最終更新日2017年02月01日

氏名

フルヤ シュウイチ

古谷 修一

職名

教授

所属法学学術院

(大学院法務研究科)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
sfuruya@waseda.jp

本属以外の学内所属

兼担

法学学術院(法学部)

法学学術院(大学院法学研究科)

商学学術院(商学部)

学歴・学位

学歴

-1981年 中央大学 法学部 法律
-1987年 早稲田大学 法学研究科 国際法

学位

法学修士 課程 早稲田大学

所属学協会

国際法学会 理事

世界法学会

国際人権法学会

International Law Association Commitee Officer (Rapporteur)

American Society of International Low

Asian Society of International Law

European Society of International Law

委員歴・役員歴(学外)

2012年04月-International Humanitarian Fact-Finding Commission副委員長
2014年-法科大学院協会 事務局次長(6月〜)
2011年10月-日本学術会議・連携会員
2013年-中央教育審議会専門委員(第7期中央教育審議会大学分科会法科大学院特別委員会ワーキング・グループ委員)(9月〜2015年2月)
2012年10月-2013年法務省「企業における法曹有資格者の活動領域の拡大に関する意見交換会」委員(2月)

研究分野

キーワード

国際公法

科研費分類

社会科学 / 法学 / 国際法学 

研究テーマ履歴

国際刑事裁判

研究テーマのキーワード:国際刑事裁判所、補完性の原則

個人研究

戦争犠牲者に対する補償(International Law Association, Committee on Compensation for Victims of WarのCo-Rapporteur)

個人研究

論文

The “Criminalization” of International Law: A Critical Overview

Shuichi Furuya

JAPANESE YEARBOOK OF INTERNATIONAL LAW査読有り58p.1 - 162015年-

Domestic Implementation of the Rome Statute in Japan

Shuichi Furuya

SEOUL INTERNATIONAL LAW JOURNAL招待有り22p.39 - 562015年12月-

Victim Participation, Reparations and Reintegration as Historical Building Blocks of International Criminal Law

Shuichi Furuya

MORTEN BERGSMO, CHEAH WUI LING, SONG TIANYING AND YI PING EDS., HISTORICAL ORIGINS OF INTERNATIONAL CRIMINAL LAW: VOLUME 4 (Torkel Opsahl Academic Publisher)招待有りp.837 - 8632015年11月-

詳細

掲載種別:研究論文(学術雑誌)

指導者犯罪としての侵略犯罪—システム責任の顕在化

古谷修一

柳井俊二・村瀬信也編『国際法の実践—小松一郎大使追悼』(信山社)所収p.309 - 3242015年06月-

Draft Procedural Principles for Reparation Mechanisms

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-SIXTH CONFERENCE HELD IN WASHINGTON D.C. (2014)p.782 - 8132015年01月-

国際刑事裁判権の意義と問題—国際法秩序における革新性と連続性

古谷修一

村瀬信也・洪恵子共編『国際刑事裁判所(第2版)—最も重大な国際犯罪を裁く』(東信堂)所収p.3 - 402014年09月-

作為“領袖犯罪”的侵略罪 — 最好的留到最后?

古谷修一

国際法研究(中国社会科学院・国際法研究所発刊)9p.135 - 1462013年12月-

国際刑事裁判システムの国際法秩序像—『介入の国際法』の顕在化

古谷修一

法律時報85(11)p.32 - 362013年11月-

Procedural Standards for Reparation Mechanisms

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-FIFTH CONFERENCE HELD IN SOFIA (2012)p.581 - 6022013年07月-

被害者救済の機関としての国際刑事裁判所

古谷修一

芹田健太郎・戸波江二・棟居快行・薬師寺公夫・坂元茂樹編集代表『講座国際人権法4 国際人権法の国際的実施』(信山社)所収p.451 - 4762011年03月-

個人の国際責任と組織的支配の構造

古谷修一

国際法外交雑誌109(4)p.34 - 662011年01月-

国際組織犯罪としての人身取引—人身取引議定書の特徴と国内実施

古谷修一

早稲田大学社会安全政策研究所紀要(2)p.113 - 1442010年03月-

The Principle of Complementarity in Reality: Who Actually Applies It and in What Way under the ICC System?

Shuichi Furuya

TERUO KOMORI AND KAREL WELLENS EDS., PUBLIC INTEREST RULES OF INTERNATIONAL LAW: TOWARDS EFFECTIVE IMPLEMENTATION (Ashgate)p.293 - 3122009年10月-

Draft Declaration of International Principles on Reparation for Victims of Armed Conflict (Procedural aspects)

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-THIRD CONFERENCE HELD IN RIO DE JANEIRO (2008)p.494 - 5002009年05月-

Draft Model Statute of an Ad Hoc Compensation Commission

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-THIRD CONFERENCE HELD IN RIO DE JANEIRO (2008)p.500 - 5182009年05月-

国際テロリズムに対する国連安保理の対応—立法的・行政的機能の拡大

古谷修一

村瀬信也編『国連安保理の機能変化』(東信堂)所収p.41 - 552009年05月-

国際組織犯罪防止条約の特質と国内実施における問題—共謀罪の制定を中心に

古谷修一

早稲田大学社会安全政策研究所紀要(1)p.225 - 2462009年03月-

国際組織犯罪防止条約と共謀罪の制定—条約の国内実施の観点から

古谷修一

島田征夫・古谷修一編『国際法の新展開と課題』(林司宣先生古稀祝賀論文集)(信山社)所収p.31 - 552009年02月-

イデオロギーとしての『国際共同体』

古谷修一

大沼保昭編『国際社会における法と力』(日本評論社)所収p.155 - 1892008年12月-

国際組織犯罪防止条約と共謀罪の立法化−国際法の視点から−

古谷修一

警察学論集61(6)p.143 - 1682008年06月-

国際テロリズムに対する国連安保理の対応—立法的・行政的機能の拡大

古谷修一

国際問題(570)p.45 - 552008年04月-

国際刑事裁判制度における被害者への賠償

古谷修一

早稲田法学83(3)p.155 - 1812008年03月-

主権免除と戦後補償

古谷修一

法律時報80巻4号80(4)p.93 - 982008年04月-

国際刑事裁判権の意義と問題—国際法秩序における革新性と連続性

古谷修一

村瀬信也・洪恵子共編『国際刑事裁判所—最も重大な国際犯罪を裁く』(東信堂)所収p.3 - 392008年03月-

国際刑事裁判所の歴史と現在の動向

古谷修一

法律のひろば60(9)p.4 - 122007年09月-

A Model Statute of An Ad Hoc Compensation Commission: Preliminary Analysis of Some Issues to be Addressed

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-SECOND CONFERENCE HELD IN TORONTO 4-8 JUNE 2006p.794 - 8032007年05月-

State Immunity: An Impediment to Compensation Litigation—Assessment of Current International Law

Shuichi Furuya

INTERNATIONAL LAW ASSOCIATION, REPORT OF THE SEVENTY-SECOND CONFERENCE HELD IN TORONTO 4-8 JUNE 2006p.783 - 7942007年05月-

自衛と域外法執行措置

古谷修一

村瀬信也編『自衛権の現代的展開』(東信堂)所収p.165 - 2002007年05月-

稼動を始めた国際刑事裁判所の課題—外からの抵抗と内なる挑戦

古谷修一

法律時報79(4)p.18 - 242007年04月-

国際刑事裁判所(ICC)における補完性の原則—事案配分に関する決定プロセスと実体的基準

古谷修一

島田征夫・林司宣・杉山晋輔編『国際紛争の多様化と法的処理』(栗山尚一先生・山田中正先生古稀記念論文集)(信山社)所収p.91 - 1262006年12月-

「テロとの戦争」における国際人権法の役割—人権法の機能的拡張

古谷修一

国際人権(17)p.2 - 72006年10月-

国際法における領土・国境—その意義と紛争解決

古谷修一

ユーラシア研究(34)p.32 - 372006年05月-

国際人道法違反と被害者に対する補償—国際的制度の展開

古谷修一

ジュリスト(1299)p.64 - 722005年10月-

領土・国境紛争の処理—最近のICJ判決にみられる特徴

古谷修一

日本国際問題研究所 『国際裁判の判例研究』(平成16年度外務省委託研究報告書)所収p.86 - 1022005年03月-

Implementing International Refugee Law through a National Legal System: Practice in Japan

Shuichi Furuya

JAPANESE ANNUAL OF INTERNATIONAL LAW47p.1 - 332005年03月-

国際テロリズムと武力紛争法の射程—9・11テロ事件が提起する問題

古谷修一

村瀬信也・真山全編『武力紛争の国際法』(東信堂)所収p.165 - 1872004年12月-

カンボジア特別裁判部の意義と問題—国際刑事司法における普遍性と個別性

古谷修一

国際法外交雑誌102(4)p.46 - 722004年03月-

国際刑事裁判所設置の意義と直面する問題

古谷修一

法学教室(281)p.23 - 282004年02月-

Possibility of an International Criminal Tribunal in the Post-Cold War Asia: The Case of Cambodia

Shuichi Furuya

Proceedings of the 2003 Internatinonal Symposium, Unity in Diversity: Asian Perspectives on International Law in the 21th Centuryp.113 - 1222003年10月-

国際テロにいかに対処すべきか—逮捕・裁判に関する制度の『客観化』

古谷修一

法律時報74(6)p.11 - 162002年05月-

国際法上の個人責任の拡大とその意義—国家責任法との関係を中心として

古谷修一

世界法年報(21)p.82 - 1092002年02月-

Legal Effect of Rules of the International Criminal Tribunals and Court upon Individuals: Emerging International Law of Direct Effect

Shuichi Fuurya

NETHERLANDS INTERNATIONAL LAW REVIEW47(2)p.111 - 1452000年08月-

Rule 61 Procedure in the International Criminal Tribunal for the Former Yugoslavia: A Lesson for the ICC, , VOL. 12 (1999)

Shuichi Furuya

LEIDEN JOURNAL OF INTERNATIONAL LAW12(3)p.635 - 6691999年11月-

旧ユーゴ国際刑事裁判所に対する協力義務の性格—国内実施立法の検討を中心に

古谷修一

早稲田法学74(3)p.189 - 2091999年03月-

Setting up an International Criminal Court: Some Critical Issues Left to the Diplomatic Conference

Shuichi Furuya

KAGAWA LAW REVIEW18(1)p.307 - 3761998年06月-

犯罪人引渡と請求国の人権保障状況に対する評価(二・完)

古谷修一

香川法学16(3-4)p.49 - 1091997年03月-

域外法執行措置と国家管轄権

古谷修一

島田征夫・江泉芳信・清水章雄編『土井輝生先生古希記念 変動する国際社会と法』(敬文堂)p.345 - 3781996年11月-

犯罪人引渡と請求国の人権保障状況に対する評価(一)

古谷修一

香川法学15(4)p.33 - 801996年03月-

航空機に対するテロ行為と国際法 ─ 『引渡か訴追か』方式の意義と問題

古谷修一

空法33p.77 - 1031992年05月-

執行管轄権の域外行使と司法管轄権の合法性 ─ male captus bene detentus原則の意義

古谷修一

香川大学教育学部研究報告第1部77p.71 - 1011989年-

普遍的管轄権の法構造 ─ 刑事管轄権の行使における普遍主義の国際法的考察(2・完)

古谷修一

香川大学教育学部研究報告第1部75p.79 - 1071989年-

普遍的管轄権の法構造 ─ 刑事管轄権の行使における普遍主義の国際法的考察(1)

古谷修一

香川大学教育学部研究報告第1部74p.81 - 1061988年-

テロ行為の非政治犯罪化に関する考察

古谷修一

法研論集41p.277 - 3041987年-

政治犯不引渡とテロリストの引渡

古谷修一

法研論集37p.205 - 2291986年-

第5章「排他的経済水域」

古谷修一

島田征夫・林司宣編『海洋法テキストブック』(有信堂)p.53 - 652005年03月-

平和条約と個人の請求権—中国人慰安婦損害賠償請求事件(第二次訴訟)」

古谷修一

小寺彰、森川幸一、西村弓編『国際法判例百選[第2版]』(別冊ジュリスト204号)p.234 - 2352011年05月-

ノン・ルフールマン原則と犯罪人引渡:人権侵害が予見される国家への引渡により生じる人権条約違反−ゼーリング判決−

古谷修一

戸波江二、北村泰三、建石真公子、小畑郁、江島晶子編『ヨーロッパ人権裁判所の判例』(信山社)所収p.124 - 1282008年05月-

外国国家による商業取引に関する裁判権免除の可否(最高裁判所第二小法廷平成18年7月21日判決)

古谷修一

Law And Practice(1)p.267 - 2772007年03月-

State Cooperation

Shuichi Furuya

A. KLIP AND G. SLUITER EDS., ANNOTATED LEADING CASES OF INTERNATIONAL CRIMINAL TRIBUNALS, VOL. 11 (2007)p.534 - 5382007年02月-

将来の戦後補償裁判は大丈夫か?——国際刑事裁判所への提訴の可能性

古谷修一

奥田恭弘・山口二郎編『グローバル化する戦後補償裁判』(信山社)p.55 - 752002年09月-

Cooperation of States and Other Subjects of International Law

Shuichi Furuya

A. Klip and G. Sluiter eds., Annotated Leading Cases of International Criminal Tribunals, Vol. 4p.224 - 2292002年07月-

香港軍票事件(東京高裁平成13年2月8日第14民事部判決)  

古谷修一

『平成13年度重要判例解説』(ジュリスト別冊)1224p.301 - 3032002年06月-

犯罪人引渡しと死刑の存在—ソーリング事件」(欧州人権裁判決1989年7月7日) 

古谷修一

山本草二・古川照美・松井芳郎編『国際法判例百選』(別冊ジュリスト) 156p.104 - 1052001年04月-

Anzenhosho to Kokusai Hanzai (Security and Transnational Crime), edited by Atsushi Yamaguchi and Kazuhiro Nakatani

Shuichi Furuya

JAPANESE ANNUAL OF INTERNATIONAL LAW49p.140 - 1432007年03月-

書籍等出版物

『国際法の新展開と課題』(林司宣先生古稀祝賀論文集)

島田征夫・古谷修一編

信山社2009年 02月-

講演・口頭発表等

Cooperation with Differences or Basic Value without Cooperation?: Issue of Death Penalty in the Agreement between Japan and the EU on Mutual Legal Assistance in Criminal Matters

Shuichi Furuya

Roundtable “EU-Japan Strategic Partnership in Criminal Matters”, 2016 EU-Japan Forum(EU-Japan Forum)2016年10月24日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Mechanisms to Ensure Respect of International Humanitarian Law: Fact-finding, Criminal Trials or Both?

Shuichi Furuya

The 14th Red Cross International Humanitarian Law Moot(International Committee of Red Cross and Hong Kong Red Cross)招待有り2016年03月11日

詳細

国際会議口頭発表(基調)

Domestic Implementation of the ICC Statute in Japan

Shuichi Furuya

International Conference “Domestic Implementation of the ICC Statute in East Asia(Seoul International Law Academy)招待有り2015年10月31日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Seeking for an Effective Framework of International Legal Order in the Asia-Pacific Region

Shuichi Furuya

Strengthening a Legal Framework for Preventing Conflicts in the Asia-Pacific Region(United State-Japan Research Institute)招待有り2015年09月10日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Victim Participation, Reparations and Reintegration as Historical Building Blocks of International Criminal Law

Shuichi Furuya

International Symposium “Historical Origins of International Criminal Law”(Centre for International Law Research and Policy, Nalsar University of Law, O.P. Gindal Global University, Peking University International Law Institute, Waseda University Law School, European University Institute (Department of Law), Asian-African Consultative Organization, and Indian Society of International Law)招待有り2014年11月30日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)開催地:ニューデリー

Draft Procedural Principles for Reparation Mechanisms

Shuichi Furuya

International Law Association, the Seventy-Sixth Conference held in Washington D.C.(International Law Association)招待有り2014年04月09日

詳細

口頭発表(一般)

The Implementation of Human Rights Treaties in the Domestic Legal System of Japan

Shuichi Furuya

International Symposium on the Domesticalization and Practice of International Human Rights Instruments(Taiwan Academy for the Judiciary)招待有り2013年11月26日

詳細

口頭発表(一般)

武力紛争犠牲者のための賠償メカニズムの構築—Mass Claims Processの意義と課題

国際法協会日本支部研究大会2013年04月20日

詳細

口頭発表(一般)

The Crime of Aggression as a Leadership Crime: The Best comes Last?

Shuichi Furuya

Symposium of the Chinese Academy of Social Sciences (CASS) & Ninth International Law Forum “Developing International Law and Global Governance”(Chinese Academy of Social Sciences)招待有り2012年11月17日

詳細

口頭発表(一般)

Procedural Standards for Reparation Mechanisms

Shuichi Furuya

International Law Association, the Seventy-Fifth Conference held in Sofia(International Law Association)2012年08月29日

詳細

口頭発表(一般)

個人の国際責任と組織的支配の構造—脱国家責任体系の機能的限界と克服の試み

国際法学会2008年度秋季大会2008年10月11日

詳細

口頭発表(一般)

戦後補償と主権免除

日中国際シンポジウム「戦後補償裁判と個人請求権」2007年11月21日

詳細

口頭発表(一般)

ICCの活動の現状と評価

古谷修一

EU・外務省共同主催  セミナー「国際刑事裁判所の課題と将来」招待有り2004年12月

詳細

開催地:東京

冷戦後のアジアにおける国際刑事裁判所の可能性—カンボジアの場合 

古谷修一

国際法学会2003年度秋季大会・国際シンポジウム(名古屋大学)2003年10月11日

将来の戦後補償裁判は大丈夫か?—国際刑事裁判所への提訴の可能性

古谷修一

北海道大学高等法政教育研究センター主催『戦後補償裁判の過去・現在・未来』招待有り2001年10月20日

詳細

開催地:北海道大学

国際刑事裁判制度における民事賠償責任

古谷修一

国際法学会2001年度秋季大会(同志社大学)2001年10月13日

国際法上の個人責任の拡大とその意義 — 国家責任法との関係を中心として

古谷修一

世界法学会2001年度研究大会2001年05月12日

航空機に対するテロ行為と国際法 — 「引渡か訴追か」方式の発展と非政治化

古谷修一

日本空法学会第37回研究大会1991年05月17日

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(C)

国際法の「刑事化」― 垂直的秩序構造の認識と影響

2015年-2017年

研究分野:国際法学

配分額:¥4420000

研究種別:基盤研究(C)

国際法における個人責任の複合性と限定性―システム・クリミナリティの動態

2012年-2014年

研究分野:国際法学

配分額:¥5070000

研究種別:基盤研究(A)

国際刑事裁判所規程の侵略犯罪関連規定の総合的研究

2011年-2014年

研究分野:国際法学

配分額:¥20800000

研究種別:基盤研究(C)

平和構築過程における国際刑事裁判・民事賠償メカニズムの複合的機能

2009年-2011年

研究分野:国際法学

配分額:¥4290000

研究種別:基盤研究(C)

国際法における個人責任原則の機能と動態-国際法実現プロセスの多元化に関する研究

2007年-2008年

研究分野:国際法学

配分額:¥3510000

研究種別:基盤研究(B)

国際公共利益の制度化と複雑化する執行過程の統合に関する研究

2005年-2007年

研究分野:国際法学

配分額:¥16460000

研究種別:基盤研究(C)

国際法学における法実証主義の意義・限界・克服

2005年-2006年

研究分野:国際法学

配分額:¥3500000

研究種別:基盤研究(C)

国家再建・平和構築過程における国際刑事裁判の機能-法構造と動態に関する研究

2005年-2006年

研究分野:国際法学

配分額:¥2200000

研究種別:基盤研究(C)

国際刑事裁判手続の国内実施措置-国内実施立法の機能に関する研究

2003年-2004年

研究分野:国際法学

配分額:¥2500000

研究種別:基盤研究(B)

国際法基礎理論の再構築-「現実主義」的国際法学及び批判法学の批判的検討を通じて-

2002年-2004年

研究分野:国際法学

配分額:¥13700000

研究種別:基盤研究(C)

国際刑事裁判制度における国際法実現プロセス―多様化する裁判形態の比較研究

2001年-2002年

研究分野:国際法学

配分額:¥1600000

研究種別:基盤研究(A)

多数国間環境条約の実効的実施に関する研究

1999年-2001年

研究分野:国際法学

配分額:¥23080000

研究種別:基盤研究(C)

国際刑事裁判制度の組織原理と機能に関する研究-国家管轄権との交錯と協働を中心に

1997年-1998年

研究分野:国際法学

配分額:¥1200000

学内研究制度

特定課題研究

国際刑事裁判手続の国内実施措置―国内実施立法の機能に関する研究

2003年度

研究成果概要: 研究課題に関して、①国際刑事裁判所(ICC)に対応した犯罪人引渡・捜査共助に関する各国の国内実施立法の内容、②混合刑事裁判所における国内法の機能、の二点について研究を行った。 ①に関しては、イギリス、オランダ、ドイツなど新たに... 研究課題に関して、①国際刑事裁判所(ICC)に対応した犯罪人引渡・捜査共助に関する各国の国内実施立法の内容、②混合刑事裁判所における国内法の機能、の二点について研究を行った。 ①に関しては、イギリス、オランダ、ドイツなど新たにICC協力法を制定して対応している国と、カナダのように既存の犯罪人引渡法、刑事共助法を改正して対応している国がある。しかし、いずれにおいても、具体的なICCからの容疑者引渡請求や証拠等の提出請求に対しては、個々の国家の伝統的な国内手続を準用する傾向が見られる。このため、ICCからの協力要請に対し、これを拒絶する規定を持つ場合がある(たとえば、カナダ法では双罰性の原則などが維持されている)。また、検察官による関係国家領域内での直接的な捜査行動(ICC規程99条4項)など、国家間の司法共助では見られない手続に関しては、これを担保する国内法規を持たない国が多い。こうした点を踏まえて、今後は日本における国内法の対応に関して検討を行う予定である。 ②に関しては、シエラレオネ特別裁判所、コソボ・パネル、東ティモール・パネル、カンボジア特別裁判部の検討を行った。とりわけ、シエラレオネとカンボジアにおいては国内法が裁判実施に重要な役割を果たしているが、前者が裁判所を設置した国連・シエラレオネ間の協定の技術的な国内実施立法としての性格を持つのに対して、後者においてはカンボジア国内法が裁判部設置の直接的根拠となっており、その運営に関しても国内法が主導的な役割を果たすことを解明した。混合刑事裁判においては、協定と国内法との関係が、その「国際的」ないし「国内的」性格のバリエーションを判断する上での重要な基準となることが明らかになった。継続して今後は、こうした角度から、種々の混合刑事裁判の類型化を試みる予定である。

戦争犠牲者の補償に関する国際制度の構築-国際手続の諸課題に関する基礎的研究

2006年度

研究成果概要: 本研究は、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation Commission, 1991年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ「避難民および難民の不動産請求権に関する委員会」(Commis... 本研究は、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation Commission, 1991年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ「避難民および難民の不動産請求権に関する委員会」(Commission for Real Property Claims of Displaced Persons and Refugees, 1996年)、コソボ「家屋および財産に関する請求権委員会」(Housing and Property Claims Commission, 1999年)、「エリトリア・エチオピア請求権委員会」(Eritrea-Ethiopia Claims Commission, 2000年)、「イラク財産請求権委員会」(Iraq Property Claims Commission, 2004年)、「スーダン・ダルフール補償委員会」(Compensation Commission, 2005年)など、冷戦後に設置された補償委員会・請求権委員会に関する比較分析を行い、各々の手続的特徴と問題点を検討した。 具体的には、1)請求の法的基盤にある個人請求権の位置づけ、2)個人による直接的な請求提起と関係国家による一括提起のあり方、3)大量請求に対応するための処理システムのあり方、4)補償金の配分方法といった点に関して、各委員会の規程(設立文書)や手続規則の分析を行うとともに、それに至った審議過程について検討した。その際に、国連による国家再建・平和構築活動(PKO活動など)や国内法整備支援活動などとの関連性を念頭に、地域・社会における国際的なプレゼンスの特徴と補償のための国際手続の構造・動態との関係についても考察した。 研究成果の一部は、国際法協会(ILA)2006年世界大会(カナダ・トロント)における「戦争犠牲者の補償に関する委員会」において報告され、その研究内容の独創性と実務的な重要性が多くの出席者より評価された。

戦争犠牲者の補償に関する国際制度の構築―大規模請求処理手続の比較研究

2007年度

研究成果概要: 本研究は、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation Commission, 1991年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ「避難民および難民の不動産請求権に関する委員会」(Commis... 本研究は、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation Commission, 1991年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ「避難民および難民の不動産請求権に関する委員会」(Commission for Real Property Claims of Displaced Persons and Refugees, 1996年)、コソボ「家屋および財産に関する請求権委員会」(Housing and Property Claims Commission, 1999年)、「エリトリア・エチオピア請求権委員会」(Eritrea-Ethiopia Claims Commission, 2000年)、「イラク財産請求権委員会」(Iraq Property Claims Commission, 2004年)、「スーダン・ダルフール補償委員会」(Compensation Commission, 2005年)など、冷戦後に設置された補償委員会・請求権委員会に関して、一時期に大量の個人請求が提起される可能性に対応して、どのように迅速かつ実効的な処理を行うメカニズムを備えているのかという観点から、比較研究を行った。 具体的には、(1)個人請求の関係国家による取りまとめ(consolidated claims)の制度的な問題、(2)関係国家による取りまとめを望まない個人による請求の処理制度、(3)国家に対して支払われた賠償金の個人への迅速かつ公正な配分のあり方について、個々の委員会の手続が持つ特徴と問題を分析した。そのうえで、本研究の成果として、“Model Statute of Ad Hoc International Compensation Commission”の草案を作成するとともに、、これに対して詳細なコメンタリーを付ける作業を行った。 なお、このModel Statuteとコメンタリーは、2008年8月にブラジル・リオデジャネイロで開催される2008年International Law Association大会において報告される予定である。

戦争犠牲者の補償に関する国際制度の構築―個人請求受理プロセスの研究

2008年度

研究成果概要: 本研究では、戦争犠牲者の補償に関する国際制度を構築するに際して課題となる点を抽出し、それに対する法的措置の検討を行った。具体的には、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation C... 本研究では、戦争犠牲者の補償に関する国際制度を構築するに際して課題となる点を抽出し、それに対する法的措置の検討を行った。具体的には、イラク・クウェート「国連補償委員会」(United Nations Compensation Commission, 1991年)、ボスニア・ヘルツェゴビナ「避難民および難民の不動産請求権に関する委員会」(Commission for Real Property Claims of Displaced Persons and Refugees, 1996年)、コソボ「家屋および財産に関する請求権委員会」(Housing and Property Claims Commission, 1999年)、「エリトリア・エチオピア請求権委員会」(Eritrea-Ethiopia Claims Commission, 2000年)、「イラク財産請求権委員会」(Iraq Property Claims Commission, 2004年)などを研究対象とし、これらの請求受理のプロセスに①犠牲者個人、②その国籍国、③加害国、④補償委員会といったアクターがどのような形で関与することが想定され、また現実にそれがどの程度実効的に機能しているのかを解明した。 さらに、こうした研究を基盤として、将来設置される補償委員会が備えるべき個人請求の受理システムにつき、(1)当該手続における個人請求権の法的位置づけ、(2)請求提起の方法と関係国家の関与の仕方、(3)請求処理システムの効率性と実効性、(4)他の請求制度(たとえば、国内裁判所における請求)との競合可能性とその処理、(5)一括・定額処理方式の実効性と問題、(6)補償金の配分方法などの論点整理を行うとともに、補償委員会のモデル規程の原案を作成した。 このモデル規程案は、2008年8月にリオデジャネイロで開催されたInternational Law Association世界大会において報告され、重要な進展として評価されるとともに、さらに2010年の次回大会までにより詳細な規程案を作成することが要請された。

国際人道法違反に関する個人賠償メカニズムの動態

2014年度

研究成果概要: 本研究では、国際人道法違反の犠牲者に対する賠償を実効的に実施するためのMass Claims Processと呼ばれる制度の課題を抽出し、それに対する法的措置の提案を行った。1980年代以降に設置あるいは構想された13の機関につ... 本研究では、国際人道法違反の犠牲者に対する賠償を実効的に実施するためのMass Claims Processと呼ばれる制度の課題を抽出し、それに対する法的措置の提案を行った。1980年代以降に設置あるいは構想された13の機関について比較分析を行い、手続における個人請求権の法的位置づけ、請求提起の方法と関係国家の関与の仕方、他の請求制度との競合可能性とその処理など各々の手続的特徴と問題点を検討した。この研究成果は、国際法協会(ILA)の第67回ワシントン大会において、“DraftProcedural Principles for Reparation Mechanisms,”の題目で報告が行われた。

国際事実調査における責任追及指向性 ― 国際法の「刑事化」の一断面

2015年度

研究成果概要: 国際的な事実調査(fact-finding)が「中立的な事実の究明」から「刑事責任を追及するための証拠収集」へと転換しつつある動向を、国際法の「刑事化」の一部としてとらえ、近時における人権理事会により設置された事実調査機関の実行... 国際的な事実調査(fact-finding)が「中立的な事実の究明」から「刑事責任を追及するための証拠収集」へと転換しつつある動向を、国際法の「刑事化」の一部としてとらえ、近時における人権理事会により設置された事実調査機関の実行(リビア、シリア、中央アフリカ、スリランカ、ガザなど)を横断的に分析し、刑事裁判との関連がどのように認識されているのかを検討した。その結果、こうした事実調査機関は、シリアの調査委員会(COI)に代表されるように、安保理の機能不全(これに伴う、ICCへの非付託)を補う形で、人権理事会がCOIを使って人権侵害状況の責任追及を行うという性格を強く帯びていることを解明した。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
導入演習(必修) 18法学部2017春学期
導入演習(選択) 18法学部2017秋学期
国際法特論(国際刑事法)法学部2017秋学期
主専攻法学演習(国際法) B (春)法学部2017春学期
主専攻法学演習(国際法) B (秋)法学部2017秋学期
国際法研究I(古谷)大学院法学研究科2017春学期
国際法研究II(古谷)大学院法学研究科2017秋学期
国際関係公法基礎大学院法務研究科2017春学期
国際人権法大学院法務研究科2017春学期
国際法応用演習I大学院法務研究科2017春学期
国際法応用演習II大学院法務研究科2017秋学期