氏名

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード

職名

教授

所属

(創造理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
schlecht@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.german.sci.waseda.ac.jp(理工学術院でドイツ語を受講する学生を対象とするホームページ。練習問題やオンライン辞書などのコンテンツだけでなく、ドイツに関する情報なども掲載している。)

研究者番号
40203616

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

学内研究所等

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

所属学協会

早稲田大学ドイツ語・ドイツ文学会 編集委員

日本独文学会

OAG Deutsche Gesellschaft fuer Natur- und Voelkerkunde Ostasiens Mitglied des Redaktionsausschusses (編集委員)

研究分野

キーワード

独語・独文学、比較文学と翻訳理論

研究テーマ履歴

翻訳理論

個人研究

マルチメディアによるドイツ語教授法

個人研究

日本近世文学・日本現代文学

個人研究

辞書研究

個人研究

論文

"Wir flechten ein Schiff" – Von der Schwierigkeit der Begriffsdefinition.

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究(56)p.1 - 162016年03月-

詳細

ISSN:0288-2779

Die Ursprünglichkeit des Originals – Zur Neuübersetzung eines Romans von Murakami Haruki.

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究(55)p.37 - 592015年03月-

詳細

ISSN:0288-2779

Einige Betrachtungen zu gustatorischen Aspekten in der japanischen Literatur.

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究(54)p.27 - 432014年03月-

Die Graphic Novel als Mittlerin zwischen den Kulturen – Jiro Taniguchis Comic-Roman "Vertraute Fremde"

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究巻(53)p.139 - 1592013年03月-

Hiromi Kawakamis Erzählungen 'Kamisama' und 'Kamisama 2011' -- Eine Bestandsaufnahme.

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究(52)p.113 - 1282012年03月-

Facetten der Einsamkeit in Haruki Murakamis Erzählung "Tony Takitani".

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 知財・産業社会政策領域/国際文化領域 人文社会科学研究(51)p.63 - 772011年03月-

Japan ist cool. Einige Bemerkungen zu Kulturexport, J-Bungaku und Murakami Haruki.

Wolfgang E. Schlecht

Waseda Blaetter - 早稲田大学・ドイツ語学・文学(14)p.155 - 1672007年03月-

Miyashita Makoto: "Die neue Klassizität - Klee, Busoni und Hindemith". (宮下誠:『新しい古典性 - クレー・ブゾーニ・ヒンデミート』, in: Paul Klee, Melodie und Rhythmus. Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Zentrum Paul Klee, Bern, Switzerlandp.177 - 1892006年12月-

対面授業支援システム"LINCS"

Wolfgang E. Schlecht (シュレヒト ヴォルフガング) 他

2006年 PCカンファレンス(立命館大学)on CD-ROM2006年08月-

電子黒板・電子ノートと連携した復習用授業コンテンツの利用

Wolfgang E. Schlecht / 山本裕大

PCカンファレンス2005年08月-

外国語授業をサポートする e-Learning システムの開発と導入 − ドイツ語教室の場合。

Wolfgang E. Schlecht / 山本裕大

人文社会科学研究/早稲田大学理工学部・複合領域人文社会科学研究会(45)p.89 - 992005年03月-

日本文学海外進出:ドイツの場合

Wolfgang E. Schlecht

朝日カルチャーセンター2004年12月-

授業支援システムと学習管理システム(LMS)との融合

Wolfgang E. Schlecht / 山本裕大

PCカンファレンス2004年08月-

Denotative und konnotative Äquivalenz von Realien bei Sekundärübersetzungen -- am Beispiel der literarischen Übersetzung.

シュレヒト ヴォルフガング

人文社会科学研究/早稲田大学理工学部・複合領域人文社会科学研究会(44)p.23 - 402004年03月-

"Das multimediale Deutschlernprogramm 'Hallo, wie geht's?' für den Deutschunterricht an japanischen Hochschulen." In: Ulrich Wannagat et. al. (Hrsg.), "Deutsch als zweite Fremdsprache in Ostasien - neue Perspektiven.

Wolfgang E. Schlecht / 中村采女

Stauffenburg Verlag, Tübingen, GermanyArbeiten zur angewandten Linguistik, Band 2p.177 - 1842003年09月-

Erstellung und praktischer Einsatz von multimedialen Mitteln für den Unterricht DaF. Vortrag auf dem Symposion「ドイツ語学習と授業を考える」.

シュレヒト ヴォルフガング

Waseda-Blaetter. 早稲田大学ドイツ語・文学会(10)p.103 - 1122003年03月-

Die japanische Literatur im Spiegel des deutschen Feuilletons - am Beispiel der "Japanischen Bibliothek".

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学大学院文学研究科紀要48(2)p.91 - 1132003年02月-

マルチメディアを活用した授業

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学ドイツ語学・文学会2002年10月-

"Nihon-jijō" im Zeitalter der Globalisierung, anl. des Symposiums der Vereinigung "Japanisch an Hochschulen e. V.

Wolfgang E. Schlecht

Theorien und Praxis, Japanisch-Deutsches Zentrum Berlin2002年03月-

Sprachlernen im Internet

Wolfgang E. Schlecht

Goethe Institut Tokyo2001年11月-

Erstellung und praktischer Einsatz von multimedialen Mitteln für den Unterricht DaF.

Wolfgang E. Schlecht

Waseda Institute of Language Teaching, Arbeitskreis zur Didaktik der deutschen Sprache2001年03月-

Shimao Toshio und seine Erfahrung der "tokkōtai" -- Drei "realistische" Kriegserzählungen.

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/早稲田大学理工学部・複合領域人文社会科学研究会(41)p.133 - 1482001年03月-

「新しいドイツ語教育をめざして」- 共通教材『ドイツ語マスター100の開発』

Wolfgang E. Schlecht 他

早稲田大学理工学部人文社会科学研究(41)p.45 - 642001年03月-

Shimao Toshio und sein Hauptwerk "Shi no toge" als Beispiel eines "byōinki" und "byōsaimono".

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/早稲田大学理工学部・複合領域人文社会科学研究会(40)p.27 - 412000年03月-

Bericht über das Projekt "Grosses Japanisch-Deutsches Wörterbuch" des DIJ.

Wolfgang E. Schlecht

11. Deutschsprachiger Japanologentag an der Universitaet Trier1999年08月-

Senderintention und Rezeptionsbedingungen bei der Textanalyse - Zur Erweiterung der translatorischen Kompetenz

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部・複合領域人文社会科学研究会(39)p.99 - 1111999年03月-

Einige Überlegungen zur Anredeform

Wolfgang E. Schlecht

『ひろの』 ドイツ語学文学振興会(38)p.16 - 171998年10月-

ドイツのマルチメディア

Wolfgang E. Schlecht

『基礎ドイツ語』 三修社(10-12)1998年01月-1998年03月 

ドイツのマルチメディア

『基礎ドイツ語』 三修社(1-12)1997年01月-1997年12月 

Elektronische Nachschlagewerke, Schreib- und Übersetzungshilfen für die japanbezogenen Wissenschaften

Wolfgang E. Schlecht

Japanbuch. Jahrbuch des Deutschen Instituts fuer Japanstudien.(Band 8)p.211 - 2221996年12月-

CAIによる初修外国語としてのドイツ語教授法

Wolfgang E. Schlecht

96 PC Conference予稿集/大学生協PCカンファレンス実行委員会1996年07月-

Die Integration multimedialer Elemente in den Fremdsprachenunterricht

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部一般教育人文社会科学研究会(36)p.183 - 1971996年03月-

ドイツのマルチメディア

Wolfgang E. Schlecht

『基礎ドイツ語』 三修社(1-12)1996年01月-1996年12月 

Anwendungsmöglichkeiten der Übersetzung im Fremdsprachenunterricht.

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部一般教育人文社会科学研究会(34)p.123 - 1281994年03月-

ドイツ語マガジンBook'94 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1994年03月-

CALL: Computergestützte Lernprogramme im DaF-Unterricht.

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部一般教育人文社会科学研究会(33)p.61 - 801993年03月-

ドイツ語マガジンBook'93 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1993年03月-

Das literarische Werk Kurahashi Yumikos: Mit einigen Bemerkungen zum Einfluss Kafkas auf ihr Schaffen.

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部一般教育人文社会科学研究会(32)p.89 - 981992年03月-

ドイツ語マガジンBook'92 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1992年03月-

Die Situation des Lehrbuchs im DaF-Unterricht an japanischen Hochschulen: Beobachtungen, Analysen, Anregungen.

Wolfgang E. Schlecht

人文社会科学研究/理工学部一般教育人文社会科学研究会(31)p.87 - 1001991年03月-

ドイツ語マガジンBook'91 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1991年03月-

ドイツ語マガジンBook'90 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1990年03月-

ドイツ語マガジンBook'89 第二外国語ガイド

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1989年03月-

Dan Ikuma, Augenblicke der Ruhe. (團 伊玖磨「心のやすらぎ」独訳)たばこと塩の博物館『やすらぎの文化史〜オーストリア・ウィーン〜』展カタログ

Wolfgang E. Schlecht

たばこと塩の博物館p.64 - 661988年10月-

Ein neuer Blick auf Endō Shūsakus Roman "Schweigen".

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究(55)p.79 - 952017年03月-

詳細

ISSN:0288-2779

Personalpronomina und Namenssuffixe im Japanischen und die Schwierigkeit ihrer Übersetzung ins Deutsche.

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 人文社会科学研究(50)p.57 - 682010年03月-

詳細

ISSN:0288-2279

Aufbereitung von Lehrwerkinhalten für einen multimedial gestützten DaF-Unterricht

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 人文社会科学研究(49)2009年03月-

Lösungsvarianten bei der translatorischen Umsetzung von Realien (Sprachrichtung Japanisch - Deutsch)

Wolfgang E. Schlecht

早稲田大学創造理工学部 人文社会科学研究(48)p.33 - 462008年03月-

詳細

ISSN:0288-2779

"Einsamkeit und Verlust – Murakami Harukis einsame Männer"

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード

早稲田大学 創造理工学部 人文社会研究(59)p.69 - 882019年03月-

詳細

ISSN:0288-2779

書籍等出版物

GROSSES JAPANISCH-DEUTSCHES WÖRTERBUCH (和独大辞典), Band 2 (J - N), 2.469 S., 45.000 Stichwörter

Herausgegeben von Jürgen Stalph, Irmela Hijiya-Kirschnereit, Wolfgang E. Schlecht, Koji Ueda

2015年 08月-

詳細

ISBN:978-3862054206

独検イラスト単語集 2・3・4級レベル

ヴォルフガング・シュレヒト / 木川弘美

三修社2014年 04月-

詳細

ISBN:978-4-384-05630-3

Kaori Ekuni: "Gottes Boot". Roman - Aus dem Japanischen von Wolfgang E. Schlecht" (江国香織『神様のボート』独訳).

Wolfgang E. Schlecht

angkor Verlag, edition NIPPON2014年 02月-

詳細

ISBN:978-3-936018-86-8

Deutschland, wie es ist. Grammatik mit landeskundlichen Texten.

Masao Kasuga, Jun Matsuzawa, unter Mitarbeit von Wolfgang Schlecht.

Asahi Verlag, Tokyo.2014年 01月-

詳細

ISBN:978-4-255-25373-2

Siebzig mal Deutsch neu

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社2011年 02月-

詳細

ISBN:978-4-384-12267-1 C1

GROSSES JAPANISCH-DEUTSCHES WŌRTERBUCH (和独大辞典), Band 1 (A - I), 2.544 S., 46.500 Stichwōrter

Herausgegeben von Jürgen Stalph, Irmela Hijiya-Kirschnereit, Wolfgang E. Schlecht, Koji Ueda

Iudicium Verlag, Muenchen2009年-

詳細

ISBN:978-3-89129-988-3

『お皿監視人 — あるいはお天気を本当に決めているのはだれか』 sanssouci 社 (ドイツ、2008年) "Die Tellerwächter oder Wer das Wetter wirklich macht" の日本語訳 (共訳)

ハンス・ツィッパート(作)/ミヒャエル・ゾーヴァ(絵)

三修社2009年 10月-

詳細

ISBN:978-4-384-05561-0

"Kunstsommer in der Stadt der Brüder Grimm" In: "Brunnen"

Wolfgang E. Schlecht

Ikubundo Verlag2008年 01月-

『ドイツ語100』 (Deutsch Einhundert)

Wolfgang Schlecht

三修社2007年 04月-

気持ちを伝えるドイツ語 - 場面で使えるひとことフレーズ

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2005年 06月-

ドイツ語マスター100(第8版、CD-ROM付)

Wolfgang E. Schlecht 他(複合領域ドイツ語教室)

三修社2005年 04月-

独検3・4級突破単語集

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2003年 06月-

Deutsch praktisch grün

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社2003年 02月-

Deutsch praktisch rot

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社2003年 02月-

独検3級突破単語集

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2002年 12月-

独検4級突破単語集

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2002年 12月-

新正書法対応独研突破単語集

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2002年 03月-

Hallo, wie geht's? <NEU>

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社2002年 02月-

Siebzig mal Deutsch. 改訂版

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社2001年 02月-

ドイツ語ミニフレーズ25(改訂版)

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社2000年 02月-

Nachwort zu dem Roman "Der Stachel des Todes" von Shimao Toshio.

Wolfgang E. Schlecht

Insel Verlag, Frankfurt a. Main, Germany1999年 09月-

Shimao Toshio: Der Stachel des Todes (島尾敏雄『死の棘』独訳)

Wolfgang E. Schlecht / Sabine Mangold

Insel Verlag, Frankfurt a. Main, Germany1999年 09月-

Deutsch praktisch I

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1999年 01月-

Deutsch praktisch II

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1999年 01月-

CD-Book パソコンで学ぶドイツ語 Hallo, wie geht's?

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1998年 05月-

Deutsches Lesebuch mit diversen Übungen (『ドイツ語の探検』)

Wolfgang E. Schlecht / 諏訪 功

朝日出版社1998年 04月-

Projekt 100 Verben

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社1997年 10月-

ドイツ語ミニフレース25

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社1997年 08月-

Siebzig mal Deutsch (ドイツ語70)

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1996年 02月-

Diplom Deutsch in Japan: 独検突破単語集

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社1995年 11月-

Ōe Kenzaburo: "Stille Tage". Roman. (大江健三郎『静かな生活』独訳)

Wolfgang E. Schlecht

Insel Verlag, Frankfurt a. Main1994年 12月-

Treffpunkt Deutsch

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1994年 02月-

Kitchen: In deutscher Übersetzung. Mit Berichten aus der deutschsprachigen Presse.

Wolfgang E. Schlecht

三修社1993年 10月-

Deutsches Lesebuch mit diversen Übungen: Vierte verbesserte Auflage.(『ドイツ語の冒険』)

Wolfgang E. Schlecht / 諏訪 功

朝日出版社1993年 03月-

Partner: Ein Lehrbuch für einen kommunikativ orientierten Deutschunterricht.

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社1993年 02月-

ドイツ語会話周遊券

Wolfgang E. Schlecht 他

三修社1992年 12月-

Yoshimoto Banana, Kitchen. (吉本ばなな『キッチン』独訳)

Wolfgang E. Schlecht

Diogenes Verlag, Zürich1992年 09月-

11 Texte zum Lesen

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1992年 02月-

Moderne Sprache Deutsch: Grammatik

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1992年 02月-

Moderne Sprache Deutsch: Lesebuch

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1992年 02月-

Kurahashi Yumiko, Das Haus mit den Sonnnenblumen. (倉橋由美子『反悲劇』独訳)

Wolfgang E. Schlecht

Theseus Verlag, Zuerich1991年 09月-

Nachwort zu dem Roman "Das Haus mit den Sonnnenblumen" von Kurahashi Yumiko.

Wolfgang E. Schlecht

Theseus Verlag, Zuerich1991年 09月-

和文独訳のサスペンス

田中 敏 / Wolfgang E. Schlecht

白水社1991年 04月-

Deutsches Lesebuch mit diversen Übungen: Verbesserte Auflage.(『ドイツ語の冒険』)

Wolfgang E. Schlecht / 諏訪 功

朝日出版社1991年 03月-

Ueda Akinari: Erzählungen beim Frühlingsregen. (上田秋成『春雨物語』独訳)Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Insel Verlag, Frankfurt a. Main1990年 09月-

Hallo, wie geht's? - Lehrbuch mit Grammatik

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1990年 02月-

Hino Keizo, Eine Garage mit Dachfenster, in: Hefte für ostasiatische Literatur. (日野啓三『天窓のあるガレージ』独訳)Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Iudicium Verlag, München1989年 12月-

Hallo Deutschland: Zweite verbesserte Auflage

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1989年 02月-

Mach mit: Verbesserte Auflage

Wolfgang E. Schlecht / 三室次雄

三修社1989年 02月-

Ariyoshi Sawako: "Tanzender Ruß". (有吉佐和子『油煙の踊り』独訳) in: Das elfte Haus: Erzaehlungen japanischer Gegenwarts-Autorinnen. Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Iudicium Verlag, Muenchen1987年 09月-

Kōno Taeko: "Knochenfleisch". (河野多恵子『骨の肉』独訳) in: Das elfte Haus: Erzählungen japanischer Gegenwarts-Autorinnen. Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Iudicium Verlag, Muenchen1987年 09月-

Tomioka Taeko: "Heirat". (富岡多恵子『結婚』独訳) in: Das elfte Haus: Erzählungen japanischer Gegenwarts-Autorinnen. Übersetzung aus dem Japanischen.

Wolfgang E. Schlecht

Iudicium Verlag, Muenchen1987年 09月-

Inoue Hisashi: "Schminke" (Keshō). Aus dem Japanischen von Wolfgang E. Schlecht.

シュレヒト ヴォルフガング エーバハード(単訳)

早稲田大学創造理工学部 社会文化領域 人文社会科学研究 No. 582018年 03月-

詳細

総ページ数:206担当ページ数:7-42

講演・口頭発表等

和独大辞典制作(経過報告・発表)

和独大辞典をめぐるワークショップ (日本学士院会館およびベルリン・ブランデンブルク科学アカデミー)2008年10月

詳細

口頭発表(一般)

学内研究制度

特定課題研究

理工学部におけるドイツ語教授法とその教材の開発

1995年度共同研究者:榎本 重男, 助広 剛, 田ノ岡 弘子, 山田 泰完, 秋葉 裕一

研究成果概要: 理工学部では,1995年度から新カリキュラムが実施されている。それ以前からドイツ語教室では,カリキュラム・教授法について検討を進めていたが,新カリキュラムの実施に合わせ,新たな教育システムの開発,共通教材や語彙リストの作成が急... 理工学部では,1995年度から新カリキュラムが実施されている。それ以前からドイツ語教室では,カリキュラム・教授法について検討を進めていたが,新カリキュラムの実施に合わせ,新たな教育システムの開発,共通教材や語彙リストの作成が急務であろうとする共通認識ができてきた。そこで,これを実現するために1994年度から特定課題研究グループを組織し,手始めに最重要と見なされる100の動詞を選びだし,必要不可欠な情報を網羅し,文例を揃えることとなった。研究期間中にほぼ完成した上記文例集は,1996年度からすでに一部のクラスの授業に活用されている。印刷製本された形だけでなく,この教材は学習プログラム(フラッシュ・カード)として理工学部LL・MM(ランゲージラボラトリー・マルチメディア)教室のコンピュータを始め,コンピュータ・センターのサーバーにもインストールされ,学生の自習用教材として1996年7月から使用できることとなった。さらにCD-ROMの形で作成されることになれば,将来は広く学内外での使用に供することができるであろう。 上の作業を追いかけるように,第二段階として,この文例集を基本データとする文法編の前半部,ほぼ三分の一も作成されている。文法編のあとは第三段階として,テーマ別の語彙集が構想され,骨格を整えつつある。以上の仕事は,研究担当者同士の議論が積み重ねられた成果ではあるが,同時に非常勤の先生がたとの意見交換の反映でもある。教育体制・教授法のみならず,コンピュータ教材の基本性格や構成の仕方など,問題点がさまざまに指摘され,改善の提案が示された。今回の特定課題研究は,この意味で,研究担当者の枠内に止まらない大規模な共同研究になっている。なお,本特定課題研究期間内の一時期,中村采女教授は交換研究員としてドイツに滞在しており,また石井道子専任講師は本特定課題研究申請時にドイツ語教室の一員とはなっていなかったために,研究分担者として名前を連ねていない。しかし,研究推進に大いに協力してくださったことを付記したい。

理工学部におけるドイツ語教授法とその教材の開発-マルチメディア時代に対応して-

1997年度共同研究者:榎本 重男, 助広 剛, 田ノ岡 弘子, 山田 泰完, 中村 采女, 秋葉 裕一, 石井 道子

研究成果概要:1995年度に開始された理工学部の新カリキュラムにあわせて、ドイツ語教室では、新たな教育システムの開発、共通教材や語彙リストの作成などが検討されてきた。この関連で、1994年度に申請した特定課題研究において、最重要動詞の文例集(「...1995年度に開始された理工学部の新カリキュラムにあわせて、ドイツ語教室では、新たな教育システムの開発、共通教材や語彙リストの作成などが検討されてきた。この関連で、1994年度に申請した特定課題研究において、最重要動詞の文例集(「100 Verben」)を作成し、教場においても活用してきた。 今回の共同研究では、この「100 Verben」をコンピュータ教材とする作業、そして新しい共通教材としてのテーマ別語彙リストの作成を予定した。しかし「100 Verben」を実際に使用していくなかで、また、数回にわたっての理工学部ドイツ語教育担当者との意見交換の結果、ドイツ語初修者に共通する文法教材こそが不可欠であるとの結論に達し、まずその作成にとりかかった。2年間かけて、文法編を完成、「100 Verben」と合本して「ドイツ語マスター100」と題し、昨1997年にその第1版を、1998年4月には第2版を発行した。授業での効果を考え、さらに「練習問題」「対話集」も別冊で用意し、1998年度からはこれも教場で利用されている。これらは本共同研究の成果の中間形態とも位置づけられるものである。 今年度は「ドイツ語マスター100」を使用しながら、これに検討を加え、その結果を踏まえて、次のステップとしてテーマ別語彙リスト作成にとりかかる。これらにインデックスを加え、全体として理工学部ドイツ語教育のための総合教材となるよう現在構想中である。 近い将来は、すでに発表されたドイツ語教材「Hallo, wie geht's?」CD-ROM版(外国語教育開発プロジェクトの研究成果)のようなマルチメディア教材に発展させていく予定である。

IT環境下における高等教育支援環境の構築と評価

2004年度共同研究者:中村 采女, 成田 誠之助, イン ミン

研究成果概要:本特定課題研究「IT環境下における孤独でないe-leaning環境の構築と評価に関する研究」においては、研究代表者シュレヒトと研究分担者中村が早稲田大学で講義を担当している第2外国語としてのドイツ語教育を対象とし、ネットワークを基...本特定課題研究「IT環境下における孤独でないe-leaning環境の構築と評価に関する研究」においては、研究代表者シュレヒトと研究分担者中村が早稲田大学で講義を担当している第2外国語としてのドイツ語教育を対象とし、ネットワークを基盤とした新しい知識創造的な学習環境・学習方法を構築・提案・考察していくことを目標とした。平成16年度にはネットワーク上のヴァーチャル教室を構築する手始めとして、ドイツ語教室のWebサイト(http://german.narita.elec.waseda.ac.jp)を立ち上げた。本Webサイトは単に早稲田大学理工学部複合領域のドイツ語教室の宣伝をするだけではなく、チャットやBlogなど、コミュニケーションに関する機能を重視したものとなっている。ウムラウトなどの特殊文字が利用できるようにUnicodeに対応している。また、Webサーバにファイルサーバの機能も持たせ、教員や学生が簡単な操作でファイルをアップロード・ダウンロードできる機能を実装した。この機能は教員が学生に教材を配布したり、課題のファイルをやりとりしたりするために使われる。また、平成12-13年度科研費申請の研究時に開発されたEDLINシステムにおいては,「電子黒板」「電子ノート」「ミニテスト」等の機能を実装したアプリケーションを開発したが、16年度終わりまでに、これをJava言語を用いて再構築し,代表者シュレヒトや分担者中村の講義で試用した。これらの研究成果については、早稲田大学理工学部・複合領域人文社会科学研究会紀要で報告した。また、国際会議IASTED 2005に現在投稿中である。

海外研究活動

研究課題名: 教育現場におけるマルチメディア導入に関する研究とドイツにおける日本文学受容の研究

2001年04月-2002年03月

機関: ベルリン自由大学(ドイツ)、ポートランド州立大学(アメリカ)

研究課題名: 異文化相互理解のための言語教育研究

2014年04月-2015年03月

機関: ミュンヘン大学(LMU)(ドイツ)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
越境する文化基幹理工学部2019秋学期
越境する文化創造理工学部2019秋学期
越境する文化先進理工学部2019秋学期
ドイツ語圏文化論(基礎) 基幹理工学部2019春学期
ドイツ語圏文化論(基礎) 創造理工学部2019春学期
ドイツ語圏文化論(基礎) 先進理工学部2019春学期
ドイツ語圏文化論(応用) 基幹理工学部2019秋学期
ドイツ語圏文化論(応用) 創造理工学部2019秋学期
ドイツ語圏文化論(応用) 先進理工学部2019秋学期
社会文化領域基礎演習 シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
社会文化領域基礎演習 シュレヒト創造理工学部2019秋学期
社会文化領域基礎演習 シュレヒト先進理工学部2019秋学期
社会文化領域演習 シュレヒト基幹理工学部2019通年
社会文化領域演習 シュレヒト創造理工学部2019通年
社会文化領域演習 シュレヒト先進理工学部2019通年
卒業論文(社会文化)基幹理工学部2019通年
卒業論文(社会文化)創造理工学部2019通年
卒業論文(社会文化)先進理工学部2019通年
German I基幹理工学部2019春学期
独語初級IB 春期金2シュレヒト (英語実施)基幹理工学部2019春学期
German I創造理工学部2019春学期
独語初級IB 春期金2シュレヒト (英語実施)創造理工学部2019春学期
German I先進理工学部2019春学期
独語初級IB 春期金2シュレヒト (英語実施)先進理工学部2019春学期
German II基幹理工学部2019秋学期
独語初級IIB 秋期金2シュレヒト (英語実施)基幹理工学部2019秋学期
German II創造理工学部2019秋学期
独語初級IIB 秋期金2シュレヒト (英語実施)創造理工学部2019秋学期
German II先進理工学部2019秋学期
独語初級IIB 秋期金2シュレヒト (英語実施)先進理工学部2019秋学期
独語上級I 春期月4シュレヒト基幹理工学部2019春学期
独語上級I 春期月4シュレヒト創造理工学部2019春学期
独語上級I 春期月4シュレヒト先進理工学部2019春学期
独語上級II 秋期月4シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
独語上級II 秋期月4シュレヒト創造理工学部2019秋学期
独語上級II 秋期月4シュレヒト先進理工学部2019秋学期
独語中級IB 春期木3シュレヒト基幹理工学部2019春学期
独語IB 春期木3シュレヒト基幹理工学部2019春学期
独語中級IB 春期木3シュレヒト創造理工学部2019春学期
独語IB 春期木3シュレヒト創造理工学部2019春学期
独語中級IB 春期木3シュレヒト先進理工学部2019春学期
独語IB 春期木3シュレヒト先進理工学部2019春学期
独語中級IB 春期金3シュレヒト基幹理工学部2019春学期
独語IB (学院クラス) 春期金3シュレヒト基幹理工学部2019春学期
独語中級IB 春期金3シュレヒト創造理工学部2019春学期
独語IB (学院クラス) 春期金3シュレヒト創造理工学部2019春学期
独語中級IB 春期金3シュレヒト先進理工学部2019春学期
独語IB (学院クラス) 春期金3シュレヒト先進理工学部2019春学期
独語中級IIB 秋期木3シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
独語IIB 秋期木3シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
独語中級IIB 秋期木3シュレヒト創造理工学部2019秋学期
独語IIB 秋期木3シュレヒト創造理工学部2019秋学期
独語中級IIB 秋期木3シュレヒト先進理工学部2019秋学期
独語IIB 秋期木3シュレヒト先進理工学部2019秋学期
独語中級IIB 秋期金3シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
独語IIB (学院クラス) 秋期金3シュレヒト基幹理工学部2019秋学期
独語中級IIB 秋期金3シュレヒト創造理工学部2019秋学期
独語IIB (学院クラス) 秋期金3シュレヒト創造理工学部2019秋学期
独語中級IIB 秋期金3シュレヒト先進理工学部2019秋学期
独語IIB (学院クラス) 秋期金3シュレヒト先進理工学部2019秋学期
創造理工リテラシー創造理工学部2019春学期
創造理工リテラシー  【前年度成績S評価者用】創造理工学部2019春学期

教育内容・方法の工夫

iOS及びAndroid用に学習コンテンツ(ドイツ語)を作成。

2013年03月-

理工学部ドイツ語統一試験の実施

2002年04月-

詳細

概要:専任・非常勤担当を問わず、理工学部内の初級ドイツ語学習者に対し、ドイツ語教室で作成する統一試験を実施している。これは理工学部の初習ドイツ語で、学習教材『ドイツ語マスター100』を開発したことによって可能となった。全クラスが同じ試験を行うことにより、受講生の学習到達度を理解し、教員レベルの向上を図ることができる。

学生による短編小説翻訳

詳細

概要:ベルリン自由大学(Freie Universitaet Berlin = FU)の東アジア研究所(日本学)の修士課程冬季ゼミで、佐野洋の短編小説『投書狂』を取り上げ、翻訳しながら、日本語をドイツ語に置き換える際に生じる様々な問題点について、考察を重ねた。なお、このゼミはFUのDr. Yoriko Yamada-Bohynek 教授の協力の下で行われた。

ドイツ人学生と日本人学生によるタンデム(合同)ゼミ発表

2001年09月-2002年03月

詳細

概要:ベルリン自由大学(Freie Universitaet Berlin = FU)の東アジア研究所(日本学)の修士課程冬季ゼミで、ドイツ人学生と日本人学生でタンデムを組み、学生の興味を持った様々な分野(映画、エッセイ、まんが、ことわざ等)の翻訳について、研究発表を行った。なお、このゼミはFUのDr. Yamada-Bohynek 教授の協力の下で行われた。

ポートランド州立大学ドイツ語上級コース

2001年04月-2001年08月

詳細

概要:ポートランド州立大学(Portland State University = PSU) の Fischer 教授とともにドイツ語上級コース "A Multilingual Business Language Course in the Form of an Actual e-Commerce Business" を担当した。講義ではドイツ語のみを使用し、会社を設立・製品を作るシュミレーションを行うもので、製作された製品はインターネット上で実際に販売されるという、実践的な授業を行った。

作成した教科書・教材・参考書

早稲田大学理工学術院複合領域ドイツ語教室ホームページ http://www.german.sci.waseda.ac.jp

2005年04月

詳細

概要:理工学術院でドイツ語を受講する学生を対象とするホームページ。練習問題やオンライン辞書などのコンテンツだけでなく、ドイツに関する情報なども掲載している。

映像教材のマルチメディア練習問題作成

詳細

概要:外国人のためのドイツ語映像教材、Treffpunkt Berlin: Deutsch Aktuell 1 (EMC Paradigm, 2004) を授業で使用し、その練習問題としてマルチプル・チョイスやクロスワードなどのマルチメディア教材を作成している。

SII社の電子辞書の製作

2003年

詳細

概要:セイコー社の電子辞書(ドイツ語版)のアドバイザー及びデータ加工を行った。

LINCS (Language Instruction on Net-based Cai System)

2003年04月

詳細

概要:PCを使った、オンライン学習システム。現在理工学術院及び文学部の一部のドイツ語クラスで使用されている。アカウントを与えられた学生は、インターネット経由で24時間アクセス可能となる。講義時間中は従来の黒板及びノートの機能を同時に果たし、レポートや宿題もサーバを通じてダウン&アップロードしている。早稲田大学理工学術院成田研究所と共同開発。

Deutsch praktisch rot のデジタル化、及び練習問題の作成

2003年04月

詳細

概要:Deutsch praktisch rot (共著、三修社、2003年)をマルチメディア教材化し、インタラクティブな練習問題を作成。語学教育だけでなく、ドイツ語圏の地理・歴史・言語などに関する記述を加え、ドイツ語圏の文化を学ぶ教材としても使用している。

音楽を使った語学教材の作成

2003年04月

詳細

概要:ポップスやロック、民族音楽など、現代を中心としたドイツ語圏の様々な音楽を取り上げ、その歌詞に使われている言い回しなどから練習問題を作成。音声データだけでなく、ミュージック・クリップなど映像も使用すると同時に、歌手や曲の時代背景などに関するドイツ語の文章を作り、読解テキストとして使用している。

『ドイツ語マスター100』のデジタル化

2002年04月

詳細

概要:複合領域ドイツ語教室で作成した『ドイツ語マスター100』をAdobe Acrobatを使い、マルチメディア教材化をすすめる。Adobe Readerという無料配布のソフトウェアを使用することにより、誰でも教材を使用することが可能になった。現在は書き込み式の練習問題や、音声ファイルなどを追加し、改良を行っている。

EDLINシステムの試行

2001年04月

詳細

概要:理工学部電気電子情報工学科の成田研究室と共同開発した、EDLIN(遠隔授業システム)を、ポートランド州立大学(Portland State University = PSU) の William B. Fischer 教授の協力の下で試行した。インターネット回線を使用し、早稲田大学とPSUの学生が、同時に授業に参加することを目的としたこのプログラムは、部分的に英語版OSでは動かないことが判明したが、この欠点は次世代のシステムLINCSで解消されていくことになる。

『ドイツ語マスター100』の製作

1997年04月

詳細

概要:複合領域ドイツ語教室の共編著により、共通教材として『ドイツ語マスター100』(三修社)を製作。ほぼ毎年改訂を行い、現在はマルチメディア版(CD-ROM)を付録としてつけている。

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

Thyssen Krupp technologydays Waseda University (10月14-15日:於早稲田大学理工学術院)
詳細

概要:ドイツの技術企業テュッセン社が企画したイベントのリエゾン・オフィス・アドバイザーを担当。様々なシンポジウムを開催し、同時にドイツ最先端の技術を実物を用いて展示した。

Adobe社のインタビュー

2004年12月

詳細

概要:Adobe Acrobatを使って製作された『ドイツ語マスター100』を中心に、PDFファイルの教育・学習上での使用の可能性についてのインタビュー。

その他教育活動

和独大辞典の執筆・編集

詳細

概要:ドイツ日本研究所を中心に、近現代の日本語を、専門用語や特殊用語、技術・科学用語も含めた約11万語の見出し語を持つ和独大辞典を製作している(出版はミュンヘンのIudicium社)。今後数十年間の学術的な日本研究のために信頼できる土台となるべく、広範囲の語彙表現を網羅しており、慣用句や例文もこれまでにない数を誇ることになる。執筆及び責任編集者。2006年に出版予定。