氏名

フクシマ イサオ

福島 勲

職名

教授

所属

(人間科学部)

プロフィール

専門は芸術・表象文化論、フランス文学・思想、映画学、文化資源学。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。著書に『バタイユと文学空間』(水声社,2011年)、共編著に『フランス文化読本』(丸善出版,2013年)、共著に『トラウマと喪を語る文学』(朝日出版社,2014年)、『無名な書き手のエクリチュール』(朝日出版社,2015年)、訳書に『ディアローグ デュラス/ゴダール』(読書人、2018年)、『ミヒャエル・ハネケの映画術』(水声社、2015年)、共訳書に『バタイユの反建築』(水声社、2015年)、Takighuchi Shuzo, Dali (Tokyo-1939)(Éditions Notari, 2011年)等がある。

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
isa0@waseda.jp

URL等

WebページURL

https://researchmap.jp/2940130/

研究者番号
30422356

本属以外の学内所属

兼担

人間科学学術院(人間科学部通信課程)

人間科学学術院(大学院人間科学研究科)

学歴・学位

学歴

1997年04月-2005年09月 東京大学大学院 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻 フランス語フランス文学専門分野 博士課程修了
1998年10月-2000年07月 ジュネーヴ大学大学院 D.E.S.(博士論文提出資格授与)課程修了
1995年04月-1997年03月 東京大学大学院 人文社会系研究科 欧米系文化研究専攻 フランス語フランス文学専門分野 修士課程修了
1990年04月-1995年03月 早稲田大学 第一文学部 英文学専修卒業

学位

博士 東京大学 ヨーロッパ文学

経歴

2020年04月-早稲田大学人間科学学術院 人間環境科学科教授
2018年04月-2020年03月早稲田大学人間科学学術院 人間環境科学科准教授
2015年10月-2016年09月フランス国立極東学院(EFEO)パリ本部客員研究員
2011年04月-2018年03月北九州市立大学文学部 比較文化学科准教授
2007年04月-2011年03月東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻助教
2005年05月-2007年03月東京大学大学院人文社会系研究科 21世紀COEプログラム「生命の文化・価値をめぐる〈死生学〉の構築」研究拠点形成特任研究員

所属学協会

文化資源学会

日本フランス語フランス文学会

日本映像学会

日本映画学会

委員歴・役員歴(学外)

2018年07月-文化資源学会学会誌『文化資源学』編集委員長
2017年07月-文化資源学会理事
2015年04月-2018年03月日本フランス語フランス文学会研究情報委員
2014年04月-2015年03月文化資源学会学会誌『文化資源学』査読委員
2010年04月-2011年03月日本フランス語フランス文学会関東支部論集編集委員

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

映画『ヒロシマ・モナムール』をめぐる日仏の受容状況の包括的研究

2019年04月-2022年03月

配分額:¥3250000

研究種別:

現代フランスにおける死者の記憶:文学作品とモニュメントの分析を通じて

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥1950000

研究種別:

美術と宝物の相関性についての比較美術史学的研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥20670000

研究種別:

1880年代の民間レベルにおける日伊芸術交流史の再検討-写真家アドルフォ・ファルサーリとブルボン家エンリコ・バルディ伯爵の随臣アレッサンドロ・ツィレーリ伯爵の日本での活動

配分額:¥6960000

学内研究制度

特定課題研究

記憶の想起と忘却:文学作品とモニュメントの比較を通じて

2018年度

研究成果概要: フランス人画家・理論家モーリス・ドニ(1870-1943)のイタリア絵画指南書『イタリア絵画巡礼』(Maurice Denis, Charmes et Leçons de l’Italie, Paris, Librairie A... フランス人画家・理論家モーリス・ドニ(1870-1943)のイタリア絵画指南書『イタリア絵画巡礼』(Maurice Denis, Charmes et Leçons de l’Italie, Paris, Librairie Armand Colin, 1933)は、キュビズムなどの新しい画風が時代を席巻していく20世紀初頭において、保守派側の美術理論や新しい波に対する反応を知る上で非常に貴重な資料である。本研究では同書の翻訳を目的として、モニュメントと風景の描写についてテクストと実物の照合・比較を行うべくローマ調査を行い、テクストを正確に理解するために必要な知見・資料を収集した。

21世紀の芸術の機能 デュラスとゴダールの「対話」から

2018年度

研究成果概要: 小説家・映画監督のマルグリット・デュラスと映像監督ジャン=リュック・ゴダールは、1979年、1980年、1987年の三回に対談を行っており、それらはすべてMarguerite Duras et Jean-Luc Godard, ... 小説家・映画監督のマルグリット・デュラスと映像監督ジャン=リュック・ゴダールは、1979年、1980年、1987年の三回に対談を行っており、それらはすべてMarguerite Duras et Jean-Luc Godard, Dialogues Duras/Godard, Paris, Post-éditions, 2014としてまとめられている。本研究では同書の精読・照合を行うとともに、パリのシネマテーク・フランセーズとカーンのIMEC(フランス現代出版資料研究所)で資料の追加調査を行った上で、『ディアローグ デュラス/ゴダール全対話』として2018年10月、読書人からその翻訳本を出版した。

芸術における主題の意味:仏人画家モーリス・ドニのイタリア美術論から

2019年度

研究成果概要: 本研究は、芸術における主題の復権について再考することを目的とし、その方法として、キュビズム全盛期に主題の復権を唱えたフランス人画家モーリス・ドニの美術論の一つ『イタリアの魅力と教え』(1933年)から出発した。ドニは、芸術から主... 本研究は、芸術における主題の復権について再考することを目的とし、その方法として、キュビズム全盛期に主題の復権を唱えたフランス人画家モーリス・ドニの美術論の一つ『イタリアの魅力と教え』(1933年)から出発した。ドニは、芸術から主題が消失していく新しい芸術潮流を尻目に、とくに中世からルネサンス期のイタリア美術への回帰を主張し、主題、とりわけ、宗教的主題の重要性を説いた。彼の美術論、扱われている作品、そして、その主題への着目を手がかりとして、主題へと回帰しつつあるかに見える現代の芸術作品の動向、具体的には、ジャン=リュック・ゴダールの映画作品に見られる政治的傾向を分析することを試みた。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
人間環境科学概論人間科学部2020春クォーター
フランス語基礎 I 01人間科学部2020春学期
フランス語基礎 II 01人間科学部2020秋学期
現代芸術論人間科学部2020春学期
専門ゼミI(芸術・表象文化論)人間科学部2020春学期
専門ゼミII(芸術・表象文化論)人間科学部2020秋学期
人間環境科学概論人間科学部(通信教育課程)2020秋クォーター
現代芸術論人間科学部(通信教育課程)2020秋学期
芸術・表象文化論研究指導 A大学院人間科学研究科2020春学期
芸術・表象文化論研究指導 B大学院人間科学研究科2020秋学期
芸術・表象文化論ゼミ(1) A大学院人間科学研究科2020春学期
芸術・表象文化論ゼミ(1) B大学院人間科学研究科2020秋学期
芸術・表象文化論ゼミ(2) A大学院人間科学研究科2020春学期
芸術・表象文化論ゼミ(2) B大学院人間科学研究科2020秋学期
芸術学特論大学院人間科学研究科2020冬クォーター
芸術・表象文化論研究指導(D) A大学院人間科学研究科2020春学期
芸術・表象文化論研究指導(D) B大学院人間科学研究科2020秋学期