氏名

スズキ ノリコ

鈴木 規子

職名

教授 (https://researchmap.jp/g0000211094)

所属

(社会科学部)

本属以外の学内所属

兼担

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

EU研究所

研究所員 2018年-

委員歴・役員歴(学外)

2016年04月-2019年04月フランス教育学会理事・事務局長
2015年12月-2017年03月移民政策学会企画委員
2013年07月-2018年07月日仏政治学会幹事
2018年08月-2020年07月日仏政治学会理事

研究分野

キーワード

EU研究、EU市民権、市民性教育、移民問題、フランス政治社会、シティズンシップ

論文

フランスにおける市民的統合と移民の動向ーポルトガル系移民の政治的・経済的統合に関する事例

鈴木 規子

三田社会学(21)p.18 - 292016年07月-

フランスのポルトガル系移民の学校適応ーポルトガル系政治家の事例

鈴木 規子

白山人類学査読有り(19)p.81 - 1032016年03月-

フランスにおける女性へのシティズンシップの拡大 ―パリテ導入に対するEUの影響―

鈴木 規子

法学研究89(2)p.389 - 4132016年02月-

EU 市民の政治参加──2014年のフランス選挙結果をめぐって

鈴木 規子

日仏政治研究(9)p.21 - 342015年03月-

フランスの共和主義とイスラームの軋轢から「市民性教育」について考える

鈴木 規子

シノドス2014年01月-

フランスの女性の高等教育進学とキャリアの選択

鈴木 規子

フランス教育学会紀要(26)p.39 - 502014年09月-

フランス共和国における市民育成の展開

鈴木 規子

東洋大学社会学部紀要50(2)p.5 - 172013年03月-

詳細

ISSN:0495-9892

2008年フランス市町村議会選挙とEU市民の参加ー移民の政治参加の視点からみた2001年選挙との比較ー

鈴木 規子

日仏政治研究査読有り(6)p.37 - 522011年06月-

フランスの教育における男女平等政策 : 高等教育段階への女子の進路

鈴木 規子

フランス教育学会紀要(23)p.57 - 682011年00月-

詳細

ISSN:0916-314X

フランスの若者の社会統合 (課題研究報告 フランスの若者の社会的異議申し立て)

鈴木 規子

フランス教育学会紀要(19)p.91 - 1002007年00月-

詳細

ISSN:0916314X

フランスにおける市民性教育の現状と課題--政治・社会学的視点からの「市民性」概念の整理と現状分析

鈴木 規子

日仏教育学会年報(12)p.76 - 862005年00月-

詳細

ISSN:13410814

ヨーロッパ市民権制定と「ヨーロッパ人」アイデンティティーの形成:外国人地方参政権を認めたフランスの結果

鈴木 規子

日本EU学会年報2003(23)p.212 - 2302003年00月-

詳細

ISSN:1884-3123

フランスのビュロクラシー--エリート官僚と市民の論理 (特集 せめぎあう官と民)

鈴木 規子

Science of humanity Bensei(38)p.83 - 862001年11月-

ドイツ国籍法改正とEU市民権に関する一考察

鈴木 規子

法学政治学論究p.237 - 2642000年06月-

詳細

ISSN:0916278X

EU市民権と外国人の地方参政権の現状--EU市民と非EU市民との比較

鈴木 規子

法学政治学論究(46)p.337 - 3572000年00月-

詳細

ISSN:0916278X

<図書紹介>村田晶子/弓削尚子(編著)『なぜジェンダー教育を大学でおこなうのかー日本と海外の比較から考える―』

鈴木 規子

フランス教育学会紀要(30)p.127 - 1282018年09月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

Roland Pfefferkorn, "L’entrée des femmes dans les universités europeennes : France, Suisse et Allemagne" 解題と概要

鈴木規子

フランス教育学会紀要(29)p.104 - 1062017年09月-

「ヨーロッパのレジリエンスー歴史・現在」講演録

日仏政治研究(11)p.37-482017年03月-

書籍等出版物

現代フランスの教育改革

フランス教育学会(共著)

明石書店2018年 01月-

ヨーロッパにおける移民第二世代の学校適応 スーパー・ダイバーシティへの教育人類学的アプローチ

山本須美子(共著)

明石書店2017年 01月-

現代人のこころのゆくえ4 ヒューマン・インタラクションの諸相

HIRC21(共著)

東洋大学21世紀ヒューマン・インタラクション・リサーチ・センター(HIRC21)2015年 03月-

統合ヨーロッパの市民性教育

近藤 孝弘(共著)

名古屋大学出版会2013年 10月-

EU(欧州連合)を知るための63章

羽場 久美子(共著)

明石書店2013年 09月-

EUと東アジアの地域共同体ー理論・歴史・展望

中村雅治・イーヴ・シュメイユ(共著)

上智大学出版2012年 12月-

哲学をしよう!考えるヒント30

東洋大学(共著)

大成出版2012年 11月-

現代フランス社会を知るための62章

三浦信孝・西山教行(共著)

明石書店2010年 11月-

多文化交差世界の市民意識と政治社会秩序形成

関根政美・塩原良和(共著)

慶應義塾大学出版会2008年 01月-

詳細

総ページ数:320担当ページ数:79-100

ヨーロッパの学校における市民的社会性教育の発展ーフランス・ドイツ・イギリスー

武藤孝典・新井浅浩(共著)

2007年 12月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:350担当ページ数:104-118,139-159

EU市民権と市民意識の動態 (叢書21COE‐CCC多文化世界における市民意識の動態)

鈴木 規子(共著)

慶應義塾大学出版会2007年 11月-

詳細

総ページ数:298

EUと市民

田中俊郎・庄司克宏(共著)

慶應義塾大学出版会2005年 03月-

詳細

総ページ数:284担当ページ数:65-94

福祉社会へのアプローチ(久塚純一先生古稀祝賀)(下巻)

大曾根寛他

成文堂2019年 05月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:710担当ページ数:49-71

対立軸でみる公共政策入門

松田憲忠・三田妃路佳(分担執筆)

法律文化社2019年 10月-

詳細

単行本(学術書)総ページ数:232担当ページ数:167-181

講演・口頭発表等

フランスの移民問題

鈴木 規子

東洋英和女学院大学国際研究会公開講演会(東洋英和女学院大学国際研究会公開講演会)招待有り2017年06月26日

詳細

国内会議公開講演

フランスにおける養子縁組と多文化社会

鈴木 規子

埼玉映画ネットワーク(埼玉映画ネットワーク)招待有り2017年03月24日

詳細

国内会議公開講演

学校で行う「主権者教育」「シティズンシップ教育」のヒント

鈴木 規子

東洋大学社会貢献センター公開講座(東洋大学社会貢献センター公開講座)招待有り2016年11月09日

詳細

国内会議公開講演

多文化社会の到来?「外国人労 働 者」の課題に直面する日本

鈴木 規子

仏日大学会館、日本学術振興会共催(仏日大学会館、日本学術振興会共催)招待有り2016年03月17日

詳細

口頭発表(招待・特別)開催地:ストラスブール

フランスのポルトガル系移民の学校適応―政治家の事例から―

鈴木 規子

移民政策学会(移民政策学会)2015年12月12日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

「フランスのポルトガル系政治家にみる学校適応と社会的上昇」

鈴木 規子

白山人類学研究会(白山人類学研究会)2015年11月07日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

フランスにおける市民的統合と移民の動向

鈴木 規子

「移民の市民的統合の内実~政治社会学的地域研究の視座から~」(三田社会学会)2015年07月04日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

フランスの女性の高等教育進学とキャリアの選択

鈴木 規子

フランス教育学会大会第31回研究大会(フランス教育学会大会第31回研究大会)2013年09月07日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

フランスにおけるEU市民権の現状―20年目を前に

鈴木 規子

シンポジウム「EU統合とフランス」(日仏会館共催)2012年02月25日

詳細

国内会議

EU市民の政治参加ー2014年のフランス選挙結果をめぐってー

鈴木 規子

日仏政治学会(日仏政治学会)2014年07月19日

詳細

国内会議口頭発表(一般)

EU域内移民について―フランスの事例

鈴木 規子

日本EU学会第1回関東部会(日本EU学会関東部会)2018年07月07日

詳細

国内会議口頭発表(一般)開催地:早稲田大学

フランスの若者の政治参加と市民性教育

鈴木規子

日本政治学会研究大会2018年10月14日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)開催地:関西大学

フランスにおける中国系移民

鈴木規子

シンポジウム「中国の大国化とアジア:学際的検討」(早稲田大学先端社会科学研究所・社会科学学会)2019年02月27日

詳細

国内会議シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:

ヨーロッパにおけるEU市民権のパラドクス

2015年-0月-2019年-0月

配分額:¥3510000

研究種別:

フランス保守政権下の教育改革に関する総合的研究

2013年-0月-2016年-0月

配分額:¥18590000

研究種別:

EU市民権とトランスナショナル議員に関する実証研究

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥3900000

学内研究制度

特定課題研究

Brexit後のイギリス人移住者の動向とEU市民意識

2018年度

研究成果概要:EU市民権が認めている域内自由移動や居住国での選挙参加の権利といったEUの恩恵を享受しているイギリス人たちが、EU離脱の結果にどのような影響を被っているのか明らかにするため、イギリス人移住者が多い仏南西部地方を3月に一週間訪問して...EU市民権が認めている域内自由移動や居住国での選挙参加の権利といったEUの恩恵を享受しているイギリス人たちが、EU離脱の結果にどのような影響を被っているのか明らかにするため、イギリス人移住者が多い仏南西部地方を3月に一週間訪問して聞き取り調査を行った。その結果、イギリス人移住者はいずれもBrexitの結果に非常に残念がっており、EU市民意識を抱いていた。そして、Brexit後もフランスに居住しつづけるうえで安心して生活するためフランス国籍申請者が増えており、そのため審査結果もずいぶん待たされていることが分かった。また、Brexitを目前に控えてフランス行政機関は、イギリス人を非EU市民として扱うように変わりつつあることも分かった。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
EU地域研究 1社会科学部2019春学期
EU地域研究 2社会科学部2019秋学期
ゼミナールI(ヨーロッパ(EU)研究、シティズンシップ、移民/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールII(ヨーロッパ(EU)研究、シティズンシップ、移民/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールII(ヨーロッパ(EU)研究、シティズンシップ、移民/秋学期)社会科学部2019秋学期
ゼミナールIII(ヨーロッパ(EU)研究、シティズンシップ、移民/春学期)社会科学部2019春学期
ゼミナールIII(ヨーロッパ(EU)研究、シティズンシップ、移民/秋学期)社会科学部2019秋学期
ヨーロッパ市民社会論 1社会科学部2019春学期
ヨーロッパ市民社会論 2社会科学部2019秋学期
社会科学総合研究(食の社会科学)社会科学部2019春学期
ラーニング・コミュニティ E社会科学部2019春クォーター
仏書研究19-1社会科学部2019春学期
仏書研究19-2社会科学部2019秋学期
Freshman Seminar (Fall) C社会科学部2019秋学期
ヨーロッパ市民社会研究 I大学院社会科学研究科2019春学期
ヨーロッパ市民社会研究 II大学院社会科学研究科2019秋学期
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 1グローバルエデュケーションセンター2019秋クォーター
EU政治経済統合のガバナンスと国際公共政策 2グローバルエデュケーションセンター2019冬クォーター