氏名

タケヤマ ハルコ

竹山 春子

職名

教授

所属

(先進理工学部)

連絡先

メールアドレス

メールアドレス
haruko-takeyama@waseda.jp

URL等

WebページURL

http://www.f.waseda.jp/haruko-takeyama/index.html(竹山研究室HP - 生命分子工学研究室)

研究者番号
60262234

本属以外の学内所属

兼担

理工学術院(大学院先進理工学研究科)

研究院(研究機関)/附属機関・学校(グローバルエデュケーションセンター)

学内研究所等

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2014年-2014年

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2011年-2012年

規範科学総合研究所

プロジェクト研究所所長 2014年-2014年

欧州バイオメディカルサイエンス研究所

研究所員 2009年-2011年

実践的ナノ化学G

研究所員 2007年-2011年

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2012年-2014年

欧州バイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2015年-2016年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2016年-2017年

東日本大震災復興研究拠点・先端環境医工科学研究所

研究所員 2011年-2013年

グローバルバイオメディカルグリーンサイエンス研究所

研究所員 2017年-2018年

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2015年-2019年

規範科学総合研究所

研究所員 2015年-2019年

持続型食・農・バイオ研究所

研究所員 2014年-2018年

革新的生物資源利用研究所

プロジェクト研究所所長 2019年-2019年

革新的生物資源利用研究所

研究所員 2019年-2019年

リンアトラス研究所

研究所員 2015年-

規範科学総合研究所

プロジェクト研究所所長 2015年-

早稲田バイオサイエンスシンガポール研究所

研究所員 2017年-

理工学術院総合研究所(理工学研究所)

兼任研究員 2018年-

ライフサポートイノベーション研究所

研究所員 2019年-

規範科学総合研究所

研究所員 2019年-

学歴・学位

学位

博士(工学) 課程 東京農工大学

所属学協会

日本細菌学会

日本化学会 バイオテクノロジー部会・幹事,年会プログラム委員部門・幹事

電気化学会 評議員

日本生物工学会 代議員

ISME

ASM

マリンバイオテクノロジー学会

環境バイオテクノロジー学会

日本生体磁気学会

日本分子生物学会

日本農芸化学会

その他基本情報

・レギュラトリーサイエンス研究(バイオ、化学物質の安全管理のための教育講座)早稲田 大学規範科学総合研究所(http://www.waseda.jp/prj-iirs/)・所長 ・第16回日本生体磁気学会大会事務局長 (2001年) ・Marine Biotechnology Conference 2003 事務局長(2002-2003年) ・International Marine Biotechnology Conference 2005 プログラム委員長 (2004-2005年)

研究分野

キーワード

マリンバイオテクノロジー、遺伝子工学、分子生物学、微生物工学、環境ゲノム工学、バイオマスエネルギー、バイオセンサー、バイオ計測

研究シーズ

食肉の加熱処理評価法

シーズ分野:ライフサイエンス

論文

Time-lapse single-cell transcriptomics reveals modulation of histone H3 for dormancy breaking

H. Tsuyuzaki, M. Hosokawa, K. Arikawa, T. Yoda, N. Okada, H. Takeyama, M. Sato

Nature communications 査読有り11p.1265 - 12652020年03月-

Single-cell genomics of uncultured bacteria reveals dietary fiber responders in the mouse gut microbiota

R. Chijiiwa, M. Hosokawa, M. Kogawa, Y. Nishikawa, K. Ide, C. Sakanashi, H. Takeyama

Microbiome査読有り8p.1 - 12020年03月-

Rapid inspection method for investigating the heat processing conditions employed for chicken meat using Raman spectroscopy

R. Miyaoka, M. Ando, R. Harada, H. Osaka, AZ Samuel, M Hosokawa, H. Takeyama

Journal of Bioscience and Bioengineering査読有り2020年02月-

Streptococcus pneumoniae triggers hierarchical autophagy through reprogramming of LAP-like vesicles via delocalization of NDP52

M. Ogawa, N. Takada, M. Tomokiyo, B. Chang, M. Yoshida, S. Kakuta, I. Tanida, J-L. Guan, H. Takeyama, M. Ohnishi

Communications Biology査読有り3p.1 - 152020年01月-

Exposure of an occluded hemagglutinin epitope drives selection of a class of cross-protective influenza antibodies

Y. Adachi, K. Tonouchi, A. Nithichanon, M. Kuraoka, A. Watanabe, R. Shinnakasu, H. Asanuma, A. Ainai, Y. Ohmi, T. Yamamoto, K. Ishii, H. Hasegawa, H. Takeyama, G. Lertmemongkolchai, T. Kurosaki, M. Ato, G. Kelsoe, Y. Takahashi

Nature Communications査読有り10p.1 - 132019年08月-

Sequential Sensing by TLR2 and Mincle Directs Immature Myeloid Cells to Protect against Invasive Group A Streptococcal Infection in Mice

T. Matsumura, T. Ikebe, K. Arikawa, M. Hosokawa, M. Aiko, A. Iguchi, I. Togashi, S. Kai, S. Ohara, N. Ohara, M. Ohnishi, H. Watanabe, K. Kobayashi, H. Takeyama, S. Yamasaki, Y. Takahashi, M. Ato

Cell reports査読有り27p.561 - 5712019年04月-

Enrichment of bacteria and alginate lyase genes potentially involved in brown alga degradation in the gut of marine gastropods

M. Ito, K. Watanabe, T. Maruyama, T. Mori, K. Niwa, S. Chow, H.Takeyama

Scientific reports査読有り9p.1 - 12019年02月-

An estrogen antagonist, cyclofenil, has anti-dengue-virus activity

D. Tohma, S. Tajima, F. Kato, H. Sato, M. Kakisaka, T. Hishiki, M. Kataoka, H. Takeyama, CK. Lim, Y. Aida, M. Saijo

Archives of Virology査読有り164p.225 - 2342019年01月-

IgA tetramerization improves target breadth but not peak potency of functionality of anti-influenza virus broadly neutralizing antibody

S. Saito, K. Sano, T. Suzuki, A. Ainai, Y. Taga, T. Ueno, K. Tabata, K. Saito, Y. Wada, Y. Ohara, H. Takeyama, T. Odagiri, T. Kageyama, K. Ogawa-Goto, P. Multihartina, V. Setiawaty, KNA. Pangesti, H. Hasegawa

PLoS pathogens査読有り15p.e1007247 - e10072472019年01月-

Effects of short‐term endurance exercise on gut microbiota in elderly men

H. Taniguchi, K. Tanisawa, X. Sun, T. Kubo, Y. Hoshino, M. Hosokawa, H. Takeyama, M. Higuchi

Physiological reports査読有り6p.e13935 - e139352018年12月-

Acyclovir Sensitivity and Neurovirulence of Herpes Simplex Virus Type 1 with Amino Acid Substitutions in the Viral Thymidine Kinase Gene

T. Inagaki, M. Satoh, H. Fujii, S. Yamada, M. Shibamura, T. Yoshikawa, S. Harada, H. Takeyama, M. Saijo

Japanese Journal of Infectious Diseases査読有り5p.343 - 3492018年09月-

Molecular mechanisms of Streptococcus pneumoniae‐targeted autophagy via pneumolysin, Golgi‐resident Rab41, and Nedd4‐1 mediated K63‐linked ubiquitination

M. Ogawa, R. Matsuda, N. Takada, M. Tomokiyo, S. Yamamoto, S. Shizukusihi, T. Yamaji, Y. Yoshikawa, M. Yoshida, I. Tanida, M. Koike, M. Murai, H. Morita, H. Takeyama, A. Ryo, J. Guan, M. Yamamoto, J. Inoue, T. Yanagawa, M. Fukuda, H. Kawabw, M. Ohnishi

Cell Microbioloy査読有り20p.e12846 - e128462018年08月-

Introduction of Human Flt3-L and GM-CSF into Humanized Mice Enhances the Reconstitution and Maturation of Myeloid Dendritic Cells and the Development of Foxp3+CD4+ T Cells 

R. Iwabuchi, S. Ikeno, M. Kobayashi-Ishihara, H. Takeyama, M. Ato, Y. T. Yokota, K. Terahara

Frontiers Immunology査読有り28p.1042 - 10422018年05月-

A Novel System for Constructing a Recombinant Highly-Attenuated Vaccinia Virus Strain (LC16m8) Expressing Foreign Genes and Its Application for the Generation of LC16m8-Based Vaccines against Herpes Simplex Virus 2

N. Omura, T. Yoshikawa, H. Fujii, M. Shibamura, T. Inagaki, H. Kato, K. Egawa, S. Harada, S. Yamada, H. Takeyama, M. Saijo

Japanese Journal of Infectious Diseases査読有り71p.229 - 2332018年03月-

Obtaining high-quality draft genomes from uncultured microbes by cleaning and co-assembly of single-cell amplified gen

M. Kogawa, M. Hosokawa, Y. Nishikawa, K. Mori, H. Takeyama

Scientific Reports査読有り8p.2059 - 20592018年02月-

Single-bacterial genomics validates rich and varied specialized metabolism of uncultivated Entotheonella sponge symbionts

T. Mori, JKB. Cahn, MC. Wilson, RA. Meoded, V. Wiebach, AFC. Martinez, EJN. Helfrich, A. Albersmeier, D. Wibberg, S. Dätwyler, R. Keren, A. Lavy, C. Rückert, M. Ilan, J. Kalinowski, S. Matsunaga, H. Takeyama, J. Piel

PNAS査読有り115p.1718 - 17232018年02月-

Combinatory use of distinct single-cell RNA-seq analytical platforms reveals the heterogeneous transcriptome response

Y. Kashima, A. Suzuki, Y. Liu, M. Hosokawa, H. Matsunaga, M. Shirai, K. Arikawa, S. Sugano, T. Kohno, H. Takeyama, K. Tsuchihara, Y. Suzuki

Scientific Reports査読有り8p.3482 - 34822018年02月-

Genome-wide association study of Alzheimer's disease endophenotypes at prediagnosis stages

J. Chung, X. Wang, T. Maruyama, Y. Ma, X. Zhang, J. Mez, R. Sherva, H. Takeyama; Alzheimer's Disease Neuroimaging Initiative., KL. Lunetta, LA. Farrer, GR. Jun

Alzheimer's & Dementia査読有り13p.337 - 3382017年12月-

A humanized mouse model identifies key amino acids for low immunogenicity of H7N9 vaccines

Wada, Yamato; Wada, Yamato; Nithichanon, Arnone; Nithichanon, Arnone; Nobusawa, Eri; Moise, Leonard; Moise, Leonard; Martin, William D.; Yamamoto, Norio; Yamamoto, Norio; Terahara, Kazutaka; Hagiwara, Haruhisa; Odagiri, Takato; Tashiro, Masato; Lertmemongkolchai, Ganjana; Takeyama, Haruko; Groot, Anne S.De; Groot, Anne S.De; Ato, Manabu; Takahashi, Yoshimasa

Scientific Reports7(1)2017年12月-2017年12月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 The Auth or(s). Influenza vaccines of H7N9 subtype are consistently less immunogenic in humans than vaccines developed for other subtypes. Although prior immunoinformatic analysis identified T-cell epitopes in H7 hemagglutinin (HA) which potentially enhance regulatory T cell response due to conservation with the human genome, the links between the T-cell epitopes and low immunogenicity of H7 HA remains unknown due to the lack of animal models reproducing the response observed in humans. Here, we utilized a humanized mouse model to recapitulate the low immunogenicity of H7 HA. Our analysis demonstrated that modification of a single H7 epitope by changing 3 amino acids so that it is homologous with a known H3 immunogenic epitope sequence significantly improved the immunogenicity of the H7 HA in the humanized mouse model, leading to a greater than 4-fold increase in HA-binding IgG responses. Thus, we provide experimental evidence for the important contribution of this H7-specific T cell epitope in determining the immunogenicity of an influenza vaccine. Furthermore, this study delineates strategies that can be used for screening and selecting vaccine strains using immunoinformatics tools and a humanized mouse model.

Induction of lung CD8(+) T cell responses by consecutive inoculations of a poly(I:C) influenza vaccine

M. Moriyama, H. Takeyama, H. Hasegawa, T. Ichinohe

Vaccine査読有り35p.6620 - 66262017年11月-

Transcriptome analysis of immune response against Vibrio harveyi infection in orange-spotted grouper (Epinephelus coioides)

S. Maekawa, O. Byadgi, YC. Chen, T. Aoki, H. Takeyama, T. Yoshida, J. Hikima, M. Sakai, PC. Wang, SC. Chen

Fish Shellfish Immunology査読有り70p.628 - 6372017年09月-

Massively parallel whole genome amplification for single-cell sequencing using droplet microfluidics

査読有り7p.51992017年07月-

Whole-Genome Sequence of Photobacterium damselae subsp. piscicida Strain 91-197, Isolated from Hybrid Stri

Y. Teru, J Hikima, T. Kono, M. Sakai, T. Takano, JP. Hawke JP, H. Takeyama, T. Aoki

Genome Announcements査読有り5p.e00600-172017年07月-

Analysis of environmental bacteria at single-cell level

Hosokawa, Masahito; Hosokawa, Masahito; Nishikawa, Yohei; Kogawa, Masato; Kogawa, Masato; Takeyama, Haruko; Takeyama, Haruko; Takeyama, Haruko

TRANSDUCERS 2017 - 19th International Conference on Solid-State Sensors, Actuators and Microsystemsp.634 - 6372017年07月-2017年07月 

DOIScopus

詳細

概要:© 2017 IEEE. Single-cell genomics has enabled the exploration of cellular diversity in environmental microbes. However, current genome sequencing techniques, which utilizes next-generation sequencing (NGS), typically require nanogram to microgram levels of input DNA sample. Since single bacterial cells contain only a few femtograms of DNA, we have to amplify their genomes to adequate amount for sequencing. We aimed to develop a novel system for precise and high throughput single-cell genomics, to elucidate environmental microbial diversity. In this study, we have developed droplet-based microfluidic system to produce the compartmentalized reaction vessels for single-cell genome sequencing.

Site-specific gene expression analysis using an automated tissue micro-dissection punching system

査読有り7p.43252017年06月-

The complete genome sequence of Photobacterium damselae subsp. piscicida strain OT-51443 isolated from yellowtail (Seriola quinqueradiata) in Japan

査読有り5p.e00404-172017年05月-

Exonuclease processivity of archaeal replicative DNA polymerase in association with PCNA is expedited by mismatches in DNA.

Yoda T, Tanabe M, Tsuji T, Yoda T, Ishino S, Shirai T, Ishino Y, Takeyama H, Nishida H

Scientific Reports.7:445822017年03月-

Association between sensitivity of viral thymidine kinase-associated acyclovir-resistant herpes simplex virus 1 and virulence.

Omura N, Fujii H, Yoshikawa T, Yamada S, Harada S, Inagaki T, Shibamura M, Takeyama H, Saijo M

Virology Journal.DOI 10.1186/s12985-017-0728-22017年-

SAG-QC: Quality control of single amplified genome by subtracting non-target sequences based on sequence compositions.

Maruyama T, Mori T, Yamagishi K, Takeyama H

Vol. 18(1).(doi: 10.1186/s12859-017-1572-5.)2017年-

Antimicrobial peptides extend lifespan in Drosophila.

Loch G, Zinke I, Mori T, Carrera P, Schroer J, Takeyama H, Hoch M

PLOS ONE2017年-

On-site Direct Detection of Astaxanthin from Salmon Fillet Using Raman Spectroscopy

19p.157 - 1632017年-

Bivalent vaccine platform based on Japanese encephalitis virus (JEV) elicits neutralizing antibodies against JEV and hepatitis C virus.

Saga R, Fujimoto A, Watanabe N, Matsuda M, Hasegawa M, Watashi K, Aizaki H, Nakamura N, Tajima S, Takasaki T, Konishi E, Kato T, Kohara M, Takeyama H, Wakita T, Suzuki R

Sientific report6p.286882016年06月-

Falsirhodobacter sp. alg1 Harbors Single Homologs of Endo and Exo-Type Alginate Lyases Efficient for Alginate Depolymerization.

Mori T, Takahashi M, Tanaka R, Miyake H, Shibata T, Chow S, Kuroda K, Ueda M, Takeyama H

PloS one11p.e01555372016年05月-

Balancing intestinal and systemic inflammation through cell typespecific expression of the aryl hydrocarbon receptor repressor.

Brandstätter O, Schanz O, Vorac J, König J, Mori T, Maruyama T, Korkowski M, Haarmann-Stemmann T, von Smolinski D, Schultze JL, Abel J, Esser C, Takeyama H, Weighardt H, Förster I

Sientific report6p.260912016年05月-

Balancing intestinal and systemic inflammation through cell typespecific expression of the aryl hydrocarbon receptor repressor.

Brandstätter O, Schanz O, Vorac J, König J, Mori T, Maruyama T, Korkowski M, Haarmann-Stemmann T, von Smolinski D, Schultze JL, Abel J, Esser C, Takeyama H, Weighardt H, Förster I

Sientific report6p.260912016年05月-

The RNA-and TRIM25-binding domains of influenza virus NS1 protein are essential for suppression of NLRP3 inflammasome-mediated 1L-1β secretion.

Moriyama M, Chen IY, Kawaguchi A, Koshiba T, Nagata K, Takeyama H, Hasegawa H, Ichinohe T

Journal of Virology.90p.4105 - 41142016年03月-

Characterization of a novel gene involved in cadmium accumulation screened from sponge-associated bacterial metagenome

Mori T, Iwamoto K, Iwamoto K, Wakaoji S, Araie H, Kohara Y, Okamura Y, Okamura Y, Shiraiwa Y, Takeyama H

Gene576(2)p.618 - 6252016年02月-2016年02月 

DOIScopus

詳細

ISSN:03781119

概要:© 2015 Elsevier B.V.. Metagenome research has brought much attention for the identification of important and novel genes of industrial and pharmaceutical value. Here, using a metagenome library constructed from bacteria associated with the marine sponge, Styllisa massa, a high-throughput screening technique using radioisotope was implemented to screen for cadmium (Cd) binding or accumulation genes. From a total of 3301 randomly selected clones, a clone 247-11C was identified as harboring an open reading frame (ORF) showing Cd accumulation characteristics. The ORF, termed as ORF5, was further analyzed by protein functional studies to reveal the presence of a protein, Cdae-1. Cdae-1, composed of a signal peptide and domain harboring an E(G/A)KCG pentapeptide motif, enhanced Cd accumulation when expressed in Escherichia coli. Although showing no direct binding to Cd in vitro, the presence of important amino acid residues related to Cd detoxification suggests that Cdae-1 may possess a different mechanism from known Cd binding proteins such as metallothioneins (MTs) and phytochelatins (PCs). In summary, using the advantage of bacterial metagenomes, our findings in this work suggest the first report on the identification of a unique protein involved in Cd accumulation from bacteria associated with a marine sponge.

The effect of mucoadhesive excipient on the nasal retention time of and the antibody responses induced by an intranasal influenza vaccine.

Saito S, Ainai A, Suzuki T, Harada N, Ami Y, Yuki Y, Takeyama H, Kiyono H, Tsukada H, Hasegawa H

Vaccine.34p.1201 - 12072016年01月-

Homeostatically Maintained Resting Naive CD4(+) T Cells Resist Latent HIV Reactivation

Tsunetsugu-Yokota, Yasuko;Kobayahi-Ishihara, Mie;Wada, Yamato;Terahara, Kazutaka;Takeyama, Haruko;Kawana-Tachikawa, Ai;Tokunaga, Kenzo;Yamagishi, Makoto;Martinez, Javier P.;Meyerhans, Andreas

FRONTIERS IN MICROBIOLOGY72016年-2016年

DOIWoS

詳細

ISSN:1664-302X

Draft Genome Sequence of the Fish Pathogen Mycobacterium pseudoshottsii Strain JCM15466, a Species Closely Related to M. marinum.

Hikima J, Sakai M, Aoki T, Takeyama H, Hawke J, Mori K, Tashiro K, Kuhara S

Genome annmouncement4p.e01630-152015年12月-

Pathogenesis of acute hepatopancreatic necrosis disease (AHPND) in shrimp

Lai, Hung Chiao; Ng, Tze Hann; Ando, Masahiro; Lee, Chung Te; Chen, I. Tung; Chuang, Jie Cheng; Mavichak, Rapeepat; Chang, Sheng Hsiung; Yeh, Mi De; Chiang, Yi An; Takeyama, Haruko; Hamaguchi, Hiro o.; Lo, Chu Fang; Aoki, Takashi; Wang, Han Ching

Fish and Shellfish Immunology47(2)p.1006 - 10142015年12月-2015年12月 

PubMedDOIScopus

詳細

ISSN:10504648

概要:© 2015 Elsevier LtdAcute hepatopancreatic necrosis disease (AHPND), also called early mortality syndrome (EMS), is a recently emergent shrimp bacterial disease that has resulted in substantial economic losses since 2009. AHPND is known to be caused by strains of Vibrio parahaemolyticus that contain a unique virulence plasmid, but the pathology of the disease is still unclear. In this study, we show that AHPND-causing strains of V. parahaemolyticus secrete the plasmid–encoded binary toxin PirABvp into the culture medium. We further determined that, after shrimp were challenged with AHPND-causing bacteria, the bacteria initially colonized the stomach, where they started to produce PirABvp toxin. At the same early time point (6 hpi), PirBvp toxin, but not PirAvp toxin, was detected in the hepatopancreas, and the characteristic histopathological signs of AHPND, including sloughing of the epithelial cells of the hepatopancreatic tubules, were also seen. Although some previous studies have found that both components of the binary PirABvp toxin are necessary to induce a toxic effect, our present results are consistent with other studies which have suggested that PirBvp alone may be sufficient to cause cellular damage. At later time points, the bacteria and PirAvp and PirBvp toxins were all detected in the hepatopancreas. We also show that Raman spectroscopy “Whole organism fingerprints” were unable to distinguish between AHPND-causing and non-AHPND causing strains. Lastly, by using minimum inhibitory concentrations, we found that both virulent and non-virulent V. parahaemolyticus strains were resistant to several antibiotics, suggesting that the use of antibiotics in shrimp culture should be more strictly regulated.

Characterization of a novel gene involved in cadmium accumulation screened from sponge-associated bacterial metagenome.

Mori T, Iwamoto K, Wakaoji S, Araie H, Kohara Y, Okamura Y, Shiraiwa Y, Takeyama H.

Gene.576p.618 - 6252015年10月-

Monodisperse Picoliter Droplets for Low-Bias and Contamination-Free Reactions in Single-Cell Whole Genome Amplification

Nishikawa Y, Hosokawa M, Maruyama T, Yamagishi K, Mori T, Takeyama H

PloS one10p.e01387332015年09月-

Metabolic and evolutionary origin of actin-binding polyketides from diverse organisms.

Ueoka R, Uria AR, Reiter S, Mori T, Karbaum P, Peters EE, Helfrich EJN, Morinaka BI, Gugger M, Takeyama H, Matsunaga S, Piel J

Nature chemical biology11p.705 - 7122015年08月-

A simple method for nanobubble generation and stability of the bubbles.

Ohmori M, Haruta K, Kamimura S, Koike H, Uchida T, Takeyama H

Journal of Experimental Biology.15p.41 - 442015年08月-

Analysis of the bacterial xylose isomerase gene diversity with gene targeted metagenomics.

Nurdiani D, Ito M, Maruyama T, Terahara T, Mori T, Ugawa S, Takeyama H

Journal of Bioscience and Bioengineering2015年-

Self-oriented immobilization of DNA polymerase tagged by titanium-binding peptide motif.

Nishida H, Kajisa T, Miyazawa Y, Tabuse Y, Yoda T, Takeyama H, Kambara H, Sakata T

langmuir31p.732 - 7402015年-

Droplet-based microfluidics for high-throughput screening of a metagenomic library for isolation of microbial enzymes.

Hosokawa M, Hoshino Y, Nishikawa Y, Hirose T, Yoon DH, Mori T, Sekiguchi T, Shoji S, Takeyama H

Biosensors and Bioelectronics67p.379 - 3852015年-

Draft Genome Sequence of Falsirhodobacter sp. Strain alg1, an Alginate-Degrading Bacterium Isolated from Fermented Brown Algae.

Mori T, Takahashi M, Tanaka R, Shibata T, Kuroda K, Ueda M, Takeyama H

Genome Announcement22014年-

Whole Genome Analyses of Marine Fish Pathogenic Isolate, Mycobacterium sp. 012931.

Kurokawa S, Kabayama J, Hwang SD, Nho SW, Hikima JI, Jung TS, Kondo H, Hirono I, Takeyama H, Mori T, Aoki T

Marine biotechnology16p.572 - 5792014年-

In Situ Detection of Antibiotic Amphotericin B Produced in Streptomyces nodosus Using Raman Microspectroscopy

Miyaoka R, Hosokawa M, Ando M, Mori T, Hamaguchi H, Takeyama H

Marine drugs(12)p.2827 - 28392014年-

An environmental bacterial taxon with a large and distinct metabolic repertoire

Wilson MC, Mori T, Rckert C, Uria AR, Takada K, Gernert C, Steffens U, Heycke N, Schmitt S, Rinke C, Gurgui C, Helf MJ, Helfrich EN, Wakimoto T, Kracht M, Semeniuk A, Crsemann M, Hentschel U, Abe I, Matsunaga S, Kalinowski J, Takeyama H, Piel J

Nature(506)p.58 - 622014年-

海洋生物遺伝子資源活用への新しいアプローチ : シングルセルゲノム情報に基づいたメタゲノム解析への期待

竹山 春子;モリ テツシ

化学と生物51(6)p.418 - 4232013年06月-2013年06月 

CiNii

詳細

ISSN:0453073X

Comparative Genomic Characterization of Three Streptococcus parauberis Strains in Fish Pathogen, as Assessed by Wide-Genome Analyses

Nho S-W, Hikima J-I, Park S Bin, Jang H Bin, Cha IS, Yasuike M, Nakamura Y, Fujiwara A, Sano M, Kanai K, Kondo H, Hirono I, Takeyama H, Aoki T, Jung T-S

PloS one(8)p.e803952013年-

Sensitive Detection of Measles Virus Infection in the Blood and Tissues of Humanized Mouse by One-step Quantitative RT-PCR

Ikeno S, Suzuki M, Muhsen M, Ishige M, Kobayashi M, Ohno S, Takeda M, Nakayama T, Morikawa Y, Terahara K, Okada S, Takeyama H, Tsunetsugu-Yokota Y

2013年-

Whole-Genome Sequence of Fish Pathogenic Strain Mycobacterium sp. 012931, Isolated from Yellowtail (Seriola quinqueradiata)

Kurokawa S, Kabayama J, Nho S-W, Hwang S-D, Hikima J, Jung T-S, Kondo H, Hirono I, Takeyama H, Aoki T

Genome Announcements(1)p.1 - 22013年-

Comparative Sequence Analysis of a Multidrug-Resistant Plasmid from Aeromonas hydrophila

Del Castillo CS, Hikima J, Jang H-B, Nho S-W, Jung T-S, Wongtavatchai J, Kondo H, Hirono I, Takeyama H, Aoki T

Antimicrobial Agents and Chemotherapy (57)p.120 - 1292013年-

Bacterial Classification of Fish-Pathogenic Mycobacterium Species by Multigene Phylogenetic Analyses and MALDI Biotyper Identification System

Kurokawa S, Kabayama J, Fukuyasu T, Hwang SD, Park C-I, Park S-B, Del Castillo CS, Hikima J-I, Jung T-S, Kondo H, Hirono I, Takeyama H, Aoki T

Marine biotechnology (New York, N.Y.)(15)p.340 - 3482013年-

Variable domain antibodies specific for viral hemorrhagic septicemia virus ( VHSV ) selected from a randomized IgNAR phage display library

Ohtani M, Hikima J, Jung T, Kondo H, Hirono I, Takeyama H

Fish & Shellfish Immunology(34)p.724 - 7282013年-

LGP2 Expression is Enhanced by Interferon Regulatory Factor 3 in Olive Flounder, Paralichthys olivaceus

Hikima J-I, Yi M-K, Ohtani M, Jung CY, Kim YK, Mun JY, Kim YR, Takeyama H, Aoki T, Jung TS

PLoS ONE (7)p.e515222012年-

Determining the Diet of Larvae of Western Rock Lobster (Panulirus cygnus) Using High-Throughput DNA Sequencing Techniques

Richard O’Rorke1, Shane Lavery, Seinen Chow, Haruko Takeyama, Peter Tsai, Lynnath E. Beckley, Peter A. Thompson, Anya M. Waite, Andrew G. Jeffs

PLoS One(7)p.e427572012年-

Immunochromatographic assay of cadmium levels in oysters

Nishi K, Kim I-H, Itai T, Sugahara T, Takeyama H, Ohkawa H

Talanta (97)p.262 - 2662012年-

林住期を迎えて(女性研究者のキャリアを考える)

竹山 春子

生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi89(5)p.271 - 2722011年05月-2011年05月 

CiNii

詳細

ISSN:09193758

Investigation on Natural Diets of Larval Marine Animals Using Peptide Nucleic Acid-Directed Polymerase Chain Reaction Clamping.

Chow S, Suzuki S, Matsunaga T, Lavery S, Jeffs A, Takeyama H.

Mar Biotechnol (NY)(13)p.305 - 3132011年-

Metagenomic Analysis of 0.2-μm-Passable Microorganisms in Deep-Sea Hydrothermal Fluid.

Nakai R, Abe T, Takeyama H, Naganuma T.

Mar Biotechnol (NY)(13)p.900 - 9082011年-

Efficiency of peptide nucleic acid-directed PCR clamping and its application in the investigation of natural diets of the Japanese eel leptocephali

Terahara T, Chow S, Kurogi H, Lee S, Tsukamoto K, Mochioka N, Tanaka H, Takeyama H.

PLoS One(6)2011年-

Isolation and characterization of a GDSL esterase from the metagenome of a marine sponge-associated bacteria.

Y. Okamura, T. Kimura, H. Yokouchi, M. Meneses-Osorio, M. Kato, T. Matsunaga, H. Takeyama

Mar. Biotechnol(12)p.395 - 4022011年-

海洋微細藻類を用いたエネルギー生産

竹山春子,松本光史

Bio IndustryVol.27(No.6)p.5 - 112010年-

High-Density Microcavity Array for Cell Detection: Single-Cell Analysis of Hematopoietic Stem Cells in Peripheral Blood Mononuclear Cells

M.Hosokawa, A. Arakaki, M. Takahashi, T. Mori, H. Takeyama, T.Matsunaga

Anal. Chem. (81)p.5308 - 53132009年-

Whole genome sequence of Desulfovibrio magneticus strain RS-1 revealed common gene clusters in magnetotactic bacteria

H. Nakazawa, A.Arakaki, S. Narita-Yamada, I. Yashiro, K.Jinno, N. Aoki, A. Tsuruyama, Y. Okamura, S.Tanikawa, N. Fujita, H. Takeyama, T. Matsunaga

Genome Res.(19)p.1801 - 18082009年-

Magnetic Separation of Human Podocalyxin-Llike Protein 1 (hPCLP1)-Positive Cells from Peripheral Blood Using Anti-hPCLP1 Monoclonal Antibody and Protein A Expressed on Bacterial Magnetic Particles

M. Kuhara, T. Yoshino, M. Shiokawa, T. Okabe, S. Mizoguchi, A. Yabuhara, H. Takeyama, T.Matsunaga

Cell Struct. Funct.(34)p.23 - 302009年-

Nano-sized bacterial magnetic particles displaying pyruvate phosphate dikinase for pyrosequencing

T. Yoshino, T.Nishimura, T. Mori, S. Suzuki, H. Kambara, H. Takeyama, T. Matsunaga,

Biotechnol. Bioeng.103p.130 - 1372009年-

A stable human progesterone receptor expressing HeLa reporter cell line as a tool in chemical evaluation at the different cell-cycle phases.

T. Mori, M. Murata, T. Yoshino, S. Nakasono, F. Saito, H. Takeyama, T. Matsunaga

Toxicol. Lett.186p.123 - 1292009年-

Direct Magnetic Separation of Immune Cells from Whole Blood Using Bacterial Magnetic Particles Displaying Protein G.

M. Takahashi, T. Yoshino, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biotechnol. Prog25(1)p.219 - 2262009年-

Preliminary Analysis of Length and GC Content Variation in the Ribosomal First Internal Transcribed Spacer (ITS1) of Marine Animals

S. Chow, Y. Ueno, M. Toyokawa, I. Oohara, H. Takeyama

Mar. Biotechnol.2008年10月-

Molecular diet analysis of phyllosoma larvae of the Japanese spiny lobster Panulirus japonicus (Decapoda: Crustacea)

N.Suzuki, K.Hoshino, K. Murakami, H.Takeyama, S.Chow

Marine Biotechnol.(10)p.49 - 552008年-

Magnetic Cell Separation Using Nano-sized Bacterial Magnetic Particles with Reconstructed Magnetosome Membrane

T. Yoshino, H. Hirabe, M. Takahashi, M. Kuhara, H. Takeyama, Ta. Matsunaga

Biotechnol. Bioeng.(101)p.470 - 4772008年-

Development and Application of a Stable HeLa Cell Line Capable of Site-Specific Transgenesis Using the Cre-lox System: Establishment and Application of a Stable TNFRI Knockdown Cell Line to Cytotoxicity Assay

F. Saito, H. Yokota, Y. Sudo, Y. Yakabe, H. Takeyama, T. Matsunaga

Toxicology In Vitro(22)p.1077 - 10872008年-

Novel Method for Evaluation of Chemicals Based on Ligand-Dependent Recruitment of GFP Labeled Coactivator to Estrogen Receptor Displayed on Bacterial Magnetic Particles

T. Yoshino, C. Kaji, M. Nakai, F. Saito, H. Takeyama, T. Matsunaga

Anal.Chim.Acta,(626)p.71 - 772008年-

Development of Cell Surface Display System in a Magnetotactic Bacterium, Magnetospirillum magneticum AMB-1

M. Tanaka, Y. Nakata, T. Mori, Y. Okamura, H. Miyasaka, H. Takeyama, T. Matsunaga

Appl. Environ. Microbiol.(74)p.3342 - 33482008年-

Cellular Response to Electrochemical Killing Process by Applying a Constant Potential in Synchronously Cultured Saccharomyces cerevisiae.

H. Takeyama, T. Suzuki, Y. Okamura, T. Mori, T. Matsunaga

Electrochemistry(76)p.603 - 6052008年-

High-Efficiency Single-Cell Entrapment and Fluorescence in Situ Hybridization Analysis Using a Poly(dimethylsiloxane) Microfluidic Device Integrated with a Black Poly(ethylene terephthalate) Micromesh.

T. Matsunaga, M. Hosokawa, A. Arakaki, T. Taguchi, T. Mori, T. Tanaka, H. Takeyama:

Anal. Chem.(80)p.5139 - 51452008年-

Reporter Gene Assay against Lipophilic Chemicals Based on Site-Specific Genomic Recombination of a Nuclear Receptor Gene, Its Response Element, and a Luciferase Reporter Gene within a Stable HeLa Cell Line.

T. Mori, F. Saito, T. Yoshino, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biotechnol. Bioeng.(99)p.1453 - 14612008年-

Eukaryotes from the hepatopancreas of lobster phyllosoma larvae

N. Suzuki, K.Murakami, H.Takeyama, S.Chow

Bull. Fish. Res. Agen.(20)p.1 - 72007年-

Determination of microsatellite repeats in the human thyroid perocidase (TPOX) gene using an automated gene analysis system with nanoscale engineered Biomagnetite

T. Nakagawa, K. Maruyama, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biosens. Bioelectron(22)p.2276 - 22812007年-

Detection of epidermal growth factor receptor (EGFR) mutations in non-small cell lung cancer (NSCLC) with a fully automated system using a nano-scale engineered biomagnetite

K. Maruyama, H. Takeyama, T. Mori, K. Ohshima, S. Ogura, T. Mochizuki, T. Matsunaga:

Biosens. Bioelectron.(22)p.2282 - 22882007年-

High-throughput SNP detection using nano-scale engineered biomagnetite"

T. Matsunaga, K.Maruyama, H. Takeyama, T. Katoh

Biosens. Bioelectron.(22)p.2315 - 23212007年-

Cytoplasmic ATPase involved in ferrous ion uptake from magnetotactic bacterium Magnetospirillum magneticum AMB-1

T. Suzuki, Y. Okamura, A. Arakaki, H. Takeyama, T. Matsunaga

FEBS Lett(581)p.3443 - 34482007年-

Fully automated immunoassay for detection of prostate-specific antigen using nano-magnetic beads and micro-polystyrene bead composites, 'Beads on Beads'

T. Matsunaga, Y. Maeda, T. Yoshino, H. Takeyama, M. Takahashi, H. Ginya, J. Asahina, H. Tajima

Anal. Chim. Acta,(597)p.331 - 3392007年-

Detection of Cryptosporidium parvum oosysts using a microfluidic device equipped with the SUS micromesh and FITC-labeled antibody

T. Taguchi, A. Arakaki, H. Takeyama, S. Haraguchi, M. Yoshino, M. Kaneko, Y. Ishimori, T. Matsunaga:

Biotechnol. Bioeng.(96)p.272 - 2802007年-

Molecular detection of epiphytic Acaryochloris spp. on marine macroalgae

S. Ohkudo, H. Miyashita, A. Murakami, H. Takeyama, T. Tsuchiya, M. Mimura

Appl. Environm. Microbiol.(72)p.7912 - 79152006年-

A molecular attempt to identify prey organisms of lobster phyllosoma larvae". Fisheries Science, 72, 342-349 (2006)

N. Suzuki, K.Murakami, H.Takeyama, S.Chow:

Fisheries Science(72)p.342 - 3492006年-

Astaxanthin formation in the marine photosynthetic bacterium Rhodomulum sulfidophilum expressing crtI, crtY, crtW and crtZ" FEMS Micobiol. Lett., 265, 69-75 (2006)

D. Mukoyama, H. Takeyama, Y. Kondo, T. Matsunaga:

FEMS Micobiol. Lett.(265)p.69 - 752006年-

Magnetic separation of CD14+ cells using antibody binding with protein A expressed on bacterial magnetic particles for generating dendritic cells" Biochem. Biophys. Res. Commun., 350, 1019-1025 (2006)

T. Matsunaga, M. Takahashi, T. Yoshino, M. Kuhara, H. Takeyama;

Biophys. Res. Commun.(350)p.1019 - 10252006年-

Catechol Shiderophore Excretion by the Magnetotactic Bacterium Magnetospirillum magneticum AMB-1

R. J. Calugay, H. Takeyama, D. Mukoyama, Y. Fukuda, T. Suzuki, K. Kanoh, T. Matsunaga:

Biosci. Bioeng.(101)p.445 - 4472006年-

Global Gene Expression Analysis of Iron-Inducible Genes in Magnetospirillum magneticum AMB-1

T. Suzuki, Y. Okamura, R. J. Calugay, H. Takeyama, T. Matsunaga:

J. Bacteriol.(188)p.2275 - 22792006年-

Simultaneous detection of multiple mutations conferring streptomycin resistance in Mycobacterium tuberculosis using nano-scale engineered biomagnetites

K. Maruyama, N. Uchida, H. Takeyama, T. Mori, R. Kawaguchi, T. Matsunaga:

Nanobiotechnol.(2)p.71 - 782006年-

Application of RNAi inducible TNFRI knockdown cells to the analysis of TNF induced cytotoxicity

F. Saito, H. Yokota, Y. Sudo, Y. Yakabe, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Toxicol. In Vitro(20)p.1343 - 43532006年-

"海洋性難培養微生物からの有用遺伝子・物質の探索"

竹山春子、横内裕子

バイオインダストリー(23)p.26 - 332006年-

Discrimination of DNA mismatches by direct force measurement for identification of Tuna species

T. Tanaka, T. Sasaki, Y. Amemiya, H. Takeyama, S. Chow, T. Matsunaga:

Anal. Chim. Acta(561)p.150 - 1552006年-

Dynamic Analysis of a Genomic Island in Magnetospirillum sp. Strain AMB-1 Reveals how Magnetosome Synthesis Developed

Y. Fukuda, Y. Okamura, H. Takeyama, T. Matsunaga:

FEBS Lett.(580)p.801 - 8122006年-

Origin of magnetosome membrane: proteomic analysis of magnetosome membrane and comparison with cytoplasmic membrane

M. Tanaka, Y. Okamura, A. Arakaki, T. Tanaka, H. Takeyama, T. .Matsunaga:

Proteomics(6)p.5234 - 52472006年-

Direct counting of Cryptosporidium parvum oocysts using fluorescence in situ hybridizaition on a membrane filter

T. Taguchi, Y. Shinozaki, H. Takeyama, S. Haraguchi, M. Yoshino, M. Kaneko, Y. Ishimori, T. Matsunaga:

J. Microbiol. Meth.(67)p.373 - 3802006年-

Phylogenetic relationships among Thunnus tuna species inferred from rDNA ITS1 sequence.

S. Chow , T. Nakagawa, N. Suzuki, H. Takeyama, , T. Matsunaga,

J. Fish Biol. ,(68)p.24 - 352006年-

Whole Metagenome Amplification of a Microbial Community Associated with Scleractinian Coral by MDA using 29 DNA polymerase

H. Yokouchi, Y. Fukuoka, D. Mukoyama, R. Calugay, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Environ. Microbiol.(8)p.1155 - 11632006年-

Capture and Release of DNA Using Aminosilane-Modified Bacterial Magnetic Particles for Automated Detection System of Single Nucleotide Polymorphisms

T. Nakagawa, R. Hashimoto, K. Maruyama, T. Tanaka, H. Takeyama and T. Matsunaga:

Biotechnol. Bioeng.(94)p.862 - 8682006年-

Oligonucleotide-arrayed TFT photosensor applicable for DNA chip technology

T. Tanaka, K. Hatakeyama, M. Sawaguchi, A. Iwadate, Y. Mizutani, K. Sasaki, N. Tateishi, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Biotechnol. Bioeng(95)p.22 - 282006年-

Fabrication an amino silane coated microchip for DNA extraction from whole blood

T. Nakagawa, T. Tanaka, D. Niwa, T. Osaka, H. Takeyama, T. Matsunaga:

J. Biotechnol.,(116)p.105 - 1112005年-

Complete Genome Sequence of the Facultative Anaerobic Magnetotactic Bacterium Magnetospirillum sp. strain AMB-1.

T. Matsunaga, Y. Okamura, Y. Fukuda, A. T. Wahyudi, Y. Murase, H. Takeyama

DNA Research(12)p.157 - 1662005年-

Magnetic nanotube fabrication by using magnetic nanocrystals

I. A. Banerjee, L. Yu, M. Shima, T. Yoshino, H. Takeyama, T. Matsunaga, H. Matsui:

Advanced Materials(17)p.1128 - 11312005年-

Immuno-Capture of Cryptosporidium parvum Using Micro-Well Array

T. Taguchi, H. Takeyama, M. Tadashi:

Biosens. Bioelectron.(20)p.2276 - 22822005年-

"未開発遺伝子資源へのアプローチ〜メタゲノムアプローチの可能性と限界〜”

竹山春子,横内裕子,松永是

生物と化学(43)p.199 - 2082005年-

Development of a Novel Method for Screening of Estrogenic Compounds Using Nano-Sized Bacterial Magnetic Particles Displaying Estrogen Receptor

T. Yoshino, F. Kato, H. Takeyama, M. Nakai, Y. Yakabe, T. Matsunaga:

Anal. Chim. Acta(532)p.105 - 1112005年-

"マリンゲノム研究の今後の展望"

松永是,竹山春子,横内裕子

日本海水学会誌(59)p.4 - 112005年-

"Marine microalgae"

T. Matsunaga, H. Takeyama, H. Miyashita, H. Yokouchi

Adv. Biochem. Engin. / Biotechnol.(96)p.165 - 1882005年-

Rapid and Sensitive Detection of 17β-estradiol in Environmental Water Using Automated Immunoassay System with Bacterial Magnetic Particles." J. Biotechnol., 108, 153-159 (2004)

T. Tanaka, H. Takeda, F. Ueki, K. Obata, H. Tajima, H. Takeyama, Y. Goda, S. Fujimoto, T. Matsunaga:

J. Biotechnol.(108)p.153 - 1592004年-

"マリンバイオテクノロジーとメタゲノム戦略"

竹山春子,松永是

環境バイオテクノロジー学会誌(J.Environ.Biotechnol.)p.79 - 872004年-

Comparative Phylogenetic Analyses of Halomonas variabilis and related organisms based on 16S rRNA, gyrB and ectBC gene sequences

T. Okamoto, A. Maruyama, S. Imura, H. Takeyama, T. Naganuma:

Appl. Microbiol(27)p.323 - 3332004年-

Siderophore production of a periplasmic transport binding protein kinase gene defective mutant of Magnetospirillum magneticum AMB-1

R. J. Calugay, Y. Okamura, A. Tri Wahyudi, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biochem. Biophys. Res. Commun.(323)p.852 - 8572004年-

Intragenomic sequence variation in 18S rDNA of the symbiotic Dinoflagellate, the genus Symbiodinium from Porites lutea

H. Yokouchi, H. Takeyama, H. Taniguchi, M. Omori, T. Matsunaga:

Mar. Biotechnol.,(6)p.5294 - 52992004年-

Assembly of G protein-coupled receptors onto nanosized bacterial magnetic particles using Mms16 as an anchor molecule

T. Yoshino, M. Takahashi, H. Takeyama, Y. Okamura, F. Kato, T. Matsunaga:

Appl. Environ. Microbiol.(70)p.2880 - 28852004年-

Magnetic cell using antibody binding with protein A expressed on bacterial magnetic particles

M. Kuhara, H. Takeyama, T. Tanaka, T. Matsunaga:

Anal. Chem.(76)p.6207 - 62132004年-

Single nucleotide polymorphism detection in aldehyde dehydrogenase 2 (ALDH2) gene using bacterial magnetic particles based on dissociation curve analysis

K. Maruyama, H. Takeyama, E. Nemoto, T. Tanaka, K. Yoda, T. Matsunaga:

Biotechnol. Bioeng(87)p.687 - 6942004年-

"マリンバイオテクノロジー"

竹山春子

化学と教育p.553 - 5562003年-

"遺伝子から魚の産地を探る試み - DNA解析によるマグロ漁種判別"

竹山春子

ネイチャーインタフェイス(13)p.28 - 302003年-

Single nucleotide polymorphism genotyping of aldehyde dehydrogenase 2 gene using a single bacterial magnetic particle

T. Yoshino, T. Tanaka, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Biosens. Bioelectron(18)p.661 - 6662003年-

SNP detection in transforming growth factor-β1 gene using bacterial magnetic particles." Biosens. Bioelectron. 18, 683-687 (2003)

H. Ohta, H. Takeyama, H. Nakayama, T. Katoh, T. Matsunaga

Biosens. Bioelectron.(18)p.683 - 6872003年-

Development and evaluation of an automated workstation for single nucleotide polymorphism discrimination using bacterial magnetic particles." Biosens. Bioelectron., 19, 325-330 (2003)

T. Tanaka, K. Maruyama, K. Yoda, E. Nemoto, Y. Udagawa, H. Nakayama, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biosens. Bioelectron.(19)p.325 - 3302003年-

Single nucleotide mismatch analysis using oligonucleotide probes synthesized on bacterial magnetic particle

H. Ota, A. Arakaki, T. Tanaka, H. Takeyama T. Matsunaga:

Biomol. Engineering(20)p.305 - 3092003年-

Characterization of aldehyde ferredoxin oxidoreductase gene defective mutant in Magnetospirillum magneticum AMB-1

A. T. Wahyudi, H. Takeyama, Y.Okamura, Y. Fukuda, Tadashi Matsunaga

Biochem. Biophysic. Res. Comm.(303)p.223 - 2292003年-

Fully automated immunoassay system of endocrine disrupting chemicals using monoclonal antibodies chemically conjugated to bacterial magnetic particles." Anal. Chim. Acta, 475, 75-83 (2003).

T. Matsunaga, F. Ueki, K. Obata, H. Tajima, T. Tanaka, H. Takeyama, Y. Goda, S. Fujimoto

Anal. Chim. Acta, 475, 75-83 (2003).(475)p.75 - 832003年-

In situ identification of symbiotic dinoflagellates, the genus symbiodinium with fluorescence-labeled rRNA-targeted oligonucleotide probes

H. Yokouchi, H. Takeyama, H. Miyashita, T. Maruyama, T. Matsunaga

J. Microbiol. Methods(53)p.327 - 3342003年-

Design and Application of a New Cryptic-Plasmid-Based Shuttle Vector for Magnetospirillum magneticum

Y. Okamura, H. Takeyama, T. Sekine, T. Sakaguchi, A. T. Wahyudi, R. Sato, S. Kamiya, T. Matsunaga

Appl. Environ. Microbiol.(69)p.4274 - 42772003年-

"微生物が作るナノサイズの磁石"

竹山春子

生物工学会誌,(81)p.2282003年-

Single-nucleotide polymorphism analysis using fluorescence resonance energy transfer between DNA-labeling fluorophore, fluorescence isothiocyanate, and DNA intercalator, POPO-3, on bacterial magnetic particles

H. Nakayama, A. Arakaki, K. Maruyama, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Biotechnol. Bioeng.(84)p.96 - 1022003年-

Fully automated DNA extraction from blood using magnetic particles modified with hyperbranched polyamidoamine dendrimer " J. Biosci. Bioeng., 95, 21-26 (2003)

B. Yoza, A. Arakaki, K. Maruyama, H. Takeyama, T. Matsunaga

J. Biosci. Bioeng.(95)p.216 - 262003年-

Screening of buoyant marine cyanobacteria using sucrose gradient centrifugation" J. Appl. Phycol., 14, 91-95 (2002)

M. Matsumoto, H. Miyashita, H. Takeyama, T. Matsunaga

J. Appl. Phycol.(14)p.91 - 952002年-

Screening of soil bacteria for production of biocleaner" Appl. Biochem. Biotechnol., 98/100, 319-326 (2002)

H. Takeyama, M. Wada, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.98(100)p.319 - 3262002年-

Cadmium recovery by a sulfate-reducing magnetic bacterium, Desulfovibrio magneticums RS-1 using magnetic separation" Appl. Biochem. Biotechnol., 98/100, 833-840 (2002)

A. Arakaki, H. Takeyama, T. Tanaka, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.98(100)p.833 - 8402002年-

16 rRNA-Targeted identification of cyanobacteria genera using oligonucleotide-probes immobilized on bacterial magnetic particles" J. Appl. Phycol., 13, 389-394 (2001)

T. Matsunaga, H. Takeyama, H, Nakayama

J. Appl. Phycol。(13)p.389 - 3942001年-

A magnetosome-specific GTPase from the magnetic bacterium Magnetospirillum magneticum AMB-1" J.Biol.Chem., 276, 48183-48188 (2001)

Y. Okamura, H. Takeyama, T. Matsunaga

J.Biol.Chem., 276, 48183-48188 (2001)(276)p.48183 - 481882001年-

Effects growth medium composition, iron sources and atmospheric oxygen concentrations on production of luciferase-bacterial magnetic particle complex by a recombinant Magnetospirillum magneticum AMB-1" Enzyme Microbioal Technol., 29, 13-19 (2001)

C.-D. Yang, H. Takeyama, T. Tanaka, T. Matsunaga

Enzyme Microbioal Technol.(29)p.139 - 192001年-

Mitochondrial DNA sequence variation within and between tuna Thunnus species and its application to species identification" J. Fish Biol., 58, 1646-1657 (2001)

H. Takeyama, S. Chow, H. Tsuzuki, T. Matsunaga

J. Fish Biol.(58)p.1646 - 16572001年-

Single nucleotide polymorphism analysis using a bacterial magnetic particle microarray" Electrochemistry, 69, 1008-1012 (2001)

T. Yoshino, H. Takeyama, T. Matsunaga

Electrochemistry(69)p.1008 - 10122001年-

Fluorescent detection of cyanobacterial DNA using bacterial magnetic particles on a MAG-microarray" Biotechnol. Bioeng., 73, 400-405 (2001)

T. Matsunaga, H. Nakayama, M. Okochi, H. Takeyama

Biotechnol. Bioeng.(73)p.400 - 4052001年-

Iron feeding optimization and plasmid stability in production of recombinant bacterial magnetic particles by Magnetospirillum magneticum AMB-1 in fed-batch culture." J. Biosci. Bioeng., 91, 213-216 (2001)

C.-D. Yang, H. Takeyama, T. Matsunaga

J. Biosci. Bioeng.(91)p.213 - 2162001年-

Development of a high-performance and rapid immunoassay for model food allergen lysozyme using antibody-conjugated bacterial magnetic particles and fully automated system" Appl. Biochem. Biotechnol., 91-93, 109-116 (2001)

R. Sato, H. Takeyama, T. Tanaka, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.91(93)p.109 - 1162001年-

Isolation of Magnetospirillum magneticum AMB-1 mutants defective in bacterial magnetic particles synthesis by transposon mutagenesis" Appl. Biochem. Biotechnol., 91-93, 147-154 (2001)

A. T. Wahyudi, H. Takeyama, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.91(93)p.147 - 1542001年-

Synthesis of bacterial magnetic particles during cell cycle of Magnetospirillum magneticum AMB-1" Appl. Biochem. Biotechnol., 91-93, 155-160 (2001)

C.-D. Yang, H. Takeyama, T. Tanaka, A. Hasegawa, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.91(93)p.155 - 1602001年-

Discrimination between Atlantic and Pacific subspecies of the northern bluefin tuna (Thunnus thynnus) by magnetic-capture hybridization using bacterial magnetic particles" Mar. Biotechnol., 2, 309-313 (2000)

H. Takeyama, H. Tsuzuki, S. Chow, H. Nakayama, T. Matsunag

Mar. Biotechnol.(2)p.309 - 3132000年-

Two Tandemly arrayed transfer-RNA-derived SINEs of the Medaka (Oryzias latipes)" Mar. Biotechnol., 2, 399-403 (2000)

N. Amano, H. Takeyama, T. Kusama, M. Sakaizumi, T. Oshiro, T. Matsunaga

Mar. Biotechnol.(2)p.399 - 4032000年-

Cloning and characterization of a gene, mpsA, encoding a protein associated with intracellular magnetic particles from Magnetospirillum sp. strain AMB-1." Biochem. Biophysic. Res. Comm., 268, 932-937 (2000)

T. Matsunaga, N. Tsujimura, Y. Okamura, H. Takeyama

Biochem. Biophysic. Res. Comm.(268)p.932 - 9372000年-

Production of eicosapentaenoic acid by a recombinant marine cyanobacterium, Synechococcus sp." Lipids, 35, 1061-1064 (2000)

R. Yu, A. Yamada, K. Watanabe, K. Yazawa, H. Takeyama, T. Matsunaga, R. Kurane

Lipids(35)p.1061 - 10642000年-

Nuclear and mitochondrial DNA analyses reveal four genetically separated breeding units of the swordfish ." J. Fish Biol., 56, 1087-1098 (2000)

S. Chow, H. Takeyama

J. Fish Biol.(56)p.1087 - 10982000年-

"切り身で判別できるまぐろ魚種"

竹山春子

バイオサイエンスとインダストリー(58)p.41 - 422000年-

Electrochemical killing of Streptococcus mutans causing dental caries" Electrochemistry

H. Yokouchi, M. Okochi, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Electrochemistry(68)p.875 - 8772000年-

Screening of marine microalgae for bioremediation of cadmium-polluted seawater." J. Biotechnol., 70, 33-38 (1999)

T. Matsunaga, H. Takeyama, T. Nakao, A. Yamazawa

J. Biotechnol.(70)p.33 - 382000年-

Two-dimensional analysis of proteins specific to the bacterial magnetic particles membrane from Magnetospirillum sp. AMB-1." Appl. Biochem. Biotechnol., 84-86, 441-446 (2000)

Y. Okamura, H. Takeyama, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.84(86)p.441 - 4462000年-

Salinity-Regulated Replication of an endogenous plasmid pSY10 from the marine cyanobacterium Synechococcus sp." Appl. Biochem. Biotechnol. 84-86, 447-453 (2000)

H. Takeyama, H. Nakayama, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.84(86)p.447 - 4532000年-

Floating cultivation of marine cyanobacteria using coal fly ash." Appl. Biochem. Biotechnol., 84-86, 51-57 (2000)

M. Matsumoto, E. Yoshida, H. Takeyama, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.84(86)p.51 - 572000年-

"海洋微細藻類、細菌を用いた食品開発"

竹山春子,松永是

FOOD Style 21IV(No.7)p.55 - 592000年-

"大腸菌での遺伝子発現におけるプロモーター活性への静磁場の影響"

竹山春子,川原祥子,梶原寛子,松永是

Symposium on New Magnetic Science'98p.12 - 161999年-

Chemiluminescence enzyme immunoassay using ProteinA-bacterial magnetite complex" J. Magn. Magn. Mater., 194, 126-131 (1999)

T. Matsunaga, R. Sato, S. Kamiya, T. Tanaka, H. Takeyama

J. Magn. Magn. Mater.(194)p.126 - 1311999年-

"Analysis of stress responsive gene for salinity in marine cyanobacterium Synechococcus sp."

H. Takeyama, H. Nakayama

New development in marine biotechnologyp.255 - 2571998年-

"Marine genome"

T. Matsunaga, H. Takeyama

BioHydrogenp.31 - 381998年-

"Production of useful materials from marine microalgae"

H. Takeyama, T. Matsunaga

Cyanobacterial Biotechnologyp.329 - 3401998年-

"大腸菌における遺伝子発現への磁場の影響"

竹山春子,川原祥子,松永是

Symposium on New Magnetic Science'97p.342 - 3481998年-

"Marine genome technology"

T. Matsunaga, H. Takeyama

Marine microorganisms for industryp.48 - 551998年-

UV-A-induced expression of a GroEL in the UV-A-resistant marine cyanobacterium Oscillatoria sp." Microbiology, 145, 949-954 (1999)

A. Yamazawa, H. Takeyama, D. Takeda, T. Matsunaga

Microbiology(145)p.949 - 9541998年-

"マリンゲノム"

竹山春子

BIO INDUSTRY(15)p.51 - 571998年-

"Microalgae producing useful metabolites"

T. Matsunaga, H. Takeyama

Biofutur(179)p.40 - 431998年-

Intron length variation observed in the creatine kinase and ribosomal protein genes of the swordfish Xiphias gladius." Fish. Sci., 64, 397-402 (1998)

S. Chow, H. Takeyama

Fish. Sci.(64)p.397 - 4021998年-

Genetic stock structure of the swordfish (Xiphias gladius) inferred by PCR-RFLP analysis of the mitochondrial DNA control region." Mar. Biol., 127, 359-367 (1997)

S. Chow, H. Okamoto, Y. Uozumi, Y. Takeuchi, H. Takeyama

Mar. Biol.(127)p.359 - 3671997年-

Expression of eicosapentaenoic acid synthesis gene cluster from Shewanella sp. in a transgenic marine cyanobacterium, Synechococcus sp." Microbiology, 143, 2725-2731 (1997)

H. Takeyama, D. Takeda, K. Yazawa, A. Yamada, T. Matsunaga

Microbiology(143)p.2725 - 27311997年-

Cloning, sequencing and expressing the carotenoid biosynthesis genes, lycopene cyclase and phytoene desaturase, from the aerobic photosynthetic bacterium Erythrobacter longus sp. strain OCh 101 in Escherichia coli." Gene, 189, 169-174 (1997)

H. Matsumura, H. Takeyama, E. Kusakabe, J. G. Burgess, T. Matsunaga

Gene(189)p.169 - 1741997年-

"炭酸固定微生物の利用"

松永是,竹山春子

BIO INDUSTRY(3)p.20 - 301997年-

Production of antioxidant vitamins, -carotene, vitamin C and vitamin E, by the two-step cultured Euglena gracilis Z." Biotechnol. Bioeng., 53, 185-190 (1997)

H. Takeyama, A. Kanamaru, Y. Toshino, H. Kakuta, Y. Kawamura, T. Matsunaga

Biotechnol. Bioeng.(53)p.185 - 1901997年-

"藻類のバイオテクノロジー"

松永是,竹山春子

FOOD Style 211(2)p.52 - 571997年-

DHA enrichment of rotifers:A simple two-step culture using unicellular algae Chlorella regularis and Isochrysis galbana" J. Mar. Biotechnol. 3, 244-247 (1996)

H. Takeyama, K. Iwamoto, S. Hata, T. Matsunaga

J. Mar. Biotechnol.(3)p.244 - 2471996年-

β-carotene production in a novel hydrogen-producing marine photosynthetic bacterium Rhodovulum sulfidophilum expressing the Erythrobacter longus OCh101 crtI and crtY genes

H. Takeyama, J. Sunarjo, A. Yamada, H. Matsumura, E. Kusakabe, T. Matsunaga

J. Mar. Biotechnol.(4)p.224 - 2291996年-

Recovery of a marine cyanobacterial recombinant product using fish-feed organisms.

K. Sode, T. Hayashi, M. Tatara, N. Hatano, H. Yoshida, H. Takeyama, T. Oshiro, T. Matsunaga

J. Mar. Biotechnol.(4)p.82 - 861996年-

マリンバイオテクノロジー

松永是,竹山春子

SUT BULLETINp.34 - 371995年-

Phylogenic analysis of a novel sulfate-reducing magnetic bacterium, RS-1, demonstrates its membership of the -Proteobacteria

R. Kawaguchi, J. G. Burgess, T. Sakaguchi, H. Takeyama, T. Matsunaga

FEMS Microbiol. Lett.(126)p.277 - 2821995年-

Screening of marine cyanobacteria for high palmitoleic acid production

T. Matsunaga, H. Takeyama, Y. Miura, T. Yamazaki, H. Furuya, K. Sode

FEMS Microbiol. Lett.(133)p.137 - 1411995年-

DHAの海洋微細藻からの抽出

松永是,竹山春子

New Food Industry(37)p.6 - 101995年-

"Genetic engineering of marine cyanobacteria."

T. Matsunaga, H. Takeyama

J. Appl. Phycol.(7)p.77 - 841995年-

Application of bacterial magnetic particles as novel DNA carriers for ballistic transformation of marine cyanobacterium.

H. Takeyama, A. Yamazawa, C. Nakamura, T. Matsunaga

Biotechnol. Techniques(9)p.355 - 3601995年-

Screening of melanin biosynthesis inhibitors from marine microalgae using Streptomyces bikiniensis bioassay

Y. Wachi, K. Sode, K. Horikoshi, H. Takeyama, T. Matsunaga

Biotechnol. Techniques(9)p.633 - 6361995年-

海洋微細藻類のバイオテクノロジーへの利用

松永是,竹山春子

日本化学会誌(9)p.669 - 6801995年-

Cyclic synthesis of messenger RNA from the nitrogenase nifH gene in synchronous culture of marine unicellular cyanobacterium, Synechococcus sp. strain Miami BG043511

C. Campbell, H. Takeyama, A. Mitsui

J. Mar. Biotechnol.(2)p.39 - 431994年-

Sequence of 2.6 kb cryptic plasmid from a marine cyanobacterium Synechococcus sp

R. Kawaguchi, T. Nagaoka, J. G. Burgess, H. Takeyama, T. Matsunaga:

Plasmid,(32)p.245 - 2531994年-

Conjugative gene transfer in marine cyanobacteria, Synechococcus sp., Synechocystis sp. and Pseudanabaena sp

K. Sode, M. Tatara, H. Takeyama, J. G. Burgess, T. Matsunaga:

Appl. Microbiol. Biotechnol.(37)p.369 - 3731992年-

CO2 removal by high-density culture of a marine cyanobacterium Synechococcus sp. using an improved photobioreactor employing light- diffusing optical fibers.

H. Takano, H. Takeyama, N. Nakamura, T. Matsunaga

Appl. Biochem. Biotechnol.34(35)p.449 - 4581992年-

On-line monitoring of marine cyanobacterial cultivation based on phycocyanin fluorescence

K. Sode, K. Horikoshi, H. Takeyama, N. Nakamura, T. Matsunaga

J. Biotechnol.(21)p.209 - 2181991年-

DNAキャリアー用磁性細菌粒子の調製

竹山春子、工藤聰子、早出広司、中村徳幸、松永是:

高分子論文集(48)p.319 - 3251991年-

Salinity dependent copy number increase of a marine cyanobacterial endogenous plasmid.

H. Takeyama, J. G. Burgess, H. Sudo, T. Matsunaga

FEMS Microbiol. Lett.(90)p.95 - 981991年-

Glutamate production from CO2 by marine cyanobacterium Synechococcus sp. using a novel biosolar reactor employing light-diffusing optical fibers

T. Matsunaga, H. Takeyama, H. Sudo, N. Oyama, S. Ariura, H. Takano, M. Hirano, J. G. Burgess, K. Sode, N. Nakamura

Appl. Biochem.Biotechnol.28(9)p.157 - 1671991年-

Characterization of cryptic plasmids from marine cyanobacteria and construction of a hybrid plasmids potentially capable of transformation of marine cyanobacterium, Synechococcus sp., and its transformation

T. Matsunaga, H. Takeyama, N. Nakamura

Appl. Biochem. Biotechnol24(5)p.151 - 1601990年-

Exacerbation of invasive Candida albicans infection by commensal bacteria or a glycolipid through IFNγ produced in part by iNKT cells

Tarumoto N, Kinjo Y, Kitano N, Sasai D, Ueno K, Okawara A, Izawa Y, Shinozaki M, Watarai H, Taniguchi M, Takeyama H, Maesaki S, Shibuya K, Miyazaki Y

Journal of Infectious Disease

The complete genome sequence of Photobacterium damselae subsp. piscicida strain OT-51443 isolated from yellowtail (Seriola quinqueradiata) in Japan

2. Takashi Aoki, Yuki Teru, Natsuki Morimoto, Tomoya Kono, Masahiro Sakai, Tomokazu Takano, John Hawke, Yutaka Fukuda, Haruko Takeyama, and Jun-ichi Hikima,

genome announcements.p.2017

書籍等出版物

マイクロバイオームのシングルセル解析 実験医学増刊(分担執筆)

細川正人、小川雅人、竹山春子

羊土社2019年-

「AI導入によるバイオテクノロジーの発展」植田充美監修(分担執筆:微生物のゲノム情報のビッグデータ化とAIの項)

細川正人、五條堀孝、竹山春子

シーエムシー出版2018年-

   「環境微生物を対象としたシングルセルゲノム解析の最前線」バイオサイエンスとインダストリー(B&I)

細川正人、小川雅人、竹山春子

一般財団法人 バイオインダストリー協会2018年-

シングルセル解析プロトコール (19 微生物のシングルセルゲノム解析の項)

竹山春子、細川正人、丸山徹、西川洋平

羊土社2017年-

詳細

担当ページ数:248-258

環境微生物のシングルセルゲノム解析に向けた技術基盤

細川正人、丸山徹、西川洋平、竹山春子

シーエムシー出版2017年-

「Springer Handbook of Marine Biotechnology」Se-Kwon Kim 編集(分担執筆:「Chapter 19: Marine Metagenome and Supporting Technology」の項)

Tetsushi Mori, Haruko Takeyama

Springer2015年-

詳細

担当ページ数:497-508

「生命のビッグデータ利用の最前線」植田充美 監修(分担執筆:「第4章 応用展開―モノづくり・環境への展開 第4節海洋遺伝子資源の新しいオミックス解析への挑戦」の項)

竹山春子、伊藤通浩、モリテツシ、細川正人

シーエムシー出版2014年-

詳細

担当ページ数:138-146

「海洋白書2014」海洋政策研究財団 編集(分担執筆:「第4章 海洋産業の振興と創出 第5節 さらなる海洋産業の振興・創出に向けて 2.海洋バイオ産業」の項)

竹山春子

成山堂書店2014年-

詳細

担当ページ数:64-67

「化学と生物」公益社団法人日本農芸化学会編集・発行、(分担執筆:「海洋生物遺伝子資源活用への新しいアプローチシングルセルゲノム情報に基づいたメタゲノム解析への期待」の項)

竹山春子、モリテツシ

国際文献社2013年-

“Metabolism and Innate Immunity: FOXO Regulation of Antimicrobial Peptides in Drosophila”

Loch G, Jentgens E, B_low M, Zinke I, Mori T, Suzuki S, Takeyama H, Hoch M

Krager2013年-

「微細藻類によるエネルギー生産と事業展望」 竹山春子 監修の巻頭言として「はじめに」

竹山春子

シーエムシー2012年-

マイクロ流体デバイスのバイオ計測への応用 「ナノ融合による先進バイオデバイス」民谷栄一監修

竹山春子、モリテツシ、庄子習一

シーエムシー2011年-

「シングルセル解析の最前線」 神原秀記、松永是、植田充美 監修

「一細胞からのmRNAをデジタル計測するための要素技術開発」の項を岡村好子、吉野知子、神原秀記と共に担当

シーエムシー出版2010年 02月-

「メタゲノム解析技術の最前線」(第三章 2.マリンメタゲノム:海洋性難培養微生物学からの有用遺伝子・物質の探索)

岡村好子,竹山春子

シーエシー2010年-

「水環境の今と未来」- 藻類と植物のできること  神戸大学水圏光合成生物研究グループ編

「微細藻類の工学的応用 - 海洋微細藻類の可能性」の項を松永是、松本光史と共に担当

生物研究社2009年 03月-

詳細

ISBN:978-4-915342-53-0

メタルバイオテクノロジーによる環境保全と資源回収

岡村好子,竹山春子

2009年 03月-

"バイオナノ磁性ビーズの生体分子計測への応用"

竹山春子、松永是

シーエムシー2006年-

「科学ってそういうこと!」([光合成が生命を支えるってホント]の項を担当)

化学同人2003年-

「生命工学への招待−基礎と応用」(松永是 編[マリンバイオテクノロジー]の項を担当)

朝倉書店2002年-

「生物工学実験書」 [塩基配列決定]の項を担当

日本生物工学会2002年-

「BIOHYDROGEN II」 V. Genetic Engineering

[Screenning of Marine Photosynthetic Midroorganisms and Hydrogen Production. ] の項を T. Matsunagaとともに担当)

2001年-

「DNAチップ応用技術」 松永是 編

[磁気ビーズ利用DNAチップ] の項を松永是とともに担当

シーエムシー2000年-

「CO2固定化・隔離の最新技術」

(乾智行 編 [海洋生物の利用]の項を松永是とともに担当)

シーエムシー2000年-

「環境汚染浄化のはなし」 松永 是 倉根隆一郎 編

[生物を利用したCO2のリサイクルと地球環境問題] の項を松永是とともに担当

日刊工業新聞社1999年-

「The Encyclopedia of Bioprocess Technology: Fermentation, Biocatalysis and Bioseparation 」 M. C. Flickinger, S. W. Drew

[Algal Culture] の項をT. MatsunagaとH. Takanoとともに担当

John Wiley & Sons1999年-

「バイオレメディエーションの実際技術」 児玉 徹 編

「炭酸固定微生物の利用」の項を松永是とともに担当

シーエムシー1997年-

「マリンバイオ」 松永 是編

「微細藻類、光合成細菌の遺伝子組換え」の項を松永是とともに担当

シーエムシー1989年-

講演・口頭発表等

シングルセルレベルで生命を見ることへの挑戦と発展

竹山春子

行動医学特別講演会2020年01月09日

マイクロ流体デバイスを用いたバクテリア・シングルセルゲノミクス解析およびその応用 

竹山春子

乳酸菌学会2019年度秋期セミナー2019年11月22日

未知・難培養微生物資源の利活用への挑戦

竹山春子

微生物ウィーク2019コラボシンポジウム生体内小分子の検出と生物間コミュニケーション2019年07月26日

Exploitation of Useful Microbes Using Single Cell Technologies

H. Takeyama

28th PAM Annual Meeting 2019年07月17日

Access to Unculturable Environmental Microbes Using Advanced Technologies

H. Takeyama

World Experts Lecture Series2019年07月16日

Marine Biotechnology: How to Get Treasure from the Ocean

H. Takeyama

World Experts Lecture Series2019年07月16日

生活科学をミクロな生物から考える-微生物の新たな解析手法から見える有用性-

竹山春子

第3回労働科学研究所セミナ-2019年06月26日

未知生物資源の利活用への挑戦

竹山春子

第2回早稲田大学ネットワーキングナイト2019年05月23日

Microbiome解析への新しいアプローチ:Single cell解析の進展

竹山春子

第4回生活習慣予防研究会2018年02月26日

Development of novel technology for microbial community analyses by the meta-omics analyses of marine unculturable microbes based on single cell genome information

竹山春子

CREST International Symposium Promotion of global network studies on seagrass ecosystem based on innovative new technology2018年02月18日

サンゴ礁研究ー沖縄をフィールドとした現場からの報告と提言

竹山春子

海洋政策研究所公開シンポジウム『国家管轄権外区域の海洋生物多様性の保全及び持続可能な利用』2018年01月29日

空間的な遺伝子発現解析に向けた微小組織採取システムとシングルセル解析手法の開発

竹山春子

CREST植物頑健性第3回領域会議2018年01月19日

微生物1細胞を解読する技術から開かれる新しいバイオロジー

竹山春子

第27回インテリジェント材料/システムシンポジウム2018年01月15日

異分野の研究をブリッジして新たなサイエンスを展開する~1細胞レベルのゲノム解析法の開発と応用~

竹山春子

第5回なでしこScientistトーク2017年12月05日

Marine microbiome analysis with the technologies for single-cell microbiology

H. Takeyama

Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference 20172017年05月23日

詳細

国際会議口頭発表(一般)

Droplet microfluidics for precise and high throughput whole genome amplification toward single-cell genome sequencing

Haruko Takeyama

microTAS 2016招待有り2016年10月12日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Microbiome analysis: challenges in single cell technology

Haruko Takeyama

IMBC 2016招待有り2016年09月01日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Metagenomic analysis of invertebrate holobiontsand supporting technologies

竹山 春子

Ofunato International Workshop 2016招待有り2016年08月25日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

環境遺伝子資源の利活用のための技術開発

竹山春子

"システムナノ技術に関する時限研究専門委員会 第2回研究会"招待有り2015年06月19日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

サンゴ礁環境評価のためのマリンメタオミックス解析と支援技術開発

竹山春子

第17回マリンバイオテクノロジー学会招待有り2015年05月30日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

シングルセルを解析するための様々な試み

竹山春子

日本生物工学会”未来へのバイオ技術”勉強会招待有り2015年05月11日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

海洋環境からの有用資源のスクリーニングとそれをサポートする技術開発

竹山春子

酵素工学研究会招待有り2015年04月24日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Analysis of marine invertebrate holobionts and supporting single-cell analysis technologies

Haruko Takeyama

The 8th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis招待有り2014年09月10日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

海洋無脊椎動物共在微生物の遺伝子情報の解析と利活用

竹山春子

2014年生物工学フォーラム「先端技術による新たなバイオテクノロジー」招待有り2014年07月25日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

海洋遺伝子資源利用と解析ツール開発

竹山春子

「生合成マシナリー:生物活性物質構造多様性創出システムの解明と制御」第7回公開シンポジウム2014年06月21日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

海洋遺伝子資源解析と応用

竹山春子

産学官若手交流会(さんわか)第21回ワークショップ招待有り2014年06月03日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Metagenomic analysis of invertebrate holobionts and supporting technologies

Haruko Takeyama

The 10th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference招待有り2014年05月06日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Treasure from the Ocean: Marine useful bio/genome resources

Haruko Takeyama

International Symposium on Halal Science and Innovative Product Development招待有り2014年02月11日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Metagenomic Analysis of Invertebrate Holobionts and Their Application

Haruko Takeyama

The 16th Annual Conference of the Japanese Coral Reef Society招待有り2013年12月12日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Metagenome analysis of marine invertebrate-associated bacteria and its supporting technologies

Haruko Takeyama

International Symposiium on Aquatic Metagenomics招待有り2013年11月23日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

海洋遺伝子資源の新しいオミックス解析への挑戦

竹山春子

京都バイオ計測センターシンポジウム「生命のビッグデータの解釈とその社会への展開」招待有り2013年07月29日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

海洋遺伝子資源の有効活用とシングルセル解析研究について

竹山春子

第50回ワーキンググループ会議招待有り2012年11月21日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

The way to single cell analysis

Haruko Takeyama

German-Japanese Joint Summer Symposium on Health Span Dynamics招待有り2012年09月20日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Exploration and exploitation of Marine Uncultivable Microorganisms

Haruko Takeyama

The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference2012年07月14日

詳細

国際会議口頭発表(基調)

Analysis of informational biomacromolecules and their applications

Haruko Takeyama

The 6th Global COE International Symposium2011年12月11日

詳細

国際会議口頭発表(基調)

遺伝子解析ツール開発と医療への応用

竹山春子

第5回早稲田大学・東京女子医科大学TWInsジョイントシンポジウム2011年12月10日

詳細

国内会議口頭発表(基調)

Challenges in single cell analysis

Haruko Takeyama

Workshop Life Sciences Innovations & Biomedical Research招待有り2011年12月07日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

マリンメタゲノム解析とその応用

竹山春子

第63回日本生物工学会招待有り2011年09月27日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Treasure from the ocean: Marine metagenome resources and their application

Haruko Takeyama

International Union of Microbiological Societies 2011 Congress招待有り2011年09月08日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

Application of environmental genome resources and the single cell based technology

Haruko Takeyama

The 7th International Forum On Post-Genome Technologies招待有り2011年02月

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

「マリンメタゲノム解析からシングルセル解析へのチャレンジ」

竹山春子

「第49回日本放線菌学会学術講演会」招待有り2010年02月19日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

Challenge for single cell analysis from microbes to mammalian cells

竹山春子

7th Joint Symposium between Waseda University and the University of Bonn招待有り2010年01月12日

詳細

国際会議口頭発表(招待・特別)

「マリンメタゲノム解析からシングルセル遺伝子解析まで」

竹山春子

第9回 名古屋大学遺伝子実験施設公開セミナー「次世代シーケンサーを用いた最先端のゲノム研究と生命科学の新しい潮流」 招待有り2009年12月15日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

「海洋微細藻類の資源利用の可能性」

竹山春子

公開シンポジウム「藻類を通じた環境教育と藻類資源利用の現状と展望」招待有り2009年11月07日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

微細藻類の工業的応用:海洋微細藻類の可能性

竹山春子

藻類利用・研究の現状と今後の課題・可能性 ~開発の最新動向と事業化・利用技術を探る~−招待有り2009年07月16日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

工業から医療分野へーレギュラトリーサイエンスー

竹山春子

早稲田大学理工学術院総合研究所招待有り2009年06月20日

詳細

国内会議口頭発表(招待・特別)

ナノ磁性粒子を利用したバイオ計測

竹山春子

第2回次世代医療システム産業化フォーラム2009招待有り2009年05月27日

詳細

国内会議

特許

整理番号:1585

食肉の加熱処理状況の判定方法、食肉の加熱処理状況の判定装置及びプログラム(日本)

濱口 宏夫, 安藤 正浩, 竹山 春子, 細川 正人

特願2014-231539、特開2016- 95230

整理番号:2045

ウナギの卵を含有するメタボリックシンドロームの予防、抑制又は治療用の組成物(日本)

竹山 春子, 矢澤 一良, 高見澤 菜穂子, 青木 菜摘

特願2018-070737、特開2018-184386

整理番号:2049

ゲノムライブラリーの作製方法及びゲノムライブラリーの作製装置(日本, PCT, 台湾)

細川 正人, 竹山 春子, 西川 洋平, 小川 雅人

特願2018- 89259

整理番号:2190

単一生物単位の遺伝情報またはその他の生体分子の情報を使用した、サンプルのスクリーニング法(日本)

細川 正人, 竹山 春子, 西川 洋平, 小川 雅人

特願2019-085819

整理番号:2191

ゲルカプセル方式による1細胞ゲノムライブラリーからの配列スクリーニング法(日本)

細川 正人, 竹山 春子, 西川 洋平

特願2019-085829

外部研究資金

科学研究費採択状況

研究種別:基盤研究(S)

マイクロフルイディックエンジニアリングの深化と生体分子高感度定量計測への展開

2011年-2015年

研究分野:計測工学

配分額:¥215930000

研究種別:

海洋無脊椎動物を用いた有用難培養微生物のバイオエンリッチメント

2011年-0月-2014年-0月

配分額:¥5330000

研究種別:

化学物質総合管理に係るキャパシティ・ビルディングの促進のための調査研究

2010年-0月-2013年-0月

配分額:¥17680000

研究種別:

残留性有機汚染物質の監視と汚染浄化におけるバイオサーファクタントの利用

配分額:¥4680000

研究種別:

HIV薬剤耐性検査のためのパイロジェノタイピング手法の開発

配分額:¥17550000

研究種別:

化学物質の管理に係るキャパシティビルディングのための評価指標の拡張と国際展開

配分額:¥14690000

研究種別:

ITSチップを用いた多種水産動物同時判別システムの開発

配分額:¥7140000

研究種別:

ライフサーベイヤをめざしたデジタル精密計測技術の開発

配分額:¥300900000

研究種別:

海洋共生コンソーシアムからの有用性体分子のナノビーズスクリーニング及び解析

配分額:¥14900000

研究種別:

バイオマグネタイト形成の分子機構解明とその応用

配分額:¥568100000

研究種別:

生体高分子固定化・回収担体としての自己分散-凝集制御型ナノスフェアの開発

配分額:¥1800000

研究種別:

淡水産腹足類(Lymnaea)のゲノムを利用した新生物資源作出法に関する研究

配分額:¥1900000

研究種別:

浮遊性海洋シアノバクテリアのバイオエコモニタリングへの応用

配分額:¥12900000

研究種別:

環境ストレス応答遺伝子エレメントの探索とその応用

配分額:¥3400000

研究種別:

淡水産雌雄同体腹足類(Lymnaea)の卵完熟・発生の体内制御因子に関する研究

配分額:¥2000000

研究種別:特定領域研究(B)

単一細胞機能評価の新手法

1999年-2002年

配分額:¥165500000

研究種別:特定領域研究(A)

好塩性微細藻類が分泌する硫酸多糖の生理活性評価と環境浄化への応用

1999年-1999年

配分額:¥1300000

研究種別:特定領域研究(A)

抗体固定化担体としての自己分散-凝集制御型ナノスフェアの開発

1999年-2000年

配分額:¥3500000

研究種別:基盤研究(B)

組み換え磁気微粒子を用いた小型自動免疫測定ロボットの開発

1998年-1999年

研究分野:生物・生体工学

配分額:¥13400000

研究種別:基盤研究(B)

海洋藍藻におけるUV-A耐性遺伝子の解析

1998年-2000年

研究分野:生物・生体工学

配分額:¥12200000

研究種別:基盤研究(C)

海洋藍藻の浸透圧応答型プラスミドの解析とその応用

1996年-1997年

研究分野:海洋生物学

配分額:¥2100000

研究種別:奨励研究(A)

直接PCR法による窒素固定藍藻の迅速かつ簡便な検出と評価

1995年-1995年

研究分野:生物・生体工学

配分額:¥1100000

研究種別:

生理活性物質のin vivoハイスループットスクリーニングシステムの構築

2014年-0月-2016年-0月

配分額:¥3900000

研究種別:

単一細胞内DNA分子数の新規デジタルカウンティング手法の開発

2012年-0月-2015年-0月

配分額:¥18980000

研究種別:

新規生理活性物質生産株の超ハイスループットスクリーニングプラットフォーム構築

2017年-0月-2022年-0月

配分額:¥205010000

研究種別:

フグはなぜ疾病に強いのか?フグの耐病性のメカニズムを探る

2017年-0月-2021年-0月

配分額:¥38740000

研究種別:

細胞内微小サンプル計測を目的としたマイクロ・ナノドロップレットハンドリング

2016年-0月-2019年-0月

配分額:¥44980000

研究資金の受入れ状況

実施形態:共同研究

ボン大学 Michael Hoch 抗菌ペプチド生産共生微生物の解析2010年-

実施形態:共同研究

ボン大学 Joern Piel カイメン共在バクテリアメタゲノム由来ポリケタイド2009年-

学内研究制度

特定課題研究

単一細胞解析技術を用いたHIVの感染進行と成立の解析

2010年度

研究成果概要:本研究では、二種類のHIV-1の細胞内での感染優位性の違いの解明を行うため、HIV-1のモデルとなるレンチウイルスの作成および単一細胞内の二種類のHIV-1の定量に向けた技術開発を行った。単一細胞レベルでのデジタルPCRを達成する...本研究では、二種類のHIV-1の細胞内での感染優位性の違いの解明を行うため、HIV-1のモデルとなるレンチウイルスの作成および単一細胞内の二種類のHIV-1の定量に向けた技術開発を行った。単一細胞レベルでのデジタルPCRを達成するためにCapillary plate PCR (CP-PCR)を開発した。CP-PCRとは多数のポアがあるキャピラリープレート内で単一分子cDNA を個別・並列的に増幅する技術である。CP-PCRでは各ポア内のPCR 産物量がプライマーの数により制限され、各ポア内のPCR産物量が限られるという特徴を持つ。この特徴からPCR産物の濃度を定量することでテンプレート量の解析に繋げることができ、リアルタイムPCR で解析が可能になる。またCP-PCRを行うときにTaqManプローブを加え、PCR後に蛍光を発するポアをカウントすることで定量する方法を検討した。この方法では単一分子のテンプレートcDNAを単一蛍光ポアに置換することができ、微量のcDNAをカウントにより定量することが期待できる。 

環境有害金属のイムノクロマトグラフィーによる新規測定法の開発とその国際標準化

2010年度

研究成果概要:カドミウム(Cd)は人体に有害な重金属であり、水道水基準値は3 µg/Lである。Cd濃度の分析法は高額な費用、長い測定時間、専門的な知識と技術、広い分析場所が必要であるため、発展途上国や試料採取場所では微量分析が期待できない状況で...カドミウム(Cd)は人体に有害な重金属であり、水道水基準値は3 µg/Lである。Cd濃度の分析法は高額な費用、長い測定時間、専門的な知識と技術、広い分析場所が必要であるため、発展途上国や試料採取場所では微量分析が期待できない状況であり、迅速で簡便な検出・定量法が求められていた。近年コメ中のCd濃度を迅速かつ簡便高感度に定量するイムノクロマトグラフィー(ImC)が開発された。しかしながらImCの定量下界は10 µg/Lで環境基準を分析するには測定段階前に前処理が必要であった。本研究では前処理カラムの保持力および緩衝液の緩衝能の改善などの前処理段階の条件を最適化しImC測定の高精度化および簡易化を実現した。

バクテリアシングルセルRNA-seqのためのドロップレットデバイスの開発

2015年度

研究成果概要:1細胞トランスクリプトーム解析には、1細胞mRNAからcDNAを合成し、RNA-seqを実施可能とするための全転写産物増幅(WTA)の工程が必須である。本研究では、微生物に特化した1細胞WTA法を開発することを目的とした。具体的に...1細胞トランスクリプトーム解析には、1細胞mRNAからcDNAを合成し、RNA-seqを実施可能とするための全転写産物増幅(WTA)の工程が必須である。本研究では、微生物に特化した1細胞WTA法を開発することを目的とした。具体的には真核細胞用のWTA技術を改変して、Poly(A)鎖配列を持たないバクテリアのmRNAからのcDNA鎖合成と増幅について検討した。この結果、従来法が必要とするmRNA量よりも少ない鋳型量から増幅cDNAライブラリーを構築し、次世代シーケンサーにてトランスクリプトーム解析を実施できる可能性が示唆された。以上より、今後1細胞に対応するための基盤となる検討結果が得られた。

16S rRNA解析による魚介類の腸管および環境水の細菌叢の構造と役割の解明

2016年度

研究成果概要:腸内の常在細菌叢は、外部からの病原体の影響を強く受け、侵入防御機構や腸管上皮細胞の分化誘導などの消化管免疫機能の役割を果たしている。魚類の腸内細菌叢(腸内フローラ)には多種多様な細菌叢が存在し、複雑な微生物生態系が形成しているが、...腸内の常在細菌叢は、外部からの病原体の影響を強く受け、侵入防御機構や腸管上皮細胞の分化誘導などの消化管免疫機能の役割を果たしている。魚類の腸内細菌叢(腸内フローラ)には多種多様な細菌叢が存在し、複雑な微生物生態系が形成しているが、その役割についてはほとんど解明されていない。そこで、本研究では、魚類の腸内フローラについて、メタゲノム解析を行い、腸内細菌の種類や組成を明らかにする事を目的とした。このために、今年度はサンプルからのDNA抽出法、16S rRNA遺伝子配列の解析に伴うプロトコルを検証し、今後の研究の基盤となる検討結果を得た。

現在担当している科目

科目名開講学部・研究科開講年度学期
生命科学概論A 電子物理基幹理工学部2021春学期
理工学基礎実験1A Vブロック基幹理工学部2021春学期
理工学基礎実験1A Vブロック創造理工学部2021春学期
理工学基礎実験1A Vブロック先進理工学部2021春学期
理工学基礎実験1B IIIブロック基幹理工学部2021秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック創造理工学部2021秋学期
理工学基礎実験1B IIIブロック先進理工学部2021秋学期
生命科学概論A 建築・経営・社工・資源創造理工学部2021春学期
生命科学概論A 総合機械創造理工学部2021春学期
生命科学概論A 化学・応化先進理工学部2021春学期
生命科学概論B 生医先進理工学部2021春学期
生命医科学ゼミナールI先進理工学部2021春学期
生命医科学ゼミナールI  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2021春学期
微生物学先進理工学部2021秋学期
微生物学  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2021秋学期
生命医科学実験I先進理工学部2021春学期
生命医科学実験I [S Grade]先進理工学部2021春学期
分析化学B先進理工学部2021秋学期
分析化学B 【前年度成績S評価者用】先進理工学部2021秋学期
生命医科学ゼミナールII先進理工学部2021秋学期
生命医科学ゼミナールII  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2021秋学期
卒業研究先進理工学部2021通年
卒業研究  【前年度成績S評価者用】先進理工学部2021通年
バイオインフォマティクス演習I先進理工学部2021冬クォーター
感染症と生体防御先進理工学部2021秋学期
生物統計学先進理工学部2021秋クォーター
先端分子微生物学先進理工学部2021春学期
バイオインフォマティクス演習II先進理工学部2021集中講義(秋学期)
海洋生命資源工学先進理工学部2021秋クォーター
生命医科学実験IV先進理工学部2021春学期
生命医科学実験V先進理工学部2021秋学期
Graduation Thesis A先進理工学部2021秋学期
Graduation Thesis B先進理工学部2021春学期
Scientific Research先進理工学部2021春学期
Laboratory for Advanced Science and Engineering A先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering A先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering A先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering A [S Grade]先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering A [S Grade]先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering A [S Grade]先進理工学部2021春クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B先進理工学部2021夏クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B先進理工学部2021夏クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B先進理工学部2021夏クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B [S Grade]先進理工学部2021夏クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B [S Grade]先進理工学部2021夏クォーター
Laboratory for Advanced Science and Engineering B [S Grade]先進理工学部2021夏クォーター
Current Topics in Biosciences先進理工学部2021秋学期
Current Topics in Biosciences [S Grade]先進理工学部2021秋学期
Fundamental Bioscience Laboratory先進理工学部2021春学期
Fundamental Bioscience Laboratory [S Grade]先進理工学部2021春学期
Advanced Bioscience Seminar先進理工学部2021秋学期
Advanced Bioscience Seminar [S Grade]先進理工学部2021秋学期
Graduation Thesis Spring先進理工学部2021春学期
Graduation Thesis Fall先進理工学部2021秋学期
Research on Biomolecular Science and Engineering大学院先進理工学研究科2021通年
生命分子工学研究大学院先進理工学研究科2021通年
環境科学特論III大学院先進理工学研究科2021秋クォーター
Advanced Biomolecular Science and Engineering (Life Science and Medical Bioscience)大学院先進理工学研究科2021秋クォーター
生命分子工学特論(生命医科)大学院先進理工学研究科2021秋クォーター
Seminar on Biomolecular Science and Engineering A大学院先進理工学研究科2021春学期
生命分子工学演習A大学院先進理工学研究科2021春学期
Seminar on Biomolecular Science and Engineering B大学院先進理工学研究科2021秋学期
生命分子工学演習B大学院先進理工学研究科2021秋学期
生命分子工学研究大学院先進理工学研究科2021通年
キャリアアップ実習大学院先進理工学研究科2021通年
食・生活環境総合管理学大学院基幹理工学研究科2021集中講義(秋学期)
食・生活環境総合管理学大学院創造理工学研究科2021集中講義(秋学期)
食・生活環境総合管理学大学院先進理工学研究科2021集中講義(秋学期)
食・生活環境総合管理学大学院先進理工学研究科2021集中講義(秋学期)
先進健康科学特論大学院先進理工学研究科2021集中(春・秋学期)
先進健康科学計画研究大学院先進理工学研究科2021春学期
先進健康科学セミナーI大学院先進理工学研究科2021通年
先進健康科学セミナーII大学院先進理工学研究科2021通年
先進健康科学セミナーIII大学院先進理工学研究科2021通年
実践プレゼンテーション特論 I大学院先進理工学研究科2021通年
実践プレゼンテーション特論II大学院先進理工学研究科2021通年
実地研修研究特論大学院先進理工学研究科2021通年
先進健康科学計画研究及び実践プレゼンテーション特論I大学院先進理工学研究科2021集中(春・秋学期)
生命医科学研究 竹山 春子大学院先進理工学研究科2021通年
上級生命科学:生物物性大学院先進理工学研究科2021秋クォーター
生命科学概論 01グローバルエデュケーションセンター2021春学期
生命科学概論 02グローバルエデュケーションセンター2021春学期
海への誘い αグローバルエデュケーションセンター2021秋クォーター
海への誘い βグローバルエデュケーションセンター2021冬クォーター

作成した教科書・教材・参考書

「遺伝子工学」 近藤 昭彦・芝崎 誠司 編著(分担執筆:第11章 バイオ計測の項)

2012年

「生命科学概論 環境・エネルギーから医療まで」 早稲田大学先進理工学部生命医科学科 (編)(分担執筆:応用編2 ー医療ー 第11章 先端バイオ計測の項)

2012年

教育方法・教育実践に関する発表、講演等

「マリンメタゲノム解析からシングルセル解析へのチャレンジ」

2010年02月

詳細

概要:「第49回日本放線菌学会学術講演会」にて標題の講演を行った。

「海洋微細藻類の有効利用とその可能性」

2009年12月

詳細

概要:NTSセミナー「微細藻類の工業利用とバイオ燃料生産の可能性」において講演。 ・地球の7割を占める海洋には、多くの生物が存在し、それらの生物資源の利用に関しは大きな期待が寄せられている。その中で、二酸化炭素を有用な物質に効率よく変換することのできる海洋微細藻類の研究は、マリンバイオテクノロジー分野の一つの柱と言える。本セミナーでは、このような海洋微細藻類をどのようにして工業的に利用するかについて、具体的な事例とともにその将来的な可能性も含めて紹介する。

「マリンメタゲノム解析からシングルセル遺伝子解析まで」

2009年12月

詳細

概要:・第9回 名古屋大学遺伝子実験施設公開セミナー「次世代シーケンサーを用いた最先端のゲノム研究と生命科学の新しい潮流」 において標題の講演を行った。

「海洋微細藻類の資源利用の可能性」

2009年11月

詳細

概要:公開シンポジウム「藻類を通じた環境教育と藻類資源利用の現状と展望」にて講演。 ・「藻類」と聞くと何を思い浮かべますか?「藻類」って何の役にたっているのでしょう?昨今、海藻群落の衰退やサンゴの白化現象など、「藻類」が関わる沿岸生態系の変化が社会問題となっています。「藻類」を有効利用しようという動きも活発化しています。本シンポジウムえは、環境再生・環境教育・資源利用の面から、藻類の重要性と可能性を考えます。一般市民や中・高校生向けのシンポジウムです。

「微細藻類の工学的応用と海洋微細藻類の可能性」

2009年07月

詳細

概要:「藻類利用・研究の現状と今後の課題・可能性〜開発の最新動向と事業化・利用技術を探る〜」にて講演。

"ナノ磁性粒子を利用したバイオ計測"

2009年05月

詳細

概要:磁性粒子は、現在臨床検査分野などで最も汎用的に利用されている。ここでは、このナノマグネタイトの特性を生かした自動化装置を開発による迅速・簡便・高精度な遺伝子判別システムについて紹介する。具体的には、骨粗鬆症に関連遺伝子の一つであるするTGF-b1遺伝子やお酒への耐性に関与するALDH2遺伝子におけるSNP検出やマイクロサテライトのリピート数の決定などを例にとりシステムの紹介を行う。現在は、このシステムを利用し、様々な疾病関連遺伝子における遺伝子変異の検出を進めている。

”マリンメタゲノム”について

2009年02月

詳細

概要:早稲田渋谷シンガポール校にて模擬講義を行う。

「バイオナノ粒子を用いた自動遺伝子検査システムの開発と応用」

2009年02月

詳細

概要:<学術シンポジウム>- 山梨大学・早稲田大学:国私立大学間連携による医学・理工学に精通した先端生命科学分野の国際的研究者の育成 - において標題の講演を行った。(於:早稲田大学先端生命医科学センター)

「微細藻類の工学的応用:海洋微細藻類の可能性」

2009年01月

詳細

概要:「神戸大学公開シンポジウム - 水環境の今と未来 - 藻類と植物のできること」 において標題の講演を行った。 於(神戸大学瀧川記念館学術交流会館)

「海の潜在的遺伝子資源の開発と利用〜マリンメタゲノムへのアプローチ〜」

2006年10月

詳細

概要:ジオバイオテクノロジー振興会議 第6回研究会

「バイオナノビーズの応用と可能性〜遺伝子判別とその自動化」

2006年08月

詳細

概要:平成18年度第2回東工大バイオ計測研究会

「ナノバイオ磁気ビーズを用いた遺伝子判別システム構築」

2006年01月

詳細

概要:日本生物工学会東日本支部 平成17年度生物工学支援技術懇談会,早稲田大学理工学部

「機能性バイオナノ磁性粒子の創薬への応用」

2005年01月

詳細

概要:第5回コンビナトリアル・バイオエンジニアリングシンポジウム、大阪

「カイメン共在未知・難培養微生物の遺伝子資源利用への挑戦」

2004年11月

詳細

概要:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託「ゲノム情報に基づいた未知微生物遺伝資源ライブラリーの構築と産業利用促進を目指して」シンポジウム、川崎

日本農芸化学会関東支部 2003年度第1回例会,東京 「カイメン、サンゴ共生・共存微生物の多様性解析と有用物質スクリーニングの試み」

2003年06月

その他教育活動

山形大学 外部審査委員(バイオ化学工業分野) として

詳細

概要:テュニア・トラック助教の中間評価r2011/11/11〜

「観る・調べる・そして考えるバイオ夏の実験講座」の開催(日本生物工学会東日本支部・早稲田大学先進理工学部生命医科学科 共催)

詳細

概要:「身の回りの食品を科学する〜マグロの種を遺伝子から判別してみよう〜」r身の回りの食品(今回はマグロ)に注目して、分子生物学的な技術を取り入れた実験をしながら、バイオの最近の応用研究の一端を経験することを目的とした。大学の教員だけでなく学部生のTA5名を配置し、大学生とのコミュニケーションを通じて理科系大学の魅力、生物工学研究の魅力にも触れてもらった。実験が中心の構成となったが、実験内容とそれに付随する知識(DNAとは?、PCRの原理など)を記述した資料を事前に配布し、さらに講義や実験結果を考察する時間を設け、考えることにも注力してもらった。早稲田大学の研究棟(TWIns)も見学してもらった。rr

2002〜2008年度「バイオインダストリーⅡ集団研修」講義

詳細

概要:アジア10カ国の行政官・研究者対象 講義テーマ : マリンバイオテクノロジーr言語:英語

県立広島大学大学院・非常勤講師として特別講義

詳細

概要:生命システム科学 特別講義

社会貢献活動

読売新聞

2010年08月-

イベント・番組・雑誌名:読売新聞

詳細

概要:科学の話、出前します「研究の理解者増やしたい」

日刊工業新聞

2009年04月-

イベント・番組・雑誌名:日刊工業新聞

詳細

概要:「知の市場」コンソーシアム進展

Bio Industry

2010年06月-

イベント・番組・雑誌名:Bio Industry

詳細

概要:特集’微細藻類を用いた炭化水素燃料生産技術’の中で 「海洋微細藻類の工学的応用とエネルギー資源の可能性」

Nature Digest

2009年07月-

イベント・番組・雑誌名:Nature Digest

詳細

概要:”メタゲノム解析で海洋資源を生かす”

Nature Biotechnology Vol.27, Number 6

2009年06月-

イベント・番組・雑誌名:Nature Biotechnology Vol.27, Number 6

詳細

概要:”Frugality and fl uorescence”

日刊工業新聞

2009年03月-

イベント・番組・雑誌名:日刊工業新聞

詳細

概要:早稲田大学が専門家育成〜早稲田大学規範科学総合研究所

YOMIURI ONLINE

2008年08月-

イベント・番組・雑誌名:YOMIURI ONLINE

詳細

概要:海洋微生物が持つ無限の力—進化するメタゲノム解析—

化学と工業

2008年07月-

イベント・番組・雑誌名:化学と工業

詳細

概要:”メタゲノムが微生物研究を一変させる”

日経BP

2007年07月-

イベント・番組・雑誌名:日経BP

詳細

概要:”NEDOのメタゲノムプロジェクト、データベースなど成果を産業応用へ”

朝日新聞

2007年07月-

イベント・番組・雑誌名:朝日新聞

詳細

概要:「お宝遺伝子 一気に捜索 -培養不要のメタゲノム解析」