授業をこころがけている。