氏名

タケウチ ノリヒコ

竹内 規彦

職名

教授

所属

(大学院経営管理研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
ntake@waseda.jp

住所・電話番号・fax番号

住所
〒169-8050新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス11号館
電話番号
03-5286-1482
fax番号
03-5286-3922

URL等

WebページURL

https://researchmap.jp/n_take(メインの個人HPとして最新の情報を掲載しています。また、主な論文も左記のページからダウンロードできます。)

研究者番号
40387569

本属以外の学内所属

学内研究所等

トランスナショナルHRM研究所

研究所員 2013年-2013年

トランスナショナルHRM研究所

研究所員 2013年-2016年

トランスナショナルHRM研究所

研究所員 2016年-

学歴・学位

学位

博士(学術) 課程 名古屋大学

経歴

日本学術振興会特別研究員(DC/SPD)
2005年04月-2007年03月東京理科大学経営学部専任講師
2007年04月-2010年03月東京理科大学経営学部准教授
2010年04月-2012年08月青山学院大学経営学部/大学院経営学研究科准教授
2012年09月-2016年03月早稲田大学大学院商学研究科(ビジネススクール)准教授
2016年04月-2017年03月早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授
2017年04月-早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授

所属学協会

Association of Japanese Business Studies 会長

Association of Japanese Business Studies 国際大会 大会委員長

Association of Japanese Business Studies 副会長

Association of Japanese Business Studies 理事

Academy of Management

American Psychological Association

Academy of International Business

European Group for Organizational Studies

British Academy of Managemement

Asia Academy of Management

経営行動科学学会 理事 (国際学術交流担当)

組織学会 企画定例会委員

組織学会 評議員

経営行動科学学会 理事 (事務局担当)

日本経営学会

日本労務学会

産業・組織心理学会 理事

応用心理学会

キャリア教育学会

国際ビジネス研究学会

受賞

Best Paper Award, Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2017年07月授与機関:Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

日本応用心理学会 優秀大会発表賞 受賞

2016年12月授与機関:日本応用心理学会

経営行動科学学会 大会優秀論文賞 受賞

2016年11月授与機関:経営行動科学学会

早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信)

2016年02月授与機関:早稲田大学

Best Paper Award, Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC)

2014年12月

Best Paper Award, Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC)

2014年03月

Best Paper Award, Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2012年06月

Best Paper Award, Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC)

2012年03月

Best Paper Award, International HR Conference

2012年01月

経営行動科学学会 優秀大会論文賞

2011年11月

Best Paper Award (Finalist), Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2010年06月

経営行動科学学会 優秀大会論文賞

2009年11月

Best Paper Award (Finalist), Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2009年06月

Best Paper Award, European Applied Business Research (EABR) Conference

2009年06月

経営行動科学学会 優秀研究賞

2008年11月

経営行動科学学会 優秀大会論文賞

2008年11月

東京理科大学 優秀研究者奨励賞

2008年11月

Best Paper Award (The First Prize), Academy of Human Resource Development (AHRD)

2007年11月

Best Paper Award (Finalist), Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2007年06月

Best Paper Award, Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2006年06月

経営行動科学学会 研究奨励賞

2004年11月

国際ビジネス研究学会 学会賞(論文の部)

2004年11月

Best Paper Award, International Management Development Association (IMDA)

2004年07月

Best Paper Award, International Management Development Association (IMDA)

2003年06月

Young Scholar Award, Association of Japanese Business Studies (AJBS)

2002年06月

産業・組織心理学会 若手研究活動支援賞(海外研究部門)

2001年10月

日本労務学会 学会賞(研究奨励)受賞

2001年06月

研究分野

キーワード

組織行動学/人材マネジメント論/キャリア開発学

科研費分類

社会科学 / 経営学 / 経営学

論文

A lifespan perspective for understanding career-self management and satisfaction: The role of developmental human resource practices and organizational support

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

Human Relations (Forthcoming in 2017)査読有り2017年-2017年

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

戦略的人的資源管理研究における従業員モチベーション:文献レビュー及び将来展望

竹内規彦

日本労働研究雑誌招待有り684p.4 - 152017年07月-2017年07月 

link

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

概要:* 巻頭論文

日本の公認会計士における組織及び職業的アイデンティフィケーション:基本属性及び職務態度との関係に関する探索的研究

鄭龍権・竹内規彦

早稲田国際経営研究48p.57 - 702017年03月-2017年03月 

詳細

掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)

Understanding Psychological Processes of Applicants' Job Search

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, & Tomokazu Takeuchi

Evidence-based HRM: A Global Forum for Empirical Scholarship査読有り4(3)p.190 - 2132016年11月-2016年11月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)ISSN:2049-3983

概要:Purpose The purpose of this paper is twofold. First, it empirically examines two theory-based models of applicants’ job search developed from planned happenstance theory (PHT) and theory of planned behavior (TPB). Second, it tests the cross-cultural compatibility of these models in Japan and Korea. Design/methodology/approach The authors tested two theory-based job search models, PHT model and TPB model based on samples of college students from Japan (n=175) and Korea (n=172). Findings The results indicated that the TPB model was a significantly better fitting to the data than the PHT model. Moreover, a multi-group test of the TPB model demonstrated that the TPB model was invariant between the Japanese and the Korean samples. Originality/value Although there had been an important question among job search literatures regarding how important the planned behavior in the job search processes would be, the study gave an empirical support to the TPB job search model in contrast to the PHT model. Another contribution is that the study tested the Western-driven theories using Asian samples from Japan and Korea, constituting an important benchmark for further studies that attempt to test the generalizability of the TPB model, particularly in countries/areas that employ different employment systems.

Gender differences in career planning and success

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

Journal of Managerial Psychology査読有り31(2)p.603 - 6232016年03月-2016年03月 

DOI

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Socialization and Careers for Graduate Newcomers: A Longitudinal Analysis

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Yuhee Jung

Proceedings of the 29th Annual British Academy of Management (BAM) Conference2015年09月-2015年09月 

人材マネジメント施策が従業員のスキル及び行動柔軟性に与える影響:職務要求─資源モデルの視点から

竹内規彦

早稲田国際経営研究第46号p.15 - 272015年03月-

インターナル・マーケティングで注目される「ES(従業員満足)」向上のマネジメント

竹内規彦

BtoBコミュニケーションズ第46巻(第10号)p.8 - 142014年10月-

川越胃腸病院がスタッフのリテンションに成功したのはなぜか

竹内 規彦

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー2014年09月-

「多様な個人」生かす組織を

竹内 規彦

「経済教室」, 日本経済新聞2014年08月-

星野リゾートの事例で考える「モチベーション」と「やる気」の大きな違い

竹内 規彦

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー2014年08月-

部下のタイプを見誤れば目標設定はマイナスに作用する

竹内 規彦

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー2014年08月-

Gender, career planning, LMX and career success: Evidence from Japan and Korea

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of International Network of Business and Management Journals 20142014年07月-

Leader-Member Exchange, Career Planning Clarity and Subjective Career Success: From a Gender Perspective

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 14th Annual Conference of the European Academy of Management (EURAM)2014年06月-

Understanding the mechanisms in the relationship between HRM practices and employee work attitudes

Norihiko Takeuchi

Proceedings of Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 20142014年03月-

Relationships among Leader-Member Exchange, Person-Organization Fit and Work Attitudes in Japanese and Korean Organizations: Testing a Cross-Cultural Moderating Effect

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

International Journal of Human Resource Management25(1)p.23 - 462014年01月-

DOI

The Mediating Role of Person-Environment Fit in the Relation between Perceived Investment in Employee Development and Work Attitudes

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 27th Annual British Academy of Management (BAM) Conference2013年09月-

Leader-member exchange, organization-based self-esteem, and task performance: A mediated moderation of subordinate age

Proceedings of the 13th Annual Conference of the European Academy of Management (EURAM)2013年06月-

Committed to the Organization or Job? Effects of Perceived HRM Practices on Employees' Behavioral Outcomes in Japanese Healthcare Industry

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

International Journal of Human Resource Management24(11)p.2089 - 21062013年04月-

DOI

Flexibility-oriented Human Resource Development: A Cross-level Analysis of Japanese

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 8th Asia Academy of Management (AAoM) Conference2012年12月-

Careerism and Subjective Career Success: A Career Stages Perspective

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 8th Asia Academy of Management (AAoM) Conference2012年12月-

Environmental Adaptation from the Workplace: How Do Employee Development Practices Increase Person-Environment Fit and Work Performance?

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the Sixth Annual Edition of the International Conference "Research, Production and Management"p.1 - 102012年10月-

Perceived investment in employee development and work outcomes: A person-environment fit perspective

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Academy of Managememt Proceedings2012(1)p.1 - 62012年08月-

DOI

Structural Empirical Evaluation of Job Search Behaviour: Evidence from Japan and Korea

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, and Tomokazu

Proceedings of the 25th Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)2012年06月-

Human Resource Flexibility and Individual-level Outcomes: An Empirical Analysis

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 20122012年03月-

The Role of Social Exchange Relationships during Organizational Socialization anong Newcomers : Evidence from Japanese Firms

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 4th International Human Resource Conference (IHRC)2012年01月-

人材マネジメント施策と経営戦略の適合関係

青山経営論集第46巻(第2号)p.99 - 1152011年09月-

日本企業における産業特性と高業績人材マネジメントシステム:米国研究の発展的リプリケーション

竹内規彦

組織科学第44巻(第4号)p.39 - 512011年07月-

Relationships among Protean Career, Organizational Supports, and Subjective Career Success in Early and Mid-Career Stages

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 27th European Group for Organizational Studies (EGOS) Colloquium2011年07月-

人材開発施策が従業員の職務態度に与える影響過程:個人—環境適合の媒介効果とキャリア計画の調整効果

鄭有希・竹内規彦・竹内倫和

日本経営学会誌第27号p.41 - 542011年06月-

バウンダリーレス・キャリアと主観的キャリア成功の関係

鄭有希・竹内規彦

組織学会2011年度研究発表大会報告要旨集p.82 - 852011年06月-

Human Resource Systems for Enhancing Employee Work Attitudes and Behaviors

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the Global Management (GM) Conferencep.1 - 102011年05月-

在中国日系、米系、及び中国企業における従業員の人的資源管理施策に対する知覚と職務関連行動の比較研究

竹内規彦

青山経営論集第45巻(第4号)p.65 - 852011年03月-

新規参入者の組織社会化過程における上司・同僚との社会的交換関係の役割:縦断的調査データによる分析

竹内倫和・竹内規彦

組織科学第44巻(第3号)p.132 - 1452011年03月-

Contest- and Sponsored-Mobility Model and Subjective Career Success : Testing a Cross-Cultural Moderating Effect between Japan and Korean Employees

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 2010 Asia Academy of Management (AAoM) Conference2010年12月-

人的資源管理システム、組織風土、及び上司‐部下間交換関係:従業員の職務態度及び職務成果へのマルチレベル効果の検討

竹内規彦・竹内倫和

日本経営学会誌第26号p.77 - 912010年10月-

Performance Implications for the Relationships among Top Management Leadership, Organizational Culture, and Appraisal Practice: Testing Two Theory-based Models of Organizational Learning Theory in Japan

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

International Journal of Human Resource Management21(11)p.1931 - 19502010年09月-

DOI

柔軟性志向の人材開発施策が従業員パフォーマンスに与えるクロスレベルの影響:適合理論の視点から

竹内規彦・竹内倫和

国民経済雑誌202(1)p.95 - 1122010年07月-

Social Exchange Relationship and Newcomer Adjustment in Japanese Organization: A Longitudinal Analysis

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Helena Cooper-Thomas

The 23rd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)2010年06月-

Relationships among perceived social supports, career self-management, and subjective career success in Japanese and Korean organizations: Testing a cross-cultural moderating effect

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 27th European Group for Organizational Studies (EGOS) Colloquium2010年06月-

Support from Organization or Supervisor? Perceptual Differences in Subjective Career Success between Japanese and Korean Employees

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

The 23rd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)2010年06月-

Support from Organization or Supervisor? Perceptual Differences in Subjective Career Success between Japanese and Korean Employees

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

The 23rd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)2010年06月-

組織文脈におけるリーダー・メンバー交換関係の有効性

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

2010年度組織学会50周年記念研究発表大会報告要旨集p.90 - 932010年06月-

新規参入者の就職活動プロセスに関する実証的研究

竹内倫和・竹内規彦

日本労働研究雑誌(596)p.85 - 982010年02月-

リーダーシップ研究におけるメソ・アプローチ:レビュー及び統合

竹内規彦・竹内倫和

組織科学招待有り43(2)p.38 - 502009年12月-

Coping with an Emerging Market Competition through Strategy-Human Resource Alignment: Case Study Evidence from Five Leading Japanese Manufacturers in the People’s Republic of China

Norihiko Takeuchi, Ziguang Chen, and Wing Lam

International Journal of Human Resource Management20(12)p.2454 - 24702009年12月-

DOI

Perceived Human Resource Management and Intention to Leave of Employees: The Mediating Role of Organizational Citizenship Behavior

Wing Lam, Ziguang Chen, and Norihiko Takeuchi

International Journal of Human Resource Management20(11)p.2250 - 22702009年11月-

DOI

Workplace Interpersonal Factors Affecting Newcomers’ Socialization

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Tokio Takeuchi

Proceedings of 2009 International Conference on Applied Business Research (ICABR)p.1 - 112009年09月-

Multiple Commitments and Employee Performance: The Role of Perceived Compatibility

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of 2009 International Conference on Applied Business Research (ICABR)p.1 - 112009年09月-

戦略的人材開発施策と従業員パフォーマンス:適合理論からの接近

竹内規彦・竹内倫和

日本経営学会第83回全国大会報告要旨集p.337 - 3402009年09月-

High-Performance Work Systems and Organizational Climate: Testing Cross-level Mediating and Moderating Effects

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 22nd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)p.1 - 192009年06月-

Human Resource Management, Organizational Climate, and Supervisor-Subordinate Relationships in Japanese Organizations

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Tokio Takeuchi

Proceedings of the 2009 European Applied Business Research (EABR) Conferencep.1 - 152009年06月-

Career Planning, Leader-Member Exchange Relationship, and Gender: How Do They Interact to Enhance Subjective Career Success?

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 25th European Group of Organizational Studies Colloquiump.1 - 162009年06月-

Understanding Self-Esteem and Supervisor-Subordinate Relationships among Japanese and Korean Employees

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 22nd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)p.1 - 222009年06月-

新規参入者の組織社会化メカニズムに関する実証的検討−入社前・入社後の組織適応要因−

竹内倫和・竹内規彦

日本経営学会誌23p.37 - 492009年05月-

A Longitudinal Investigation on the Factors Affecting Newcomers' Adjustments: Evidence from Japanese Organizations

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

International Journal of Human Resource Management20(4)p.928 - 9522009年04月-

DOI

How Japanese Manufacturing Firms Align their Human Resource Policies with Business Strategies: Testing a Contingency Performance Prediction in a Japanese Context

Norihiko Takeuchi

International Journal of Human Resource Management20(1)p.34 - 562009年01月-

DOI

海外の経営系主要ジャーナルにみる日本の人的資源管理研究の軌跡と今後の課題

竹内規彦

経営行動科学21(3)p.187 - 2002008年12月-

The Quality of Leader-Member Exchange as a Mediator between High-Performance Work Systems and Employees’ Work Attitudes

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 7th Asian Conference of the Academy of Human Resource Development (AHRDp.1 - 82008年11月-

Person-Organization Fit, Leader-Member Exchange, and Work Attitudes in Japanese and Korean Organizations: Testing a Cross-Cultural Moderating Effect

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the International Federation of Scholarly Associations of Management (IFSAM) 9th World Congressp.1 - 322008年07月-

Relationships between Human Resource Practices and Organizational Commitment: The Mediating Role of Person-Organization Fit

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Tokio Takeuchi

2008 European Applied Business Research (EABR) and College Teaching and Learning (TLC) Conferences Proceedingsp.1 - 152008年06月-

Supervisor-Subordinate Relationships and Person-Organization Fit in Japan and Korea: Does Trait Activation Theory Play a Role in East Asia?

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 21st Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)p.1121 - 11522008年06月-

新規参入者の組織社会化過程におけるプロアクティブ行動の役割

竹内倫和・竹内規彦

2008年度組織学会研究発表大会報告要旨集p.215 - 2182008年06月-

Human Resource Flexibility in Japanese Organizations: How Does it Enhance Individual Job Performance?

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proc. of the 2007 Euro-Asia Management Studies Association (EAMSA) Conferencep.1 - 182007年11月-

A Multilevel Investigation on the Relationship between Strategic HRD Practices and Employees’ In-Role and Extra-Role Performance: Does Congruence Theory Matter?

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Shuji Matsumoto

Proceedings of the 6th Asian Conference of the Academy of Human Resource Development (AHRD)p.1 - 82007年11月-

Top Management Leadership and Organizational Culture among Small- and Medium-sized Enterprises in Japan: Implications for Organizational Learning Theory

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 6th Asian Conference of the Academy of Human Resource Development (AHRD)p.1 - 82007年11月-

Planed Behaviors or Planned Happenstance?: Understanding Job Search Behaviors between Japan and Korea

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 6th Asian Conference of the Academy of Human Resource Development (AHRD)p.1 - 72007年11月-

A Comparative Study of Job Search Behavioral Model between Japan and Korea

Norihiko Takeuchi and  Yuhee Jung

Proc. of the 10th International Conference of the Society for Global Business & Economic Development (SGBED)p.420 - 4292007年08月-

『従業員ストレスアセスメント(ESA)』で企業の人的競争力向上を—ESAを活用した『戦略的ストレスマネジメント』の提唱

竹内規彦

オムニマネジメント16(8)p.10 - 152007年08月-

Top Management Leadership, Organizational Culture, and Human Resource Practices: How Do They Affect Organizational Performance?

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

Proc. of the 23rd European Group of Organizational Studies (EGOS) Colloquiump.1 - 292007年07月-

人的資源管理研究へのマルチレベル分析の適用可能性:HRM施策と組織風土が職務態度・行動に与える影響の検討事例

竹内規彦・竹内倫和・外島裕

経営行動科学20(1)p.127 - 1412007年06月-

Predicting Future Performance through Strategic Human Resource Practices in Japanese Firms: Do Past and Current Competitive Positions Matter?

Norihiko Takeuchi, Tomoki Sekiguchi, Tomokazu Takeuchi, and Shuhei Toba

Proceedings of the 5th Asia Academy of Management (AAOM) Conferencep.1 - 292006年12月-

Can the Dissatisfied Newly Hired Employees Be Socialized through Training?

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 5th Asian Conference of the Academy of Human Resource DevelopmentIp.511 - 5192006年12月-

Strategic Human Resource Management Research in the Japanese Context: Unique Opportunities for Theory Advancement

Tomoki Sekiguchi, Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Shuhei Toba

Proceedings of the 5th Asia Academy of Management (AAOM) Conferencep.1 - 322006年12月-

Assessing the Effectiveness of Employee Training Satisfaction in Malaysia

Yin Teng Chew and Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 5th Asian Conference of the Academy of Human Resource DevelopmentIp.363 - 3712006年12月-

Training Satisfaction and its Effect on Employee Behaviors: A Comparative Analysis of Japanese, Western, and Malaysian Firms in Malaysia

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 19th Annual Conference of the Association of Japanese Business Studiesp.42 - 612006年06月-

Does the Hybridization Policy of HRM Practices Matter among Japanese Firms in China?

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 19th Annual Conference of the Association of Japanese Business Studiesp.500 - 5322006年06月-

Organizational-level Human Resource Practices, Person-Environment Fit, and Multiple Work Commitment: Testing a Mediating Model Using SEM and HLM Analytic Techniques

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Yutaka Toshima

Proceedings of the International Federation of Scholarly Associations of Management (IFSAM) VIIIth World Congressp.500 - 5322006年06月-

The Choice of Strategic International HRM Orientation by Japanese Firms: Examining the Effects of Affiliates' Local Business Strategies

Norihiko Takeuchi

Research and Practice in Human Resource Management13(2)p.65 - 862005年12月-

Newcomers’ Organizational Adjustment Processes: The Role of Socialization Education in Japanese Organizations

Norihiko Takeuchi and Tomokazu Takeuchi

Proceedings of the 4th Asian Conference of the Academy of Human Resource DevelopmentIIp.65_1 - 65_112005年12月-

Strategic International Human Resource Management among Japanese Firms in China: What Determines the Choice of HRM Practices in a Local Setting?

Norihiko Takeuchi

Advances in Global Management DevelopmentXIVp.542 - 5512005年07月-

The Relationship between Job Search Efforts, Socialization Tactics, and Newcomers’ Organizational Adjustments: A Longitudinal Analysis

Tomokazu Takeuchi and Norihiko Takeuchi

Advances in Global Management DevelopmentXIVp.542 - 5512005年07月-

Understanding the Training Effects on Organizational Citizenship Behavior and Employee Retention: A Comparative Study of Western, Japanese, and Malaysian Companies in Malaysia

Yin Teng Chew and Norihiko Takeuchi

Advances in Global Management DevelopmentXIVp.751 - 7652005年07月-

組織の人的資源管理施策に対する従業員認知が職務行動に与える影響—組織及び職務への態度を媒介にした因果モデルの検討—

竹内倫和・竹内規彦

2005年度組織学会研究発表大会報告要旨集p.119 - 2182005年06月-

Managerial Skill Utilization: Work Environment, Gender, and Training Incentive

Ziguang Chen, Norihiko Takeuchi, and Mitsuru Wakabayashi

International Journal of Human Resource Management16(5)p.786 - 8082005年05月-

DOI

Business Strategy and Human Resource Management links in the Emerging Markets: Case Study Evidence from the Five Leading Japanese Manufacturing Units in the People's Republic of China

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the 9th International Conference on Global Business & Economic DevelopmentIIIp.1416 - 14282005年05月-

Psychological Processes of Employees’ Perceptions of HRM Practices and their Behavioral Outcomes: Assessing a Commitment in Japanese Organizations

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Yutaka Toshima

Asia Academy of Management (AAOM) Best Papers Proceedingsp.1 - 272004年12月-

医療・介護関連施設に勤務する職員のキャリア意識に関する調査研究—HRM施策認知とワークコミットメント概念の検討を中心に—

竹内規彦・竹内倫和・外島裕

愛知学院大学論叢 経営学研究14(1)p.51 - 782004年09月-

中国市場での競争戦略と人的資源管理施策とのアラインメント:日系製造企業5社の事例から

竹内規彦・若林満・陳子光

国際ビジネス研究学会年報査読有り10p.157 - 1682004年09月-

A Comparative Study of Organizational Context Factors for Managerial Career Progress: Focusing on Chinese State-Owned, Sino-Foreign Joint Venture, and Japanese Corporations

Ziguang Chen, Mitsuru Wakabayashi, and Norihiko Takeuchi

International Journal of Human Resource Management15(4 & 5)p.750 - 7742004年06月-

DOI

Influence of Perceived HRM Practices on Turnover Intentions and Job Quality Improvement: Testing a Mediating Model in a Japanese Context

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, and Yutaka Toshima

International Management Development Associations (IMDA) Best Papers Proceedingsp.210 - 2192004年06月-

過疎地域における高齢者の雇用施策と地域開発—愛知県東加茂郡足助町の事例—

竹内規彦

経研会紀要6p.1 - 122004年03月-

我が国における中小企業従業員及び経営者の日本型人事管理志向の規定要因:社会学的視点からの検討

竹内規彦・竹内倫和・竹内登規夫

愛知教育大学研究報告53p.117 - 1272004年03月-

The Strategic HRM Configuration for Competitive Advantage: Evidence from Japanese Firms in China and Taiwan

Norihiko Takeuchi, Mitsuru Wakabayashi, and Ziguang Chen

Asia Pacific Journal of Management査読有り20(4)p.447 - 4802003年12月-

DOI

親企業の海外現地法人に対するマネジメント・コントロールの規定要因:海外現地法人の参入方式及び戦略的役割に焦点を当て

竹内規彦

愛知学院大学論叢 経営学研究13(1)p.17 - 352003年09月-

Effects of Strategy-HRM Alignment on Business Performance: A Test for Japanese Manufacturing Firms

Norihiko Takeuchi

The Association of Japanese Business Studies Best Papers Proceedingsp.1 - 282003年06月-

How Japanese Manufacturers Align Their Human Resource Management Policies with Business Strategy: A Contingency View

Norihiko Takeuchi, Mitsuru Wakabayashi, and Ziguang Chen

International Management Development Association (IMDA) Best Papers Proceedingsp.232 - 2392003年06月-

Chinese SOCs: How to Narrow the Gender Gap in Managerial Skill Utilization

Ziguang Chen, Norihiko Takeuchi, and Mitsuru Wakabayashi

The Association of Japanese Business Studies Best Papers Proceedingsp.1 - 262003年06月-

Cross-cultural Comparisons of HRM Styles: Based on Japanese Companies, Japanese Subsidiaries in Bangladesh, and Bangladesh Companies

M. Khasro Miah, Mitsuru Wakabayashi, and Norihiko Takeuchi

Global Business Review査読有り4(2)p.77 - 982003年04月-

人的資源管理施策の連鎖パターンと企業業績:共分散構造分析によるモデルの検討

竹内規彦

日本労務学会誌査読有り5(1)p.73 - 862003年01月-

経営国際化と市場対応の管理スキル:管理スキル発揮のプロセスと規定要因

若林満・陳子光・竹内規彦

経営行動科学査読有り16(2)p.131 - 1502002年12月-

日本型人的資源管理システムの国際移転モデル:組織学習からの接近

竹内規彦・若林満・陳子光

経営行動科学16(2)p.89 - 1032002年12月-

Gender Differences in Managers’ Perceptions of the Environment Conducive to Using Managerial Skills and Promotion Based on Training Performance: A Study of Managerial Skill Utilization in Chinese Stated-owned Corporations

Ziguang Chen, Norihiko Takeuchi, and Mitsuru Wakabayashi

The Asia Academy of Management Best Papers Proceedingsp.1 - 262002年12月-

Linking HRM Strategy with Firm Performance: A Configurational Approach to Analyzing HRM-Performance Relationships among Japanese Firms in China and Taiwan

Norihiko Takeuchi

The Association of Japanese Business Studies Best Papers Proceedingsp.355 - 3852002年06月-

Career Progress Environment for Chinese Managers: Comparisons with Japanese Managers

Ziguang Chen, Mitsuru Wakabayashi, and Norihiko Takeuchi

The Association of Japanese Business Studies Best Papers Proceedingsp.1 - 192002年06月-

Strategic Transfer of HRM Practices for Competitive Advantage: Implications for Sequential Transfer of Japanese HRM to China and Taiwan

Norihiko Takeuchi and Ziguang Chen

The Japanese Journal of Administrative Science査読有り15(2)p.109 - 1302001年12月-

日本企業における人的資源管理システムの国際移転戦略に関する実証的研究:中国及び台湾進出日系企業の事例

竹内規彦

経営行動科学査読有り14(1)p.1 - 132000年10月-

DOI

Human Resource Management and Business Performance in Overseas Japanese Affiliates in China and Taiwan

Norihiko Takeuchi

Proceedings of the International Symposium on the Human Resources and Work Life in the 21st Centuryp.1 - 262000年07月-

Transfer of HRM Practices and Business Performance among Japanese Affiliates in China and Taiwan: HRM as Resources for Global Competitiveness

Norihiko Takeuchi

Asia Academy of Management (AAOM) Best Papers Proceedingsp.1 - 102000年07月-

Human Resource Management and Business Performance in Overseas Japanese Organizations: A Path Analytical Approach

Norihiko Takeuchi and Mitsuru Wakabayashi

The Association of Japanese Business Studies (AJBS) Best Papers Proceedingsp.276 - 2972000年06月-

Job Satisfaction, Organizational Commitment and Motivation as Determinants of Orientations toward Japanese Employment Practices among SME Employees in Japan

Norihiko Takeuchi and Mitsuru Wakabayashi

Forum of International Development Studies査読有り14p.21 - 271999年06月-

Employment Practices in Small- and Medium-sized Firms in Japan: Are they Different from Large Enterprises?

Norihiko Takeuchi and Mitsuru Wakabayashi

The Japanese Journal of Administrative Science査読有り12(1)p.13 - 291998年06月-

中小企業の雇用慣行に関する調査研究—愛知県下の中小企業勤労者・経営者の意識調査結果の分析を中心にして

竹内規彦

関西学院大学社会学部紀要(75)p.164 - 1971996年10月-

講演・口頭発表等

Family Friendly Work Practices in Japanese Firms: Their Impacts on Employee Turnover

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 2007 annual meeting of the Academy of International Business (AIB) (invited for the Special Session of the AJBS Best Papers)(Academy of International Business (AIB))招待有り2017年07月03日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:ドバイ

Family Friendly Work Practices in Japanese Firms: Their Impacts on Employee Turnover

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 30th annual meeting of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)(Association of Japanese Business Studies (AJBS))2017年07月01日

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:ドバイ

OB/HRM領域における実証研究:課題と展望

竹内規彦

国際ビジネス研究学会 第89回関東部会(国際ビジネス研究学会)2017年04月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:早稲田大学早稲田キャンパス

Making the Link between Family-Friendly Work Practices and Turnover Intention

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 8th Women's Leadership and Empowerment Conference2017年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Bangkok

公認会計士の組織及び専門的職業に対するコミットメントが職務態度に与える影響:所属組織の形態による差異に着目して

鄭龍権・竹内規彦

経営行動科学学会第19回年次大会(経営行動科学学会)2016年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:明治大学駿河台キャンパス

中間管理職の上位者に対するフォロワーシップが部下との関係性の質に与える影響

安江勉・竹内規彦

経営行動科学学会第19回年次大会(経営行動科学学会)2016年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:明治大学駿河台キャンパス

Family Friendly Work Practices and Voluntary Turnover: Testing a Psychological Process of Turnover Intentions

Jung, Y., Takeuchi, N., & Takeuchi

The 11th ILERA European Congress(International Labour and Employment Relations Association (ILERA))2016年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Milan

企業のワーク・ライフ・バランス施策が従業員の離職抑制をもたらす心理学的メカニズム

鄭有希・竹内規彦

日本応用心理学会第83回大会(日本応用心理学)2016年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:札幌

Linking Pre-Entry Job Search and Post-Entry Socialization among Newcomers

Takeuchi, T., Takeuchi, N., & Jung, Y.

The 76th annual meeting of Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2016年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Anaheim, CA

Does Organizational Support Promote Young Newcomers’ Adjustment? It Depends on Career Match

Takeuchi, N., Takeuchi, T., & Jung, Y.

The 76th annual meeting of Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2016年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Anaheim, CA

The Neglected Role of Career Maturity in Newcomer Socialization: A Longitudinal Analysis

Takeuchi, T., Takeuchi, N., & Jung, Y.

2016 European Academy of Management (EURAM) Conference(European Academy of Management (EURAM))2016年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Paris

Socialization and Careers for Graduate Newcomers: A Longitudinal Analysis

The 29th Annual British Academy of Management (BAM) Conference2015年09月

詳細

口頭発表(一般)

新規参入者の組織社会化プロセスにおける入社前の職務探索行動の影響メカニズム

竹内倫和・竹内規彦

日本労務学会第45回全国大会(日本労務学会)2015年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:法政大学市ヶ谷キャンパス

新卒採用者の組織サポートはなぜ入社初期の適応を高めるのか:キャリアマッチの観点から

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

産業・組織心理学会第31回大会(日本産業・組織心理学)2015年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:明治大学駿河台キャンパス

Gender Differences and Subjective Career Success: Interactive Effects of Career Planning and Supervisor-Subordinate Relationship

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

Advances in Business-Related Scientific Research Conference 20142014年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Milan

Perceived Organizational Support and Employee Career Attitude during Organizational Socialization

Tomokazu Takeuchi & Norihiko Takeuchi

8th International Conference on Business and Society in a Global Economy(Athens Institute for Education and Research)2014年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Athens

A Lifespan Perspective for Understanding Employee Career Orientations and Success

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 74th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2014年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Philadelphia, PA

Gender, Career Planning, LMX and Career Success: Evidence from Japan and Korea

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

International Network of Business and Management Journals (INBAM) 2014 Conferecne(International Network of Business and Management Journals (INBAM))2014年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Barcelona

新規学卒就職者における社会的統合と職務パフォーマンス

竹内倫和・竹内規彦

組織学会2014年度研究発表大会(組織学会)2014年06月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:北海道大学

Leader-Member Exchange, Career Planning Clarity and Subjective Career Success: From a Gender perspective

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

14th Annual Conference of the European Academy of Management (EURAM)(European Academy of Management (EURAM))2014年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Valencia

Understanding the Mechanisms in the Relationship between HRM Practices and Employee Work Attitudes

Norihiko Takeuchi

Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 20142014年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Venice

Human Resource Management Practices and Employees' Career Attitudes: The Moderating Effect of Organizational Commitment

Norihiko Takeuchi

International Journal of Arts & Sciences (IJAS) Conference2014年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Valletta

How and When Leader-Member Exchange Influences Task Performance: The Role of Organization-Based Self-Esteem and Subordinate Age

Yuhee Jung and Norihiko Takeuchi

2014 Asia-Pacific Social Science Conference (APSSC)2014年01月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Seoul

HRMシステムの「強さ」に関する実証的研究

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

経営行動科学学会第16回年次大会(経営行動科学学会)2013年10月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:名古屋大学

新規学卒者の職務成果に対する組織社会化学習内容及び上司・同僚サポート知覚の影響

竹内倫和・竹内規彦

産業・組織心理学会第29回大会(日本産業・組織心理学会)2013年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都橘大学

高業績HRMシステムと組織サポート知覚:補完的適合感による媒介及び調整効果の検討

鄭有希・竹内規彦

産業・組織心理学会第29回大会(日本産業・組織心理学会)2013年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都橘大学

人材マネジメント施策に対する知覚の一貫性が従業員態度及びび成果に与える影響

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

産業・組織心理学会第29回大会(日本産業・組織心理学)2013年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:京都橘大学

The Mediating Role of Person-Environment Fit in the Relation between Perceived Investment in Employee Development

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 27th Annual British Academy of Management (BAM) Conference(British Academy of Management (BAM))2013年09月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Liverpool

Assessing the Leader-Member Exchange Effectiveness in Japan: A Longitudinal Study of the Role of Organization-Based Self-Esteem and Subordinate Age

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

26th Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)(Association of Japanese Business Studies (AJBS))2013年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Istanbul

Leader-Member Exchange, Organization-Based Self-Esteem, and Task Performance: A Mediated Moderation of Subordinate Age

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

13th Annual Conference of the European Academy of Management (EURAM)(European Academy of Management (EURAM))2013年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Istanbul

Careerism and Subjective Career Success: A Career Stages Perspective

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 8th Asia Academy of Management (AAoM) Conference(Asia Academy of Management (AAoM))2012年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Macau

Flexibility-oriented Human Resource Development: A Cross-level Analysis of Japanese

Norihiko Takeuchi & Tomokazu Takeuchi

The 8th Asia Academy of Management (AAoM) Conference(Asia Academy of Management (AAoM))2012年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Macau

新規参入者の初期キャリア発達プロセスに関する研究

竹内倫和・竹内規彦・鄭有希

経営行動科学学会第15回年次大会(経営行動科学学会)2012年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神戸市

心理的契約と従業員の職務態度—キャリアリズムによる調整効果の検証—

鄭有希・竹内規彦・竹内倫和

経営行動科学学会第15回年次大会2012年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神戸市

従業員のスキル及び行動柔軟性の規定要因:JD-Rモデルからの接近

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

経営行動科学学会第15回年次大会(経営行動科学学会)2012年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神戸市

Environmental Adaptation from the Workplace: How Do Employee Development Practices Increase Person-Environment Fit and Work Performance?

The Sixth Annual Edition of the International Conference “Research, Production and Management”(Second University of Naples)2012年10月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Naples

新規参入者の組織サポート知覚と組織適応—時系列データに基づくキャリア意識の調整・媒介効果の検討—

竹内倫和・竹内規彦

応用心理学会第79回大会(応用心理学会)2012年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:札幌市(北星学園大学)

Perceived Investment in Employee Development and Work Outcomes: A Person-Environment Fit Perspective

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 72nd Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2012年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Boston, Massachusetts

Structural Empirical Evaluation of Job Search Behaviour: Evidence from Japan and Korea

Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi, & Tomokazu Takeuchi

The 2012 annual meeting of the Academy of International Business (AIB)(Academy of International Business (AIB))招待有り2012年07月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:USA

Structural Empirical Evaluation of Job Search Behaviour: Evidence from Japan and Korea

Yuhee Jung, Tomokazu Takeuchi, & Norihiko Takeuchi

The 25th Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)(Association of Japanese Business Studies (AJBS))2012年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Washington, D.C.

Human Resource Flexibility and Individual-level Outcomes: An Empirical Analysis

Advances in Business-Related Scientific Research Conference (ABSRC) 20122012年03月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Milan

Understanding Career Planning and Job Search Behaviors among Undergraduate Students : An Empirical Examination of Two Career Theories in Japan and Korea

Norihiko Takeuchi

The 6th International Technology, Education and Development (INTED) Conference2012年03月

詳細

国際会議ポスター発表開催地:Valencia

The Role of Social Exchange Relationships during Organizational Socialization among Newcomers: Evidence from Japanese Firms

Norihiko Takeuchi & Tomokazu Takeuchi

The 4th International Human Resource Conference (IHRC)2012年01月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Bangkok

組織サポート知覚と人材開発への投資に対する知覚

鄭有希・竹内規彦

経営行動科学学会第14回年次大会(経営行動科学学会)2011年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都(明治大学駿河台キャンパス)

組織社会化戦術と職場での相互作用:社会的、内容的、及び文脈的戦術が職場に与える影響

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

経営行動科学学会第14回年次大会(経営行動科学学会)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京都(明治大学駿河台キャンパス)

戦略的人材マネジメントにおける「柔軟性」-産業、組織、及び個人のインタラクション

竹内規彦・竹内倫和

経営行動科学学会第14回年次大会(経営行動科学学会)2011年11月

詳細

口頭発表(一般)開催地:東京都(明治大学駿河台キャンパス)

Effectiveness of Human Resource Management Systems in Japan Firms: Does Industry Matter?

International Journal of Arts & Sciences (IJAS) Conference2011年10月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Rome

新規参入者の職場におけるサポート知覚と組織社会化:統合的枠組みに基づく検討

竹内倫和・竹内規彦

産業・組織心理学会第27回大会(日本産業・組織心理学会)2011年09月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:中村学園大学(福岡市)

Gender Differences and Subjective Career Success: A Boundaryless Career Perspective

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 71st annual meeting of Academy of Management (AoM)(Academy of Management (AoM))2011年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:San Antonio, Texas

Relationships among Protean Career, Organizational Support, and Subjective Career Success in Early and Mid-Career Stages

The 27th European Group for Organizational Studies (EGOS) Colloquium(European Group for Organizational Studies (EGOS))2011年07月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Gothenburg

Gender Differences and Subjective Career Success: Applying a Boundaryless Career Perspective to East Asian Workers

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 24th Annual Conference of Association of Japanese Business Studies (AJBS)(Association of Japanese Business Studies (AJBS))2011年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Nagoya

バウンダリーレス・キャリアと主観的キャリア成功の関係

鄭有希・竹内規彦

組織学会2011年度研究発表大会(組織学会)2011年06月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神奈川県藤沢市(慶応義塾大学SFCキャンパス)

Linking Socialization Tactics with Newcomer Adjustment: The Role of Social Exchange

The 70th Annual Meeting of the Academy of Management (AoM)(Academy of Management (AoM))2010年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Montreal

Fallacy of Composition in Japanese Business: Linking Micro- and Macro-level Issues

Toshihiro Kanai, Shige Makino, Ryuta Suzuki, Norihiko Takeuchi, Christina L. Ahmadjian, Thomas Rohel

The 70th Annual Meeting of the Academy of Management (AoM)(Asia Academy of Management (AAoM))2010年08月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:Montreal

新規参入者の組織社会化プロセスにおける入社前の職務探索行動の影響メカニズム

竹内倫和・竹内規彦

日本労務学会第40回全国大会(日本労務学会)2010年07月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:神戸市(神戸大学六甲キャンパス)

Relationships among perceived social supports, career self-management, and subjective career success in Japanese and Korean organizations: Testing a cross-cultural moderating effect

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 26th European Group for Organizational Studies (EGOS) Colloquium(European Group for Organizational Studies (EGOS))2010年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Lisbon

Social Exchange Relationship and Newcomer Adjustment in Japanese Organization: A Longitudinal Analysis

Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, & Helena D. Cooper-Thomas

The 52nd annual meeting of the Academy of International Business (AIB) (Invited for presentation at the AJBS Best Papers Session)(Academy of International Business (AIB))招待有り2010年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Rio de Janeiro

Social Exchange Relationship and Newcomer Adjustment in Japanese Organization: A Longitudinal Analysis

The 23rd Annual Conference of the Association of Japanese Business Studies (AJBS)(Association of Japanese Business Studies (AJBS))2010年06月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Rio de Janeiro

Leader-Member Exchange and Work Role Performance: The Moderating Role of Organization-Based Self-Esteem

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 13th Annual Convention of the Japanese Association of Administrative Science (JAAS)(Japanese Association of Administrative Science (JAAS))2010年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:Kobe (University of Hyogo)

Leader-Member Exchange and Organizational-Based Self-Esteem: Joint Effects on Employee Performance

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 70th Annual Meeting of the Academy of Management (AoM)(Academy of Management (AoM))2010年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Montreal

医療機関における教育訓練施策が看護師の顧客志向行動に及ぼす影響―SEM によるワークコミットメントの媒介効果の検討―

竹内久美子・口元志帆子・竹内倫和・竹内規彦

日本医療マネジメント学会第9回東京地方会学術集会2009年02月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:東京都(東医健保会館)

従業員の組織適応過程における組織・職場要因:統合的フレームワークによる実証的検討

竹内倫和・竹内規彦

国際戦略経営研究学会 第4回グローバル戦略研究部会2009年01月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都

海外主要ジャーナルにみる組織行動・人的資源管理研究の不易と流行

竹内規彦

産業・組織心理学会組織行動部門部門別研究会2009年05月

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:東京都

HRMシステムが従業員の職務成果に与える影響過程:戦略的人的資源管理研究におけるブラックボックス議論への含意

竹内規彦・竹内倫和

日本労務学会第39回全国大会(日本労務学会)2009年08月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:仙台市(東北福祉大学)

Inside the Black Box: How Do High-Performance Work Systems Enhance Employees’ Involvement?

Norihiko Takeuchi & Tomokazu Takeuchi

The 69th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2009年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Chicago, IL

Perceived Investment in Employee Development: The Mediating and Moderating Effects on Work Outcomes

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 69th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2009年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Chicago, IL

Leader-Member Exchange and In-Role and Extra-Role Performance: The Mediating and Moderating Effects of Role Clarity

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 12th Annual Convention of the Japanese Associations of Administrative Science (JAAS)2009年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:Tokyo (Tokyo Institute of Technology)

職務探索行動の因果モデル:ブートストラップ法による媒介効果の検討

竹内規彦・竹内倫和

経営行動科学学会第12回年次大会(経営行動科学学会)2009年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都(東京工業大学)

エントリーマネジメント施策と従業員の職務態度:導入教育前・後における比較分析

竹内規彦・竹内倫和・鄭有希

経営行動科学学会第12回年次大会(経営行動科学学会)2009年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:東京都(東京工業大学)

The Role of Past and Current Performance in Strategic HRM: A New Model and Empirical Test in Japan

Norihiko Takeuchi, Tomoki Sekiguchi, & Tomokazu Takeuchi

The 68th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2008年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Anaheim, CA

A Multilevel Analysis of Human Resource Flexibility on Employees' Job Performance

Norihiko Takeuchi & Tomokazu Takeuchi

The 68th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Academy of Management (AOM))2008年08月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Anaheim, CA

Japanese Business Research: Past, Present, and Future

Yasuo Sugiyama, Norihiko Takeuchi, Tomoki Sekiguchi, Tom Roehl, & Shige Makino

The 2008 Asia Academy of Management (AAOM) Conference(Asia Academy of Management (AAOM))2008年12月

詳細

国際会議口頭発表(一般)開催地:Taipei

Japanese Business Research: Past, Present, and Future

Yasuo Sugiyama, Norihiko Takeuchi, Tomoki Sekiguchi, Tom Roehl, & Shige Makino

The 68th Annual Meeting of the Academy of Management (AOM)(Asia Academy of Management (AAoM))2008年08月

詳細

国際会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)開催地:Anaheim, CA

新規学卒就職者における求職行動と組織適応

竹内倫和・竹内規彦

日本応用心理学会第75回大会(日本応用心理学会)2008年09月

詳細

国内会議ポスター発表開催地:横浜市(横浜国立大学)

Investment in Employee Development and Employee Performance: Testing Mediational Effects of an Employee’s Self-evaluated Value and Attitude

Yuhee Jung & Norihiko Takeuchi

The 11th Annual Convention of the Japanese Association of Administrative Science (JAAS)(Japanese Association of Administrative Science (JAAS))2008年11月

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:Nagoya (Chubu University Nagoya Campus)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)特設分野研究

非管理職シニア人材の持続的エンプロイアビリティ向上に向けた理論的・実証的研究

2016年-2018年

研究分野:ネオジェロントロジー

配分額:¥4680000

研究種別:

日本企業における「新たなキャリア」意識の検討と競争力の高いマネジメント施策の創造

2015年-0月-2018年-0月

配分額:¥3380000

研究種別:

動態的な環境変化への組織適応を促す人材マネジメント:東アジア企業の実証的研究

2014年-0月-2018年-0月

配分額:¥15210000

研究種別:

日本企業のグローバル化にともなう人事部門の進化に関する研究

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥18330000

研究種別:

ミクロ・マクロ理論の統合化に向けた人的資源管理戦略の国際比較研究

2010年-0月-2014年-0月

配分額:¥11050000

研究種別:

アジア企業の戦略的人的資源管理プロセスに関する国際比較研究

配分額:¥3770000

研究種別:

在中国日系企業における人的資源管理と組織成果に関する研究:ミクロ組織論からの展開

配分額:¥3400000

研究種別:

超高齢社会における人材活性化戦略:中高年人材の革新的行動に関する統合的研究

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥17030000

研究種別:

非管理職シニア人材の持続的エンプロイアビリティ向上に向けた理論的・実証的研究

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥4680000

研究種別:

エンプロイアビィティからプロアクティビティへ:東アジアにおけるシニア人材開発

配分額:¥15470000

学内研究制度

特定課題研究

人材マネジメント施策に対する従業員の原因帰属とその効果に関する研究

2018年度

研究成果概要: 本研究では、近年、人的資源管理及び組織行動領域で注目を集めつつある従業員の人材マネジメント(HRM)施策に対する認知過程に関する予備的研究を実施した。具体的には以下の活動を行った。① HRM施策の認知過程に関する既存文献のレビュ... 本研究では、近年、人的資源管理及び組織行動領域で注目を集めつつある従業員の人材マネジメント(HRM)施策に対する認知過程に関する予備的研究を実施した。具体的には以下の活動を行った。① HRM施策の認知過程に関する既存文献のレビューと整理。特に、「高業績HRM施策」、「状況の強さ」、「帰属理論」の3つの観点からレビューを行い、HRM認知過程におけるより具体的な研究課題を析出した。② HRM施策の認知過程に関するインタビュー調査及び予備的定量サーベイを実施した。③ 上記を踏まえ、暫定的な仮説モデルの構築と初歩的な検証を行った。 以上の成果は、現在海外学術誌に投稿準備中である。

企業における人材柔軟性の規定要員:従業員のスキル・行動面の柔軟性発揮プロセスの検討

2012年度

研究成果概要: 本研究課題では、従業員個人レベルでのスキルと行動に関する柔軟性(以下、スキル柔軟性・行動柔軟性)に焦点をあて、いかなる要因がどのようなメカニズムのもとに個人の柔軟性を高めているかを理論的・実証的に明らかにすることを目的として設定... 本研究課題では、従業員個人レベルでのスキルと行動に関する柔軟性(以下、スキル柔軟性・行動柔軟性)に焦点をあて、いかなる要因がどのようなメカニズムのもとに個人の柔軟性を高めているかを理論的・実証的に明らかにすることを目的として設定した。特に本研究課題では、組織・職場・個人からなる3階層の諸特性が、個人のスキル・行動柔軟性をいかに促進(ないしは阻害)しているかに関して、(1) 独自の仮説的な分析モデルを既存の人材マネジメント論・組織行動論の諸理論をもとに構築し、(2) その仮説モデルを実際の企業で働く従業員から収集したサーベイデータの多変量解析結果から検証することを試みた。 人材マネジメント論、組織行動論、産業・組織心理学領域における広範な文献レビューを通じ、「職務要求―資源モデル(job-demand resource model: JD-R model)」に基づいたスキル・行動柔軟性の影響要因に関する1つの仮説を導出するに至った。具体的には、組織側の「要求」と個人側の「能力」に関する個人の適合知覚(要求-能力適合:demands-abilities fit: DA fit)が、企業の人材マネジメント施策(HRM施策)とスキル・行動柔軟性を調整する役割を果たすという仮説を導き、この検証作業を本課題で行った。特に、企業の高業績を導くとされるHRM施策の体系である「高業績HRMシステム(high performance work systems)」の各構成要素(①育成目的の業績評価、②包括的な教育訓練、③外部衡平性を促す報酬施策、④個人衡平性を促す報酬施策)が従業員のスキル柔軟性・行動柔軟性のそれぞれに果たす役割に着目し、以下の2つの仮説を設定した。仮説1:従業員の要求-能力適合(DA fit)は、高業績HRMシステムの各構成要素と従業員のスキル柔軟性との関係を負の方向に調整する。具体的には、①育成目的の業績評価(H1a)、②包括的な教育訓練(H1b)、③外部衡平性を促す報酬施策(H1c)、④個人衡平性を促す報酬施策(H1d)はそれぞれ、DA fitが高い従業員よりも低い従業員に対して、スキル柔軟性をより高める効果を示す。仮説2:従業員の要求-能力適合(DA fit)は、高業績HRMシステムの各構成要素と従業員の行動柔軟性との関係を負の方向に調整する。具体的には、①育成目的の業績評価(H2a)、②包括的な教育訓練(H2b)、③外部衡平性を促す報酬施策(H2c)、④個人衡平性を促す報酬施策(H2d)はそれぞれ、DA fitが高い従業員よりも低い従業員に対して、行動柔軟性をより高める効果を示す。 31の事業所に属するホワイトカラー従業員を対象に行った質問紙調査データ(n=396)をもとに、マルチレベル分析を行った結果、仮説1b(DA fitが包括的な教育訓練とスキル柔軟性の正の関係を負の方向に調整)ならびに仮説2b(DA fitが包括的な教育訓練と行動柔軟性の正の関係を負の方向に調整)の2つが支持されることが確認された。すなわち、企業の包括的な教育訓練の実施が、DA fitの低い従業員に対して、彼・彼女らのスキル・行動両面における柔軟性をより効果的に高めることが明らかとなった。しかしながら、他の3施策(育成目的の業績評価、外部衡平性を促す報酬施策、個人衡平性を促す報酬施策)については、同様の仮説化された効果は確認できなかった。 以上の結果から、HRM施策の中でも、包括的な教育訓練は、職務と能力面での「ミス・フィット」を抱える従業員に対し、柔軟性の発揮を促す役割を果たす重要な組織資源である可能性が示唆される。したがって、包括的な教育訓練施策に関しては、JD-Rのフレームワークから従業員のスキル・行動柔軟性の発揮メカニズムをある程度説明できると考えられるといえそうである。一方で他の施策については、必ずしもJD-Rモデルで説明しえない他のロジックが存在している可能性も浮き彫りとなった。今後、他のHRM施策と柔軟性との関係のメカニズムをさらに別のアングルから捉えることも求められるだろう。

新規参入者の組織社会化プロセスにおける組織内部者の役割に関する研究

2013年度

研究成果概要: 近年、新規学卒就職者(以下、新規学卒者)の組織社会化に関する研究が関心の度を高めつつある(e.g., Haueter, Macan & Winter, 2003; Saks, Gruman, & Cooper-Thomas, 2... 近年、新規学卒就職者(以下、新規学卒者)の組織社会化に関する研究が関心の度を高めつつある(e.g., Haueter, Macan & Winter, 2003; Saks, Gruman, & Cooper-Thomas, 2011)。組織社会化とは、新規学卒者等、新たに企業などの組織に参入する者が、「組織の外部者から内部者に移行する過程」(Bauer et al., 2007, p. 707)を指す。しかしながら、既存の研究では、いわゆる「職場」レベルでの要因にはあまり目が向けられておらず、職場の上司や先輩社員、ひいては同期入社の他の新規学卒者などの「組織内部者」が、いかに個人の社会化に影響を与えているかについては、十分な検証が行われてこなかった(Ashforth, Sluss, & Harrison, 2007; Cooper-Thomas, 2009)。 こうした中、本研究では、(1)上司―本人(新規学卒者)間、同僚(先輩社員)―本人間のそれぞれの関係性が入社後の個人の組織適応にいかなる影響を与えているか、及び(2)これら関係性のそれぞれについて、組織側ないし個人側のいかなる要因が影響しているのかの2点について定量・定性の両データから解明を試みることを目的とした。新入社員(新規学卒者)の入社直後、及び入社6ヶ月後の2時点における縦断的質問紙調査、及び新入社員を対象とした定性的なヒアリング調査の分析から、以下の諸点が明らかとなった。 (1)3次元の組織社会化戦術(内容的、文脈的、社会的)のうち、会社が新人社員と内部者との職場での相互作用を促す「社会的戦術」が行われている場合、入社6か月後の上司―本人(新規学卒者)間、同僚(先輩社員)―本人間の社会的交換関係(長期的な信頼関係に基づく関係性)が高まることが明らかとなった。 (2)その一方で、内容的戦術(会社が新人に対し社内での本人のキャリア展望や育成方針などを明示的に示すこと)は、入社6か月後の上司―本人間、同僚―本人間の社会的交換関係の形成には寄与せず、直接的に新人社員の適応指標(個人-組織適合知覚)を高めていることが明らかとなった。 (3)さらに、仮説に反し、文脈的戦術(会社が新人に対し職場外での集合研修形式のインテンシブな研修を行うこと)は、入社6か月後の新人社員の個人-組織適合知覚に対し有意な負の影響を与えており、研修が過度に行われることでむしろ、新人が入社した会社との適合感を低める可能性があることが伺えた。 以上の結果から、(1)・(2)の発見事実については、新入社員の社会化情報源(source of socialization information)の視点から導き出された仮説を概ね支持するものであり、社会的・内容的戦術がそれぞれ異なる情報経路から新人の組織社会化を促していることが示唆された。 しかしながら、(3)の発見事実については、既存研究の多くとは逆説的な結果を示しており、新人に対する職場外でのインテンシブな研修方法の有効性を棄却する結果であった。この点について本研究では、研修の効果をあくまで6か月後の時点までしか追跡できなかったため、より長期的な時系列でみた場合、研修の効果は単なる線形の負の関係ではなく逆U字型の曲線的な効果をもたらしている可能性も現段階では否定できない。今後、入社後の研修が長期的にはどのような効果を示すのかを長期的な縦断調査デザインから検証する必要があるという新たな課題と方向性が本研究課題の実施から示されたといえる。

グローバル競争環境下における人材・組織の柔軟性促進メカニズムに関する国際比較研究

2013年度

研究成果概要: 本研究では、企業を取り巻く外部の競争環境の変化に対して、組織が「人材(human resources)」を通じて、いかに「柔軟性」(flexibility: 外部環境に対して動態的に適合する能力)を組み込み、組織の競争優位に繋げ... 本研究では、企業を取り巻く外部の競争環境の変化に対して、組織が「人材(human resources)」を通じて、いかに「柔軟性」(flexibility: 外部環境に対して動態的に適合する能力)を組み込み、組織の競争優位に繋げているかについて、国際比較の視点から検討することを目的としていた。この研究課題は、前年度の文部科学省・科学研究費基盤研究(B)に申請したが、あいにく採択されなかった。この特定課題研究Bの助成は、次年度の科学研究費への申請と採択に向けた助走資金として、本学より支援を受けたものと理解している。この申請に向けた準備資金として、以下に示すような研究活動を行った。(1)更なる文献レビュー次年度の科研費申請に向けて、本研究課題の理論的・概念的枠組みを補強するため、本課題の鍵概念にあたる組織における「柔軟性」概念の精緻化を図る目的で、精力的なン文献レビューを行った。その結果、「資源柔軟性」(resource flexibility)と「調整柔軟性」(coordination flexibility)という下位次元が存在することを新たに提起し、この2軸から本課題ならびに研究の枠組みを捉え直すこととした。(2)関連調査データの整理と分析 既に研究費獲得済みの既存の研究課題と申請予定の課題とのギャップを埋めることが提出した申請の修正に不可欠だと考えた。そのため、申請予定の課題に貢献しうる新たな発見事実や着眼点を得るため、既に過去の研究課題で得られた調査データの再分析を行った。その結果、組織の「柔軟性」を高める要因として組織の外的環境や文脈が重要な役割を果たしている可能性が認められた。詳細については、現在投稿論文執筆中のため、言及は差し控えるが、この外部環境の特性を申請課題に組み込むという新たな視点が得られた。(3)関連研究の論文執筆化及び関連研究の成果発表 申請課題に関連する研究業績を追加することが、次年度の科研費獲得に不可欠と考え、論文執筆と学会発表を精力的に行った。とりわけ、英文で執筆した研究論文の一部は、発表した国際学会(Advances in Business-related Science Research Conference: ABSRC)において、大会のBest Paper Awardを受賞した。 以上のような、次年度の科研費採択に向けた一連の研究実績及び成果を申請書に盛り込み、再度修正版を文部科学省科学研究費基盤研究(B)に申請を行った。その結果、平成26年度(~29年度)の「基盤研究(B)」に見事に新規採択されるに至った。 末筆ながら、助走資金として研究費支援をいただいた本学の支援体制、並びに事務処理に携わっていただいた職員のご尽力に記して感謝申し上げる次第である。

従業員の動機づけプロセスに着目したワーク・エンゲイジメントに関する実証的研究

2015年度

研究成果概要: 本研究では、近年組織行動及び産業・組織心理学領域で注目を集めつつある従業員の「エンゲイジメント」概念について、従業員の動機づけ向上に関する心理的メカニズムに着目し、その先行要因の実証を試みた。 収集した定量データの分析から、以下... 本研究では、近年組織行動及び産業・組織心理学領域で注目を集めつつある従業員の「エンゲイジメント」概念について、従業員の動機づけ向上に関する心理的メカニズムに着目し、その先行要因の実証を試みた。 収集した定量データの分析から、以下の点が明らかになった。 ①既存研究を支持し、従業員エンゲイジメントの心理尺度は「認知」「情動」「身体(活動)」の3因子構造を有している。 ②組織レベルの高業績HRMシステムが個人レベルの従業員エンゲイジメントに正の主効果がある。 ③高業績HRMシステムと従業員エンゲイジメントの正の関係は、個人レベルの心理的条件(psychological condition)によって媒介される。 以上の成果は、現在海外学術誌に投稿準備中である。

社会化メカニズムに関する新卒採用者と中途採用者との比較研究

2016年度

研究成果概要: 組織社会化とは、「新規参入者が組織の外部者から内部者へと移行をしていく過程」(Bauer et al., 2007, p. 707) と定義される。本研究では、組織行動論及び産業・組織心理学の観点から、新卒採用者と中途採用者との... 組織社会化とは、「新規参入者が組織の外部者から内部者へと移行をしていく過程」(Bauer et al., 2007, p. 707) と定義される。本研究では、組織行動論及び産業・組織心理学の観点から、新卒採用者と中途採用者との間の社会化プロセスの違いの解明に焦点を合わせる。この比較的長期的なテーマの初期段階として、本課題では、組織サポート知覚と組織適応の媒介要因及び調整要因に関する文献レビューと一部定性的な調査を実施した。その結果、(1)新卒採用者と中途採用者とでは、適応を促す「サポート」の内容に体系的な違いがある可能性、及び(2)中途採用者は新卒採用者に比べ「リアリティショック」(Jones, 1983)を受けやすい可能性が示唆された。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
組織行動・人的資源管理研究指導 (D)大学院商学研究科2019春学期
組織行動・人的資源管理研究指導 (D)大学院商学研究科2019秋学期
人材・組織(全日制)大学院商学研究科2019春学期
人材・組織(全日制)大学院経営管理研究科2019春学期
人材・組織(夜間主)(7-8時限)大学院商学研究科2019夏クォーター
人材・組織(夜間主)大学院経営管理研究科2019夏クォーター
組織行動研究[夜間主総合]大学院商学研究科2019春学期
組織行動研究[夜間主総合]大学院経営管理研究科2019春学期
組織行動研究(7時限)[夜間主総合]大学院商学研究科2019秋学期
組織行動研究[夜間主総合]大学院経営管理研究科2019秋学期
組織行動演習[全日制G]大学院商学研究科2019春学期
組織行動演習[全日制G]大学院経営管理研究科2019春学期
組織行動演習[全日制G]大学院商学研究科2019秋学期
組織行動演習[全日制G]大学院経営管理研究科2019秋学期
組織行動(論文)[全日制G]大学院商学研究科2019
組織行動(論文)[全日制G]大学院経営管理研究科2019
組織行動研究指導[全日制G]大学院商学研究科2019春学期
組織行動研究指導[全日制G]大学院経営管理研究科2019春学期
組織行動研究指導[全日制G]大学院商学研究科2019秋学期
組織行動研究指導[全日制G]大学院経営管理研究科2019秋学期
組織行動研究指導[夜間主総合]大学院商学研究科2019春学期
組織行動研究指導[夜間主総合]大学院経営管理研究科2019春学期
組織行動研究指導(8時限)[夜間主総合]大学院商学研究科2019秋学期
組織行動研究指導[夜間主総合]大学院経営管理研究科2019秋学期