氏名

スガ コウイチ

須賀 晃一

職名

教授 (https://researchmap.jp/read0050955/)

所属政治経済学術院

(政治経済学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ksuga@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/ksuga/

研究者番号
00171116

本属以外の学内所属

兼担

政治経済学術院(大学院経済学研究科)

政治経済学術院(大学院政治学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

現代政治経済研究所

兼任研究員 1989年-

ソーシャル&ヒューマン・キャピタル研究所

研究所員 2017年-

学歴・学位

学歴

-1976年 一橋大学 経済学部
-1982年 一橋大学 経済学研究科 経済理論

学位

経済学修士 課程 一橋大学 理論経済学

博士(経済学) 論文 一橋大学 理論経済学

経歴

1983年-1987年亜細亜大学経済学部
1988年-1999年福岡大学経済学部
2000年-早稲田大学政治経済学部

所属学協会

法と経済学会

環境経済政策学会

日本経済学会

応用経済学会

The Society for Social Choice and Welfare

The Econometric Society

研究分野

キーワード

社会的選択理論,制度の経済分析、経済理論、経済政策(含経済事情)、公共経済学、社会的選択理論

共同研究希望テーマ

制度設計の政治経済学

希望連携機関:大学等の研究機関との共同研究

研究テーマ履歴

社会的選択理論における権利・自由

研究テーマのキーワード:権利

国内共同研究

私的所有権制度の経済分析

研究テーマのキーワード:私的所有権

正義原理の公理的分析

研究テーマのキーワード:正義

個人研究

道徳原理の公理論的構成

研究テーマのキーワード:道徳原理,公理

個人研究

論文

社会選択における個人の権利

須賀晃一

修士論文1980年-

多数決投票と非推移性

須賀晃一

博士後期課程単位修得論文1983年-

社会的選択と個人的権利

須賀晃一

『一橋研究』1983年10月-

飽和投票者と多数決均衡

須賀晃一

『一橋論叢』91(3)p.77 - 951984年03月-

社会的選択と情報および価値判断--リベラル・パラドックス再考

須賀晃一

『高度情報化社会の研究序説』早稲田大学社会科学研究所,研究シリ-ズ19(19)p.111 - 1511985年-

正義論としての社会的選択理論

須賀晃一

『創文』(270)p.13 - 161986年-

正義論と分配問題

須賀晃一

『亜細亜大学経済学紀要』12(1)1987年-

ファジィ選好とスッピス公正原理

須賀晃一

『一橋論叢』99(5)p.79 - 931988年-

ファジィ選好に基づく公正原理

須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』34(1)p.49 - 701989年-

費用便益分析の基礎

須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』34(4)p.343 - 3801990年-

コ-スの定理再考:交渉解と社会的厚生関数

須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』38(2)1993年-

厚生水準の個人間比較可能下での不可能性定理について

長久領壱・須賀晃一

『三田学会雑誌』88(1)1995年-

福祉・自由・潜在能力--A.K.センの新しい規範経済学

須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』41(3)p.183 - 2231996年-

正義の経済分析:序説--実証と規範

須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』42(3)p.209 - 2411997年-

Characterization of Nash Equilibrium

須賀晃一

西日本理論経済学会1999年06月-

Morally Consistent Equilibria in Normal Form Games: A Game Theoretic Approach to Moral Judgements and a Normative Characterization of Nash Equilibrium

須賀晃一

西日本理論経済学会1999年06月-

帰結主義の不可能性定理

主計浩・須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』44(3/4)p.383 - 4092000年-

効用・厚生・帰結-正義論の構造と情報-

主計浩・須賀晃一

『福岡大学経済学論叢』44(3/4)p.347 - 3812000年-

アマルティア・セン『集合的選択と社会的厚生』

須賀晃一

『経済セミナー』5532001年02月-

ジョン・E・ローマー『分配的正義の理論−−経済学と倫理学の対話』

須賀晃一

『週刊 読書人』23912001年06月-

環境倫理への公理的接近−−厚生主義的道徳原理と環境問題−−

須賀晃一

『早稲田大学政治経済学雑誌』(349)p.182 - 2042002年-

外部性を伴うアロー=ダスグプタ経済におけるマキシミン経路

須賀晃一

『経済研究』(55)p.15 - 252004年01月-

書評:鈴村興太郎・宇佐美誠・金泰昌編『世代間関係から考える公共性』シリーズ『公共哲学』第20巻

須賀晃一

公共的良識人(181)2006年12月-

Gibbardian Libertarian Claims Revisited

Kotaro SUZUMURA, Koichi SUGA

Social Choice and Welfare3(1)p.61 - 741986年-

On a Fair Rights-Assignment

Ryoichi NAGAHISA, Koichi SUGA

Fukuoka University Economic Review33(3/4)p.403 - 4221989年-

A Note on a Fuzzy Preference Relation

Koichi SUGA

Discussion Paper No.13, Faculy of Economics, Fukuoka University(13)1990年-

Difficulty on Transitivity of a Fuzzy Preference

Koichi SUGA

mimeographed1991年-

An Axiomatic Approach to Libertarian Rights-Assignment

Ryoichi NAGAHISA, Koichi SUGA

mimeographed1991年-

Public Chice of Social Systems : A Game Theoretic Approach to Social Contract (共著)

Akira OKADA, Kenichi SAKAKIBARA, Koichi SUGA

Discussion Paper No.24,Faculty of Economics, Fukuoka University(24)1992年-

A Note on a Fuzzy Preference Relation

Koichi SUGA

37(1)1992年-

An Axiomatic Approach to Libertarian Rights-Assignment

Ryoichi NAGAHISA, Koichi SUGA

Discussion Paper No.29. Faculty of Economics, Fukuoka University(29)1993年-

Optimal Warning in n-Person Prisoners' Dilemma

Ko, NISHIHARA, Koichi SUGA

Discussion Paper No.31,Faculty of Economics, Fukuoka University(31)1994年-

Libertarian Rights-Assignment on the Base of Interpersonal Welfare Comparison : An Axiomatic Approach

Koichi SUGA

mimeographed1994年-

Property Rights System and the State of Nature

Kenichi SAKAKIBARA, Koichi SUGA

Discussion Paper No.33,Faculty of Economics, Fukuoka University1995年-

A Model of Hobbesian Economy

Kenichi SAKAKIBARA, Koichi SUGA

Working Paper #96E018, Chiba University1996年-

Possibility and Impossibility in Constructing a Fuzzy Preference (Quasi-) Ordering

Koichi SUGA

Fukuoka University Economic Review40(3/4)1996年-

The Dynamic Transformation of Political Systems through Social Contract : A Game Theoretic Approach

Akira OKADA, Kenichi SAKAKIBARA, Koichi SUGA

Social Choice and Welfare14(2)p.1 - 211997年-

Impossibility Theorems with Interpersonal Welfare Comparison : 'Extended Sympathy Approach' Reconsidered

Ryoichi NAGAHISA, Koichi SUGA

Japanese Economic Review49(2)p.171 - 1901998年-

On the Role of Externalities in the Arrow-Dasgupta Economy

須賀晃一

2nd International Symposium on Intergenerational Equity Hitotsubashi University2003年03月-

On Maximin Paths in Arrow-Dasgupta Economy

須賀晃一

3rd International Symposium on Intergenerational Equity Hitotsubashi University2004年02月-

書籍等出版物

経済体制と政策決定システム

須賀晃一

『転換期の経済政策』中央経済社1984年-

地球環境保全とメタプランニング理論

齋藤参郎・須賀晃一

大来佐武郎監修【講座[地球環境]3】『地球環境と経済』中央法規1990年-

『経済分析入門I』

須賀晃一

東洋経済新報社1991年 07月-

『経済分析入門II』

須賀晃一

東洋経済新報社1991年 09月-

ファジィ選好順序の不可能性

須賀晃一

西日本理論経済学会編『現代経済学研究』1992年-

ゼックハウザー=ストーキー『政策分析入門』

須賀晃一

勁草書房1999年 06月-

アマルティア・セン『不平等の経済学』

鈴村興太郎・須賀晃一訳

東洋経済新報社2000年 07月-

『ミクロ経済学 基礎と演習』

今泉博国・須賀晃一・渡辺淳一

東洋経済新報社2001年 06月-

『デモクラシーと再分配の政治経済学』

藪下史郎・須賀晃一・若田部昌澄編

東洋経済新報社2006年 03月-

『公共経済学』

緒方隆・須賀晃一・三浦功編

勁草書房2006年 04月-

アロー・セン・鈴村編『社会的選択と厚生ハンドブック』

鈴村興太郎・須賀晃一他監訳

丸善2006年 06月-

重複世代経済における衡平性と効率性

篠塚友一・須賀晃一・鈴村興太郎・蓼沼宏一

鈴村興太郎編『世代間衡平性の論理と倫理』東洋経済新報社2006年 07月-

ロールズの正義論の射程距離---アロー=ダスグプタ経済におけるマキシミン経路の特徴づけ---

須賀晃一・宇田川大輔

鈴村興太郎編『世代間衡平性の論理と倫理』東洋経済新報社2006年 07月-

Kenneth Arrow and the Problem of Social Choice

Kotaro SUZUMURA, Koichi SUGA

G.R.Feiwel ed.Arrow and the Foundations of the Theory of Economic Policy, London : Macmillan1987年-

Market Structures and Efficient Sharing Rule under Asymmetric Information (共著)

Masahiri ABIRU, Yuichi SAGAMI, Koichi SUGA

M.Hosoe and S.H.Lee ed., Economic Analysis on Information, Market and Organization1992年-

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

公共性の政治経済学:経済学・政治学・法学の協同による新たな理論構築

2009年-2011年

研究分野:理論経済学

配分額:¥4420000

研究種別:基盤研究(C)

社会的正義の政治経済学をめざして:経済学・政治学・法学による総合的研究

2006年-2008年

研究分野:理論経済学

配分額:¥4130000

研究種別:基盤研究(C)

政治経済学の再構築をめざして:経済学・政治学・法学による理念と制度の総合的研究

2003年-2005年

研究分野:理論経済学

配分額:¥3500000

研究種別:特定領域研究(B)

地球温暖化問題を巡る世代間衡平性と負担原則

2000年-2004年

配分額:¥69600000

研究種別:基盤研究(C)

コースの推測の動学的一般均衡分析

1999年-2001年

研究分野:経済理論

配分額:¥3100000

研究種別:基盤研究(C)

私的所有権の生成と発展の動学モデル分析

1996年-1997年

研究分野:経済理論

配分額:¥1800000

研究種別:基盤研究(C)

行動選択の総合的規範理論の構築をめざして

2015年-2017年

研究分野:理論経済学

配分額:¥4680000

研究種別:挑戦的萌芽研究

震災復興政策における分配的正義

2013年-2014年

研究分野:基礎法学

配分額:¥2860000

研究種別:基盤研究(C)

公共性の総合的規範理論の構築をめざして:経済学、政治学、法学の協同

2012年-2014年

研究分野:理論経済学

配分額:¥5070000

研究資金の受入れ状況

提供機関:文部科学省

政治経済制度・価値理念の比較研究プロジェクト2004年-2008年

学内研究制度

特定課題研究

非厚生主義的帰結主義および非帰結主義に基づく道徳原理の公理化について

2000年度

研究成果概要: このプロジェクトでは、道徳原理(道徳判断ルールとして定式化した)のもつべき特徴を公理として設定し、社会的選択理論において開発された方法を援用しながら、いくつかの公理を同時に満たす道徳判断ルールを特定化するという作業を行った。中核... このプロジェクトでは、道徳原理(道徳判断ルールとして定式化した)のもつべき特徴を公理として設定し、社会的選択理論において開発された方法を援用しながら、いくつかの公理を同時に満たす道徳判断ルールを特定化するという作業を行った。中核となる公理には衡平性に関する2つの種類の公理がある。1つは人間を衡平に扱う匿名性の公理であり、もう1つは行為を公平に扱う中立性の公理である。民主的社会の道徳原理を考える限り匿名性が満たされなければならないことは明らかであろう。問題となるのは中立性であり、これをいかなる情報的基礎に基づいて定式化するかで、道徳原理の種類---厚生主義的帰結主義、非厚生主義的帰結主義、非帰結主義のそれぞれに基づく道徳原理---を表現することができると考えている。このプロジェクトを通じて得られた成果は、次の2つのディスカッション・ペーパーにまとめられた。1. An Axiomatic Approach to Principles of Morals.2. Self-consistent Neutrality and Pareto Efficiency in Principles of Morals.第1論文の主要命題によれば、匿名性と二項独立性を満たす道徳判断ルールは強パレート原理を満たし、そのクラスの中で最大のルールは他者の反対がないときのみその行為を容認するというルールである。また、匿名性と二項中立性、強パレート原理を満たす道徳判断ルールの中で最大のルールは、他者の反対がないときのみその行為を容認するというルールである。第2論文の主要命題によれば、匿名性と自己整合的中立性、無関連な行為からの独立性を満たす道徳判断ルールの中で最大のものは、当該個人が無条件的選好をもつときのみその個人の行為を容認するというルールである。また、この自己整合的道徳判断ルールが他者の反対がない行為のみを容認するならば、実現される状態の集合にはパレート最適な社会状態が含まれる。

正義の規範理論と実証理論の構築ならびにその統合化に向けての理論的研究

2001年度

研究成果概要: 前年度のプロジェクトの拡張を目指した今回のプロジェクトでは,厚生主義的倫理や道徳原理だけでなく,非厚生主義・非帰結主義の立場に立つ倫理や道徳原理をも包摂しうるフレームワークを考え,それらの倫理・道徳原理を,いくつかの公理を同時に... 前年度のプロジェクトの拡張を目指した今回のプロジェクトでは,厚生主義的倫理や道徳原理だけでなく,非厚生主義・非帰結主義の立場に立つ倫理や道徳原理をも包摂しうるフレームワークを考え,それらの倫理・道徳原理を,いくつかの公理を同時に満たす道徳判断ルールを特定化するという作業によって特徴づけた.前年度のプロジェクトと同じように,中核となる公理には衡平性に関する2つの種類の公理である.1つは人間を衡平に扱う匿名性の公理であり,もう1つは行為を公平に扱う中立性の公理である.どのような道徳原理を考えるにしろ,民主的道徳原理である限り匿名性を満たされなければならないと考えることには一定の承認が得られるであろう.一方,中立性に関しては,情報的基礎をどう採るかに依存して,厚生主義的帰結主義,非厚生主義的帰結主義,非帰結主義のそれぞれに基づく道徳原理を構成できる.前年度のプロジェクトでコンジェクチャーが与えられていたが,定式化は不完全であったこれらの点を,今回のプロジェクトで明らかにすることができた.今回の研究では,次のような作業行った.1. 極端な帰結主義者の道徳原理を特徴づける.2. 極端な非帰結主義者の道徳原理を特徴づける.3.地球環境問題解決のための倫理を模索する. 帰結主義,非帰結主義の公理化は,厚生経済学や社会的選択理論の情報的基礎を厚生主義から解き放つための理論的拡張の中で試みられてきた.第1,第2の作業は,社会を構成する人々が従うべき倫理・道徳原理としてそれらを定式化しなおし,その社会的結果を検討する試みである.帰結主義に関しては,前年度の研究で得られていた結果が拡張されたフレームワークの下でも成立することが確認できた.一方,非帰結主義に関しては,匿名性と機会整合的中立性,無関連機会からの独立性によって特徴づけられることが示される.また,ここで開発したフレームワークを地球環境問題に適用して,環境倫理の役割について考察した. もともと3年の予定で始めた研究であり,今年度は正義の規範理論の部分のみで,実証理論と統合化に向けての研究は途についたばかりである.後日報告の機会を持ちたい.

政治経済学の再構築をめざして:経済学・政治学・法学による理念と制度の総合的研究

2004年度共同研究者:須賀 晃一, 藪下 史郎, 飯島 昇蔵, 船木 由喜彦, 梅森 直之, 川岸 玲和, 若田部昌澄, 谷澤 正嗣

研究成果概要:政治経済学の再構築を図るために、理念と制度の二つの側面に政治学・経済学・法学からアプローチし、理念と制度の相互連関を明らかにすること、その作業を通じて新たな政治経済学のモデルを構成し、新たなる発展を目指すことが本研究の目標である。...政治経済学の再構築を図るために、理念と制度の二つの側面に政治学・経済学・法学からアプローチし、理念と制度の相互連関を明らかにすること、その作業を通じて新たな政治経済学のモデルを構成し、新たなる発展を目指すことが本研究の目標である。2003年度は、公共性、正義、効用、権利、自由、平等といった基本的理念に対する経済学の側面からの厳密な検討に加え、それを政治哲学、憲法の観点からも検討し、両者の関連と相違について理論的な整理を行うことを目的に、定例の研究会、ならびに内外の研究者を招いての研究会を行った。また、個々人のこれまでの研究テーマも、本研究との関連を明確に意識して軌道修正し、論文の執筆にも政治経済学の再構築という視点を反映させた。2004年度は、分配的正義と平等、効用対権利・自由、世代間衡平性といった最近さまざまな分野で重要な役割を果たす理念を、経済学、政治哲学、法学それぞれの観点から検討し、それらの異同と関連性について理論的な整理を行った。2003年度末には21世紀COE-GLOPEとの共催で、「脱国境化時代における社会形成理念:公共性の可能性――公平・福祉・効率性をめぐる法学・政治学・経済学の対話――」をテーマにコンファレンスを実施した。学外の法哲学・政治哲学・経済哲学の専門家にそれぞれ報告してもらい、公平(衡平性)・福祉・効率性の把握と公共性との関連を議論した。さらに、2004年度末には21世紀COE-GLOPE、経済学研究科オープンリサーチセンター整備事業との共催で、International Symposium, “How Much Redistribution Should and Can We Have? A Problem in Philosophy, Economics, and Politics” を開催した。基調講演者はJohn E. Roemer氏 (Yale University)、討論者はGeir Asheim氏 (University of Oslo)、吉原直毅氏(一橋大学)、谷澤正嗣氏(早稲田大学)である。さまざまな研究会やシンポジウム、ワークショップを通じて、われわれのプロジェクトの成果が最近の政治経済学に確かな根拠を持つことが明らかになった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
公共経済政策入門 01政治経済学部2018秋学期
政治経済分析 01政治経済学部2018春学期
プレ国際政治経済学演習 (須賀晃一)政治経済学部2018冬クォーター
国際政治経済学演習 I (須賀晃一)政治経済学部2018春学期
国際政治経済学演習 II (須賀晃一)政治経済学部2018秋学期
国際政治経済学演習 III (須賀晃一)政治経済学部2018春学期
国際政治経済学演習 IV (須賀晃一)政治経済学部2018秋学期
国際政治経済学演習論文 (須賀晃一)政治経済学部2018春学期
国際政治経済学演習論文 (須賀晃一)政治経済学部2018秋学期
公共経済学研究指導(演習)A(GPE・須賀晃一)大学院政治学研究科2018春学期
公共経済学研究指導(演習)B(GPE・須賀晃一)大学院政治学研究科2018秋学期
公共経済学専門研究セミナーA(PM・須賀晃一)大学院政治学研究科2018春学期
公共経済学専門研究セミナーB(PM・須賀晃一)大学院政治学研究科2018秋学期
公共経済学研究指導A(須賀晃一)大学院経済学研究科2018春学期
公共経済学研究指導B(須賀晃一)大学院経済学研究科2018秋学期
公共経済学研究指導(演習)A(須賀晃一)大学院経済学研究科2018春学期
公共経済学研究指導(演習)B(須賀晃一)大学院経済学研究科2018秋学期

教育内容・方法の工夫

公共経済政策入門講義資料

2005年04月-

詳細

概要:パワーポイントによる講義スライドの作成とホームページへのアップロード

経済数学講義資料

2004年04月-

詳細

概要:講義ノート『経済数学』の作成パワーポイントによる講義スライドの作成とホームページへのアップロード

公共経済学講義資料

2000年04月-

詳細

概要:講義ノート『公共経済学』の作成パワーポイントによる講義スライドの作成とホームページへのアップロード

作成した教科書・教材・参考書

ミクロ経済学,公共経済政策入門

詳細

概要:今泉博国・須賀晃一・渡辺淳一『ミクロ経済学 基礎と演習』東洋経済新報社,2001年

経済数学

2004年04月

詳細

概要:講義ノート『経済数学』の作成

公共経済学

2000年04月

詳細

概要:講義ノート『公共経済学』の作成

経済学研究

2002年04月

詳細

概要:講義ノート『厚生経済学の新展開』