氏名

ヨシカワ ヤスヒサ

芳川 泰久

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0078079/)

所属

(文化構想学部)

連絡先

URL等

研究者番号
60175677

本属以外の学内所属

兼担

文学学術院(大学院文学研究科)

学歴・学位

学歴

-1974年 早稲田大学 文学部 文学科・フランス文学
-1981年 早稲田大学 文学研究科 フランス文学専攻

学位

文学(修士) 課程 早稲田大学

経歴

1984年-1988年東京工業大学専任講師
1988年-1991年東京工業大学助教授
1991年-1995年日本女子大学助教授
1995年-1996年日本女子大学教授

所属学協会

日本フランス語フランス文学会

日本バルザック研究会

研究分野

キーワード

仏語・仏文学、文学一般(含文学論・比較文学)・西洋古典

科研費分類

人文学 / 文学 / 日本文学

研究テーマ履歴

バルザック研究

研究テーマのキーワード:バルザック,エピステモロジー,表象

漱石研究

研究テーマのキーワード:漱石,世界文学,熱力学

日本文学における1968年

研究テーマのキーワード:1968年,金井美恵子,後藤明生

バルザックを中心とした19世紀エピステモロジー

個人研究

夏目漱石

個人研究

論文

プリンスというメディア−−後藤明生「石尊行」私註

芳川泰久

水声社・「水声通信」(9)p.69 - 782006年07月-

「小説愛」

芳川泰久

三一書房1995年06月-

巣穴と接続詞 カフカから書くK

水声通信・水声社(2)p.55 - 622005年12月-

辻仁成 「アカシア」

すばる・集英社2005年(11月)2005年10月-

いとうせいこう・奥泉光 「文芸漫談」

すばる・集英社2005年(9月)p.3272005年09月-

まるで葉群がひとそよぎする間の出来事のように

文學界・文藝春秋59(9)p.158 - 1612005年09月-

石川忠司 「現代小説のレッスン」

週刊読書人(2602)2005年09月-

長薗安浩 「シュヴァイツァーの仕事」

すばる・集英社2005年(7月)p.3802005年07月-

二重写しの時間 クロード・シモン氏を悼む

毎日新聞2005年7月26日夕刊2005年07月-

平岡先生を悼む

東京新聞2005年5月24日夕刊2005年07月-

ル・クレジオ 「歌の祭り」

東京新聞2005年4月17日朝刊2005年05月-

客観的偶然はいかに地層をめくるか

早稲田文学2005年(5月)p.148 - 1672005年05月-

清水博子 「カギ」

すばる・集英社2005年(3月)p.3232005年05月-

川上弘美 「古道具 中野商店」

河北新報ほか2005年5月15日2005年05月-

死霊者の鏡あるいは方位のポリティーク

早稲田文学2005年(3月)p.126 - 1412005年03月-

多和田葉子 「旅をする裸の眼」

すばる・集英社2005年(3月)p.3902005年03月-

ダムとマルクスと秋声と

早稲田文学2005年(1月)p.138 - 1512005年01月-

野坂昭如 「死刑長寿」

週刊読書人(2572)2005年01月-

私の3冊 2004

東京新聞2004年12月26日2004年12月-

法を担保する「見えざる手」

早稲田文学2004年11月号p.98 - 1092004年11月-

文学はどこにあるのか

週刊読書人(2559)2004年10月-

デジカメの一撃が平面性のアウラをn回廃棄する前/後に

早稲田文学2004年9月号p.142 - 1532004年09月-

金井 美恵子 「目白雑録」

東京新聞2004年8月1日号2004年08月-

平野 啓一郎 滴り落ちる時計たちの波紋

すばる・集英社2004年8月号p.3272004年08月-

リアル、リアル、ラマ、サバクタニ

早稲田文学2004年7月号p.38 - 472004年07月-

読書日録

すばる・集英社2004年6月号p.420 - 4212004年06月-

読書日録

すばる・集英社2004年5月号p.324 - 3252004年05月-

ロブ=グリエ 「反復」

東京新聞2004年4月11日2004年04月-

読書日録

すばる・集英社2004年4月号p.450 - 4512004年04月-

あふれでる述部領域

国文学解釈と鑑賞別冊・至文堂p.256 - 2672004年03月-

わたしの論文作法

ユリイカ・青土社36(3)p.145 - 1462004年03月-

宇佐美 斉 「作家の恋文」

週刊読書人(2527)2004年03月-

若桑 みどり 「クアトロ・ラガッツィ」

すばる・集英社2004年1月号p.3292004年01月-

野谷 文昭 マジカル・ラテン・ミステリー・ツアー

東京新聞2004年1月18日2004年01月-

モディアノ 「八月の日曜日」

読書人(2507)p.52003年10月-

「例文」機械

ユリイカ・青土社35(13)p.112 - 1192003年09月-

野崎 歓 谷崎潤一郎と異国の言語

すばる・集英社2003年9月号p.3282003年09月-

平野 啓一郎 高瀬川

すばる・集英社2003年7月号p.3262003年07月-

全集は文化である

週刊読書人(2490)2003年06月-

追憶・異邦の文学

東京新聞(中日新聞)夕刊2003年05月-2003年05月 

向こうまかせ

群像・講談社58(4)p.272 - 2732003年04月-

宮内 勝典 「金色の虎」

東京新聞2003年1月12日号2003年01月-

<再生亭>にて

群像・講談社57(11)p.216 - 2172002年09月-

浸透・共鳴・同一化 中上健次のアポリア

早稲田文学2002年9月号p.37 - 572002年09月-

多和田 葉子 「容疑者の夜行列車」「球形時間」

すばる・集英社2002年9月号p.324 - 3252002年09月-

仏語のSOSEKI

中日新聞2002年9月11日2002年09月-

清岡 卓行 「太陽に酔う」

群像・講談社57(9)p.390 - 3912002年08月-

むかしむかしNRが・・・・・・

早稲田文学2002年7月号p.120 - 1262002年07月-

パリ<文学のなる木>通信

週刊読書人2002年05月-2003年03月 

Mロブリック、Mバーリア 「ヴェネツィアの薔薇」

すばる・集英社2002年4月号p.3272002年04月-

あの日、あの本

東京新聞(中日新聞)夕刊2002年03月-2002年03月 

テクスト生成とエピステモロジー 地表から地層へ「バルザックと周辺領域における文化史的背景の研究

平成12年度ー13年度科研費補助金 基盤研究(B) (1)研究成果報告書p1-62002年03月-

一九七〇年代・文学場の”冠水”

早稲田文学2002年3月号p.114 - 1292002年03月-

金井 美恵子 「噂の娘」

静岡新聞2002年2月10日号2002年02月-

テロ・非対称・視差(批評・季評)

群像・講談社57(1)p.402 - 4082002年01月-

読書日録(下)

週刊読書人(2416)2001年12月-

読書日録(中)

週刊読書人(2415)2001年12月-

角田 光代 「あしたはうんと遠くへいこう」

中國新聞2001年11月4日号ほか2001年11月-

清水 博子 「処方箋」

群像・講談社56(12)p.354 - 3552001年11月-

読書日録(上)

週刊読書人(2414)2001年11月-

氷河期のように、小説の時代がやってくる

早稲田文学2001年11月号p.4 - 192001年11月-

有機体のポリティーク テマティスム言説批判

早稲田文学2001年11月号p.86 - 972001年11月-

横断的、反=創建的

ユリイカ・青土社33(11)p.208 - 2172001年09月-

分割・隣接・運動 金井美恵子的<強度>の帰趨2

早稲田文学2001年9月号p.108 - 1192001年09月-

三木 卓 「錬金術師の帽子」

すばる・集英社2001年8月号p.3272001年08月-

文芸時評

新潮・新潮社98(8)p.258 - 2622001年08月-

フランス文学の現況と翻訳・研究'00

「文藝年鑑2001」日本文藝家協会編p.73 - 762001年07月-

動物になる動物を脱ぐ 金井美恵子的<強度>の帰趨

早稲田文学2001年7月号p.78 - 912001年07月-

文芸時評

新潮・新潮社98(7)p.293 - 2972001年07月-

文学の新世紀をひらくために

「ぼくは始祖鳥になりたい」集英社p.630 - 6412001年06月-

文芸時評

新潮・新潮社98(6)p.261 - 2652001年06月-

野崎 歓 フランス小説の扉

東京新聞2001年6月17日号2001年06月-

一つの長い後藤明生の戦い

早稲田文学2001年5月号p.91 - 1012001年05月-

文芸時評

新潮・新潮社98(5)p.261 - 2652001年05月-

高橋 たか子 「君の中の見知らぬ女」

山口新聞2001年4月30日2001年04月-

小説という脱≠領土

ユリイカ・青土社33(4)p.211 - 2192001年04月-

金井美恵子 表象の基底へ/からの戦い

早稲田文学2001年3月号p.98 - 1112001年03月-

川上 弘美 「おめでとう」

文藝界・文藝春秋平成13年3月号p.241 - 2432001年03月-

異◆文学論 一九六八年の文学場と<もう一つの部屋>

早稲田文学2001年1月号p.32 - 472001年01月-

横断的、反=創建的

青土社「ユリイカ」第33/11,208-2172001年-

小説という脱≠領土 プルーストはサント=ブーヴからいかにバルザックを奪い返すか

青土社「ユリイカ」33/4,211-2192001年-

古井 由吉 「聖耳」

すばる・集英社2000年12月号p.2862000年12月-

地表から地層へ テクスト生成とエピステモロジー

日本フランス語フランス文学会「関東支部論集」(9)p.78 - 862000年12月-

拝啓、三島由紀夫様 自由と符丁をめぐって

ユリイカ・青土社32(14)p.164 - 1752000年11月-

欲望と表象

ユリイカ・青土社32(13)p.80 - 872000年10月-

不参戦者の”戦い”

早稲田文学2000年9月号p.48 - 562000年09月-

柏木隆雄 謎とき「人間喜劇」

ふらんす・白水社2000年8月号p.822000年08月-

カルヴィーノ 「水に流して」

東京新聞2000年7月30日2000年07月-

画像1と画像2のあいだで、世界が・・・・・・

青土社「ユリイカ」32(10)p.146 - 1562000年07月-

金井 美恵子 「彼女(たち)について私の知っている二、三の事柄」

群像・講談社55(7)p.326 - 3272000年07月-

「群衆」の余白に

「群衆の悪魔」講談社p.699 - 7082000年06月-

金井 美恵子 「彼女(たち)について私の知っている二、三の事柄」

週刊読書人(2340)2000年06月-

中条 省平 「文章読本」

すばる・集英社2000年4月号p.2912000年04月-

Lアラゴン 「ブランシュとは誰か」

すばる・集英社2000年3月号p.2952000年03月-

「帰還」と「洗礼」−物語のジャンク化に抗して

ユリイカ・青土社32(4)p.204 - 2092000年03月-

皮膚・徴候・地層 バルザックあるいは認識論的な厚み

早稲田大学大学院「文学研究科紀要」(45)p.23 - 402000年03月-

皮膚・徴候・地層ーバルザックあるいは認識論的な厚み

早稲田大学大学院「文学研究科紀要」45輯p.23 - 402000年02月-

意味を救った批評

文芸春秋「文学界」54(1)p.163 - 1672000年01月-

角田 光代 「東京ゲストハウス」

すばる・集英社2000年1月号p.3882000年01月-

地表から地層へ テクスト生成とエピステモロジー

日本フランス語フランス文学会「関東支部論集」(9)p.78 - 862000年-

阿部和重「無常の世界」

群像/講談社54;3,p366-3671999年03月-

G・ドゥルーズ「襞」

すばる/集英社21;2,p2941999年02月-

歩くように デュラス的書法の強度

青土社「ユリイカ」31(8)1999年-

列挙と代替 世界の大きさを充たす小さなフィクション

青土社「ユリイカ」31(10)p.165 - 1751999年-

接近と分裂

すばる/集英社20(11)p.344 - 3581998年11月-

文字・物語・物自体

群像/講談社53;10,p374-3811998年10月-

堀江敏幸「おぱらばん」

文学界/文芸春秋52;10,p296-2971998年10月-

夏目漱石2

若草書房p22-481998年09月-

笙野頼子「東京妖怪浮遊」

すばる/集英社20;9,p2901998年09月-

宮内勝典・意識の変成に向けて

すばる/集英社20;6,p190-1981998年06月-

多和田葉子「きつね月」

すばる/集英社20;6,p2891998年06月-

水文字、猫の描く

ユリイカ/青土社30;6,p171-1791998年05月-

後藤明生「小説の快楽」

群像/講談社53;4,p398-3991998年04月-

清水博子「街の座標」

すばる/集英社20;3,p3891998年03月-

大江健三郎

若草書房p180‐2051998年03月-

饗庭孝男「知の歴史学」

新潮/新潮社95;2,p306‐3071998年02月-

金井美恵子「柔らかい土をふんで、」

文学界/文芸春秋52;2,p238‐2391998年02月-

自由を聴き分ける耳

井伏鱒二の風貌姿勢/至文堂p52‐611998年02月-

宮本輝「焚火の終わり」

すばる/集英社19;20,p3181997年12月-

ポストコロニアルの文学

早稲田文学22;4,p15-351997年11月-

久間十義「狂騒曲」

すばる/集英社19;11,p4181997年11月-

藤沢周「サイゴン・ピックアップ」

群像/講談社52;11,p358-3591997年11月-

山田詠美「4U」

すばる/集英社19;10,p2881997年10月-

リービ英雄「アイデンティティーズ」

すばる/集英社19;9,p2911997年09月-

概念の枠に縛られた批評の不自由さについて

新潮/新潮社94;9,p229-2331997年09月-

アリス召喚

愛の生活 森のメリュジーヌ/講談社p257-2721997年08月-

笙野頼子「パラダイス・フラッツ」

群像/講談社52;8,p362-3631997年08月-

未描の女、未成のエチカ

すばる/集英社19;7,p234-2371997年07月-

スピード、スピード、スピード

ユリイカ/青土社29;8,p34-421997年06月-

〈 国境機械 〉について

現代詩手帳/思潮社p60-641997年05月-

停滞と循環

漱石研究8;p91-1011997年05月-

「従兄ポンス」あるいはエクリチュールの《パンアルモニコン》

早稲田フランス語フランス文学論集41997年04月-

河野多恵子「赤い脣黒い髪」

群像/講談社52;4,p392‐3931997年04月-

失われた時を求めて

ユリイカ/青土社29;5,p82‐831997年04月-

言葉に凄むドラゴン、その逆鱗にふれたくて

すばる/集英社19;31997年03月-

石を書く・石で書く・石が書く

石の来歴/文芸春秋p217‐2221997年02月-

村上龍「はじめての夜二度目の夜三度目の夜」

すばる/集英社19;2,p3021997年02月-

物語に潜む異和をめぐって

すばる/集英社19;2,p128‐1371997年02月-

96年文学の収穫

すばる/集英社19;1,p244‐2651997年01月-

ルノワール「ジョルジュ大尉の手帳」

すばる/集英社19;1,p3881997年01月-

『従兄ポンス』あるいはエクリチュールの《パンアルモニコン》

早稲田大学仏文専修/4,61-841997年-

もう一つのクレオール

imago イマーゴ/青土社7;13,p167-1691996年12月-

多和田葉子

世界x現在x文学 作家ファイル/図書刊行会p266-2671996年10月-

母国語契約者の出現を待ちながら-日本語文学の可能性

世界x現在x文学 作家ファイル/図書刊行会p268-2691996年10月-

戦争と巫女-家族小説をめぐる象徴闘争について

海燕/ベネッセ15;9,p44-551996年09月-

プルーストに反論する?

imago イマーゴ/青土社7;8,p8-121996年08月-

“小説愛”をいかに注ぐか

文學界/文藝春秋49;71996年07月-

《ある晩》の一語はけっして小説を廃棄しないだろう

ユリイカ/青土社28;7,9105−1111996年06月-

何が,誰がライバルなのか?

文學界/文藝春秋49;61996年06月-

魂と暗喩・小説家の回心について−大江健三郎論

新潮/新潮社93;6,p236‐2571996年06月-

どこからどう化けるか

文學界/文藝春秋49;51996年05月-

終わり方から見えるもの

文學界/文藝春秋49;41996年04月-

漱石と遊ぶ

文学界/文芸春秋50;4,p182-1951996年04月-

ペン先の贈与と奪還

すばる/集英社18;31996年03月-

埴谷雄高・死霊 九章

図書新聞/図書新聞社22871996年03月-

沢木耕太郎・檀

マリ・クレール/中央公論社15;31996年03月-

P・ブルデュー・芸術の規則I・II

東京新聞/中日新聞東京本社192271996年02月-

君知るや南の国

すばる/集英社18;21996年02月-

新人作家諸君へ

文學界/文藝春秋50;21996年02月-

辻井喬・過ぎてゆく光景

産経新聞/産業経済新聞東京本社191761996年02月-

小説の力

群像/講談社51;11996年01月-

遅れてきた“実存主義”小説の今後

すばる/集英社18;11996年01月-

《ある晩》の一語は決して小説を廃棄しないだろう

青土社「ユリイカ」28/7,105-1111996年-

プルーストに反論する?

青土社「イマーゴ」7/8,8-121996年-

『漱石論集成』二重の否定という批評的契機

国文学解釈と鑑賞/至文堂別冊1995年12月-

重松清・舞姫通信

すばる/集英社17;121995年12月-

それは“あ”からはじまる

金井美恵子・あかるい部屋のなかで/ベネッセコーポレーション1995年11月-

百年後の“ペテルブルグ派”

新潮/新潮社92;111995年11月-

保坂和志・この人の閾

すばる/集英社17;111995年11月-

宮内勝典・バリ島の日々

頓智/筑摩書房1;11995年10月-

後藤明生・小説は何処から来たか

読書人/読書人21951995年10月-

前略,大江健三郎様

早稲田文学/早稲田文学会2331995年10月-

歩行するエスの行方

imago/青土社6;111995年10月-

笙野頼子・言葉の冒険,脳内の戦い

すばる/集英社17;101995年10月-

グレート・マザーあるいは個人言語の変換装置

すばる/集英社17;91995年09月-

小説をめぐるジャーナリズムという環境

海燕/ベネッセコーポレーション14;91995年09月-

応戦態勢−ソレルスが遂行している“戦い”についての八つの断章

ユリイカ/青土社27;91995年08月-

言葉の“免疫”の行方

群像/集英社50;81995年08月-

父上,あなたの「自伝」に書かれていない私を私はどう書いたらいいのですか

すばる/集英社17;81995年08月-

〈文学場〉の射程

図書新聞/図書新聞社22541995年07月-

高橋英夫・志賀直哉

産経新聞/産業経済新聞東京本社1995.71995年07月-

森内俊雄・午後の坂道

すばる/集英社17;71995年07月-

中島国彦・近代文学にみる感受性

マリ・クレール/中央公論社14;71995年07月-

D・ペナック 人喰い鬼のお愉しみ

文學界/文藝春秋49;61995年06月-

フランス文学 1968年・五月革命以降

ブリタニカ国際百科事典・全国改訂版/TBSブリタニカ1995年06月-

中沢けい・夜程

すばる/集英社17;61995年06月-

情事を忌避する性交小説

すばる/集英社17;51995年05月-

分岐と逡巡あるいは小説を歓待する法

文藝/河出書房新社34;21995年05月-

“不気味”の構造

夏目漱石・不気味な話2/河出書房新社1995年04月-

バルトの日記

早稲田文学/早稲田文学会2271995年04月-

笠井潔・球体と亀裂

読書人/読書人20811995年04月-

鹿島茂・パリの王様たち

図書新聞/図書新聞社22431995年04月-

大江健三郎・小説の経験

GQ/中央公論社3;41995年04月-

バルトの日記 表象の不可能性あるいは蘇生の技法

「早稲田文学」通/227,104-11995年-

応戦態勢 ソレルスが遂行している"戦い"についての八つの断章

青土社「ユリイカ」27/9,160-1711995年-

W/M活字という天使の膂力について『セラフィタ』を読む

青土社「ユリイカ」26/12,186-1971994年-

三角法的ディスクールはパリをいかに測量するか?バルザック『ゴリオ爺さん』を読む

日本女子大学「史艸」/34,31-601993年-

都市と歴史とクレオール

講談社「群像」48/1,510-5111993年-

アニーは決して握手をしない <手>による『嘔吐』の脱構築

思潮社『いま、サルトル』/,164-1721991年-

クンデラと小説の死

青土社「ユリイカ」23/2,163-1731991年-

バルトはいかに父の名(ラカン)を消すか?

東京工業大学「ポリフォニア」/4,36-541991年-

雲をつかむ セール・柄谷・熱力学・批評

「早稲田文学」通/179,77-811991年-

『サラジーヌ』あるいは固有名の力

明治学院大学「明治学院論叢」フランス文学特輯/23,67-971990年-

セール

理想社「理想」通/645,891990年-

ライプニッツ

理想社「理想」通/645,68-691990年-

双生と欠如 トゥルニエ的想像力の起源なき起源

青土社「ユリイカ」22/1,172-1851990年-

年表フランス小説1975-1989(共編)

青土社「ユリイカ」22/1,239-2431990年-

バルザック 欲望のエクリチュール

東京工業大学「人文論叢」/14,179-1951989年-

バルザックの多声的言語と多義的イメージについて

東京工業大学「人文論叢」/13,151-1741988年-

双生論 もう一人のクラチュロスのために

哲学書房「哲学」/1,119-1401988年-

現代フランス小説の肖像 ミシェル・トゥルニエ

三修社「基礎フランス語」16/10,46-481987年-

彼自身による・ロラン・バルトによる・語られないできごと

「早稲田文学」通/137,18-261987年-

バルザックの言語論

東京工業大学「人文論叢」/11,293-3091986年-

知の森のヘルメス

白水社「ふらんす」60/10,17-201985年-

現代フランスを構成するもの

三修社「基礎フランス語」14/1,59-611984年-

『谷間の百合』における初期草稿と描写の問題

早稲田大学大学院紀要別冊/4,41-571978年-

『谷間の百合』における小説空間の成立について

日本フランス語フランス文学会「フランス語フランス文学研究」/33,49-591978年-

Le bruissement de la langue:autour de Furui Yoshikichi, Nakagami Kenji et Murakami Ryu

YOSHIKAWA, Yasuhisa

早稲田大学文学部仏文専修Etudes Francaises(11)p.122 - 1352004年03月-

Surgissement du corps animal : la formation d'un nouveau champ epistemonogique

YOSHIKAWA, Yasuhisa

早稲田大学文学部仏文専修 Etudes Francaises (9)p.31 - 472002年03月-

書籍等出版物

「葬儀の日」−−第二の生誕あるいは逆向きの否認

芳川泰久

鼎書房・現代女性作家読本⑤「松浦理英子」2006年 06月-

ベストセラー世界の文学 20世紀①

芳川泰久

早美出版社2006年 04月-

私をブンガクに連れてって

芳川泰久

せりか書房2006年 01月-

横断する文学

芳川泰久

ミネルヴァ書房2004年 09月-

書くことの戦場

芳川泰久

早美出版社2004年 04月-

『バルザック』(共著) 「顔面角・論あるいは描写のパラダイム変換をめぐって」

芳川泰久

駿河台出版社1999年 10月-

「闘う小説家バルザック」

芳川泰久

せりか書房1999年 05月-

「書斎のトリコロール」

芳川泰久

自由国民社1994年-

「漱石論」

芳川泰久

河出書房新社1994年-

「フランス小説の現在」(共著)

芳川泰久

高文堂出版社1982年-

Balzac Loin de nous, Pres de nous

Yasuhisa YOSHIKAWA

Surugadai-Shuppansha2001年 03月-

マサユメ体質

『ホラー・ジャパネスクの現在』青弓社2005年 11月-

新たな物語の測量者 ジュール・ヴェルヌ

岩波書店「岩波講座文学6」2003年 12月-

「化学革命」とバルザック

藤原書店『バルザックを読むⅡ』2002年 05月-

読むことの誘惑

早美出版社2002年 03月-

「シンポジウムI」(共著)

太田出版1994年-

構造・植物・家族

国文社『レヴィ=ストロース』1987年-

ミシェル・セールのための11の断章

朝日出版社「ポストモダン叢書9」1985年-

Appropriation de la litterature francaise et formation du champ litteraire moderne au Japon

YOSHIKAWA, Yasuhisa

Bibliotheque nationale de France, L'aventure des lettres francaises en extreme Asie: Chine, Coree, Japon, Vietnam

Balzac Loin de nous, Pres de nous(共著)

YOSHIKAWA, Yasuhisa

Surugadai-Shuppansha2001年-

作品・ソフトウェア・教材・フィールドワーク等

途方に暮れながら(小説) 文學界・文藝春秋平成16年10月号

芸術活動2004年10月-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

バルザックの言語思想

配分額:¥800000

研究種別:基盤研究(B)

バルザックと周辺領域における文化史的背景の研究

2000年-2001年

研究分野:仏語・仏文学

配分額:¥13200000

研究種別:

バルザックと周辺領域における文化史的背景の研究

配分額:¥13200000

海外研究活動

研究課題名: バルザック研究およびフランスにおける日本文学の受容

2002年03月-2003年03月

機関: パリ第七大学(フランス)

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
基礎講義 1文化構想学部2019春学期
基礎講義 2(再履)文化構想学部2019秋学期
文芸・ジャーナリズム論系演習(テクスト論3(生成論))文化構想学部2019春学期
文芸・ジャーナリズム論系演習(テクスト論4(相関論))文化構想学部2019秋学期
批評・創作実践ゼミ2 (春学期) A文化構想学部2019春学期
批評・創作実践ゼミ2 (春学期) B文化構想学部2019春学期
批評・創作実践ゼミ2 (秋学期) A文化構想学部2019秋学期
批評・創作実践ゼミ2 (秋学期) B文化構想学部2019秋学期
フランス小説文化構想学部2019春学期
フランス小説文学部2019春学期
フランス文学研究指導3-1 M大学院文学研究科2019春学期
フランス文学研究指導3-2 M大学院文学研究科2019秋学期
フランス文学演習3-1大学院文学研究科2019春学期
フランス文学演習3-2大学院文学研究科2019秋学期
現代文芸講義1大学院文学研究科2019春学期
現代文芸講義2大学院文学研究科2019秋学期
フランス文学研究指導3-1 D大学院文学研究科2019春学期
フランス文学研究指導3-2 D大学院文学研究科2019秋学期